• twitter
  • instagram
SEARCH

INTERVIEW- インタビュー -

2019.11.17

演技もラップも絵も。多彩な表現で魅せる俳優・吉村界人って?

今注目されている俳優の中でも、特出して独自の存在感を発揮。共演した故・樹木希林に“最後の愛弟子”と称されるなど、高い評価を得ている吉村界人。話題沸騰のコミックスを原作にしたドラマ「左ききのエレン」では、主人公の先輩、流川 俊を演じている。今回のインタビューではドラマについてはもちろん、未だミステリアスな部分も多い彼の最近気になっていること、ファッション事情にもフォーカス!

■今は自分の視野を広げているところ

――まずはファッションについて聞きたいのですが、吉村さんは服を選ぶときの基準ってありますか?

「ゆったりとしたサイズ感が好きです。ピタッとしたタイトな服だと、縛られている感覚になっちゃうんですよね。普段はオールブラックの着こなしばかりです。黒をまとっていると素でいられるというか、肩の力が抜ける気がして。あと、洋服選びで重要視しているのは、汚れても気にならないということ。絶対に汚しちゃうんですよ。絶っ対、ソースとかお醤油をこぼしちゃう(笑)。そんな理由もあって黒い服が好きなんです(笑)」

――撮影中、ご自身のスマホで音楽を流していましたが、最近気になっているアーティストや曲があれば教えてください。

「最近は、メジャーシーンで人気のある曲を聴いています。ロック、ポップス、ヒップホップとジャンルは問わず、今まで聴いていなかった曲を聴くようにしていて。なぜ人気なのか、どんな内容なのかって勉強している感覚かも。今はそうやって自分の視野を広げているところです」

――最近おもしろいと感じたモノやコトはありますか?

「『SHOW ME THE MONEY』という韓国で放送しているラッパーのオーディションバトル番組があるんですけど、それがおもしろいんですよ。その番組で活躍していたソン・ミンホというラッパーの『恐れ』という曲の歌詞がカッコよかったです」

――ご自身で詞を書いてラップをしたり、絵を描いたりと活動が多岐に渡りますが、一番インスピレーションをあたえてくれるものは?

「やっぱり映画ですね。黒澤映画から『ジョーカー』まで、本当になんでも観るんですよ。最近観た中でとくにおもしろかったのは、『トゥルー・ロマンス』。90年代のアメリカの映画で、男女が逃避行していく青春を描いた作品なんですけど、少しクレイジーな感じもあって。一瞬の歓喜とか一瞬の欲望のために全力なんです。その捨て身とさえも思える考え方とか行動がカッコよかった」

――そういったような映画が、役作りに繋がることはありますか?

「あります。演技では、目で訴えることも大事だと思っています。人が真剣になったときの目を再現できる役者さんは、ひとつ上をいった表現になるので、釘付けになっちゃいますね。映画の中で、その一瞬を見るのが一番好き」

■若い世代に観てほしいドラマ「左ききのエレン」

――放送中のドラマ「左ききのエレン」では、流川 俊を演じています。流川と共感できる部分はありましたか?

「なかなか見つからなくて、最初は彼のことが分かりませんでした。ほかの役では、心情とか考え方といった内面を理解できましたけど、流川はそれが難しかった。彼は広告代理店のサラリーマンなんです。でも僕、少し変わった性格の役を貰うことが多かったので、等身大な人間臭い役を演じたことがなくて。だから、サラリーマンという役は新鮮でした。流川はコピーライターを目指していたことがあるのですが、ワンシーン目で『言葉に興味があって』というセリフがあるんですよ。言葉が好きというのは、僕も同じで。そこから流川について紐解いていくことができました」

――「左ききのエレン」は、原作の漫画が人気ですが、ご覧になりましたか?

「もちろん。言葉が刺さるんですよ。とにかく熱くて、絶対に今の若い世代は好きだと思います。もどかしい人間関係の縮図のようでもあって。悩むこともあれば、救われることだってある。そう思わせてくれる作品だと思います」

――ドラマで印象に残っているシーンはありますか?

「やっぱり最終話。人と人って、どこかで必ず差異が生まれるじゃないですか。僕は才能という言葉が好きじゃないけど、才能がある人がいれば、才能がない人もいる。”この作品は最後まで現実と戦っているな”と感じたラストでした」

――この作品に出演して、自分が成長したと感じる部分は?

「撮影を通して、協調性を身につけたと思います。僕は共演者と話すことが苦手で、どっちかというとスカしてしまうタイプ。でも、今回の現場でみんなと話していたら、すごく楽しくて。コミュニケーションをとったほうが、明日も撮影に行きたいと思えるっていう新しい発見がありました」

――音楽やアートも制作されていますが、その表現と芝居の表現にはどんな違いがありますか?

