• twitter
  • instagram
SEARCH

INTERVIEW- インタビュー -

2019.10.16

EMPiRE(エンパイア)の3人が好きなメンズファッションを初告白!

BiSHの所属するプロダクションWACKが、エイベックスとの共同プロジェクトによって立ち上げた6人組アイドルグループEMPiRE(エンパイア)。2018年に、1stフルアルバム『THE EMPiRE STRiKES START!!』でデビューして以来、積極的な楽曲リリースとライブ活動によって着実にファンを増やしている。そんな注目のEMPiREを代表して、MAYU EMPiRE(マユ エンパイア)、MAHO EMPiRE(マホ エンパイア)、MiKiNA EMPiRE(ミキナ エンパイア)の3人が登場! これまでメディアで語られることがなかった好きなメンズファッションから、本日リリースされた3rdシングル「RiGHT NOW」についてまで、余すところなく彼女たちの今をお届けする!

右からMAYU EMPiRE、MiKiNA EMPiRE、MAHO EMPiRE

■初公開! 3
人の好きなメンズファッションとは?

――雑誌やウェブメディアで、好きなメンズファッションについて触れたことがないそうですね。ずばり、好きな男性の秋冬コーデやアイテムはありますか?

MiKiNA EMPiRE(以下ミキナ)「これからの季節なら、コーデュロイのアイテムが好き。雰囲気がユルくてかわいいなって思います!」

MAYU EMPiRE(以下マユ)「え、なんだろう……。全然分からない! 男性のファッションに興味を示さずに生きてきたのがバレちゃう(笑)」

MAHO EMPiRE(以下マホ)「私はシンプルなデザインの服を着ている男性が好き。シャツをサラッと着こなしていたり、タートルネックやハイネックのトップスを着ていたりすると、グッときます!」

マユ「あ〜、私も同じ!(笑)。よく分からないけど、多分大人っぽい服装が好きなんです。テーラードジャケットとかスーツを着こなしている男性が好きだと思う」

マホ「あと、かわいい靴下を履いているといいですよね。男の人って女の子より足元のこだわりが強いイメージ。だから、シューズとソックスの組み合わせは、よく見ちゃいます」

ミキナ「そういう小物使いが上手だといいよね。アクセサリーは、ジャラジャラと付けるんじゃなくて、さりげなく。腕時計だったらレザーバンドでスタイリッシュに。全体的に落ち着いている感じがいいです」 

NEXT

2/3PAGE

自身を鼓舞する3rdシングル

 

■自身を鼓舞する3rdシングル「RiGHT NOW」

――3rdシングル「RiGHT NOW」が、本日10月16日(水)にリリースされました。どんな楽曲に仕上がっていますか?

マユ「電子音が特徴的なアッパーチューンです。イントロが囁きからはじまるんですけど、それは悪魔をイメージしています」

マホ「映画『グレムリン』で、ギズモが凶暴化したグレムリンをイメージして、って松隈ケンタさん(音楽制作チームSCRAMBLES代表/サウンド・プロデューサー)に言われました」

マユ「あと、サビ前でラップに挑戦しています。サビで盛り上がる楽曲をたくさん歌ってきましたが、ラップが加わった遊び心のある楽曲なので、EMPiREの新しい一面を見せられるんじゃないかなって思います」

――強気な歌詞ですよね。

マユ「この曲は、アニメ『ブラッククローバー』のオープニング曲です。〈やられたらやり返す〉という歌詞が、闘志を燃やすアニメの世界観とリンクしているんですよね。それは、EMPiREの精神とも共通する部分です」

マホ「内に秘めた闘志を燃やしている感じが歌詞に表れています。背水の陣のような、やるしかない! と奮い立たされる内容です」

 

 

――みなさんが個人的に気に入っている歌詞を教えてください!

マユ「サビ終わりの〈全部使い切る 全てなくなるまでやるよ〉という部分。まさに『RiGHT NOW』だな、と。今できることは、すべてを使い切ることだって、ライヴをしていて毎回感じるし、そうじゃないと掴めるものも逃しちゃうと思うので」

ミキナ「私が好きな部分は、〈びっくりするぐらい壁 でもNO NO NO 負けるわけないじゃん〉。立ちはだかる壁は大きいとしても、強気でドンと構えていたいなと思います」

マホ「私は、〈どうにでもなれ やる以外ないでしょう〉。みんな、いろいろと悩むことがあると思うけど、結局やるしかないことが多いんです。今の自分を奮起させるにはぴったりのフレーズ」

■B面はメンバーがつづった等身大の歌詞
 


 ――そしてB面には「NEVER ENDiNG」。強気な「RiGHT NOW」に対して、弱音を吐露する歌詞ですね。

ミキナ「ドリちゃん(MiDORiKO EMPiRE)が歌詞を書いていて、彼女の心情がモロに浮かんでいるなと思いました。ドリちゃんは忙しく過ごしているから、気持ちが複雑に入り混じっていることを感じていましたが、はっきりと自分で表現したのは、これがはじめて」

