• twitter
  • instagram
SEARCH

INTERVIEW- インタビュー -

2018.07.21

出演ドラマ「チア☆ダン」インタビューバブリーダンスで話題の伊原六花、女優として邁進中!

2017年3月に公開された映画『チア☆ダン〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜』の続編となる、現在放送中のドラマ「チア☆ダン」。主演の土屋太鳳をはじめ注目の若手女優たちが名を連ねる中、一層フレッシュな輝きを見せる伊原六花がFINEBOYSに登場! 初のドラマ出演となった今作についてや、気になるファッションについて聞いてみた。


■メンズのファッションは似合っていればいい!……けど?

――伊原さんのプライベートのファッションはどんな感じですか?

「白や黒のモノトーンが中心です。明るい色は普段あまり着ないですね。サイズ感はゆったりしたものが多いです。足を出すのが恥ずかしくて、スカートもミニ丈よりはロング丈のふわっとしたデザインが好き。なんか安心するんです」

――夏にチャレンジしたいアイテムはありますか?

「やっぱり夏なので、明るい色のアイテムにチャレンジしたいです。オレンジとかイエローとか、夏らしくていいですよね。今日の衣装みたいな、肌になじむオレンジだったら着やすいかも。オフショルダーのトップスもかわいいなと思ってて、今狙っています!」

――メンズのファッションはどんなものが好みですか?

「男のコの服は、似合ってさえいればいいと思います。でも色や柄がガチャガチャしていない、シンプルな着こなしがいいかな。(FINEBOYSのファッションページを見て)これカッコいい! こういう、ちょっと大きめの無地Tシャツを着たりして、シンプルだけどラフな感じが好き。
古着系よりは、シンプルでキレイめな格好のほうが好感が持てます。背伸びしすぎない等身大のオシャレをしている人って素敵ですよね」

 

 

■どっちも"初"な上京生活とドラマ出演

――昨年は登美丘高校ダンス部のキャプテンとして紅白歌合戦にも出場。
”バブリーダンス”が大ブームになりましたね

「あれから高校を卒業して、大阪から上京してきました。東京生活が始まって、まだ3カ月が経ったくらいです。いまだにまったく慣れないのですが、最近になって少しずつ駅と駅の位置関係とか、土地感覚が掴めてきました!」

――上京して一番最初に出かけた場所はどこですか?

「最初に行ったのは原宿の竹下通りです。今までも部活で東京に行くことは何回もあったのですが、そのときは大会のためだったので観光する時間がなくて。念願の竹下通りは、とにかく”人・人・人!”という感じで、あっという間に人混みに流されてしまいました(笑)。ゆっくり買い物することはできなかったのですが、お目当のクレープが食べられてうれしかったです」

――そして上京後、初のドラマ出演となる「チア☆ダン」ですが、演技のお仕事はやってみてどうですか?

「やっぱり初めてのドラマなので、最初はすごく緊張して大変でした。でも大好きなダンスが題材だし、がんばるしかない!と思って。共演者のみなさんとは撮影が始まる前からダンスの練習を重ねていて、いざ撮影が始まるころには本当のダンスチームのようになっていました。同世代の方も多いし、みなさんすごく優しくてチームワークも抜群。現場では想像以上に楽しく演技ができています」


――ドラマでは土屋太鳳さんが演じる主人公の後輩・麻生芙美(あそうふみ)を演じていますね

「ふみちゃんは、ダンスのこと以外に関しては引っ込み思案な性格。奥手で自己主張が弱いタイプなのですが、ダンスには強い意思を持っているコなんです。そういうところは自分と似ているなと思いながら演じています」

――共演者のみなさんとは、現場ではどんな話をしているんでしょうか?
「自分たちのダンスがどうしたらもっとキレイに見えるのかとか……基本的には、やっぱりダンスの話をすることが多いですね。プライベートでもみんなでゴハンに行ったりするのですが、そういうときは今まで経験した現場の話を参考にさせてもらったり、怪談話で盛り上がったり(笑)。いたって普通の、他愛のない話をすることが多いです」



――ついにドラマが放送スタートとなりましたが、最終回を迎えるまでの意気込みを教えてください!

「前作である映画版は、自分の経験と重ねながら大号泣で観ていました。そのくらい大好きな作品だったので、今回その続編となる作品に参加できてうれしい気持ちでいっぱいです。ドラマ出演ははじめての経験なので、自分の中で”こう!”という決まりを作らず、まわりの共演者の方々の演技を参考にして、柔軟にやっていきたいと思っています。最終回まで、精一杯がんばります!」


★発売中のFINEBOYS8月号では、伊原さんのカバンとその中身を公開中!


