• twitter
  • instagram
SEARCH

INTERVIEW- インタビュー -

2019.05.04

松島庄汰&とまんが語る、イケメンだらけの「明治東亰恋伽」に学ぶ恋愛術とは!?

注目のイケメンが勢揃いしていることで話題の、放送中のドラマ「明治東亰恋伽」。6月21日には映画版の公開も控える”めいこい”に出演する松島庄汰、とまんの2人にインタビュー。どこかミステリアスな雰囲気が魅力の2人、その気になる素顔に迫る。


■ファッション観は2人バラバラ!

――普段のファッションについて教えてください!

松島庄汰(以下、松島)「シルエットがユルいもの好んで着ることが多いですね。今日の衣装とは本当に真逆! 寝間着かなってくらいユルいスタイルが好きなんですよ。今年はスポーティーなスウェットを着たい! それこそジャージやスポーツアイテムってラフじゃないですか。僕のファッション観にピッタリなんです!」

とまん「ファッションに関しては好き嫌いがホントにないかも。テイストもバラバラだし、ブランドのこだわりもないし……。あ、でもこれからの時季はシンプルな白Tが絶対活躍するから、安いものだとすぐヨレちゃったりしますよね。なので、今は少し高くても長く使える白Tが欲しいなって思ってます!」

――服を選ぶポイントはありますか?

松島「蛍光色とか明るい色を取り入れるのが苦手で、優しい色を選んでいます。黒や白も着ますけど、結局気づくと優しいふんわりとしたカラーの服をいつも買っています!」

とまん「自分が着たいと思うかどうか。あとは手持ちの服と合うか。それぐらい! さっきも言ったけど、ホントにこだわりがなくて。いいな~と思ったらレディースものも全然着ちゃいます。昔からそれは変わってない!」

 

 

■イケメンが大集合した『明治東亰恋伽』

――まず、作品の印象を教えてください。

松島「イケメンが多すぎるでしょ!っていうのが一番の印象ですね。出演が決まって”めいこい”のアプリをプレイしたんですけど、こんなに魅力的な男性がたくさん出てくるのかって驚きました。正直、男性は恥ずかしさが大きいかもしれないんですけど、女性はいろいろなタイプの男性が出てくるので、キュンキュンし放題! その中のキャラクターを僕が演じなきゃいけないと考えると、最初はプレッシャーがかなり大きかったです……」

とまん「僕は恋愛系というよりかは、異世界をうまく表現しているなという印象でした。明治時代が舞台ですけど少し不思議な時代背景で、「魂依(たまより)」っていう“もののけ”が見える人がいるという設定なので、そこが普通のラブストーリーじゃないなって!まず世界観に惹かれました」

――登場キャラクターのほとんどが実在の人物がモデルになっていますが、役作りはどのようにされましたか?

松島「実在した岩崎桃介に関しては少し調べたくらいですかね。ただアプリはめっちゃやりました。電車の中とかで黙々とやってましたよ(笑)。突然キスとかしちゃうので、やっていて恥ずかしくなってしまいました(笑)。でもこのキャラを演じなきゃいけないっていうのを考えながらゲームはしていましたね。ゲーム内の岩崎桃介はすごく大胆で、自分に自信のある役に仕上げるにはどうしたらいいのかって、頑張って演じました!」

とまん「僕の場合は実在する泉 鏡花さんと劇中の鏡花ちゃんが、職業は一緒ですけ、雰囲気は結構違うので……、泉 鏡花を勉強するというよりかは『明治東亰恋伽』の鏡花ちゃんを勉強するっていう感じでしたね。もののけが見える“魂依(たまより)”の能力を持った役柄だったので、それをどう役に落とし込んでいくか考えて、怪しい少年を演じました」

――お2人が現実の世界で、もし「魂依(たまより)」だったらどうですか?

松島「どうだろ、怖いとかはあんまりないんじゃないかな? すぐ慣れちゃうと思いますよ(笑)」

とまん「僕も全然大丈夫だと思う! すぐ慣れて、もののけと仲良くなっちゃう!」
 

 

――撮影現場はどうでしたか?

松島「わきあいあいとしたいい現場だったよね?」

とまん「女子は(伊原)六花ちゃんだけっていう男だらけの現場でしたけど、みんなフレンドリーに楽しく撮影できました!」

松島「彼女はコミュニケーション能力が高いんですよ! 現場をまとめてくれてすごく助かりました!」

――撮影の裏話を教えて!

