• twitter
  • instagram
SEARCH

INTERVIEW- インタビュー -

2018.04.05

メンズのファッションはこだわってる感が重要!【小倉優香】ファッション&映画『人狼ゲーム インフェルノ』インタビュー

昨年、『ヤングマガジン』でグラビアデビュー&初表紙に大抜擢され、その抜群のスタイルから“リアル峰不二子”と一躍話題になった小倉優香さん。グラビアからモデル、女優まで幅広く活躍する彼女に、好きなメンズのファッションから出演映画『人狼ゲーム インフェルノ』のエピソードまで、詳しく聞いちゃいました!


■ぐらちゃんの気になるファッション観に直撃!

――普段の私服はどんな感じですか?

「私服は普段から黒が多くて、スカートとパンツは半々くらい。スカートはミニ丈よりもロング丈が多いですね。すごく飽き性で、ワードローブは数ヶ月ごとに変わっています。今は黒が好きすぎて、クローゼットの中が真っ黒です(笑)。でももう春なので、最近はピンク色のような明るい色のアイテムに挑戦し始めました!」

――好きなメンズのファッションは?

「メンズのファッションは、こだわっている感が需要! カッチリ決めている人よりも、スウェットなのにおしゃれに見える人の方がポイント高いです。大人っぽくて渋い感じが好き。たとえば、同じ10万円の靴を履いていたとしても、国内の有名ブランドの限定シューズよりは、わたしが知らない海外のブランドのシューズのほうがこだわっている感じがしていいなって思います」

――ちなみに、小倉さんはどんな男のコに惹かれますか?

「自分の道を貫いていて、優しい人が好きです。でも付き合うなら、自分だけに優しくしてほしい!」 
 

 

■出演映画『人狼ゲーム インフェルノ』の話

――ハードな内容の作品でしたが、現場の雰囲気はどうでしたか?

「みんな仲が良かったですね。プライベートでも集まったりするんですけど、中でも(武田)玲奈ちゃんとは一番会っています。撮影中も一緒に御殿場のアウトレットに行って、ショッピングをしました」

――向  亜利沙役を演じた感想は?

「台本を読んだ段階では、亜利沙ってどういう人なのか全然掴めなくて。掴めないまま撮影がスタートしたんですけど、やっていくうちに段々と亜利沙のことがわかってきて、“私ならこうするけど、亜利沙だったらこうするだろうな”というのが自然と見えるようになりました。亜利沙と私はまったく似ていないけれど、自分のしたいことに正直で、信じたことに一直線なところは唯一似ているかなと思います」

――撮影中、演技の相談は誰かにしていましたか?

「しましたね。泊まる部屋が同じだった(浅見)ルナ役の上野優華ちゃんとは、ほとんど毎日話し合っていました。監督にも、台詞の解釈や演技のことでわからないことはストレートに聞いていました」

――作品の見所は?

「人狼ゲームにやる気があった人たちとなかった人たち、それぞれの心の変化も見所ですし、自分が大切な人もいれば自分以外の誰かを守りたい人もいて……ネタバレになってしまうのであまり言えないんですけど、極限状態の中にいるからこそ現れてくる人間の真髄のようなところにも注目してほしいです」 
 

 

■”女優”と”グラビアアイドル”の両立

――女優のお仕事とグラビアのお仕事、両方やってみていかがですか?

「演技は五感をフルに使い続けなきゃいけないので、グラビアとはまた違って大変だなと思いました。グラビアのお仕事のときは、“今日の夜ご飯はどうしようかな~”とか、頭の中で関係ないことを一瞬考えることもできちゃうので……(笑)」

――今後、挑戦したい役はありますか?

「今までの人生で人と違った経験をしたその経験を生かせるような役ができたらいいなと思っています。たとえば、普通の高校から通信制の高校に転校したときに感じた寂しさとか……。そこまで特殊じゃないけれど、普通の人があまりしてこなかった経験を武器に演技をしていきたいです」



