• twitter
  • instagram
SEARCH

INTERVIEW- インタビュー -

2018.12.11

バンドShiggy Jr.(シギージュニア)のファッション観に迫る!

2年ぶりのニューアルバム『DANCE TO THE MUSIC』が大好評発売中のシギージュニア。今回のアルバムは聴く人すべてが踊り出したくなる、彼ららしい楽曲が詰まった1枚になっている。今回はそんなShiggy Jr.の4人に、ファッション事情から新作のアルバムについて話を聞いた。


左から諸石和馬(Dr)、原田茂幸(Gt&Vo)、池田智子(Vo)、森 夏彦(Ba)

■四人四色のファッションを披露!

――みなさん、オシャレな私服ですが個性が出ていますね。普段のファッションについて教えてください。

森 夏彦(以下「森」)「僕はトラッドなスタイルが好みですね。アウターはちゃんとしたものを選んで、インナーは古着を着ています。あとは変形アイテムが好きです。派手な色は使わないけど、少し癖のあるものを着たい欲があります」

原田茂幸(以下「原田」)「シンプルなものが好きです。あとはめんどうくさがりなので、かぶっておけばキマるキャップも好きですね。服でいうと、冬はもっぱらジーパンとトレーナーばかり着ています。意外と着心地重視かもしれないです。ジーパンも楽なゆったりめのシルエットが好きだし、靴は動きやすいスニーカーって決めています!」

池田智子(以下「池田」)「私は衣装で派手な服を着せてもらうことが多いので、普段はすごく地味です(笑)。肌馴染みのいい色が好きで、白やベージュをいつも着ていますね。自分が着ていて落ち着く服も好きなんですけど、最近は自分に足りない部分を補ってくれるような洗練された服を着てみたいなって思っています」

諸石和馬(以下「諸石」)「スケーターファッションとかストリートファションが好きです。スニーカーも集めています。選ぶ基準は“おもしろい”か“シンプル”かの2択ですね。中途半端だなと思う服は、着ないようにしています。これは自分の感覚なんですけど、つかみどころがないサラッとした服よりは、めちゃくちゃ派手な服を選ぶことが多いです。あとは体も大きいほうなので、日本のブランドのLやXLサイズが入らなかったり……。なのでなるべく大きめのものを選んで、オーバーサイズで着るのがこだわりです」

――池田さんには好きな男性のファッションも教えていただきたいです!

池田「えー、難しいな(笑)。結局シンプルな服装が好きなんですけど、オシャレな靴下を履いている人を見るとキュンとしちゃいます。パンツの裾からチラッと見える靴下がオシャレだと、『この人、こだわりがある人なんだな』って思うので……。こんな感じで大丈夫でしょうか(笑)」


■2年ぶりのアルバムがついに完成!

――今作はシギージュニアにとってどんなアルバムに仕上がったと思いますか?

「今回はコンセプトっぽいアルバムになっているんですけど、どういうアルバム出そうかなと考えたときに、もともとシギージュニアがデビューしたときのダンスっぽいイメージをもう一度作ってみようということになって。みんなが踊れるダンスポップを入れたアルバムになっています。ファンのみんながイメージしているシギージュニアっぽさプラス、自分たちがここ2年間で成長してきたエッセンスが合わさっていて。今のシギージュニアはコレですって胸を張って言えるアルバムに仕上がりました」

原田「タイアップ曲もたくさん収録されていてありがたいなという気持ちもありつつ、2年ぶりということですごく気合いが入っているアルバムかなと思います。レーベルを移籍してからは変化球的な楽曲も作ってきましたが、今回はシギージュニアの真ん中的なものを作ろうと思ったんです。だから最近僕たちの音楽を聴かなくなった人にも聴いてほしいと思うし、最近の僕たちの楽曲を聴いて好きになった人たちにも届くものになっているなという自信があります」

池田「2年ぶりのアルバムということなんですが、私たちは活動してきて6年目になるんですよ。でもフルアルバムは2枚しか出していないので、少ないほうだと思うんですけど……。みんなが言ってくれたように、私たちらしさが詰められたし、これまで聴いてくれているファンの人にも納得してもらえる作品になったと思います。ダンスミュージックというコンセプトを、シギージュニアらしく解釈して表現することができました!」

諸石「すべてA面になるような、キャッチーで聴きやすい曲が入っています。絶対にお気に入りの曲が見つかるアルバムだと思います。ぜひアルバムを通して聴いてほしいです!」

――結成記念日に発売ということですが、意図してこの日になったのでしょうか?

池田「そうですね。偶然その日が水曜日で、じゃあココをめがけて発売しようってことになりまして。あとはドラマが終わるタイミングとか、いろいろな兼ね合いはあるんですけど……。すごくベストな場所に結成記念日があったので、絶対この日がいいねとなりました!」

――いろいろなジャンルを取り入れるのがシギージュニアの特徴であり強みだと思いますが、そこは結成当初から意識しているのでしょうか?

原田「意識はしてないんですけど……もともと僕がオムニバス作品が好きだったりとか、◯◯年代ヒッツみたいなCDがあるじゃないですか? それが好きでよく聴いていたので、自ずとバンドもそういう方向になっていったと思いますね」

「聴いてきた音楽がみんなバラバラなのも影響しているのかもしれませんね。みんなの聴いてきたものが反映されて、今のシギージュニアが形成されている感じです」

――最後に今後の目標を教えてください!

