• twitter
  • instagram
SEARCH

FASHION- ファッション -

2021.12.13

オシャレ男子が大注目!男のヒールブーツ10選を紹介

ジェンダーレスの流れによって、昨年ごろから市民権を得たメンズのヒールブーツ。普段のコーデに取り入れれば、グッと今っぽいスタイルになるし、なんといってもヒールの高さで、スタイルアップできるのが魅力!ここでは初めて履くのにちょうど良い、低ヒールのものから、しっかり盛れるアイテムまでを厳選!今年らしい着こなしと合わせてチェックしてみて。

新たなトレンドアイテムだけに、いざ取り入れるとなると、どんなコーデと合わせればいいか迷ってしまう人も多いはず。お手本となる2コーデを紹介するから、手持ちのアイテムとの合わせ方をイメージしながら、欲しいヒールブーツを探してみて!

→すぐにおすすめのヒールブーツ10選をチェックする

【目次】
・ヒールブーツを取り入れたコーデを紹介
・今季ゲットしたいヒールブーツ10選はコレ!

ヒールブーツを取り入れたコーデを紹介

フレアパンツと合わせれば、脚長効果も抜群。ここでは紹介してないけど、高感度な人はぜひワイドパンツでも。

1.誰もがスタイルよくデニムを履きこなせる!

デニムコーデに自信がない人でも、ヒールブーツでたちまちモデル風のスタイルに。キャラじゃないと避けずに、簡単に履きこなせるもので試してみて。なかでも、フレアデニムがオススメ。

2.ジェンダーレスな着こなしで冬のマンネリを打破!

モフモフのニットにヒールブーツ。黒パンツもフレアタイプを選べば一段と今っぽい。ミリタリーやアメカジを横目に、今季トレンドのジェンダーレスなコーディネートを楽しもう!

今季ゲットしたいヒールブーツ10選はコレ!

1.ルイス
ヒールブーツ

 
出典:ZOZOTOWN
素材には柔らかくて履き心地のよい牛革のスムースレザーを使用。適度の光沢もあり、高級感を演出してくれる。適度にシャープなラストと、ヒールも高過ぎないから、ブーツを履いたことのない人や、新しい印象のブーツを挑戦したい人にも最適。脱ぎ履きし易い、ジップディーテルもポイント。2万9700円

2.フープディドゥ
ハイヒール タビブーツ

 
出典:ZOZOTOWN
しっとりとしてきめの細かい牛革をアッパーに使用した、材料も全て国内から手配された純国産品。細身のラウンドトゥの木型を、使い返りの良いマッケイ製法で仕上げている。スナップボタン式で、着脱の時に外せるリングベルトがアクセントとして活躍。細身のスキニーパンツやモノトーンスタイルとも合わせやすい。3万1900円

3.グラベル
5cmヒールアップ リングブーツ

 
出典:ZOZOTOWN
日本の足袋からインスパイアされた、トレンド真っ只中の足袋ブーツ。足袋ブーツの独特な存在感が履くだけでコーデをワンランクアップしてくれる。無駄な装飾の一切を省いたミニマルなデザインに、YKK製のシルバーのメタルジップが程よいアクセントに。スタイルアップも期待できる約7.0cmのヒールは、太めの作りで安定感を確保。1万3200円

4.エンデヴァイス
スクエアトゥ ヒールブーツ

 
出典:ZOZOTOWN
ロングノーズのシャープな木型を使用したヒールブーツ。円柱ヒールが品の良いシルエットを構築する。ハイヒールながら、太めのヒールタイプで歩きやすい仕様となっている。インサイドの メタルジップ デザインで、足入れの良さもプラス。ドレスシューズに近いサイズ感となっているから、スニーカーのサイズ感より0.5cmほど小さめを選ぶのがおすすめ。1万8480円

5.ラブハンター
ハイヒールショートブーツ

 
出典:ZOZOTOWN
履いた時のシルエットがきれいなハイヒールショートブーツ。6.5cmヒールとシャープな木型を採用。アッパーには合成皮革を使用しているから、質感が良く足に馴染みやすくなっている。プラットフォームは2cmあるから美脚、脚長効果もありつつ、歩きやすさも兼備。ドレス、カジュアルスタイル問わず、様々なスタイルに合わせやすい。6490円

6.レッドカバー
ハイヒールレザーブーツ

 
出典:ZOZOTOWN
アッパーには履いていくうちに足になじむ、スムースレザーを使用。レザー特有のツヤがエレガントなムードを醸す。履いた時のシルエットもきれいだから、モードスタイルやドレススタイル等にも取り入れやすい。ファスナー付きなので着脱が簡単なのもうれしい。1万480円

