• twitter
  • instagram
SEARCH

FASHION- ファッション -

2019.09.14

吉田カバン・ポーター、ザ・ノース・フェイスの新作黒リュック!

さまざまなブランドからリリースされている黒リュック。正直どれを選んだらいいか迷う……。というキミが安定感のあるポーターか、デザイン性&機能面に優れているザ・ノース・フェイスを選べば失敗しない。そこでココでは人気のポーターとザ・ノース・フェイスの最新黒リュックを紹介していく。全部オススメ! さぁキミはどっちを選ぶ?

バッグシーンにおいて主役の座を担う
ポーター
支持率の高い人気バッグブランド、ポーター。飽きのこないシンプルなデザインに加えて、利便性に富んでいるところが人気の秘密。大人っぽさを打ち出せる信頼度の高いブランドだ。

ポーターの新作リュック1
軽量なポリエステルキャンバス地を使用。ワークウエアをモチーフにしたフロントのポケットも特徴。ポーター ユニオンのリュック[W35×H38×D18 ㎝]1万5500円(吉田)

合わせるとこんな感じ!
淡い色のコーディネートをポーターの黒リュックで引き締めた。リュックのグリーンカラーのタグがさりげないアクセントに。ジュンレッドのシャツ 4900円、パンツ 3900円(ともにジュンカスタマーセンター)、アバハウスのTシャツ6900円(アバハウス原宿)、モッカのネックレス1万6300円(アドナスト ミュージアム)

ポーターの新作リュック2
ブラック1色で仕上げたアウトドアテイストのシリーズ。マットな質感と余計な装飾を除いたシンプルな佇まいがポイント。ポーター エクストリームのデイパック[W29×H51×D10cm]3万3000円(吉田)

合わせるとこんな感じ!
服は1のコーデと同じ

ポーターの新作リュック3
ボディの生地は高密度に編んだポリエステルニットにポリエステルコーデュラ®オックスを貼り合わせている。ほどよいボリューム感と、しなやかな風合いを備えているのが特徴だ。ポーター フューチャーのデイパック[W30×H48×D15cm]3万1000円(吉田)

合わせるとこんな感じ!
服は1のコーデと同じ

ポーターの新作リュック4
メイン収納口のポケットには、スマホやパスケースなどの細かいアイテムの収納に適したポケットを配しており、仕分けがしやすくなっている。軽量で防水性もある。ポーター ジョインのデイパック[W30×H40×D15cm]2万3000円(吉田)

合わせるとこんな感じ!
服は1のコーデと同じ

ポーターの新作リュック5
丈夫なコットンサージを使用し撥水加工も施している。汎用性の高い見た目。ポーター スイッチのデイパック[W31×H44×D13.5㎝]2万8000円(吉田)

ポーターの新作リュック6
軍用品の偶発的な生地色の差をモチーフにしたミリタリーテイストの逸品。ポーター フォースのリュック[W32×H43.5×D5㎝]2万4500円(吉田)

ポーターの新作リュック7
強撥水加工したコットンキャンバス地。使いやすいアウトドアリュックだ。ポーター コーナーのリュック[W30×H55×D20㎝]2万8500円(吉田)

ポーターの新作リュック8
高密度に織り上げたオリジナルのナイロンコットンオックス生地を使用。ポーター グレージュのデイパック[W31×H41×D13㎝]2万8000円(吉田)

ポーターの新作リュック9
普段出し入れが頻繁なものを外側のポケットに収納できる仕様になっている。ポーター クランカーズのリュック[W28×H42×D13㎝]3万円(吉田)
 

NEXT

2/2PAGE

 
デザイン性&機能性ともに申し分なし!
ザ・ノース・フェイス
毎シーズン注目が集まる本格アウトドアブランド、ザ・ノース・フェイス。アウトドアブランドならではの機能性と洗練されたデザインが持ちアジ。さまざまなシーンで使えるのも魅力的!

