• twitter
  • instagram
SEARCH

FASHION- ファッション -

2022.04.07

G-SHOCK初の”服”は、時計に負けずタフでカッコいい!

腕時計でおなじみのG-SHOCKが、ビームスと手を組みライフスタイルグッズを展開する「G-SHOCK PRODUCTS」をスタート。第一弾としてデニム、Tシャツをリリースする。いろいろな人から選ばれ続けるデザインと機能性、そんなアイデンティティを持つG-SHOCKが作る服って、一体どんなものだろう? その魅力にグッとフォーカス!

G-SHOCKから”時計じゃない”新作が登場!

G-SHOCKがこの春立ち上げた「G-SHOCK PRODUCTS」は、ブランドで初めてライフスタイルグッズを展開するプロジェクト。その第一弾として発表されたのが、G-SHOCKのアイデンティティである”タフさ”にスポットを当てたコレクションだ。CORDURA®糸を採用したデニムジャケット&ジーンズ、そしてポケットTシャツ。人を選ばない究極のベーシックにして、G-SHOCKだからこそのディテールが詰まった3アイテムとなっている。その魅力を見ていこう!

CORDURA DENIM TRUCKER JACKET&
CORDURA DENIM JEANS

タフの代名詞としてまず最初にフィーチャーされたのは「デニム」。独自の対衝撃構造を持つ時計と同じように、より丈夫であることにこだわった作りになっている。注目したいのは”CORDURA®糸”を加えて織り上げた14ozの生地。アウトドアの過酷な環境にも対応する糸を採用することで、G-SHOCKらしいタフさを服でも実現した。カシオオンラインストアにて4月11日12:00から予約開始、4月20日発売。

 

ベーシックなデザインやシルエットをベースにした、春に限らずロングシーズン活躍するデニムジャケット。時計を着用した際に袖をまくらず時間を確認できる仕掛け(その名も「Wath window flap」)が、時計ブランドらしい遊び心あるポイントに。フロントにはスマホなどが入るポケットが備わっており、機能性も十分だ。2万9700円

シンプルなデザインながら、機能性も持ち合わせた6ポケットパンツ。ベルトループのDカンやガジェット用ポケットが、デザインのアクセントにもなっている。もも周りに余裕のある太めのシルエットで、これからの季節はシンプルなTシャツやロンT1枚と合わせるだけでもキマる。1万9800円

CORDURA G POCKET T-SHIRTS

CORDURA®糸を一緒に編み上げたヘビーウェイト生地が特徴のポケットTシャツ。ゆとりのあるシルエットで生地にハリがあり、今っぽいTシャツコーデの気分にぴったりハマる1枚だ。春先はインナーに、夏場はこれ1枚でコーディネートが成立する。使いやすい白と黒の2色展開。カシオオンラインストアにて5月12日に予約開始予定、5月18日発売。各7700円

 

ポケット部分には、よく見るとG-SHOCKのアイコンである”Gマーク”の刺しゅうが。ただのポケットTシャツで終わらせない、G-SHOCKならではのデザインがおもしろい! 白・黒ともにこれからの時期に欠かせないカラー。こだわりの詰まった1枚でまわりと差をつけるのはどうだろうか。

 

ついに時計だけじゃないブランドになったG-SHOCK。今後も「G-SHOCK PRODUCTS」では、服に限らずシーズンごとに様々なアイテムを発表するとのこと。どんなプロダクトが登場するのか、これからも目が離せなさそうだ。

 

INFORMATION

カシオオンラインストア
www.casio.com/jp/watches/gshock/lifestyle/

 

 

リアル目線のベスト時計BEST WATCH 2022 supported by THE CLOCK HOUSE
PR

リアル目線のベスト時計
BEST WATCH 2022 supported by THE CLOCK HOUSE

いよいよ2022年も総仕上げ! 今年はどんな腕時計が人気を博したのか? 日本全国に約240店舗を展開する国内最大の時計専門店チェーンであるザ・クロックハウスから、テーマごとのベストウオッチをリサーチ。選出された合計11本の時計を見れば、今のトレンドが見えてくる!

〈G-SHOCK〉はいつでも近くに。僕らの毎日に「2100」シリーズ。
PR

〈G-SHOCK〉はいつでも近くに。
僕らの毎日に「2100」シリーズ。

雲の上の憧れ高級時計から便利なスマートウォッチまで、現代はさまざまな時計であふれている。そんな中、唯一無二の存在感を放っているのが、そうG-SHOCK。圧倒的なタフネスとギア感・機能美にあふれたデザインで、オンでもオフでも活躍してくれるオンリーワンなブランドだ。膨大なラインナップを持つG-SHOCKの中で、今僕らが注目したいのは2019年に初登場した「2100」シリーズ。普段の生活に取り入れるなら、どんなモデルをどう使いこなすべきか。着こなしのサンプルとともにお届けしよう。

今冬は〈ディーゼル ウォッチ〉の新顔で。「黒」に映えるデジタルウオッチ
PR

今冬は〈ディーゼル ウォッチ〉の新顔で。
「黒」に映えるデジタルウオッチ

これから冬に向けてはとくに、ファッションにおいて「黒」が主役になる。存在感のある黒アウターを着る日もあれば、スタイリッシュなオールブラックの日もあるだろう。そんな「黒コーデ」になじむ、いや“映える”腕時計が、〈ディーゼル ウォッチ〉から登場! ブランドらしい大胆でスポーティなルックスが魅力の「MASTER CHIEF DIGITAL(マスター チーフ デジタル)」だ。インパクト抜群で着こなしの完成度を上げてくれる。

MAGAZINE- 別冊 -

FINEBOYS FINEBOYS+plus 時計 Vol.23
FINEBOYS FINEBOYS+plus BEAUTY VOL.6
FINEBOYS FINEBOYS+plus SUIT vol.38
FINEBOYS FINEBOYS+plus 靴 vol.19
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ2022秋冬
FINEBOYS FINEBOYS+plus 時計 Vol.22
FINEBOYS FINEBOYS+plus BEAUTY VOL.5
FINEBOYS FINEBOYS+plus 靴 vol.18
FINEBOYS FINEBOYS+plus SUIT vol.37
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ2022春夏

ページトップへ