• twitter
  • instagram
SEARCH

INTERVIEW- インタビュー -

2022.06.22

格闘家・三浦孝太のロックなファッション観

昨年末、RIZINでの衝撃的なデビューが話題を集めた注目の若手総合格闘家・三浦孝太がFINEBOYS初登場! “キングカズ”ことサッカー元日本代表・三浦知良を父に持ち、格闘だけでなく眉目秀麗なルックスやファッションでも注目を集める彼に、おしゃれのこだわりや趣味などをインタビュー。知られざる内面に迫った!

三浦孝太の憧れのファッションアイコンは尾崎 豊!

──今日は私服での登場ですね! 最近はどんなファッションが好きですか?
「ロックンロールなファッションが好きです。Tシャツに革ジャンを羽織るスタイルが最近の定番。でも、正統派のロックスタイルって動きづらかったり、暑かったり寒かったりするじゃないですか。だから、ロックスターの人たちのファッションを参考にしつつ、自分らしいスタイルを楽しむようにしています」

──ファッションで特に影響を受けた人はいますか?
「尾崎 豊さんです。白いTシャツにタイトなデニムパンツだけであんなにカッコいいってスゴいなと思います。シンプルなファッションとそこに滲み出るカッコよさが憧れなんです。だから、そのまま真似をするんじゃなくて、ライフスタイルや内面を磨いて尾崎 豊さんみたいな男になれたらいいなと思っています」

──三浦くんはご自身のブランドを手掛けているとか!
「そうなんです。『NOW OR NEVER』というブランドをやっています。試合の入場のときに着るガウンを自分の好きなデザインにしたいと思ったのがきっかけです。僕は女性のファンの方も多いので、ユニセックスで着られるパーカやTシャツからスタートしました。ブランド名は今しかないという意味で、大好きな言葉。まだまだ始めたばかりなので、いろいろな服を見たり着たりしてファッションも学んでいきたいです」

──最近ハマっていることはありますか?
「夏が近づいてきて外に出るのが楽しくなってきたので、近所をサイクリングするのが最近の楽しみかな。あと昔からサウナが大好きで、今もドハマリ中です!」  

NEXT

2/2PAGE

 

三浦孝太「毎日を大切に悔いなく生きたい」

──今日は三浦くんが所属するブレイブでの撮影でした。ブレイブはどんなジムなんですか?
「中学生の頃からボクシングジムに通っていて、高校生になって本格的に格闘技で生きていこうと決意しました。それで、いくつかのジムでトレーニングしたのち、宮田(和幸)さんが主催するブレイブに入門しました。ここに決めたきっかけは、なんといっても大好きな格闘技を楽しくやれること。言葉では言い表しづらいんですけど、しっくりきたんですよね。ブレイブは、東京から埼玉までいろいろな場所にジムがあるし、楽しく強くなることができるので、これから格闘技を始めたいという人にもおすすめです」

──最近、めでたく二十歳を迎えられましたね! おめでとうございます。成人を迎えた今、抱負はありますか?
「今までどおり、毎日を悔いなく生きることです。もう二十歳なんだ!と思ってちょっと焦ったりもしますが、無理に何かしようとせずに一日一日を大切に生きたいです。努力も楽しさも一日に詰め込んで、毎日充実させられたらいいなと思っています!」

Profile
みうら・こうた。2002528日生まれ。兵庫県出身。サッカー界のレジェンド・三浦知良を父に持ち、幼少時からサッカーと格闘技を開始。高校生でブレイブジムに入門し、2021年にRIZINでプロデビュー。華々しいデビュー戦での勝利で今後の活躍も期待される若手のホープ。

Instagram
@kota_miura_official

 

 

INFORMATION

<衣装>
すべて私服

文/山下皓平 撮影/森田 輝 ヘア&メイク/吉井めぐみ

今冬は〈ディーゼル ウォッチ〉の新顔で。「黒」に映えるデジタルウオッチ
PR

今冬は〈ディーゼル ウォッチ〉の新顔で。
「黒」に映えるデジタルウオッチ

これから冬に向けてはとくに、ファッションにおいて「黒」が主役になる。存在感のある黒アウターを着る日もあれば、スタイリッシュなオールブラックの日もあるだろう。そんな「黒コーデ」になじむ、いや“映える”腕時計が、〈ディーゼル ウォッチ〉から登場! ブランドらしい大胆でスポーティなルックスが魅力の「MASTER CHIEF DIGITAL(マスター チーフ デジタル)」だ。インパクト抜群で着こなしの完成度を上げてくれる。

〈ニトリ〉のN-HEATEXボトルで寒い日も楽しいコーヒーと自転車と。僕だけの特別な時間
PR

〈ニトリ〉のN-HEATEXボトルで寒い日も楽しい
コーヒーと自転車と。僕だけの特別な時間

今日もお気に入りの〈ニトリ〉のボトルにコーヒーを入れ、リュックに詰めて出発── 自転車に乗って家から少し離れた公園へ。ここでコーヒーを飲みながら課題をするのが最近のルーティン。まさに僕だけの特別な時間だ。

MAGAZINE- 別冊 -

FINEBOYS FINEBOYS+plus BEAUTY VOL.6
FINEBOYS FINEBOYS+plus SUIT vol.38
FINEBOYS FINEBOYS+plus 靴 vol.19
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ2022秋冬
FINEBOYS FINEBOYS+plus 時計 Vol.22
FINEBOYS FINEBOYS+plus BEAUTY VOL.5
FINEBOYS FINEBOYS+plus 靴 vol.18
FINEBOYS FINEBOYS+plus SUIT vol.37
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ2022春夏
FINEBOYS FINEBOYS+plus 時計 Vol.21

ページトップへ