「このアルバムをキッカケに、シギージュニアというバンドをもっと世間に知らしめたいなという思いがありますね(笑)。今回がチャンスだと思っているので、ツアーも成功させてこれからのシギーがいい方向に向かっていけばいいですね」

原田「バンドをやっている身なので、もちろん大きい会場でライブをするっていうのは当然の目標になってくると思いますが……。僕たちはアルバム自体の数がまだまだ少ないので、もう少しコンスタントに出していけたらいいなと思います。活動をちゃんと続けて作品を作っていくことが、大前提の目標なんじゃないかなと思っています」

池田「私は来年から始まるツアーの意気込みを! 今回のアルバムは身体が動く楽曲も多いのでライブ映えもすると思います。なのでこのアルバムを聴いてもらって、普段ライブに行かないような人も遊びに来てくれたらうれしいです。精一杯頑張ります!」

諸石「このアルバムが、『バンドがやるダンスミュージック』の代表作のようなものになったらうれしいですね」


★発売中のFINEBOYS1月号「気になるコノ人のカバンと愛用グッズ!」では私物のバッグとその中身を公開中!

ニューアルバム『DANCE TO THE MUSIC』
ビクターエンタテインメントより好評発売中!


INFORMATION

プロフィール/2012年結成の4人組ハイブリッドポップスバンド。モータウン・ソウル・ロックといった多ジャンルをポップスを落とし込んだ、独自のサウンドが特徴。2年ぶりとなるアルバム『DANCE TO THE MUSIC』が好評発売中。2019年1月19日(土)からは全国ツアーも開催する。

HP
http://www.shiggyjr.com/


文/笹谷淳介 撮影/菊池貴裕 ヘア&メイク/吉田仁美

アベイルでコスパよく! 浮いたお金はデート代に。モテたい男が実践するべきデート服!
PR

アベイルでコスパよく! 浮いたお金はデート代に。
モテたい男が実践するべきデート服!

クリスマス、カウントダウン、初詣。イベント盛りだくさんな年末年始はデートチャンスが多い。気になるあの子と急なデート!? なんてことも勝手に期待しちゃうってもの。そこで準備しておきたいのがデート服。(すでにデートが決まっているうらやましい男子も必見! ) 失敗しない好印象なコーディネートを紹介する。トレンド感が高く作りもいい、そんでもってリーズナブルなショップ、アベイルで買えば浮いた洋服予算をご飯代やプレゼント代に回せるし。彼女を喜ばせるために賢くいこう!

Everyday Enjoy Giftペアウオッチなら“いつまでも一緒にいたい”想いが伝わる!
PR

Everyday Enjoy Gift
ペアウオッチなら“いつまでも一緒にいたい”想いが伝わる!

特別な二人でいたいから。ペアウオッチは、そんな想いを形にできる便利なツール。“出会って3カ月目”などちょっとした記念日に贈るギフトとしてもちょうどいい。

僕らのコーデは〈カルバン・クライン ウォッチ〉で変わる!ブルゾンにもコートにも、やっぱり時計は黒がいい。
PR

僕らのコーデは〈カルバン・クライン ウォッチ〉で変わる!
ブルゾンにもコートにも、やっぱり時計は黒がいい。

合わせるアウターを選ばない都会的でミニマルなデザイン。それでいて、スイスメイドという確かな信頼もある。僕らの「こんな時計が欲しい!」をいつも体現しているのが〈カルバン・クライン ウォッチ〉。今冬届いた新作は、控えめに、だけど強さが宿る黒だった―。

ちょっと大人な〈Gショック〉が今の気分!定番と新色、2つの時計で作る僕らの冬スタイル
PR

ちょっと大人な〈Gショック〉が今の気分!
定番と新色、2つの時計で作る僕らの冬スタイル

僕らの着こなしは、やっぱり気負わないカジュアルが基本。だけど子供っぽく見られるのは避けたい――。そんなときにぴったりなのが、〈Gショック〉が今季押し出す2 色の「Gスチール」。装いの格を上げてくれる時計は、この冬の重要なピースになるに違いない。

〈G-SHOCK〉の新作“GM-5600”は絶妙の甘辛バランスメタルフェイスの硬質感と柔らかな装着感を両取り!
PR

〈G-SHOCK〉の新作“GM-5600”は絶妙の甘辛バランス
メタルフェイスの硬質感と柔らかな装着感を両取り!

1983年発売の“5600シリーズ”から硬質なステンレスベゼルが男心をくすぐるメタルフェイスモデルが登場。スタンダードな機能とソフトな着用感を実現するウレタンバンドはそのままに、タフなルックスを取り入れ反転液晶でファッション性も追求。進化に磨きをかけた新5600シリーズに注目だ。

MAGAZINE- 別冊 -

FINEBOYS FINEBOYS+plus 時計 Vol.17
FINEBOYS FINEBOYS+plus SUIT vol.32
FINEBOYS FINEBOYS+plus 靴vol.13発売中!
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ'19-'20秋冬
FINEBOYS FINEBOYS時計 Vol.16
FINEBOYS FINEBOYS plus SUIT Vol.31 ’19春夏号
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ 2019春夏号
FINEBOYS
FINEBOYS
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ’18‐’19秋冬

ページトップへ