• twitter
  • instagram
SEARCH

FASHION- ファッション -

2022.03.16

1人1枚が新常識【フレアパンツ】でコーデを一新!

僕らの定番パンツといえば、スラックス。最近はデニムもはきたい気分だけど、どちらもシルエットは"ちょいゆる"が多め。でもそれは言い換えれば、パンツのシルエットでコーデの雰囲気もガラッと変わるということ。しかも、まわりとの差別化も同時に叶う。そこでオススメなのが【フレアパンツ】。今だにハードルが高いイメージがあるかもしれないが、形が違うだけでスラックスやデニムに変わりはない。だからいつものパンツを【フレアパンツ】にするだけで、上級者コーデが完成するんだ。ココでは「最初に買うべきフレアパンツ」を紹介していく!

まず買うべき【フレアパンツ】7選

①ビームスのフレアパンツ
②ラングラーのフレアパンツ
③フリークス ストアのフレアパンツ
④ジャーナル スタンダードのフレアパンツ
⑤ハレのフレアパンツ
⑥tkタケオキクチのフレアパンツ
⑦エマクローズのフレアパンツ

 

NEXT

2/8PAGE

 

①ビームスのフレアパンツ

 

 

出典:ZOZOTOWN

ワークウェアブランド・ファーラーのフレアパンツをビームスで発見! ブランドならではのタフさが魅力。雰囲気のあるカラー展開もうれしいポイント。丈夫な生地ならではの経年変化も楽しめる1本となっている。

 

NEXT

3/8PAGE

 

②ラングラーのフレアパンツ

 

 

出典:ZOZOTOWN

アメリカの3大デニムブランドとして名を馳せるラングラーなら、フレアパンツも間違いない! 雰囲気のあるリメイクデザインで個性をアピール。キレイなフレアシルエットでカジュアルな雰囲気もありながらどこか上品な1本。

 

NEXT

4/8PAGE

 

③フリークス ストアのフレアパンツ

 

 

出典:ZOZOTOWN

ラングラーの名品「ランチャー」がフリークス ストアWEB限定で発売中。丈夫でシワになりにくいポリエステル素材を採用。洗濯機で丸洗いできて、かつ乾きやすいのも推せる。ふっくらとした肉厚感はありながらも非常に軽く、ストレスフリーな着心地も魅力。

 

NEXT

5/8PAGE

 

④ジャーナル スタンダードのフレアパンツ

 

 

出典:ZOZOTOWN

フレアシルエットに加え、センタープレス加工で形にこだわった1本。グリーンとネイビーの今っぽいカラバリも持ちアジ。いつもとは違う雰囲気のスタイリングにしたいとき、オススメのアイテム!

 

NEXT

6/8PAGE

 

⑤ハレのフレアパンツ

 

 

出典:ZOZOTOWN

膝周りを絞ることで裾にかけてのフレアをより際立たせた美シルエットパンツ。メリハリの効いたシルエットで脚長効果もプラス。スタイルアップを狙える1本となっている。鮮やかなカラーバリエーションでトレンドのカラーコーデに挑戦しよう!
 
NEXT

7/8PAGE

 

⑥tkタケオキクチのフレアパンツ

 

 

出典:ZOZOTOWN

マットな質感のポリエステルで程よい肉感が特徴の素材マットエステルクロスを使用。センタープレス入りでより上品な見た目に。また、鮮やかなカラーバリエーションもポイント。トレンド感のある感度の高い色味がそろっている。

 
NEXT

8/8PAGE

 

⑦エマクローズのフレアパンツ

 

 

出典:ZOZOTOWN

定番の良質なコットンのストレート糸を使用したクリアな表面感とナチュラルなハリ感が魅力。柔らかくタフな素材は味わい深い風合いこなれた雰囲気を演出し、はき心地も抜群! 繰り返しの着用や洗濯するほどに身体になじみ、変化する風合いを楽しめる1本となっている。

リアル目線のベスト時計BEST WATCH 2022 supported by THE CLOCK HOUSE
PR

リアル目線のベスト時計
BEST WATCH 2022 supported by THE CLOCK HOUSE

いよいよ2022年も総仕上げ! 今年はどんな腕時計が人気を博したのか? 日本全国に約240店舗を展開する国内最大の時計専門店チェーンであるザ・クロックハウスから、テーマごとのベストウオッチをリサーチ。選出された合計11本の時計を見れば、今のトレンドが見えてくる!

〈G-SHOCK〉はいつでも近くに。僕らの毎日に「2100」シリーズ。
PR

〈G-SHOCK〉はいつでも近くに。
僕らの毎日に「2100」シリーズ。

雲の上の憧れ高級時計から便利なスマートウォッチまで、現代はさまざまな時計であふれている。そんな中、唯一無二の存在感を放っているのが、そうG-SHOCK。圧倒的なタフネスとギア感・機能美にあふれたデザインで、オンでもオフでも活躍してくれるオンリーワンなブランドだ。膨大なラインナップを持つG-SHOCKの中で、今僕らが注目したいのは2019年に初登場した「2100」シリーズ。普段の生活に取り入れるなら、どんなモデルをどう使いこなすべきか。着こなしのサンプルとともにお届けしよう。

今冬は〈ディーゼル ウォッチ〉の新顔で。「黒」に映えるデジタルウオッチ
PR

今冬は〈ディーゼル ウォッチ〉の新顔で。
「黒」に映えるデジタルウオッチ

これから冬に向けてはとくに、ファッションにおいて「黒」が主役になる。存在感のある黒アウターを着る日もあれば、スタイリッシュなオールブラックの日もあるだろう。そんな「黒コーデ」になじむ、いや“映える”腕時計が、〈ディーゼル ウォッチ〉から登場! ブランドらしい大胆でスポーティなルックスが魅力の「MASTER CHIEF DIGITAL(マスター チーフ デジタル)」だ。インパクト抜群で着こなしの完成度を上げてくれる。

MAGAZINE- 別冊 -

FINEBOYS FINEBOYS+plus 時計 Vol.23
FINEBOYS FINEBOYS+plus BEAUTY VOL.6
FINEBOYS FINEBOYS+plus SUIT vol.38
FINEBOYS FINEBOYS+plus 靴 vol.19
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ2022秋冬
FINEBOYS FINEBOYS+plus 時計 Vol.22
FINEBOYS FINEBOYS+plus BEAUTY VOL.5
FINEBOYS FINEBOYS+plus 靴 vol.18
FINEBOYS FINEBOYS+plus SUIT vol.37
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ2022春夏

ページトップへ