©2018「人狼ゲーム」製作委員会


『人狼ゲーム インフェルノ』
シネマート新宿ほか全国で公開中!
ストーリー鶴ヶ岡高校2年3組。殺戮ゲームの先にあるのは新たなる地獄なのか……。私立鶴ヶ岡高校2年3組の紘美武田玲奈は、クラスメイト9名と共に見知らぬ場所に監禁され、眼前のモニターに映し出された<人狼ゲームの始まりです>とともに、命を賭けたゲームに強制参加することとなる。予め定められた役職人狼村人となって騙し合い、投票で生死を争い、生き残った者には賞金が授与される死のゲームを拒否しようとする10人だったが、死んでつぐなえという壁にかかれた文字が、彼らに誰かが復讐しようとしているのは明白だった。囚われた者に拒否権なし。命を懸けた極限の心理戦が開幕し、ひとりまたひとりと犠牲になる中、生き残るのは誰なのか?そしてその先にあるのは……。

監督/綾部真弥、原作/川上亮(2018年・日本・95分) 配給/AMGエンタテインメント 出演/武田玲奈、小倉優香、上野優華、勧修寺保都、松本享恭、吉原拓弥、 久田莉子、 時人、米本来輝、平松賢人、山地まり、大和孔太、都丸紗也華、ほか

INFORMATION

プロフィール/1998年9月5日生まれ。8頭身という抜群のスタイルでリアル峰不二子と話題に。過去出演作にドラマ・映画「咲-Saki-阿知賀編」、ドラマ「刑事ゆがみ」など。現在公開中の映画『人狼ゲーム インフェルノ』ではドラマ版に引き続き、向  亜利沙を演じる。

撮影/田中利幸 スタイリング/KOBA(パンチ) ヘア&メイク/KOBA(パンチ)

専属モデル、杉野遥亮とニュースなディーゼルロゴパーカ
PR

専属モデル、杉野遥亮とニュースなディーゼル
ロゴパーカ

ディーゼルの中でもとくにアイコニックなアイテムを紹介するこの企画も7回目。今回、専属モデルの杉野遥亮が着こなしたのはオーバーサイズのロゴパーカ。まさにトレンドど真ん中なアイテムは今のうちから早めに押さえておきたい!

〈スーツセレクト〉の新ラインでビジネスにコンフォート革命を!「4S」モデルでスーツはもっと快適に進化する!
PR

〈スーツセレクト〉の新ラインでビジネスにコンフォート革命を!
「4S」モデルでスーツはもっと快適に進化する!

働くビジネスマンにとって、スーツの着心地は非常に大切。スーツにおいて快適性の確保はもはやなくてはならない必須事項だ。〈スーツセレクト〉から今季、新ライン「4S」モデルがデビュー。「スーパーノンアイロン」「ストレッチ」「ソフトタッチ」「スリム」の4つの機能性を兼ね備えた、スーツでより快適に過ごせる新しいコンセプトのモデル。この4つのキーワードにクローズアップした、杉野遥亮が出演するコラボムービーを公開しているので是非チェックしてみて!

ビジネスマンのワードローブに、〈クロスクローゼット〉の1着を。「本物」が分かる男のシャツ
PR

ビジネスマンのワードローブに、〈クロスクローゼット〉の1着を。
「本物」が分かる男のシャツ

毎日着るシャツだから、ストレスのない着用感を味わいたいもの。今年デビューした〈クロスクローゼット〉は、そんな願望を叶えた1枚で、本物がわかるビジネスマンから人気急上昇中。迷わず、指名買いするのが正解だ。

〈SUPRA〉から2シリーズ同時リリース。「ストリート」を体現するモノトーンとレオパード。
PR

〈SUPRA〉から2シリーズ同時リリース。
「ストリート」を体現するモノトーンとレオパード。

スケーターやダンサーなどから厚い信頼を得ている〈スープラ〉。リアルシーンにて放つその存在感は、オリジナリティという唯一無二のスポットライトを浴びている。そして、今シーズンは、ハイエンドなデザインがそろうエステートラインより、2 つの顔つきを持った新モデルがデビュー。スタイリッシュにまとめるか、派手に攻めるか、いずれにせよ、これらの靴ならリアルなストリートを足元に宿せる。

MAGAZINE- 別冊 -

FINEBOYS おしゃれヘアカタログ’18‐’19秋冬
FINEBOYS FINEBOYS時計 Vol.14
FINEBOYS FINEBOYS plus SUIT Vol.29
FINEBOYS FINEBOYS靴 vol.10
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ 2018春夏
FINEBOYS FINEBOYS時計 Vol.13
FINEBOYS ヘアREMIX2018
FINEBOYS FINEBOYS靴 vol.09
FINEBOYS FINEBOYS plus SUIT Vol.28
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ´17-´18秋冬

ページトップへ