• twitter
  • instagram
SEARCH

FASHION- ファッション -

2021.12.31

2022年のおしゃれは【大人なセットアップ】ではじめよう!

2022年も引き続き人気のアイテムが「セットアップ」だ。上下セットで着てもいいし、ジャケット(上)だけ使う日、パンツ(下)だけ使う日がそれぞれあってもいい。要は着まわし抜群なセットアップは何着あってもいいってこと。2022年のスタートはおしゃれで大人っぽいコーディネートからスタートしてみない?

2022年もセットアップのバリエーションが多い!


セットアップはコーディネートに悩むことなくおしゃれができる最強アイテム。近年ずっと流行っていて、とにかくバリエーションが豊富なののも特徴だ。黒やブラウンなど定番カラーもいいけれど、ブルーなどカラーものが多く出てきているから、ワードローブに何着もそろえておくと便利だ。しかもインナーを変えるだけで雰囲気も一新できる。シャツでキレイめにする日もあれば、パーカやロゴロンTでカジュアルに振ってもOK。その日の気分でセットアップを楽しもう!

2022年はじめに買いたいセットアップ

定番の黒やグレーをはじめ、ブルーやマスタードイエローなど、色モノのセットアップも厳選。ジャケットのサイズ感やパンツのシルエットが違うだけでも印象が大きく変わる。キミがほしいのはどのタイプだ?

■G.O.C

出典:ZOZOTOWN
定番のキレイめコーデからゆるめコーデに使えるドロップショルダーのシングルテーラードジャケット×スリムパンツ。ジャケットはトレンドのビッグシルエットを取り入れつつキレイめな着こなしができるようなシルエットに。カチッとしすぎずルーズに着崩せるデザインで、セットのスリムスラックスやスキニーパンツとも相性が良く、パンツはシャツスタイルからラフなTシャツスタイルでも合わせれるスタイリッシュなシルエットのスリムパンツで、セットアプトしてはもちろんどちらも単品スタイリングとして汎用性のある着回し重宝アイテム!

■MAISON SPECIAL


出典:ZOZOTOWN
身幅、アームともに非常に大きく取り、肩をしっかりと落としたドロップショルダーから成るスーパーオーバーシルエット。MAISON SPECIALの代名詞ともいえる「プライムオーバー」の中でも最も大きく仕上げたチャレンジングなパターン。アイテムそのものの品の良さが、オーバーサイズでも野暮ったく感じさせない大人のオーバーサイズシルエットに仕上げている。シルエットによるリラクシングな印象ながら、そのパターンの美しさから野暮ったく見えず、むしろオーバーサイズだからこそ生まれる洒脱さとスタイリッシュさを醸し出す。ボタンの数が少ない、ミニマルさを追求したダブル仕立てを採用。

■MinoriTY


出典:ZOZOTOWN
タフな質感と、くっきり目立つステッチがワークジャケットの魅力。胸元のビッグポケットがデザインのアクセント。ワークジャケットは、カジュアルなイメージではあるけれど、同素材のテーパードパンツと合わせてセットアップにすることで、キレイめな印象に。でもテーラードジャケットほど、キッチリしすぎない。息抜きをしたい気分のときに着たい服。

■ASTRONOMY


出典:ZOZOTOWN
ブルゾンとパンツはシャギー感のあるポリトロ素材を使用しており、少し毛羽立った生地が上品な見た目と暖かさを演出。ブルゾンは、程よく肩の落ちたゆったりとしたオーバーサイズのシルエットに仕上げ、アウターよりのライトなトップスとしてデイリーに着用できる。また袖と裾部分を少し絞ることで着用時に丸みのあるシルエットになりトレンド感のある着こなしに。パンツは、フロントにタックを入れており、程よくゆとりのあるサイズ感のデザイン。ウエストには程よい伸縮性のゴムとお好みで調整できる紐を施されているためリラックスして着用できる。

■MEN’S MELROSE


出典:ZOZOTOWN
軽量のポリエステル糸をスーパーハイゲージの編み機で編み上げる事により、高密度かつ薄くハリコシのある布帛のような風合い。ジャージーならではのしなやかな伸縮性は損なわれず、織物と編み物の良い所が合わさった秀逸素材。メンズメルローズ定番型の2つ釦ジャケット。総裏仕様なので、滑りも良く、着用がしやすい。表地のストレッチを殺さないように、身頃の裏地もしっかりストレッチ。抜群の着心地!

