• twitter
  • instagram
SEARCH

INTERVIEW- インタビュー -

2018.07.18

12thシングル「Starting Over」インタビュー DISH//(ディッシュ)が新体制4人でのリスタートを語る

4人体制となって初めてとなるシングル「Starting Over」をリリースした DISH//(ディッシュ)。”再出発”という意味のタイトルの曲に込めた思いを4人に語ってもらった!

写真左から泉大智(Dr)、矢部昌暉(Cho/Gt)、北村匠海(Vo/Gt)、橘柊生 (DJ/key)

■表題曲「Starting Over」という曲に込めた思い

ーー4人体制となって初めてのシングル。歌詞のメッセージが強い曲になっていますね。

北村 匠海 (以下匠海)「歌詞を書いてくださった新井さんは DISH//のプロデューサーでもあり、最近の「勝手にMY SOUL」など、多くの楽曲を提供していただいていて。新体制になってからのツアーの内容も考えてもらったんです。そのライブを見て感じたことを今回の歌詞に落とし込んでいて、新井さんの思いや僕らの思いを代弁して作った歌詞を曲を僕らが歌うことにすごく意味を感じました。壮大なアレンジの中に切なさだったり、いろんな感情を込められる曲を歌わせてもらえることがすごくうれしかったです」
橘 柊生 (以下柊生)「いろんな気持ちで歌える曲だなっていうのが第一印象。アツく歌うのか笑顔で歌うのか。はやくライブでみんなに披露したいですね」
矢部昌暉(以下昌暉)「この曲に関してはどこの歌詞がいいっていうよりかは、どこを抜いてもダメというか、最初から最後まで歌詞全体を見て聴いてほしいっていう曲です。どこが好きなフレーズっていうのは正直選べない。スラッシャー(DISH//ファンの呼称)がどういう反応をするのか楽しみです」
泉 大智(以下大智)「今の DISH//の思いをすべて込めた曲。 ずっとDISH//を続けていくことにおいてすごく大事な曲になると思います。何年後かにこのとき再出発だったよなって振り返れる、自分たちの歴史の中で思い入れの強い曲になると思います」
匠海「ラブソング、応援ソングというようにこの曲は一つのテーマに分けられる曲ではなくて。聴き手次第でどういうふうに捉えるか変わってくる曲かなって思いますね。どこか詩的で、歌詞だけ読んだらちょっと照れるような言葉もあるんだけど、それを音楽にすることで、自然に伝えられる。物語のようで、聴くの心にすっと入ってくるのかなって思います」


 

 
ーーレコーディングについて

匠海「この曲を聴いてすぐ、とくに綿密に話し合うこともなく、メンバーがどうすべきか思うところは一緒、具体的にはすごく説明しにくいんですが……。この曲の思いはボーカルとして放出しなければならない。レコーディングのときも自然と気持ちが入ってきて、涙が出てきましたね。今までそんなことはなかったので、それぐらいこの歌詞は自然と感情的になっていました。怖がらなくても前に進める、進もうとしている。この思いが聴いてくれる人に届くとといいなと思います」
柊生「歌詞を見た段階で僕ら自身の背中を押してくれる曲。聴いてもらった人にしっかり同じ思いを届けなきゃいけない。僕らは匠海の感情を演奏でサポートすることに徹しました」
大智「匠海が後半につれてどんどん感情が高まっていっていたので、それに合わせるように、もっと気持ちが乗せれられるようにと演奏することを心がけてました」

ーーDISH//にとってどんな曲になりましたか?

匠海「4人になってから初めてのシングル。 DISH//のかたちは過去ではなく今がすべて。これから続く DISH//は4人で作っていくもの。この曲が僕らを代表する曲になってくれるといいなと思います」

★発売中の FINEBOYS8月号では、サマースタイルを公開中!

「 Starting Over」
 (single)ソニー・レコード
発売中

INFORMATION

2011年に結成した北村匠海(Vo/Gt)、矢部昌暉(Cho/Gt)、橘柊生 (DJ/key)、泉大智 (Dr)からなる4人組ダンスロックバンド。2013年にシングル「I Can Hear」でメジャーデビューを果たす。ダンスを取り入れたバンド演奏、ダンスだけで見せる曲など多彩なライブパフォーマンスで人気を得ている。

HP
dish-web.com

 Twitter
@dish_info

撮影/田中丸善治 スタイリング/鴇田晋哉

専属モデル杉野遥亮がRECOMMEND!ディーゼルのNEWバッグ。 VOL.04ナイロンバッグ
PR

専属モデル杉野遥亮がRECOMMEND!ディーゼルのNEWバッグ。 VOL.04
ナイロンバッグ

大学の通学用にしろ、友達と遊ぶ用にしろ、使い勝手や合わせやすさを考えると黒などのシンプルなバッグが正解。だけど、その中にもこだわりを持ってバッグを選びたい人も多い。そこでオススメなのが〈ディーゼル〉のナイロンバッグ。高級感のあるツヤッとした質感に、ミリタリーを思わせるディテールが何とも男らしい。シワになりにくく汚れもつきにくい、さらに軽くて丈夫とあって文句のつけどころがない!

