• twitter
  • instagram
SEARCH

INTERVIEW- インタビュー -

2018.07.16

映画『虹色デイズ』インタビュー俳優・高杉真宙が演じるオタクな秀才男子が青春を駆け抜ける!

人気少女コミックが原作の、男子高校生4人の恋と友情を描いた青春映画『虹色デイズ』。主演の男子高校生4人のうち、オタクでマイペースな秀才”つよぽん”を演じる高杉真宙に、映画について話を聞いた。現在発売中のFINEBOYS8月号では掲載しきれなかった、アザーカットも要チェック!


◼︎かけがえのない青春が詰まった映画、『虹色デイズ』

――漫画好きで知られる高杉さんですが、原作であるコミックの「虹色デイズ」はもとからご存知だったのでしょうか?

「もちろん知っていました。出演オファーをいただく前から読んでいたので、演じられるとわかったときはとてもうれしかったです。男子高校生4人が軸となったストーリーなので、学生という存在の”今”を見つめている作品だという印象を持ちました。あとは、青春を感じさせるキラキラした夏のイメージ。登場人物もみんな憎めなくて、読んでいて気持ちがよかったです」


――映画では、これぞ男子高校生の日常!というようなテンポのよい台詞まわしが印象的でした

「あの空気感やテンポのよさは、何度か重ねたリハーサルで育んだものです。現場のみんなで作り上げていったというのももちろんありますが、リハーサルの密度が濃かったおかげでスムーズに”仲良しな4人組”を演じることができたと思っています」

――オタクでいて秀才、さらに4人の中で唯一の彼女持ちである”つよぽん”を演じていますが、
彼を演じるうえで意識したことはなんですか?

「つよぽんは、4人の中でひとりだけ前を見ているコなんです。恋愛はもちろん、進路という未来についても悩んでいる。そういう人生の現実的な部分が見えている役だったので、自分自身(=つよぽん)が置かれている状況を客観的に見ようと心がけました。あとは、どのくらいほかの3人と一緒にバカをやるのか。落ち着きのある大人っぽい役だったので、そのバランスも意識していました」


――”つよぽん”と自分に重なる部分はありましたか?

「近しい部分はたくさんありました。プライベートでも友達とグループで行動するときは、つよぽんのようにまわりから一歩引いて過ごしていることが多い気がします。アニメも漫画も好きだし……似ていないところで今パッと思いつくのは、僕は彼と違って秀才ではないことぐらいです(笑)」

  

 

――印象に残ってるシーンはどこでしょうか?

「堀田真由さんが演じるゆきりん(つよぽんの彼女)とのシーンですね。つよぽんがゴールに進む上で大事にしなきゃいけない場面だったので、思い入れがあります。あとはプールに飛び込むシーンがすごく楽しかった。撮影が10月の終わりで、たしか台風も来ていて。水がとても冷たくて寒かったなー(笑)」

――では最後に、この映画の見所を教えてください

「誰もが過ごしたであろう青春、または過ごしたいと思える理想の青春が詰まった映画です。例えるなら、かけがえのない青春をたった一瞬で駆け抜けていくような感じ。女子と観に行ったら、男子が普段隠している本音のようなものに気づいてもらえるんじゃないかな。キラキラしたテンポのよい作品なので、年齢や性別関係なしに気持ちよく観ていただけると思います!」

★発売中のFINEBOYS8月号では、高杉真宙のサマースタイルを公開中!


『虹色デイズ』
全国にて上映中!

​©2018「虹色デイズ」製作委員会©水野美波/集英社

STORY
なっちゃん(佐野玲於)&まっつん(中川大志)&つよぽん(高杉真宙)&恵ちゃん(横浜流星)は、性格も趣味もちがうけど、いつも一緒な仲良し高校2年生。学校でも放課後でも、みんなで楽しい毎日を過ごしていた。ある日、恋に奥手のなっちゃんが同級生の杏奈(吉川 愛)に片想い!連絡先も交換できないなっちゃんを冷やかしながらも応援する仲間たち。そんな彼らにも変化があらわれ…。まっつんは杏奈の親友で男嫌いのまり(垣松祐里)に惹かれ始め、つよぽんは恋人のゆきりん(堀田真由)と離れての進学に思い悩む。そして、みんなに刺激された恵ちゃんのハートにも火がついて...?!悩みながらもお互いを励まし、本当に大切なものを見つけようと奮闘する4人。春夏秋冬が過ぎ、3年になった彼らにも、卒業という終わりの時間が近づいてくる。そして迎える最後の文化祭…それぞれの想いを胸に、彼らが選ぶ未来とは―?

