• twitter
  • instagram
SEARCH

FASHION- ファッション -

2019.09.14

ニードルズ×ビームスの旬なセットアップが登場!

セレクトショップとして不動の地位を確立しているビームスが、バタフライロゴがアイコンの人気ブランド”ニードルズ”とコラボレーション。今回は旬なセットアップスタイルにもなるドレッシーなジャケットとパンツが登場。若者たちをはじめ、幅広い世代で絶大な支持を得ている両ブランドの豪華なコラボアイテムを見逃すな!

人気セレクトショップのビームスが、トラックパンツなどの個性的なアイテムで注目されているニードルズに別注をかけたジャケットとトラウザーパンツ。上品な見た目にニードルズのブランドアイコンでもある”バラフライロゴ”が施された特別感のあるアイテム。セットアップはもちろん、それぞれをコーデに組み込めば秋の着こなしがグンと格上げされること間違いなし!

 

NEXT

2/3PAGE

 

こちらはボディから袖にかけて1枚で仕上げたニードルズの定番アイテムのマイルスジャケット。肩まわりの自由度が高く、ゆとりのある身幅でカチッとした見た目のジャケットだが快適な着心地をキープできる。上品な生地感でカチッとした見た目に、刺しゅうのバタフライロゴでさらに高級感を上乗せ。黒をベースで着まわしやすい1枚。ニードルズ×ビームスのジャケット3万7000円(ビームス原宿)

 

 
ロゴと同色のパープルを裏地に採用。さらっとはおったときに見える旬なカラーが、コーデにこなれた雰囲気をあたえてくれる。ポケットはフォーマルなスーツにも使用されることが多いノーフラップポケットを採用。無駄のない洗練されたデザインに仕上げた。

 

NEXT

3/3PAGE

 

ストンと落ちた旬なストレートワイドシルエットが、スタイリングにクラシックな雰囲気をあたえてくれる。ジャケット同様に光沢感のある生地感は着こなしに上品さをプラス。ロゴ以外にカラーが入っていないので、どんなアイテムとも合わせやすいのもうれしいポイント。ニードルズ×ビームスのパンツ2万2000円(ビームス原宿)

 

 
ウエストのサイドは2つのボタンは、腰まわりのサイズが調整可能な上、コーデのアクセントにもなる。ワンポイントで入ったロゴがキャッチーな1枚。

ニードルズとビームスのコラボアイテム2着はいかがだっただろうか。1枚で合わせるのはもちろん、セットアップとしてもこれからの季節ヘビロテすること間違いなし。それにシンプルな黒のセットアップだから初心者でもチャレンジしやすいのもうれしい。普段使いはもちろん、ドレスコードなどがあるフォーマルなイベントでも着用できるから、重宝すること間違いなし。人気のコラボだから、完売は必至。売り切れてしまう前に絶対に押さえておこう!

 

 

INFORMATION

●ビームス原宿
TEL:03・3470・3947

永久定番の〈コンバース〉からストレスフリーな新作が到着!アップデートした名作がこれからの僕らの相棒!
PR

永久定番の〈コンバース〉からストレスフリーな新作が到着!
アップデートした名作がこれからの僕らの相棒!

スマホやSNSなど身近なツールがますます便利になる今。ファッションも利便性の高いアイテムが増え、シューズだって今までより快適性を期待しちゃう。そこでオススメなのがこれらの靴。履きやすくアップデートされた名作は、僕らの気分にぴったりだ!

どの時計をつけるかは、その日のコーデ次第!ザ・クロックハウスで見つける毎日着替えるリストウエア。
PR

どの時計をつけるかは、その日のコーデ次第!
ザ・クロックハウスで見つける毎日着替えるリストウエア。

時計だってファッション感覚で毎日つけこなしてほしい、そんな思いから〈ザ・クロックハウス〉のオリジナルウオッチは生まれた。その日のイベントによって身にまとう服が異なるように、T.P.O.S.に応じて時計もつけ替えておきたい。ファッション感覚で腕時計をつけこなそう!

MAGAZINE- 別冊 -

FINEBOYS おしゃれヘアカタログ2021春夏
FINEBOYS FINEBOYS+plus 時計 Vol.19
FINEBOYS FINEBOYS+plus BEAUTY VOL.2は10月23日(金)発売!
FINEBOYS FINEBOYS+plus SUIT vol.34
FINEBOYS どんな日常にもスニーカーは必要だ!
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ20-21秋冬
FINEBOYS FINEBOYS Start up 0 CAMP
FINEBOYS FINEBOYS+plus BEAUTY
FINEBOYS 大人の足元は主張のあるスニーカーで!
FINEBOYS FINEBOYS +plus SUIT Vol.33

ページトップへ