ザ・ノース・フェイスの新作黒リュック1
タフなナイロン素材。フィット感の高いショルダーストラップも自慢。ザ・ノース・フェイスのリュック[W32×H50×D19㎝]1万6000円(ゴールドウイン カスタマーサービスセンター)

合わせるとこんな感じ!
アクティブなスタイリングで構築。バケットハットとの組み合わせなら統一感が出てシャレ感がアップする。オーケーのTシャツ7000円(アドナスト)、ビューティ&ユースのパンツ1万円(ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ渋谷公園通り店)、カンゴールのハット5600円(カンゴールヘッドウエア)

ザ・ノース・フェイスの新作黒リュック2
耐水性に優れる70デニールのリップストップ素材。通気性に優れるエアメッシュの背面とショルダーハーネスを装備。ザ・ノース・フェイスのリュック[W28×H50×D16cm]1万5000円(ゴールドウイン カスタマーサービスセンター)

合わせるとこんな感じ!
服は1のコーデと同じ

ザ・ノース・フェイスの新作黒リュック3
リュックとして使えるのはもちろん、ブリーフケースやショルダーバッグにもなる3WAY仕様。ザ・ノース・フェイスのリュック[W31×H44.5×D16cm]2万8000円(ゴールドウイン カスタマーサービスセンター)

合わせるとこんな感じ!
服は1のコーデと同じ

ザ・ノース・フェイスの新作黒リュック4
素材は70デニールの薄い軽量ナイロンながら表面にシリコン、裏面にポリウレタンコーティングを施すことで独特のハードタッチ感のある仕上りに。ザ・ノース・フェイスのリュック[W28×H46×D18cm]1万2000円(ゴールドウイン カスタマーサービスセンター)

合わせるとこんな感じ!
服は1のコーデと同じ

ザ・ノース・フェイスの新作黒リュック5
大きく開閉できる収納口で使いやすい。ザ・ノース・フェイスのリュック[W29.5×H52×D15 ㎝]1万6000円(ゴールドウイン カスタマーサービスセンター)

ザ・ノース・フェイスの新作黒リュック6
荷物の仕分けに便利な収納口を保持。ザ・ノース・フェイスのリュック[W31.5×H50×D19.5㎝]2万8000円(ゴールドウイン カスタマーサービスセンター)

ザ・ノース・フェイスの新作黒リュック7
高強度なコーデュラバリスティック生地を使用。ザ・ノース・フェイスのリュック[W34×H50×D19 ㎝]2万8000円(ゴールドウイン カスタマーサービスセンター)

ザ・ノース・フェイスの新作黒リュック8
エアメッシュと立体構造により高い通気性を確保。ザ・ノース・フェイスのリュック[W35×H55×D25.5㎝]1万6000円(ゴールドウイン カスタマーサービスセンター)

ザ・ノース・フェイスの新作黒リュック9
メイン収納口はU字型に大きく開く。ザ・ノース・フェイスのリュック[W34×H48×D19 ㎝]2万2000円(ゴールドウイン カスタマーサービスセンター)


これがポーターとザ・ノース・フェイスの新作黒リュッだ。この2大ブランドのリュックを選べば間違いない! 秋服に衣替えするのと同じようにリュックも新調しよう。

INFORMATION

吉田
TEL:03・3862・1021

ゴールドウイン カスタマーサービスセンター
TEL:0120・307・560

ジュンカスタマーセンター
TEL:0120・298・133

アバハウス原宿
TEL:03・5466・5700

アドナスト ミュージアム
TEL:03・5428・2458

アドナスト
TEL:03・5456・5821

ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ渋谷公園通り店
TEL:03・5428・1893

カンゴールヘッドウエア
TEL:03・6805・1272

●撮影/藤本孝之 スタイリング/齋藤良介 ヘア&メイク/牧野裕大(vierge) モデル/永倉佑樹[本誌専属]
※サイズ表記はW:幅×H:高さ×D:マチ、サイズは編集部調べ

専属モデル杉野遥亮がRECOMMEND!ディーゼルのNEWバッグ。 VOL.03デニムバッグ
PR

専属モデル杉野遥亮がRECOMMEND!ディーゼルのNEWバッグ。 VOL.03
デニムバッグ

オシャレと実用性の両方が求められるバッグって、選ぶのがなかなか難しい。ましてや、どんなコーディネートにも合う、まわりの人とかぶらないって話になると難易度がさらに上がってくるはず。そんなバッグ探しに終止符を打ってくれるのが〈ディーゼル〉のデニムバッグシリーズ。シンプルな見た目は着こなしに溶け込むし、ブランドを象徴するタフなデニム使いで、個性も、実用性もバッチリだ!