「結局、両方繋がっていると思いますが、音楽とアートは自分の人生という感覚があって、役者は誰かの人生を借りている感覚。だからこそ、芝居のほうが丁寧になります。音楽とアートはやりたいようにやっていますが、芝居はそういうわけにはいかない。正直、それが窮屈に感じることもあります。だけど僕みたいな人間は、そういう外からの制約やプレッシャーがあるくらいがちょうどいいかなと思っています」

――では最後に、読者へメッセージをお願いします!

「夢見がちな世の中だし、誰もが夢を見ていたいと思います。『左ききのエレン』は厳しい現実を突きつけてくるけれど、その反面、夢見がちのままでもいいと背中を押してくれる作品です。自分はこうだと決めつけずに、あらがう人生もいいのかなと思わせてくれる。登場人物と共感する部分を探しながら観てみるとおもしろいと思いますよ!」

★発売中のFINEBOYS12月号「気になるコノ人のカバンと愛用グッズ!」では私物のバッグとその中身を公開中!

ドラマ『左ききのエレン』
毎日放送毎週日曜24:50〜、TBS毎週火曜25:28〜ほか放送中!
©かっぴー・nifuni/集英社 ©ドラマ「左ききのエレン」製作委員会・MBS

INFORMATION

プロフィール/1993年2月2日生まれ。東京都出身。2014年に俳優デビューを果たし、2016年に主演映画『太陽を掴め』で注目を集める。今年公開された主演映画『ハッピーアイランド』では、共演した故・樹木希林に“最後の愛弟子”と称される。現在放送中のドラマ「左ききのエレン」(毎日放送毎週日曜24:50〜、TBS毎週火曜25:28〜ほか)では、流川 俊を好演。さらに、主演を務めるスピンオフ作品「左ききのエレン 特別編」がU-NEXTで12月25日(水)配信予定。

公式instagram→@kaito_.yoshimura

文/小松ショウゴ 撮影/田中利幸 スタイリング/安本侑史 ヘアメイク/七絵

DIESEL presents!バランスのいい「スギノと服とカバン」のはなし。
PR

DIESEL presents!
バランスのいい「スギノと服とカバン」のはなし。

ファッションでいう〝バランス〞と聞くと、どこか気難しい感じもするが、じつはそんなことはない。ディーゼルの服とカバン、それにスギノを組み合わせて、それを実証していこうというのがこの連載。今回は、春らしいパステルカラーを纏ったパーカとバッグ(デニム素材)で、好バランスの秘訣に迫る。

進化する〈ラコステ〉のTシャツがポップでいい感じ!フレンチ・ブランドの〝遊び〞で着こなしをアップデート!
PR

進化する〈ラコステ〉のTシャツがポップでいい感じ!
フレンチ・ブランドの〝遊び〞で着こなしをアップデート!

クリエイティブディレクターにルイーズ・トロッターを迎えたフランス発のプレミアムカジュアルブランド、ラコステ。ブランドの安定感や満足感はそのままに、新たなエッセンスが加わる。スタイリッシュなアイテムたちを、まずはTシャツで気軽に取り入れてみよう!

コスパ抜群のアベイルは定番だけじゃない!イマドキ男子のための春夏コーデ必須アイテム!
PR

コスパ抜群のアベイルは定番だけじゃない!
イマドキ男子のための春夏コーデ必須アイテム!

出会いの多い春だから、この時季は第一印象をよくしておくことがとにかく大事。表情や声のトーンなど、いろいろな要素が織りなすものだけど、服装で外見を磨いておくことは効果が大きいし挑戦しやすいよね。そこで、コスパ抜群のアベイルを見てみてほしい。定番から旬なものまで、豊富なメンズのラインナップは、どれもリーズナブルでお買い得。時間がないっていう人のためにも、スタートダッシュできる春夏コーデを3つピックアップした! 引っ越し費用や学費など、この春は金欠なんです……っていう人にもありがたいはず!

〈ASICS〉の〝NOVABLAST〞なら自由自在。休日をもっと楽しくする「走れて遊べる」1足が登場!
PR

〈ASICS〉の〝NOVABLAST〞なら自由自在。
休日をもっと楽しくする「走れて遊べる」1足が登場!

