• twitter
  • instagram
SEARCH

FASHION- ファッション -

2021.09.01

今週末(9/4~9/5)開催!いらなくなった洋服を交換できる「CLOSET to CLOSET」とは?

学生ライターのコバヤシです!ファッションを楽しみたいという気持ちとは反対に、クローゼットを開けても、今の気分ではない服ばかりなんてことはありませんか?気づけば、着ない服ばっかりなんて方も多いかと思います。月にかけられる洋服代が限られている学生にとって、自分の着なくなった洋服を交換できるサービスは救世主になるはず。そこで注目なのが、3着持参で3着持って帰れるイベント「CLOSET to CLOSET」です!8/7~8/8に行われたものに、参加してきたので今からそのレポートをしたいと思います。

服を売らないアパレルブランドがやる、「CLOSET to CLOSET」とは?

「CLOSET to CLOSET」は、服を売らないアパレルブランド「energy closet(エナクロ)」がやるポップアップイベント。服を売らないアパレルブランドと聞いても、「ん?」となる方も多いかもしれません。「CLOSET to CLOSET」は、着なくなった洋服を持参して、お店にある洋服を持って帰られるシステム。つまり自分の持っている服とお店にある服を交換するというイメージです。

そのため、置いてある服には値札がついてなく、アイテムによって値段が違うということもありません。値段、アイテムに縛られることなく、自分が気になったものを選ぶことが可能ということです。またイベントでは、小物からコートまでと、多種多様なアイテム、季節感も幅広いラインナップとなっています。自分の今の気分に合った感覚で洋服を選べるお店でしょう。

NEXT

2/5PAGE

「CLOSET to CLOSET」の流れ

①オンライン上で3000円支払って参加予約

まずは事前予約が必要になります。CLOSET to CLOSETのHPがあるので、そこから登録ができます。簡単にできるので、まずはチェックしてみてください。

次回の予約はこちらから→CLOSET to CLOSET

②イベント当日に持ってきた3着を提出予約の時間にイベント会場に着いたら、まず自分の持ってきたアイテム3着を提出。また、靴の交換はしていないということで、注意が必要です。覚えておきましょう。それ以外のすべてのアイテムは、交換可能となっているので、クローゼットに眠っているアイテムを持っていってみてはいかがでしょうか。

ちなみに、、、僕が持ってきたのはこちら

2XLの膝下まで隠れるビッグTシャツです。1枚でも着ていたのですが、重ね着やレイアードするのにもってこいのアイテムでした。

エジソンの'80年代プリントTシャツです。物理の公式が書いてあるのにも関わらず、間違って大学受験の際に着てしまい、試験官に怒られた思い出のあるTシャツです(笑)。

シンプルめなロンTです。ダメージ感のあるオーバサイズのロンTはヘビロテしていました。シルエットも今っぽくてお気に入りのものでした。

③いざ店内へ店員さんから説明を聞いた後に、店内へ。店内には、メンズ、レディースともに充実した内容に。漁って、お宝を探してみるのもよし、自分の感性に従ってみるもよし、きっと良いものに出会えると思いますよ。

僕が選んだ3着はこちら!

1/スポーティなTシャツ
カラーリングが良かったので、店内で目を奪われてしまいました。ちょうどゲームシャツを探していたということもあって、タイミングが良かったです。

2/シースルースカート
選べるものが自由なので、彼女へのプレゼントとして選んでしまいました。流行りの透け感のある素材が素敵でしたね。

3/オレンジの企業Tシャツ
レギュラー古着の企業Tシャツ。夏らしいカラーリング、また適度なダメージ感がツボでした。サイズも大きいので今っぽい着こなしが作れそうです。

④3着選んだら、お店の人に提出3点商品を選んだら、店員さんの元へ。3枚あることを確認してもらいます。確認してもらったら商品を受け取りましょう。

こんなステッカーもいただけました。裏にはお店の方のメッセージ付き。こういう細かなところに暖かさを感じましたね。イベント毎にもらえるステッカーが違うかもしれないので、要チェックです。
 

NEXT

3/5PAGE

 店内にはリメイクアイテムまで
「CLOSET to CLOSET」には、集まったアイテムだけではなく、お店が手を加えたリメイクアイテムも並んでいます。たとえば、少しダメージのあるアイテムも、「CLOSET to CLOSET」のフィルターを通して、新たな価値を生み出すなど、魅力的なアイテムでした。人気ということもあり、僕が参加したタイミングでは、すでになくなっているものもありました。「CLOSET to CLOSET」に訪れた際には、必ずチェックしたいアイテムになること間違いないでしょう。

タイダイ染めTシャツにリメイク。元々ネック部分に汚れがあったアイテムが、インパクトのあるカラーリンングに。

NEXT

4/5PAGE

主催者のサユリさんに話を聞いてみた!

―――どうしてこのようなイベントを始めようと思ったのですか?

