• twitter
  • instagram
SEARCH

FASHION- ファッション -

2019.11.28

リーバイスのMA-1を配したデニムジャケットが激売れ!

キング オブ デニムとも称される歴史深きリーバイス。ビンテージ好きのおじさんだったり、古着店でよく見かけるという若者も多い。そんなリーバイスは、作りのよさだけでなく、じつはいつの時代もトレンドの先を行く、そのデザイン性の高さが魅力だったりもする。その昔、ワークウェアだったデニムをファッションアイコンに昇華させたのはリーバイスだし、スタイリッシュなスキニーデニムなんかを考案したのもリーバイスだった。そんな、いつの時代もファッション好きを魅了したキング オブ デニム。そして今また、新感覚の高感度アイテムがラインナップする!

トラッカージャケットとMA-1をドッキング!
いいとこ取りのデザインが服好きを魅了する!


リーバイスの名作のひとつであるトラッカー(デニム)ジャケット。ファーストタイプからセカンド、サードといったデザインがあり、そのシルエットや歴史的背景を踏まえ、虜になるファンは多い。そんな名作を大胆に再構築したこの1枚。冬のトレンドアウターであるMA-1とドッキングした顔つきは、新しさがありつつキャッチーさも漂う。思わず"してやられたり "と感じてしまう服好きもいるだろう。このモダンなデザインにオシャレ心をくすぐられずにはいられない! リーバイスのジャケット1万8000円(リーバイ・ストラウス ジャパン)

着用するとこんな感じ!

  
デニムとナイロンのコンビネーションで存在感が漂う。シンプルなインナーでも、これ1枚でこなれ感を出す、そんな破壊力があるアウターとなる。

ディテールにも惚れ惚れする!
 
  
腕にはユーティリティポケットを付け、フロントにはジップを配備する。裾のリブ使いもならではでおもしろい。随所にMA-1のよさを凝縮させる。このセンスはデザイン性の高いリーバイスならでは。

 
NEXT

2/2PAGE

別バージョンもあり!

 
フランネル地のバッファローチェックをドッキング!

こちらはバッファローチェックを採用したモデル。アメカジ好きにはたまらない1枚だ。フランネル地を採用した袖と裏地で、男らしいトラッカージャケットながら、どこかマイルドな印象も漂わせる。リーバイスのジャケット1万4000円(リーバイ・ストラウス ジャパン)


着用するとこんな感じ!

 
バッファローチェックがアクセントになる。こちらも切り替えデザインがオシャレ感を上げる。

ディテールはこんな感じ!
  
衿とフロントはブラックのデニムを採用。加えて、フロントボタンも同色に。これらのデザインによりさりげなく印象が引き締まる。

 

以上、ハイブリッドなトラッカージャケットをご紹介! 想像を上回る売れ行きらしく、サイズ欠品もはじまるかもしれない。買おうと思ったら早めに購入アクションを起こそう。ちなみに、リーバイスのホームページでは、"再入荷お知らせメール"を設置しているので、欲しいサイズが欠品した場合は、そこからリクエストメールをしておくと吉。

INFORMATION

●リーバイ・ストラウス ジャパン
TEL:0120-099-501
https://www.levi.jp/

アベイルでコスパよく! 浮いたお金はデート代に。モテたい男が実践するべきデート服!
PR

アベイルでコスパよく! 浮いたお金はデート代に。
モテたい男が実践するべきデート服!

クリスマス、カウントダウン、初詣。イベント盛りだくさんな年末年始はデートチャンスが多い。気になるあの子と急なデート!? なんてことも勝手に期待しちゃうってもの。そこで準備しておきたいのがデート服。(すでにデートが決まっているうらやましい男子も必見! ) 失敗しない好印象なコーディネートを紹介する。トレンド感が高く作りもいい、そんでもってリーズナブルなショップ、アベイルで買えば浮いた洋服予算をご飯代やプレゼント代に回せるし。彼女を喜ばせるために賢くいこう!

〈ザ・クロックハウス〉オリジナルウオッチのもうひとつの選択肢高見えの“リーズナブルシリーズ”
PR

〈ザ・クロックハウス〉オリジナルウオッチのもうひとつの選択肢
高見えの“リーズナブルシリーズ”

すべて1万円以下と驚くほどにリーズナブルなのに、“高見え”なグッドデザイン。〈ザ・クロックハウス〉オリジナルウオッチには、そんな優等生なシリーズも展開されている。

僕らのコーデは〈カルバン・クライン ウォッチ〉で変わる!ブルゾンにもコートにも、やっぱり時計は黒がいい。
PR

僕らのコーデは〈カルバン・クライン ウォッチ〉で変わる!
ブルゾンにもコートにも、やっぱり時計は黒がいい。

合わせるアウターを選ばない都会的でミニマルなデザイン。それでいて、スイスメイドという確かな信頼もある。僕らの「こんな時計が欲しい!」をいつも体現しているのが〈カルバン・クライン ウォッチ〉。今冬届いた新作は、控えめに、だけど強さが宿る黒だった―。

ちょっと大人な〈Gショック〉が今の気分!定番と新色、2つの時計で作る僕らの冬スタイル
PR

ちょっと大人な〈Gショック〉が今の気分!
定番と新色、2つの時計で作る僕らの冬スタイル

僕らの着こなしは、やっぱり気負わないカジュアルが基本。だけど子供っぽく見られるのは避けたい――。そんなときにぴったりなのが、〈Gショック〉が今季押し出す2 色の「Gスチール」。装いの格を上げてくれる時計は、この冬の重要なピースになるに違いない。

〈G-SHOCK〉の新作“GM-5600”は絶妙の甘辛バランスメタルフェイスの硬質感と柔らかな装着感を両取り!
PR

〈G-SHOCK〉の新作“GM-5600”は絶妙の甘辛バランス
メタルフェイスの硬質感と柔らかな装着感を両取り!

1983年発売の“5600シリーズ”から硬質なステンレスベゼルが男心をくすぐるメタルフェイスモデルが登場。スタンダードな機能とソフトな着用感を実現するウレタンバンドはそのままに、タフなルックスを取り入れ反転液晶でファッション性も追求。進化に磨きをかけた新5600シリーズに注目だ。

MAGAZINE- 別冊 -

FINEBOYS FINEBOYS+plus 時計 Vol.17
FINEBOYS FINEBOYS+plus SUIT vol.32
FINEBOYS FINEBOYS+plus 靴vol.13発売中!
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ'19-'20秋冬
FINEBOYS FINEBOYS時計 Vol.16
FINEBOYS FINEBOYS plus SUIT Vol.31 ’19春夏号
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ 2019春夏号
FINEBOYS
FINEBOYS
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ’18‐’19秋冬

ページトップへ