ドラマ「チア☆ダン」

TBS系 毎週金曜22:00〜
出演/土屋太鳳、石井杏奈、佐久間由衣、山本舞香、朝比奈彩、大友花恋、箭内夢菜、志田彩良、オダギリジョー、佐生雪、溝口恵、福地桃子、堀田真由、伊原六花、足立佳奈、石崎なつみ、坂ノ上茜、守屋ことり、八木莉可子ほか

ストーリー/東京へ行くわかば(土屋太鳳)の姉・あおい(新木優子)を福井駅前で激励するため、サンボマスターの「できっこないを やらなくちゃ」に合わせてチアダンスを踊ったわかば、汐里(石井杏奈)、渚(朝比奈彩)、妙子(大友花恋)、穂香(箭内夢菜)、琴(志田彩良)の6人。警察に注意されたところを、偶然にもその場に居合わせた教師の太郎(オダギリジョー)が「チアダンス部の顧問です!」と言って場をおさめるが、それを聞いた6人は大盛り上がり!
早速、太郎を引き連れて校長(阿川佐和子)と教頭(木下ほうか)に報告しに行くが、練習場所やら、人数がまだ8人いないなどの理由から正式な部活動としては認められないと言われてしまう。汐里は「今学期中にあと2人集めます!」と断言をし、職員室を後にする。なんとしてでも2人を集めたい6人は、ビラ配りにも熱が入る!
わかばの教室でワイワイ話をしているところを見た麻子(佐久間由衣)は「楽しそうでいいのう」と嫌味を言う。それを聞いた汐里が「そっちは何にも楽しい事なさそ」と冷たく返す。
その言葉にカッとなった麻子は「わたしにだって好きなことぐらい――」と言いかける。気になったわかばは、屋上のベンチで麻子を見つけ声をかけてみることに。
その一方で、汐里は再び茉希(山本舞香)に会いに行き、終業式で踊るから見に来てほしいと伝える。
果たして、終業式までにあと2人メンバーを集める事が出来るのか―。そして、生徒と向き合う事が怖くなった太郎のトラウマがついに明らかに――。

番組ホームページ:http://www.tbs.co.jp/cheerdan_tbs/

INFORMATION

プロフィール
1999年6月2日生まれ。大阪府出身。バブリーダンスで有名な登美丘高校ダンス部の元キャプテン。
現在放送中のドラマ「チア☆ダン」(TBS系毎週金曜22:00〜)に出演中!
Instagram @rikka_ihara.official


衣装/ラブレスのブラウス1万6000円(ラブレス青山)、その他スタイリスト私物

●ラブレス青山
TEL:03-3401-2301

撮影/田中利幸 スタイリング/深澤勇太 ヘア&メイク/速水昭仁

アベイルでコスパよく! 浮いたお金はデート代に。モテたい男が実践するべきデート服!
PR

アベイルでコスパよく! 浮いたお金はデート代に。
モテたい男が実践するべきデート服!

クリスマス、カウントダウン、初詣。イベント盛りだくさんな年末年始はデートチャンスが多い。気になるあの子と急なデート!? なんてことも勝手に期待しちゃうってもの。そこで準備しておきたいのがデート服。(すでにデートが決まっているうらやましい男子も必見! ) 失敗しない好印象なコーディネートを紹介する。トレンド感が高く作りもいい、そんでもってリーズナブルなショップ、アベイルで買えば浮いた洋服予算をご飯代やプレゼント代に回せるし。彼女を喜ばせるために賢くいこう!

Everyday Enjoy Giftペアウオッチなら“いつまでも一緒にいたい”想いが伝わる!
PR

Everyday Enjoy Gift
ペアウオッチなら“いつまでも一緒にいたい”想いが伝わる!

特別な二人でいたいから。ペアウオッチは、そんな想いを形にできる便利なツール。“出会って3カ月目”などちょっとした記念日に贈るギフトとしてもちょうどいい。

僕らのコーデは〈カルバン・クライン ウォッチ〉で変わる!ブルゾンにもコートにも、やっぱり時計は黒がいい。
PR

僕らのコーデは〈カルバン・クライン ウォッチ〉で変わる!
ブルゾンにもコートにも、やっぱり時計は黒がいい。

合わせるアウターを選ばない都会的でミニマルなデザイン。それでいて、スイスメイドという確かな信頼もある。僕らの「こんな時計が欲しい!」をいつも体現しているのが〈カルバン・クライン ウォッチ〉。今冬届いた新作は、控えめに、だけど強さが宿る黒だった―。

ちょっと大人な〈Gショック〉が今の気分!定番と新色、2つの時計で作る僕らの冬スタイル
PR

ちょっと大人な〈Gショック〉が今の気分!
定番と新色、2つの時計で作る僕らの冬スタイル

僕らの着こなしは、やっぱり気負わないカジュアルが基本。だけど子供っぽく見られるのは避けたい――。そんなときにぴったりなのが、〈Gショック〉が今季押し出す2 色の「Gスチール」。装いの格を上げてくれる時計は、この冬の重要なピースになるに違いない。

〈G-SHOCK〉の新作“GM-5600”は絶妙の甘辛バランスメタルフェイスの硬質感と柔らかな装着感を両取り!
PR

〈G-SHOCK〉の新作“GM-5600”は絶妙の甘辛バランス
メタルフェイスの硬質感と柔らかな装着感を両取り!

1983年発売の“5600シリーズ”から硬質なステンレスベゼルが男心をくすぐるメタルフェイスモデルが登場。スタンダードな機能とソフトな着用感を実現するウレタンバンドはそのままに、タフなルックスを取り入れ反転液晶でファッション性も追求。進化に磨きをかけた新5600シリーズに注目だ。

MAGAZINE- 別冊 -

FINEBOYS FINEBOYS+plus 時計 Vol.17
FINEBOYS FINEBOYS+plus SUIT vol.32
FINEBOYS FINEBOYS+plus 靴vol.13発売中!
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ'19-'20秋冬
FINEBOYS FINEBOYS時計 Vol.16
FINEBOYS FINEBOYS plus SUIT Vol.31 ’19春夏号
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ 2019春夏号
FINEBOYS
FINEBOYS
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ’18‐’19秋冬

ページトップへ