私自身が、自分のお金で服を買うようになったときに服がたくさん捨てられる世界だったことに疑問を感じました。1番は服を捨てたくなかったですし、たくさん着ていたいという思いがありました。そこで何か実現できるような場所を作りたいなと思って、この「CLOSET to CLOSET」を作りました。

―――「CLOSET to CLOSET」に込めた思いをお聞きしたいです

古着屋さんに行くと、何年代のもの、どこのブランドのもの、みたいなのってあるじゃないですか?そういうのではなく直感で選んで欲しいという気持ちがあります。値段も値札も付いてないからこそ、お財布とも相談しなくていいですし、メンズ、ウィメンズとかの垣根もなく、カジュアル、フォーマルとかも関係なく、自分が本当に好きって思ったものを持って帰ってほしいという気持ちがあります。意外と普段着ない服にお金を払って挑戦するのってハードルが高いじゃないですか?だけど交換だったらチャレンジできるみたいな感じで、ちょっと挑戦的なファッションを試してみて欲しいですね

―――お店には、どのようなお客さんが多いですか?

メンズウィメンズが混ざっているので、さまざまなお客さんが多いです。自分の服のほかに、大切な人の服を選んでいく方もいらっしゃって、たとえばご兄弟とかパートナーとかのお洋服を選ぶ方も多いです。なにかお母さんに持って帰ろうとか、妹が好きそうとか言ってくださるお客様もけっこういます。それこそ、デートとかで来てくださるカップルもいて、ご夫婦とかでも楽しめると思いますよ。

―――お店を運営する上で、気をつけていることや、意識していることってありますか?

基本的に、たとえば「'90年代のアディダスあります」みたいなことは、絶対に言わないようにしています。もちろんあるんですけど、別にそれを宣伝しようとは思いません。その人の感覚で選んで欲しいという思いが強くあるからです。なので、そういう打ち方はしないようにしています。

―――今後の目標をお聞きしたいです

リメイクの洋服をもっと色んな人に届けられる形を作っていきたいですね。というのも、今のところリメイクした洋服の1部しか並べられていません。せっかくアーティストの方にもご提供してもらっていたりするので、そこをもうちょっと仕組み化したいと考えています。リメイクの商品を届ける形っていうのは今模索中の段階で、そこはもう少し時間をかけて、しっかりと進めていきたいと思っています。

NEXT

5/5PAGE

これからのCLOSET to CLOSET注目

スポットライトの当たってない洋服に、もう一度輝きを持たせたいという思いのある「energy closet」。そんな「energy closet」が行う「CLOSET to CLOSET」は、毎月第1日曜日に都内のどこかで開催されるとのことです。また次回は、9月4、5日に渋谷で行われるそう。事前に予約が必要であるため、行く際は、忘れないようにしておきましょう!

また「energy closet」の代表のサユリさんも、これから、ブランドを通してさまざまなことをやっていきたいという思いもあるそうで、ブランドとしてもこれからも目が話せません!

いかがでしたか?今回は、服を交換できるポップアップイベント「CLOSET to CLOSET」に参加してきました。誰かにとっていらない洋服が、「CLOSET to CLOSET」によって、誰かにとって輝きのある、価値のあるアイテムになるかもしれません。サスティナブルが強く言われる今の時代にマッチした、先進的で新感覚なイベントでした。皆さんも是非イベントに足を運んでみてください。

INFORMATION

●CLOSET to CLOSET 第1日曜日open
次回は9/4-9/5
詳細はこちら→CLOSET to CLOSET

●energy closet(エナクロ)のInstagram
@__eneclo

今冬は〈ディーゼル ウォッチ〉の新顔で。「黒」に映えるデジタルウオッチ
PR

今冬は〈ディーゼル ウォッチ〉の新顔で。
「黒」に映えるデジタルウオッチ

これから冬に向けてはとくに、ファッションにおいて「黒」が主役になる。存在感のある黒アウターを着る日もあれば、スタイリッシュなオールブラックの日もあるだろう。そんな「黒コーデ」になじむ、いや“映える”腕時計が、〈ディーゼル ウォッチ〉から登場! ブランドらしい大胆でスポーティなルックスが魅力の「MASTER CHIEF DIGITAL(マスター チーフ デジタル)」だ。インパクト抜群で着こなしの完成度を上げてくれる。

〈ニトリ〉のN-HEATEXボトルで寒い日も楽しいコーヒーと自転車と。僕だけの特別な時間
PR

〈ニトリ〉のN-HEATEXボトルで寒い日も楽しい
コーヒーと自転車と。僕だけの特別な時間

今日もお気に入りの〈ニトリ〉のボトルにコーヒーを入れ、リュックに詰めて出発── 自転車に乗って家から少し離れた公園へ。ここでコーヒーを飲みながら課題をするのが最近のルーティン。まさに僕だけの特別な時間だ。

MAGAZINE- 別冊 -

FINEBOYS FINEBOYS+plus BEAUTY VOL.6
FINEBOYS FINEBOYS+plus SUIT vol.38
FINEBOYS FINEBOYS+plus 靴 vol.19
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ2022秋冬
FINEBOYS FINEBOYS+plus 時計 Vol.22
FINEBOYS FINEBOYS+plus BEAUTY VOL.5
FINEBOYS FINEBOYS+plus 靴 vol.18
FINEBOYS FINEBOYS+plus SUIT vol.37
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ2022春夏
FINEBOYS FINEBOYS+plus 時計 Vol.21

ページトップへ