マホ「いろいろ葛藤しているのが伝わるよね。メンバー間でも、言いにくい、聞きにくいデリケートな部分があるから、それを歌詞にしてくれたことによって知れたのでよかったです」

――そういった内容でも、結局ポジティブにまとめた楽曲が世の中に多いですが、無理をせず等身大の言葉を並べているように感じました。

マホ「ネガティブな気持ちも、素直に表現してくれました」

ミキナ「無理に前向きに考えようとしない部分が、誰もが共感できると思います」

マユ「『NEVER ENDiNG』というタイトルの通りだなと感じました。私は、曲調からずっと歩いているシチュエーションをイメージしました。歌詞も、悩みを解決するわけではなく苦しんでいる様子。その曲調と歌詞が重なって、歩きながら道に迷っているような印象。でも、それが等身大であるから、お気に入りです」

――〈投げ出したいよ〉という歌詞がありますが、みなさんは投げ出したくなることはありませんか?

マユ「お母さんにお皿洗いを任されているんですけど、本っ当にやりたくなくて投げ出したい(笑)。この前も夜中まで放置して、やりたくないから、とりあえず踊ってみました(笑)。結局、朝4時まで踊って、ギターを練習してから、いやいや洗いました。好きなことをやって現実逃避(笑)。」

ミキナ「私は目が悪いんですけど、メガネを新しく作ろうと思っていて。眼科で、眼球に風を当てる検査があるんですけど、あれが本当に嫌い! 行くのが億劫になっちゃって、眼科に行くことを投げ出していました(笑)」

マホ「私も病院の話。親知らずがすくすくと成長中で、真横に生えてきちゃっていて……。このままだと確実に腫れることが分かっているんですけど、病院に行くことを投げ出しているところです(笑)」  

NEXT

3/3PAGE

3度目の全国ツアーはメンバーの成長した姿に注目!

 ■3度目の全国ツアーはメンバーの成長した姿に注目!
 

 
――ツアーやライヴを重ねてきて、成長を感じている部分はありますか?

マユ「ひとりひとりが、グループのことをより考えられるようになってきたなと感じています。ファーストシングル『ピアス』は仲間の絆を歌っていましたけど、メンバーの脱退も決まっていて、グループ全体がまとまりにくい難しい時期でした。セカンドシングル『SUCCESS STORY』は、再出発にぴったりの曲で、新体制で団結することができました。そして、今回リリースされる『RiGHT NOW』は、〈いいじゃん 上等じゃん〉という歌詞の通り、強い意志を感じるし、メンバー全員が周りを見られる余裕が生まれて、グループのことを考えられるように成長したと思います」

――11月から、全国12カ所を回るツアー「EMPiREʼS GREAT ESCAPE TOUR」がはじまりますね!

マホ「全国ツアーを回らせてもらうのが、今回で3度目。でも、結成から現在までにメンバーの入れ替わりがあったので、実は同じメンバーで2回目のツアーを回るのがはじめて。だから、メンバーの成長した姿を見せることができるので、よりパフォーマンスに力を入れたツアーにしたいと思っています」

マユ「ひとつひとつの公演を全力で挑むことは大前提なんですけど、そもそもの実力をレベルアップさせて、自信を持ってステージに立ちたいです。必死すぎて勢いだけにならないように、 “大丈夫、カッコつけていこうぜ、今日も”みたいな余裕を持ちたいです。精神的にも成長できるツアーにしたいので、そのためには、さらに6人の絆を深めることが大事だと思います」

ミキナ「やれることを全部出し切るツアーだと思っています。どの会場もこれまでのツアーよりキャパが広くて、ファイナルは念願の舞台、Zepp DiverCity。今までは、自分の不安がパフォーマンスに出てしまうこともありました。その不安をなくすために、すべてを突き詰めて、自分が出せる力以上のものを出し切りたいです!」

INFORMATION

プロフィール/メンバーはYU-Ki EMPiRE、MAYU EMPiRE、MiDORiKO EMPiRE、MAHO EMPiRE、MiKiNA EMPiRE、NOW EMPiRE。2017年、WACKとエイベックス・エンタテインメントによる共同プロジェクト“Project aW”が発表され、オーディションを開催。2018年に、1stフルアルバム『THE EMPiRE STRiKES START!!』で堂々のデビューを果たした。今年2月に1stシングル「ピアス」を、7月には2ndシングル「SUCCESS STORY」をリリースして、早くも3枚目となるシングル「RiGHT NOW」が10月16日(水)に発売。11月から全国ツアー「EMPiRE’S GREAT ESCAPE TOUR」を開催する。ツアーファイナルはZepp DiverCity。