カンゴールで見つけた最新秋服オススメ10選
PR

カンゴールで見つけた最新秋服オススメ10選

あのカンゴールの最新秋服を、ZOZOTOWNなどで人気を博すECブランドMONO-MART(モノマート)が別注! キミのワードローブに取り入れるだけでオシャレに格上げされる10のトレンド服をピックアップした。挑戦しやすいシンプルなデザインとリーズナブルな価格帯にも注目してほしい。

トレンドをコスパよく押さえたアベイルの新作!秋の着こなしは”カフェオレカラー”でハズレなし!
PR

トレンドをコスパよく押さえたアベイルの新作!
秋の着こなしは”カフェオレカラー”でハズレなし!

厳しい残暑の中でも、ファッション高感度な人ほど秋支度は急ピッチに進んでいる。トレンドにいち早く反応するショップ、アベイルならコスパよく揃えられる。ってことで、今回はイチオシの秋コーデをピックアップ! 移り行く季節に、何を買っていいか分からない人は特に必見だよ!

〈ASICS〉の最新作は機能とデザインが両立僕らの日常になじむ2つの“GEL-QUANTUM”
PR

〈ASICS〉の最新作は機能とデザインが両立
僕らの日常になじむ2つの“GEL-QUANTUM”

走れるうえに、洒落ていること――昨今のスニーカーシーンの盛り上がりはこのマインドによる欲求なしには語れないだろう。それはアクティブな趣味を持つ大人たちが、ライフスタイルを謳歌するなかで1足に求める汎用性や機能性を追求し続けてきた結果なのかもしれない。〈ASICS〉の新作“GEL-QUANTUM”シリーズはまさにそんな欲求を具現化した1足だ。

今シーズンも〈ASICSTIGER〉から目が離せない東京のストリートに映えるスニーカー&ウエアを発見。
PR

今シーズンも〈ASICSTIGER〉から目が離せない
東京のストリートに映えるスニーカー&ウエアを発見。

暑さもすっかり落ち着いてきたこの時季は、街を流して駆け抜けるのに気持ちがよい季節。そんなとき、〈アシックスタイガー〉のスニーカーとウエアは見た目はもちろん、機能的にも心地がいい。今日もいつものスタイルに着替えて、東京ストリートを颯爽と走り抜けていく。

フランスの名門〈LACOSTE〉の新作シューズ大人のストリートスタイルは抜かりない足元から、はじまる。
PR

フランスの名門〈LACOSTE〉の新作シューズ
大人のストリートスタイルは抜かりない足元から、はじまる。

ラコステといえば“オーセンティック”なデザインを想像する人は多いだろう。そのイメージで間違いないのだけど、ここ最近のラコステはそれだけではない。トレンドでもある“ゆるさ”をシルエットや柄、マテリアルといったディテールワークで巧みに取り入れて、大人が合わせやすいアイテムで流行りのストリート感が表現できる。それは靴も然り。高感度と安定感のハイブリッドはラコステならでは。

〈SUPRA〉の人気モデル、スカイトップⅡが日本で復刻。日本別注の限定モデルはストリートで存在感を発揮する
PR

〈SUPRA〉の人気モデル、スカイトップⅡが日本で復刻。
日本別注の限定モデルはストリートで存在感を発揮する

LAやTOKYOなど世界主要都市に旗艦店を持ち、ビッグブランドとして不動の地位を築いたスープラ。にもかかわらずストリートという軸がブレることはない。海外セレブも然り、主張のある靴は世界中にファンがいる。だからこそ、このモデルは日本限定で復刻というローカル感にやられる。ピックアップされたのはスカイトップのセカンドモデル。世界を見渡す靴好きならば、このレア度に共感するはず。

MAGAZINE- 別冊 -

FINEBOYS FINEBOYS+plus SUIT vol.32
FINEBOYS FINEBOYS+plus 靴vol.13発売中!
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ'19-'20秋冬
FINEBOYS FINEBOYS時計 Vol.16
FINEBOYS FINEBOYS plus SUIT Vol.31 ’19春夏号
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ 2019春夏号
FINEBOYS
FINEBOYS
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ’18‐’19秋冬
FINEBOYS FINEBOYS時計 Vol.14

ページトップへ