• twitter
  • instagram
SEARCH

FASHION- ファッション -

2020.01.23

ハリウッド俳優森崎ウィン、冬はモノトーンコーデから抜け出せない!

映画やドラマに数多く出演し、ダンスボーカルユニットPRIZMAX(プリズマックス)としても活躍する森崎ウィンにファッションインタビュー。モノトーンコーデにハマっているという彼の、ファッションにまつわるアレコレを大解剖! 服へのこだわりや買い物事情などを赤裸々に語ってくれた!



「やっぱり冬は黒が落ち着くんです」

ーーモノトーンコーデにハマったきっかけはなんですか?

「2年くらい前から、なんとなく黒の服を集めようと思ったのがきっかけです。基本的に派手なものが苦手で、できる限り目立ちたくないって思ってるんです(笑)。なので、もっぱらオールブラックコーデになってしまいますね。この間、洗濯物が溜まっていて、一気に洗ってベランダに干したんですけど、トップスとパンツ合わせて10枚以上あったのに、白のアイテムが1枚しかなくて。やっぱ黒ばっかだなぁって改めて感じました。でも最近は”シックな大人”を目標にしているんです。黒だけでなく、グレーのアイテムも増えてきました。上品な雰囲気が出るのと、少し明るい印象になるかなぁと思って取り入れてみました。今年はそんな大人っぽいスタイルを目指してがんばりたいと思っています」



ーー買い物は普段どこでしていますか?

「じつは僕、基本的にネットで服を買っているんです。買い物に出かける時間があまりなくて。でも新しい服は欲しいので、どうしてもネットショッピングになってしまうんですよね。ネットで買い物をたくさんしているせいか、最近は欲しい服のサイズが大体分かるようになってきたんですよ(笑)。欲しいなってアイテムの画像を見て、このくらいのサイズ感なんだろうなって思って買ったらほとんどぴったりで。特技のひとつになるくらいネットショッピング、極めてます(笑)」



ーー最近買ったアイテムは?

「ルイスで買った黒のロングコートです! なんだかんだ黒になってしまうんですけど、モードな感じで、大人な雰囲気を出せるのですごく気に入っています。もう少し黒アイテム以外に挑戦したいなとは思ってしまうんですけど、なかなかできなくて。衣装でこれいいなって思うんですけど、いざ鏡の前で見て考えるとなんだか落ち着かなくて。やっぱりモノトーンが僕には似合うなって感じるんです。なのでしばらくは抜け出せそうにないです。逆にモノトーンコーデの森崎ウィンって認識をされるように今のスタイルを貫いていこうと思います!」

INFORMATION

◼︎プロフィール
もりさき うぃん。俳優としてはもちろん、ダンスボーカルユニットPRIZMAX(プリズマックス)としても活躍。2月1日(土)からスタートするミュージカル『ウエストサイドストーリー』では、主人公のトニー役で出演予定。

永久定番の〈コンバース〉からストレスフリーな新作が到着!アップデートした名作がこれからの僕らの相棒!
PR

永久定番の〈コンバース〉からストレスフリーな新作が到着!
アップデートした名作がこれからの僕らの相棒!

スマホやSNSなど身近なツールがますます便利になる今。ファッションも利便性の高いアイテムが増え、シューズだって今までより快適性を期待しちゃう。そこでオススメなのがこれらの靴。履きやすくアップデートされた名作は、僕らの気分にぴったりだ!

どの時計をつけるかは、その日のコーデ次第!ザ・クロックハウスで見つける毎日着替えるリストウエア。
PR

どの時計をつけるかは、その日のコーデ次第!
ザ・クロックハウスで見つける毎日着替えるリストウエア。

時計だってファッション感覚で毎日つけこなしてほしい、そんな思いから〈ザ・クロックハウス〉のオリジナルウオッチは生まれた。その日のイベントによって身にまとう服が異なるように、T.P.O.S.に応じて時計もつけ替えておきたい。ファッション感覚で腕時計をつけこなそう!

MAGAZINE- 別冊 -

FINEBOYS FINEBOYS+plus 時計 Vol.19
FINEBOYS FINEBOYS+plus BEAUTY VOL.2は10月23日(金)発売!
FINEBOYS FINEBOYS+plus SUIT vol.34
FINEBOYS どんな日常にもスニーカーは必要だ!
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ20-21秋冬
FINEBOYS FINEBOYS Start up 0 CAMP
FINEBOYS FINEBOYS+plus BEAUTY
FINEBOYS 大人の足元は主張のあるスニーカーで!
FINEBOYS FINEBOYS +plus SUIT Vol.33
FINEBOYS FINEBOYS+plus 時計 Vol.18

ページトップへ