• twitter
  • instagram
SEARCH

FASHION- ファッション -

2021.12.09

【ALL1万円以下】今買い足すべきトレンドアウター8選

12月に入って、本格的に寒くなってきた。冬コーデはアウター命と言っても過言ではないけど、高いイメージがあってなかなか手が出ないのが正直なところ。もっと気軽に冬の着こなしの幅を広げられたら……。そんなワガママを叶えるべく、今回は1万円以下のアイテムを厳選。価格だけじゃなく、トレンドも重視して選んだので旬なスタイリングも手に入る。今のうちにゲットして、年末年始をもっとエンジョイしよう!

【目次】
キルティングジャケット
フェイクレザーブルゾン
スタジャン
ボアブルゾン

 

NEXT

2/9PAGE

 

ミリタリーブームで人気急上昇中!

キルティングジャケット

①ジャーナル スタンダード レリューム

 

 

出典:ZOZOTOWN

リラックス出来るサイズフィットで気軽に羽織れるゆったりとしたシルエットが今っぽい1枚。丈夫でかつ超軽量な本格ミリタリーの風格漂うキルティングジャケットとなっている。ヴィンテージ特有のサイズ感を再現しながらも、1枚での着用を想定しボタンの配置などディテールにもこだわりが。スウェットやロンTの上から1枚でザックリと羽織るだけでもスタイリングが決まるのはもちろん、来る冬場はアウターのライナーとしても使える。8800円

 

NEXT

3/9PAGE

 

②フリークス ストア

 

 

出典:ZOZOTOWN

トレンドのキルティング素材をスタンドカラーデザインにアレンジ。ライナーと違い衿元に高さがあるので、防寒性も兼ね備えている。適度にゆとりのあるリラックスフィットを採用。1枚でもサマになるし、真冬の中間着としても活躍する。暖かくなったらカットソーやネルシャツにはおりたい! 6996円

 
NEXT

4/9PAGE

 

取り入れるだけでオシャレな雰囲気に!

フェイクレザーブルゾン

①417 エディフィス

 

出典:ZOZOTOWN

リアルレザーに近いシワ感だけど、フェイクなので軽さもある着やすい1枚。肩が落ちて袖まわりもゆったりとした今っぽいシルエットデザインとなっている。中に厚手のニットも着込めるから、これからもっと寒くなっても活躍すること間違いナシ! 9900円

 

NEXT

5/9PAGE

 

②グローバルワーク

 

 

出典:ZOZOTOWN

身巾も大きく、肩もドロップさせたビッグサイズのブルゾン。光沢感のあるフェイクレザーの素材感を生かすため、デザインはミニマムに。フロントが釦でキレイめにも振れるアイテムとなっている。7590円

 

NEXT

6/9PAGE

 

今季、ジワジワと注目を集めている

スタジャン

①WEGO

 

 

出典:ZOZOTOWN

注目株のスタジャンも、オールブラックなら取り入れやすい。フェイクレザーが高見えコーデに導いてくれる。古着ベースのビッグサイズ仕様だが、袖周り・着丈を今っぽくアレンジすることでトレンドのシルエットに。ウールとポリエステルをブレンドすることで、着心地も良く耐久性も抜群! 5998円

 

NEXT

7/9PAGE

 

②スピンズ

 

 

出典:ZOZOTOWN

秋冬定番のナイロン素材を使ったスタジャン。ビッグサイズでインナーにパーカーを合わせてもきれいに見えるシルエットとなっている。ストリート感あるナイロン生地を使用し、ワッペン風ロゴで古着のリアルさを追求した1枚。7150円

 

NEXT

8/9PAGE

 

もこもこアウターは今年もマスト!

ボアブルゾン

①ケルティ×フリークス ストア

 

 

出典:ZOZOTOWN

柔らかなマイクロフリース素材を使用し防寒性も兼ね備えた1枚。胸元のミニケルティロゴのワッペンが主張しすぎない絶妙なアクセントに。サイズ感は着こなしに困らない適度なビッグシルエットで使い勝手の良いアイテムといえる、9790円

 

NEXT

9/9PAGE

 

②アウトドアプロダクツ

 

 

出典:ZOZOTOWN

表地のボアと裏地の間に特殊なフィルムを貼ることで冷たい風の侵入を防ぐ防風機能付きボアブルゾン! スタンド衿で首元からの風の侵入も防いでくれる。アウトドアブランドならではの高い保温性は寒い日でも頼りになる! 4389円

リアル目線のベスト時計BEST WATCH 2022 supported by THE CLOCK HOUSE
PR

リアル目線のベスト時計
BEST WATCH 2022 supported by THE CLOCK HOUSE

いよいよ2022年も総仕上げ! 今年はどんな腕時計が人気を博したのか? 日本全国に約240店舗を展開する国内最大の時計専門店チェーンであるザ・クロックハウスから、テーマごとのベストウオッチをリサーチ。選出された合計11本の時計を見れば、今のトレンドが見えてくる!

〈G-SHOCK〉はいつでも近くに。僕らの毎日に「2100」シリーズ。
PR

〈G-SHOCK〉はいつでも近くに。
僕らの毎日に「2100」シリーズ。

雲の上の憧れ高級時計から便利なスマートウォッチまで、現代はさまざまな時計であふれている。そんな中、唯一無二の存在感を放っているのが、そうG-SHOCK。圧倒的なタフネスとギア感・機能美にあふれたデザインで、オンでもオフでも活躍してくれるオンリーワンなブランドだ。膨大なラインナップを持つG-SHOCKの中で、今僕らが注目したいのは2019年に初登場した「2100」シリーズ。普段の生活に取り入れるなら、どんなモデルをどう使いこなすべきか。着こなしのサンプルとともにお届けしよう。

今冬は〈ディーゼル ウォッチ〉の新顔で。「黒」に映えるデジタルウオッチ
PR

今冬は〈ディーゼル ウォッチ〉の新顔で。
「黒」に映えるデジタルウオッチ

これから冬に向けてはとくに、ファッションにおいて「黒」が主役になる。存在感のある黒アウターを着る日もあれば、スタイリッシュなオールブラックの日もあるだろう。そんな「黒コーデ」になじむ、いや“映える”腕時計が、〈ディーゼル ウォッチ〉から登場! ブランドらしい大胆でスポーティなルックスが魅力の「MASTER CHIEF DIGITAL(マスター チーフ デジタル)」だ。インパクト抜群で着こなしの完成度を上げてくれる。

MAGAZINE- 別冊 -

FINEBOYS FINEBOYS+plus 時計 Vol.23
FINEBOYS FINEBOYS+plus BEAUTY VOL.6
FINEBOYS FINEBOYS+plus SUIT vol.38
FINEBOYS FINEBOYS+plus 靴 vol.19
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ2022秋冬
FINEBOYS FINEBOYS+plus 時計 Vol.22
FINEBOYS FINEBOYS+plus BEAUTY VOL.5
FINEBOYS FINEBOYS+plus 靴 vol.18
FINEBOYS FINEBOYS+plus SUIT vol.37
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ2022春夏

ページトップへ