待ちに待った休日。そんな日は買い物で街へ出掛けたり、ランニングで汗を流すアクティブ派も多いはず。そこで〈ASICS〉の新作ランニングシューズ〝NOVABLAST〞に注目。「走る」と「遊ぶ」のどちらのシーンでも使えて、コーデの鮮度も自然と上昇。それも高水準のテクノロジーが搭載され、スタイリッシュなデザイン性が備わっているから。この1 足で気ままな休日がより楽しくなる!

新生活は〈ライジングウェーブ〉の香りにおまかせ!イケてる雰囲気は香水で演出できる!
PR

新生活は〈ライジングウェーブ〉の香りにおまかせ!
イケてる雰囲気は香水で演出できる!

出会いの季節である春は第一印象が大切。とくに香りはファッションやヘアスタイルと同様に、その人の印象を左右するもの。そこで〈ライジングウェーブ〉の出番。このフリー ライトブルーの香りなら、シーンを選ばず使えて、イケてる雰囲気が演出可能。新生活にピッタリだ!

素材から製品まで繊維ビジネスを網羅する〈豊島〉!君が着ているその服、この繊維商社のかもよ!
PR

素材から製品まで繊維ビジネスを網羅する〈豊島〉!
君が着ているその服、この繊維商社のかもよ!

アパレルメーカーへ洋服の企画提案を行い、生産加工から納品までを一手に引き受ける繊維商社。繊維素材の収集や開発に伴いグローバルに飛び回る社員も多い。そんな分野で、独立系繊維商社として業界1 位の売上高を誇るのがこの豊島。洋服好きは就職のためにもぜひ知っておくといい。そこで働く先輩たちに話を聞いてみたら、とても魅力的な場所だってことがわかった!

手元に大人っぽさをプラスするなら〈オリエント〉の機械式時計〝名作〞の〝復刻〞ならシーンを問わずに使える!
PR

手元に大人っぽさをプラスするなら〈オリエント〉の機械式時計
〝名作〞の〝復刻〞ならシーンを問わずに使える!

機械式時計へのこだわりとユニークなデザインセンスで、つねにマニアを唸らせてきた〈オリエント〉。70周年の今年、ブランドを象徴 する2 つの名作が蘇る。レトロで重厚な佇まいは、まさに復刻版ならでは。周囲と差がつく手元なら、どんなときも自信が湧いてくる!

川崎フロンターレ注目の若手が着こなす〈ジースター ロゥ〉アスリートも夢中な「楽でイケてる」理想のデニム!
PR

川崎フロンターレ注目の若手が着こなす〈ジースター ロゥ〉
アスリートも夢中な「楽でイケてる」理想のデニム!

“定番”と呼ばれるアイテム、とくに骨格や体型によって見た目の印象が変わるパンツは、自分にピッタリ合う「これだ」という一本を長く愛用し続けたい。人の体に沿う自然で美しいシルエットを長年追求し続けてきた〈ジースター ロゥ〉のデニムパンツは、はいたときのフィット感や動きやすさ、計算されたシルエットの美しさで世界からの支持も厚い、まさに「新時代の定番デニム」。今回はそんな〈ジースター ロゥ〉の人気モデル“Dスタック(D-STAQ)”を、JリーグJ1の強豪・川崎フロンターレの3選手がはきこなしてくれた。

これだから社会人からも選ばれている!〈ザ・クロックハウス〉のオリジナルウオッチ“ソーラーシリーズ”が選ばれる3つのこだわり!
PR

これだから社会人からも選ばれている!
〈ザ・クロックハウス〉のオリジナルウオッチ“ソーラーシリーズ”が選ばれる3つのこだわり!

〈ザ・クロックハウス〉オリジナルモデルは、「プライス」「ディテール」「スタイル」にこだわってつくられている。安心して気軽に購入できるから、自分の職業にあった時計をカンタンに選べるし、満足感もかなり高い。

大人は手元で差をつける![ 職業別 ]時計選びの指南書
PR

大人は手元で差をつける!
[ 職業別 ]時計選びの指南書

適切な時計を身につけてこそ一人前! 職場で求められている装いごとに、適切なモデルを指南!

MAGAZINE- 別冊 -

FINEBOYS 大人の足元は主張のあるスニーカーで!
FINEBOYS FINEBOYS +plus SUIT Vol.33
FINEBOYS FINEBOYS+plus 時計 Vol.18
FINEBOYS FINEBOYS Start up 0 ビジネスマナーがわかる本
FINEBOYS FINEBOYS Start up 0 お金のことがわかる本
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ 2020春夏
FINEBOYS FINEBOYS+plus 時計 Vol.17
FINEBOYS FINEBOYS+plus SUIT vol.32
FINEBOYS FINEBOYS+plus 靴vol.13発売中!
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ'19-'20秋冬

ページトップへ