7.トップイズム
ドレスブーツ

 
出典:ZOZOTOWN
モードな足元に洗練された存在感をプラスする1足。ロングノーズのシャープなラストを採用した、ミニマルで洗練された雰囲気が魅力。装飾は切り替えのみに留めたミニマルなデザインで、シルバーのメタルジップが程良いアクセントに。アッパーの洗練された表情と、約7cmのヒールの存在感を併せ持った逸品。1万3200円

8.パドローネ
サイドゴアレザーヒールブーツ

 
出典:ZOZOTOWN
ブーツの側面、シャフト両サイドに伸縮性のあるゴア素材を採用していて、脱ぎ履きしやすいのがポイント。高さも程よくシンプルで履きやすく、カジュアルにもきれいめにもスタイリングに取り入れやすい1足。プレーンなスムースレザーとスエードの2タイプを展開。3万4100円

9.メゾンスペシャル
東京産スクエアヒールジップブーツ

 
出典:ZOZOTOWN
東京に工場を構える国産トップクラスの革靴メーカーである「スペシャル シューズ ファクトリー」とメゾンスペシャルによる至極のシューズ。殆どの製造工程を国内で行い、熟練した技術力を持つ職人が一足一足をハンドメイドで丁寧に仕上げている。スクエアトゥによりきめ過ぎず、ラフに履きこなせる。3万9600円

10.ヨースケ
メンズヒールアップショートブーツ

 
出典:ZOZOTOWN
ブロングノーズで足元をハードにキメる本格派アイテム。履くほどに足に馴染んで、しっかり手入れすれば、末長く愛用できる。内側ジッパーで脱ぎ履きも楽チン。7センチのヒールアップで背高効果も抜群!1万4080円

リアル目線のベスト時計BEST WATCH 2022 supported by THE CLOCK HOUSE
PR

リアル目線のベスト時計
BEST WATCH 2022 supported by THE CLOCK HOUSE

いよいよ2022年も総仕上げ! 今年はどんな腕時計が人気を博したのか? 日本全国に約240店舗を展開する国内最大の時計専門店チェーンであるザ・クロックハウスから、テーマごとのベストウオッチをリサーチ。選出された合計11本の時計を見れば、今のトレンドが見えてくる!

〈G-SHOCK〉はいつでも近くに。僕らの毎日に「2100」シリーズ。
PR

〈G-SHOCK〉はいつでも近くに。
僕らの毎日に「2100」シリーズ。

雲の上の憧れ高級時計から便利なスマートウォッチまで、現代はさまざまな時計であふれている。そんな中、唯一無二の存在感を放っているのが、そうG-SHOCK。圧倒的なタフネスとギア感・機能美にあふれたデザインで、オンでもオフでも活躍してくれるオンリーワンなブランドだ。膨大なラインナップを持つG-SHOCKの中で、今僕らが注目したいのは2019年に初登場した「2100」シリーズ。普段の生活に取り入れるなら、どんなモデルをどう使いこなすべきか。着こなしのサンプルとともにお届けしよう。

今冬は〈ディーゼル ウォッチ〉の新顔で。「黒」に映えるデジタルウオッチ
PR

今冬は〈ディーゼル ウォッチ〉の新顔で。
「黒」に映えるデジタルウオッチ

これから冬に向けてはとくに、ファッションにおいて「黒」が主役になる。存在感のある黒アウターを着る日もあれば、スタイリッシュなオールブラックの日もあるだろう。そんな「黒コーデ」になじむ、いや“映える”腕時計が、〈ディーゼル ウォッチ〉から登場! ブランドらしい大胆でスポーティなルックスが魅力の「MASTER CHIEF DIGITAL(マスター チーフ デジタル)」だ。インパクト抜群で着こなしの完成度を上げてくれる。

MAGAZINE- 別冊 -

FINEBOYS FINEBOYS+plus 時計 Vol.23
FINEBOYS FINEBOYS+plus BEAUTY VOL.6
FINEBOYS FINEBOYS+plus SUIT vol.38
FINEBOYS FINEBOYS+plus 靴 vol.19
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ2022秋冬
FINEBOYS FINEBOYS+plus 時計 Vol.22
FINEBOYS FINEBOYS+plus BEAUTY VOL.5
FINEBOYS FINEBOYS+plus 靴 vol.18
FINEBOYS FINEBOYS+plus SUIT vol.37
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ2022春夏

ページトップへ