■CIAOPANIC


出典:ZOZOTOWN
ゆったりと楽な着用感のワイドテーパードシルエットのパンツを、秋冬のファッションに欠かせないコーデュロイ素材で作成。イメージとしたのは、街中を自在に駆け回る現代のスケーターの理想のパンツ。動きやすいシルエット、耐久性に加え、アクセサリーや鍵を掛けれるキーリングホルダーを搭載。またトリック時に物が落ちない様になっている、ジップ付きの右バックポケットは、スタイリングのアクセントになっている。素材がコーデュロイなので、スモーキーな雰囲気と微光沢を併せ持ったカラーになり、トレンド感抜群。リアルスケーターにも、そうでない方にも手に取って頂きたい1本。

■BESPOKE TOKYO


出典:ZOZOTOWN
着丈は長めに設計し、肩は大きくドロップ、身幅もたっぷりと取ったルーズシルエット。ゴージラインや襟の返り線もかなり低く設定している為ゆったりと着用可能。フロントはセミダブルで本水牛ボタンを使用している為カジュアルダウンし過ぎずにモードなテイストで着こなせる。セットアップとしてはもちろん、発色がキレイなジャケットなので単品使いとしてウールのスラックスやデニムと合わせてスタイリングするのもオススメ。イージーケアなのでお手入れも楽!

■STUDIOUS


出典:ZOZOTOWN
スーツの顔となるラペル部分では、身返しと表身頃の縫製時に職人が1着1着綺麗に衿が返るように 手で生地を操作しながら縫製。これを行う事で美しいラペル返りを表現。一般的な量産工場での中間プレスは10数回ですが、今回オーダーした工房は 30数回と手間を惜しみなくかけている。質実剛健な造りはそのままに、あくまでもSTUDIOUSらしさとしてスマートに見えることが重要。 イタリアのメゾンブランドのように細見えするフォーマルながら粋なスーツをイメージ。

2022年はセットアップを存分に楽しもう!!

リアル目線のベスト時計BEST WATCH 2022 supported by THE CLOCK HOUSE
PR

リアル目線のベスト時計
BEST WATCH 2022 supported by THE CLOCK HOUSE

いよいよ2022年も総仕上げ! 今年はどんな腕時計が人気を博したのか? 日本全国に約240店舗を展開する国内最大の時計専門店チェーンであるザ・クロックハウスから、テーマごとのベストウオッチをリサーチ。選出された合計11本の時計を見れば、今のトレンドが見えてくる!

今冬は〈ディーゼル ウォッチ〉の新顔で。「黒」に映えるデジタルウオッチ
PR

今冬は〈ディーゼル ウォッチ〉の新顔で。
「黒」に映えるデジタルウオッチ

これから冬に向けてはとくに、ファッションにおいて「黒」が主役になる。存在感のある黒アウターを着る日もあれば、スタイリッシュなオールブラックの日もあるだろう。そんな「黒コーデ」になじむ、いや“映える”腕時計が、〈ディーゼル ウォッチ〉から登場! ブランドらしい大胆でスポーティなルックスが魅力の「MASTER CHIEF DIGITAL(マスター チーフ デジタル)」だ。インパクト抜群で着こなしの完成度を上げてくれる。

〈ニトリ〉のN-HEATEXボトルで寒い日も楽しいコーヒーと自転車と。僕だけの特別な時間
PR

〈ニトリ〉のN-HEATEXボトルで寒い日も楽しい
コーヒーと自転車と。僕だけの特別な時間

今日もお気に入りの〈ニトリ〉のボトルにコーヒーを入れ、リュックに詰めて出発── 自転車に乗って家から少し離れた公園へ。ここでコーヒーを飲みながら課題をするのが最近のルーティン。まさに僕だけの特別な時間だ。

MAGAZINE- 別冊 -

FINEBOYS FINEBOYS+plus BEAUTY VOL.6
FINEBOYS FINEBOYS+plus SUIT vol.38
FINEBOYS FINEBOYS+plus 靴 vol.19
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ2022秋冬
FINEBOYS FINEBOYS+plus 時計 Vol.22
FINEBOYS FINEBOYS+plus BEAUTY VOL.5
FINEBOYS FINEBOYS+plus 靴 vol.18
FINEBOYS FINEBOYS+plus SUIT vol.37
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ2022春夏
FINEBOYS FINEBOYS+plus 時計 Vol.21

ページトップへ