STAFF /CAST
監督/飯塚健 脚本/根津理香、飯塚健  音楽/海田庄吾、原作/水野美波 
(2018年・日本・109分) 、配給/松竹
出演/佐野玲於、中川大志、高杉真宙、横浜流星、吉川愛、恒松祐里、堀田真由、坂東希、山田裕貴、滝藤賢一

HP
nijiiro-days.jp/aboutthemovie.html


INFORMATION

プロフィール/1996年7月4日生まれ。福岡県出身。公開中の映画『虹色デイズ』では、恋愛と将来を天秤にかけて悩む秀才“つよぽん”を演じる。また、公開中の映画『世界でいちばん長い写真』では主演を務めるなど、実力派の若手俳優として活躍の場を広げている。

高杉真宙公式SNS
 Twitter
@MahiroTakasugi_
Instagram
@mahirotakasugi_

衣装/ディーゼルのTシャツ(ディーゼル ジャパン)、パンツ2万4000円(イロコイ)、シャリーフのサスペンダー1万8500円(シアンPR)

ディーゼル ジャパン
TEL:0120-55-1978

イロコイ(ヘッドショップ)
TEL:03-3791-5033

シアン PR
TEL:03-6662-5525


撮影/榎本洋輔 スタイリング/石橋修一 ヘアメイク/堤紗也香

アベイルでコスパよく! 浮いたお金はデート代に。モテたい男が実践するべきデート服!
PR

アベイルでコスパよく! 浮いたお金はデート代に。
モテたい男が実践するべきデート服!

クリスマス、カウントダウン、初詣。イベント盛りだくさんな年末年始はデートチャンスが多い。気になるあの子と急なデート!? なんてことも勝手に期待しちゃうってもの。そこで準備しておきたいのがデート服。(すでにデートが決まっているうらやましい男子も必見! ) 失敗しない好印象なコーディネートを紹介する。トレンド感が高く作りもいい、そんでもってリーズナブルなショップ、アベイルで買えば浮いた洋服予算をご飯代やプレゼント代に回せるし。彼女を喜ばせるために賢くいこう!

僕らのコーデは〈カルバン・クライン ウォッチ〉で変わる!ブルゾンにもコートにも、やっぱり時計は黒がいい。
PR

僕らのコーデは〈カルバン・クライン ウォッチ〉で変わる!
ブルゾンにもコートにも、やっぱり時計は黒がいい。

合わせるアウターを選ばない都会的でミニマルなデザイン。それでいて、スイスメイドという確かな信頼もある。僕らの「こんな時計が欲しい!」をいつも体現しているのが〈カルバン・クライン ウォッチ〉。今冬届いた新作は、控えめに、だけど強さが宿る黒だった―。

ちょっと大人な〈Gショック〉が今の気分!定番と新色、2つの時計で作る僕らの冬スタイル
PR

ちょっと大人な〈Gショック〉が今の気分!
定番と新色、2つの時計で作る僕らの冬スタイル

僕らの着こなしは、やっぱり気負わないカジュアルが基本。だけど子供っぽく見られるのは避けたい――。そんなときにぴったりなのが、〈Gショック〉が今季押し出す2 色の「Gスチール」。装いの格を上げてくれる時計は、この冬の重要なピースになるに違いない。

毎日がもっと楽しくなる!服と同じように時計もT.P.O.S.で着替える!
PR

毎日がもっと楽しくなる!
服と同じように時計もT.P.O.S.で着替える!

T.P.O.S.に合わせて時計も厳選すれば、コーディネートの完成度はさらに高まるもの。ワンランク上の着こなしを目指そう。

〈G-SHOCK〉の新作“GM-5600”は絶妙の甘辛バランスメタルフェイスの硬質感と柔らかな装着感を両取り!
PR

〈G-SHOCK〉の新作“GM-5600”は絶妙の甘辛バランス
メタルフェイスの硬質感と柔らかな装着感を両取り!

1983年発売の“5600シリーズ”から硬質なステンレスベゼルが男心をくすぐるメタルフェイスモデルが登場。スタンダードな機能とソフトな着用感を実現するウレタンバンドはそのままに、タフなルックスを取り入れ反転液晶でファッション性も追求。進化に磨きをかけた新5600シリーズに注目だ。

MAGAZINE- 別冊 -

FINEBOYS FINEBOYS+plus 時計 Vol.17
FINEBOYS FINEBOYS+plus SUIT vol.32
FINEBOYS FINEBOYS+plus 靴vol.13発売中!
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ'19-'20秋冬
FINEBOYS FINEBOYS時計 Vol.16
FINEBOYS FINEBOYS plus SUIT Vol.31 ’19春夏号
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ 2019春夏号
FINEBOYS
FINEBOYS
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ’18‐’19秋冬

ページトップへ