<ディーゼル オン> meets 中川大志ファッション感覚で楽しむ新作スマートウォッチ
PR

<ディーゼル オン> meets 中川大志
ファッション感覚で楽しむ新作スマートウォッチ

ディーゼルの時計は、一目でそのブランドだとわかるユニークかつファッショナブルなデザインが特徴。今回の新作「AXIAL SMARTWATCH(アクシアル スマートウォッチ)」も、例に漏れずディーゼルらしさが随所に表現された注目モデルだ。タッチスクリーン式のアニメーションダイヤルやファッショナブルなデザインは、まさに”次世代”を感じさせる佇まい。数多くの話題作に出演し、同じく”次世代”を担う俳優として活躍を見せる中川大志がつけこなす。

〈ASICS〉の最新作は機能とデザインが両立僕らの日常になじむ2つの“GEL-QUANTUM”
PR

〈ASICS〉の最新作は機能とデザインが両立
僕らの日常になじむ2つの“GEL-QUANTUM”

走れるうえに、洒落ていること――昨今のスニーカーシーンの盛り上がりはこのマインドによる欲求なしには語れないだろう。それはアクティブな趣味を持つ大人たちが、ライフスタイルを謳歌するなかで1足に求める汎用性や機能性を追求し続けてきた結果なのかもしれない。〈ASICS〉の新作“GEL-QUANTUM”シリーズはまさにそんな欲求を具現化した1足だ。

今シーズンも〈ASICSTIGER〉から目が離せない東京のストリートに映えるスニーカー&ウエアを発見。
PR

今シーズンも〈ASICSTIGER〉から目が離せない
東京のストリートに映えるスニーカー&ウエアを発見。

暑さもすっかり落ち着いてきたこの時季は、街を流して駆け抜けるのに気持ちがよい季節。そんなとき、〈アシックスタイガー〉のスニーカーとウエアは見た目はもちろん、機能的にも心地がいい。今日もいつものスタイルに着替えて、東京ストリートを颯爽と走り抜けていく。

フランスの名門〈LACOSTE〉の新作シューズ大人のストリートスタイルは抜かりない足元から、はじまる。
PR

フランスの名門〈LACOSTE〉の新作シューズ
大人のストリートスタイルは抜かりない足元から、はじまる。

ラコステといえば“オーセンティック”なデザインを想像する人は多いだろう。そのイメージで間違いないのだけど、ここ最近のラコステはそれだけではない。トレンドでもある“ゆるさ”をシルエットや柄、マテリアルといったディテールワークで巧みに取り入れて、大人が合わせやすいアイテムで流行りのストリート感が表現できる。それは靴も然り。高感度と安定感のハイブリッドはラコステならでは。

〈SUPRA〉の人気モデル、スカイトップⅡが日本で復刻。日本別注の限定モデルはストリートで存在感を発揮する
PR

〈SUPRA〉の人気モデル、スカイトップⅡが日本で復刻。
日本別注の限定モデルはストリートで存在感を発揮する

LAやTOKYOなど世界主要都市に旗艦店を持ち、ビッグブランドとして不動の地位を築いたスープラ。にもかかわらずストリートという軸がブレることはない。海外セレブも然り、主張のある靴は世界中にファンがいる。だからこそ、このモデルは日本限定で復刻というローカル感にやられる。ピックアップされたのはスカイトップのセカンドモデル。世界を見渡す靴好きならば、このレア度に共感するはず。

MAGAZINE- 別冊 -

FINEBOYS FINEBOYS+plus SUIT vol.32
FINEBOYS FINEBOYS+plus 靴vol.13発売中!
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ'19-'20秋冬
FINEBOYS FINEBOYS時計 Vol.16
FINEBOYS FINEBOYS plus SUIT Vol.31 ’19春夏号
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ 2019春夏号
FINEBOYS
FINEBOYS
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ’18‐’19秋冬
FINEBOYS FINEBOYS時計 Vol.14

ページトップへ