HP→empire-official.com
Twitter→@EMPiREIDOL


文/小松ショウゴ 撮影/田中利幸

専属モデル杉野遥亮がRECOMMEND!ディーゼルのNEWバッグ。 VOL.04ナイロンバッグ
PR

専属モデル杉野遥亮がRECOMMEND!ディーゼルのNEWバッグ。 VOL.04
ナイロンバッグ

大学の通学用にしろ、友達と遊ぶ用にしろ、使い勝手や合わせやすさを考えると黒などのシンプルなバッグが正解。だけど、その中にもこだわりを持ってバッグを選びたい人も多い。そこでオススメなのが〈ディーゼル〉のナイロンバッグ。高級感のあるツヤッとした質感に、ミリタリーを思わせるディテールが何とも男らしい。シワになりにくく汚れもつきにくい、さらに軽くて丈夫とあって文句のつけどころがない!

<ディーゼル オン> meets 中川大志ファッション感覚で楽しむ新作スマートウォッチ
PR

<ディーゼル オン> meets 中川大志
ファッション感覚で楽しむ新作スマートウォッチ

ディーゼルの時計は、一目でそのブランドだとわかるユニークかつファッショナブルなデザインが特徴。今回の新作「AXIAL SMARTWATCH(アクシアル スマートウォッチ)」も、例に漏れずディーゼルらしさが随所に表現された注目モデルだ。タッチスクリーン式のアニメーションダイヤルやファッショナブルなデザインは、まさに”次世代”を感じさせる佇まい。数多くの話題作に出演し、同じく”次世代”を担う俳優として活躍を見せる中川大志がつけこなす。

〈ASICS〉の最新作は機能とデザインが両立僕らの日常になじむ2つの“GEL-QUANTUM”
PR

〈ASICS〉の最新作は機能とデザインが両立
僕らの日常になじむ2つの“GEL-QUANTUM”

走れるうえに、洒落ていること――昨今のスニーカーシーンの盛り上がりはこのマインドによる欲求なしには語れないだろう。それはアクティブな趣味を持つ大人たちが、ライフスタイルを謳歌するなかで1足に求める汎用性や機能性を追求し続けてきた結果なのかもしれない。〈ASICS〉の新作“GEL-QUANTUM”シリーズはまさにそんな欲求を具現化した1足だ。

今シーズンも〈ASICSTIGER〉から目が離せない東京のストリートに映えるスニーカー&ウエアを発見。
PR

今シーズンも〈ASICSTIGER〉から目が離せない
東京のストリートに映えるスニーカー&ウエアを発見。

暑さもすっかり落ち着いてきたこの時季は、街を流して駆け抜けるのに気持ちがよい季節。そんなとき、〈アシックスタイガー〉のスニーカーとウエアは見た目はもちろん、機能的にも心地がいい。今日もいつものスタイルに着替えて、東京ストリートを颯爽と走り抜けていく。

フランスの名門〈LACOSTE〉の新作シューズ大人のストリートスタイルは抜かりない足元から、はじまる。
PR

フランスの名門〈LACOSTE〉の新作シューズ
大人のストリートスタイルは抜かりない足元から、はじまる。

ラコステといえば“オーセンティック”なデザインを想像する人は多いだろう。そのイメージで間違いないのだけど、ここ最近のラコステはそれだけではない。トレンドでもある“ゆるさ”をシルエットや柄、マテリアルといったディテールワークで巧みに取り入れて、大人が合わせやすいアイテムで流行りのストリート感が表現できる。それは靴も然り。高感度と安定感のハイブリッドはラコステならでは。

〈SUPRA〉の人気モデル、スカイトップⅡが日本で復刻。日本別注の限定モデルはストリートで存在感を発揮する
PR

〈SUPRA〉の人気モデル、スカイトップⅡが日本で復刻。
日本別注の限定モデルはストリートで存在感を発揮する

LAやTOKYOなど世界主要都市に旗艦店を持ち、ビッグブランドとして不動の地位を築いたスープラ。にもかかわらずストリートという軸がブレることはない。海外セレブも然り、主張のある靴は世界中にファンがいる。だからこそ、このモデルは日本限定で復刻というローカル感にやられる。ピックアップされたのはスカイトップのセカンドモデル。世界を見渡す靴好きならば、このレア度に共感するはず。

MAGAZINE- 別冊 -

FINEBOYS FINEBOYS+plus SUIT vol.32
FINEBOYS FINEBOYS+plus 靴vol.13発売中!
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ'19-'20秋冬
FINEBOYS FINEBOYS時計 Vol.16
FINEBOYS FINEBOYS plus SUIT Vol.31 ’19春夏号
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ 2019春夏号
FINEBOYS
FINEBOYS
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ’18‐’19秋冬
FINEBOYS FINEBOYS時計 Vol.14

ページトップへ