とまん「じつは、キャスト全員が揃った日は1日だけなんです! それも撮影初日……(笑)。だから、何かみんなでしたっていうのがないんですよね。一緒に楽屋でお弁当を食べて雑談したくらいかな……」

松島「そうそう。初日だからまだみんな若干打ち解けてない(笑)。でも、本当にいい現場でしたよ! このメンバーだからこそ作れた作品だと思う!」

――「FINEBOYS」の読者は男性ですが、男性に注目してもらいたい見所は?

とまん「やっぱ“もののけ”が見えるシーンとかじゃないですかね。ただの恋愛ものではないから。SF的な要素も含まれていますし、CGもかなり使ってる! そういうクオリティの高い映像は男性も見ていてワクワクすると思います!」

松島「モテたいのなら、俺らを真似しろ!って感じですかね(笑)。とにかく色んなタイプの男たちが出てくるので、女子へのアタックの仕方もいろいろで。恋愛テクニックを学べるいい教科書になっているかも!」

とまん「僕らの“キャラを”、ね(笑)!」

――最後にメッセージをお願いします!

松島「明治村で撮影をして、背景も本物の明治時代の風景に近づけて撮影をしていますし、そこは男性でも楽しんで頂けるのではと思います。モテテクを学んでくれたら嬉しいですね! ぜひ、彼女と一緒に観てほしいです!」

とまん「素敵な背景で撮影していますし、ただのラブストーリーではなくSF要素も含まれている素敵な作品です。男性陣全員が芽衣(伊原六花)のことを好きになるんですけど、最後に芽衣が選ぶのは誰なのか、そういうところに注目して観てほしい!」

ドラマ「明治東亰恋伽」絶賛放送中!/映画は6月21日(金)よりシネマート新宿ほか全国ロードショー!

© MAGES./LOVEART  ©ドラマ/映画「明治東亰恋伽」製作委員会

INFORMATION

【プロフィール】
松島庄汰/1990年12月26日生まれ。兵庫県出身。2015年、タイの地上デジタル放送を記念した一大プロジェクトドラマ「kimono秘伝」に出演するなどワールドワイドに活躍。ドラマ&映画「明治東亰恋伽」劇中では若き電気学者、岩崎桃介役を演じる。

とまん/1993年9月14日生まれ。宮城県出身。読者モデル時代に"ジェンダーレス男子"として一躍話題に。近年は俳優として『十二人の死にたい子どもたち』など話題作に次々と出演。"めいこい"では、もののけが見える青年・泉 鏡花役を演じる。

2人の出演するドラマ「明治東亰恋伽」はtvkほか全国8局にて放送中。映画版は6月21日(金)より公開スタート。
詳しくはhttp://movie-meikoi.com/#をチェック!

文/笹谷淳介 撮影/田中利幸

シーンに合わせた時計選び1週間コーディネート術
PR

シーンに合わせた時計選び
1週間コーディネート術

T.P.O.S.に合わせたスタイルでラインナップしているのが、〈ザ・クロックハウス〉オリジナルウオッチの魅力。仕事のある平日からオフの休日も、それぞれのシーンに合った1本がきっと見つかる。

存在感のある手元は〈ディーゼル ウォッチ〉の新作で半ソデコーデに"映える" 個性派デジタル、登場!
PR

存在感のある手元は〈ディーゼル ウォッチ〉の新作で
半ソデコーデに"映える" 個性派デジタル、登場!

身に纏うアイテムが減る夏は、小物に気合いを入れたいところ。〈ディーゼル ウォッチ〉の’90s スポーツコレクションは、ベルトのビンテージロゴとメカニックなデジタル顔が特徴。半ソデから伸びる手元を、3 針時計にはないインパクトで大胆&軽快に彩ってくれる!

MAGAZINE- 別冊 -

FINEBOYS おしゃれヘアカタログ'19-'20秋冬
FINEBOYS FINEBOYS時計 Vol.16
FINEBOYS FINEBOYS plus SUIT Vol.31 ’19春夏号
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ 2019春夏号
FINEBOYS
FINEBOYS
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ’18‐’19秋冬
FINEBOYS FINEBOYS時計 Vol.14
FINEBOYS FINEBOYS plus SUIT Vol.29
FINEBOYS FINEBOYS靴 vol.10

ページトップへ