• twitter
  • instagram
SEARCH

SHOES- シューズ -

2021.01.17

アンジェラ芽衣「仮面ライダーセイバー」である変化が!

現在絶賛放映中のドラマ「仮面ライダーセイバー」で、謎の美女・神代玲花を演じるアンジェラ芽衣。今回のキャラクターに大きな影響を受けているという最近のファッションの話から、気になるメンズファッションの好み、ドラマの撮影秘話まで、たくさん語ってもらいました!

■役作りの一環で黒ファッションにどハマり!

──最近は黒ファッションにハマっているそうですね!

「黒、キテます! というのも、今出演している『仮面ライダーセーバー』で演じているキャラクターが黒い服を着ているんですが、それに影響されちゃって。もともと黒は好きだったんですが、最近は全身黒って日もあるくらいハマっています!」

──例えばどんな黒スタイルが気分ですか?

「タイトな黒のニットワンピに、ひらひらのスカートを重ねたり、ジャケットをはおったり。着こなし的にも"カッコイイ大人の女性!"という感じを狙っています」

──なるほど。そんな中、この冬とくにハマっているアイテムはありますか?

「これは黒のアイテムではないんですけど、メガネにハマっています! ゾフとe.m.がコラボしたメタルフレームのメガネを買ったんですが、それがすごくお気に入りで。度ありのレンズを入れていて、家でも外でもガンガン使っています。ちょっとした外出のときも、薄めのメイクにこのメガネだけで完成するので助かるんです」

──では男子のファッションはどんなスタイルが好みですか?

「私、男子の白パーカーが好きなんです。萌え袖になるくらいのビッグサイズのプルオーバーパーカーに、黒スキニーをあわせてほしい! もっと細かくいうと、インナーは柄シャツでゴールドのネックレスを重ねてたら完璧です♥」

──具体的ですね(笑)。ちなみに最近、プライベートではどんな時間を過ごしていますか? ゲームがお好きと伺いましたが……。

「そうですね、ゲームです(笑)。ここ最近はマネージャーさんも巻き込んで『ライフアフター』というサバイバルゲームにガッツリハマっていたんですけど、なんとゲームのスペシャル動画『#ライフアフター終末ワープ』に出演させていただいて! プライベートでやり込んでいた作品だったので、本当に嬉しかったです」

 

NEXT

2/2PAGE

 

■「仮面ライダーセイバー」で大苦戦⁉︎

──先ほどファッションのお話にもあがった「仮面ライダーセイバー」。演じる謎の使者・神代玲花は普段のアンジェラさんとはだいぶかけ離れたキャラクターだとか。

「そうなんです! 神代玲花は謎に包まれたミステリアスなキャラクターなのですが、すっごく難しくて。例えば、淡々と話すことを意識したら単なる棒読みになっちゃったり、背筋を伸ばそうと意識したら怒り肩になっていたり……(笑)。そんな感じで性格は正反対だし、私自身お芝居の経験も少ないしで、なかなか難しいですが、試行錯誤しながら頑張っています!」

──役作りで参考にしている人や作品はありますか?

「『ワンピース』のニコ・ロビンなどのキャラを参考にさせていただいています! 話し方とか佇まいとか、すごく勉強になっています」

──サブカルにも造詣の深いアンジェラさんですが、過去の仮面ライダーシリーズは見ていましたか?

「『仮面ライダー電王』はお母さんと一緒にハマって観ていました。ストーリーがわかりやすかったから、スペイン系フィリピン人のお母さんも観やすかったみたいで。思い入れのある作品だったので、今回の『仮面ライダーセイバー』のオファーはとても嬉しかったんです」

──撮影現場の雰囲気はいかがですか?

「すごく和気あいあいとしていて、素敵な現場です! 6人の剣士たちが楽しそうに撮影しているのが羨ましくて、自分の撮影が終わっているのに見に行っちゃうくらい(笑)。仲間たちの絆がテーマになっているので、彼らの関係性にはぜひ注目してもらいたいです」

──最後に、ますます活躍の幅が広がるアンジェラさんの今後の野望を教えてください!

「もっと演技を磨きたいです! 2020年は、お芝居の仕事を3つもいただいたので、どんどん挑戦して成長したいですね。もちろんモデルのお仕事もたくさんやりたい! いろいろな仕事をして見聞を広めたいなと思っています」

あんじぇらめい/1997年4月29日生まれ。埼玉県出身。エキゾチックな雰囲気と10頭身のスタイルが話題となり、「東京ガールズコレクション」や「GirlsAward」を始め数多くのファッションショーに出演。2020年、「仮面ライダーセイバー」にて地上波ドラマデビューを果たす。TBS「サンデー・ジャポン」やytv「ダウンタウンDX」などのバラエティ番組でも活躍中!

 

INFORMATION

ア・ベイシング・エイプのパーカ2万4800円、カットソー1万9800円(ともにベイプストア 原宿)、その他すべてスタイリスト私物

文/山下皓平 撮影/田中利幸 スタイリング/moco ヘア&メイク/柄原清美(JULLY)

ガズル ハラジュクの腕利き美容師が教える!“ヘアアイロン”使いで勝ちヘア確定!
PR

ガズル ハラジュクの腕利き美容師が教える!
“ヘアアイロン”使いで勝ちヘア確定!

美容師たちから高い支持を得る〈アドスト〉のヘアアイロン。実際にサロンワークや撮影のヘアメイクにも使用されるプロユースアイテムだ。今回はそんな逸品を使ったヘアスタイルを人気サロン、ガズル ハラジュクの美容師がトレンドの2スタイルを提案!

〈ワンダム〉の新プロダクトなら自由自在!最新ドライヤーとアイロンで旬髪、さらにアップグレード!
PR

〈ワンダム〉の新プロダクトなら自由自在!
最新ドライヤーとアイロンで旬髪、さらにアップグレード!

クセ毛風の動きやニュアンスのあるカール感は、今やメンズヘアにとって標準装備。そんなマストなディテールになくてはならないのがヘアアイロンとドライヤーだ。〈ワンダム〉から新しくリリースされたニュープロダクトは、プロも認めるクオリティが魅力。人気サロンが提案するヘアサンプルとともにその実力をチェックしてみよう!

MAGAZINE- 別冊 -

FINEBOYS おしゃれヘアカタログ2022秋冬
FINEBOYS FINEBOYS+plus 時計 Vol.22
FINEBOYS FINEBOYS+plus BEAUTY VOL.5
FINEBOYS FINEBOYS+plus 靴 vol.18
FINEBOYS FINEBOYS+plus SUIT vol.37
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ2022春夏
FINEBOYS FINEBOYS+plus 時計 Vol.21
FINEBOYS FINEBOYS+plus BEAUTY VOL.4
FINEBOYS FINEBOYS+plus SUIT vol.36
FINEBOYS FINEBOYS+plus 靴 vol.17

ページトップへ