• twitter
  • instagram
SEARCH

FASHION- ファッション -

2018.12.17

ナンガ、マーモット、ジェリー……黒だけじゃつまらない!3着のアースカラーダウン!

巷で人気爆発中のダウンジャケット。合わせやすくてついつい黒を選びがちだけど、本当にそれでいいの!? とはいえ、派手なカラーダウンを着るのは躊躇してしまう……。そこでアースカラーの出番! アースカラーなら個性も出せるし、かといって派手に見えすぎることはない。今回、そんな3着のダウンをピックアップ!

アースカラーなら合わせやすいし、個性も出せる!

今、大人気のダウンジャケット。多くのショップ、ブランドからもリリースが相次いでいるまさにトレンドアウターだ。この冬は近年、稀に見るダウンの当たり年で定番の色をはじめ、レッドやイエローなどビビッドなカラーリングのものも多く発売されている! ただ、初心者にとってカラーダウンはなかなか難しく、どうしたってハズさない黒ダウンを選びがち。たしかにその選択は間違っていないが、本当は黒以外でちょっと個性が出せたらなんて思ってやしないかい? そんな悩みを解消してくれるのが、ずばり”アースカラー”だ。カーキグリーンやベージュ、ブラウンに代表されるこのカラーリングなら合わせやすく、さらに差をつけられること確実! そこで今回、3着のおすすめアースカラーダウンをピックアップ!

1/ナンガ(NANGA)

国内有数のダウンメーカーであるナンガ。もともとはシュラフ(寝袋)のメーカーとして有名だったが、近年そのダウンのクオリティが素晴らしいと一躍人気ブランドの仲間入り。暖かく、そして軽い着心地の1着はストレスフリーだ。ダウンジャケット3万8800円(ナンガ)

 

シンプルながら、内ポケットを完備。これの有る無しでかなり利便性が変わってくる大事なディテール。

ジップは止水仕様になっている。これで中の荷物が濡れるのを防いでくれる。

 

2/マーモット(Marmot)

優しげなベージュカラーをまとった750フィルパワーという高水準のダウン。撥水加工を施すことでダウンは水に弱いという弱点を克服したモデルだ。フードの取り外しも可能でさまざまなシーンに対応する。ダウンジャケット3万9000円(デサントジャパンお客様相談室)

 

2重になった衿元の作りは風の進入を一切シャットダウン。高い保温性を誇り、熱を逃さない。

内側には大きめなポケットを完備。手ぶらでも出かけられるよう配慮されている。

 

3/ジェリー(JELLY)

アメリカ、ニューヨーク州ユティカ発の老舗アウトドアブランド、ジェリー。ブランドを代表するこのモデルは丸みをおびたシルエットにパンパンに詰まったダウンが持ち味。大人なブラウンカラーが黒とはまたひと味違うシックな表情を醸し出す。ダウンジャケット2万7000円(パークストア)

 

こちらはスタンドカラー仕様。衿までダウンがしっかり詰まっているのでマフラーいらずだ。

袖にもしっかりダウンが。トレンドのビッグシルエットを体現するのにひと役買ってくれる。

 

アースカラーのダウンなら、しっかり個性も主張できなおかつ普段のコーディネートに合わせやすいのがわかってもらえたはず! 黒もいいけれど、ぜひこの冬はトライしてみて!

INFORMATION

●デザントジャパンお客様相談室
TEL:0120-46-0310

●ナンガ
TEL:0749-55-1016

●パークストア
TEL:03-6416-1056

●スタイリング/与那嶺龍士

アベイルでコスパよく! 浮いたお金はデート代に。モテたい男が実践するべきデート服!
PR

アベイルでコスパよく! 浮いたお金はデート代に。
モテたい男が実践するべきデート服!

クリスマス、カウントダウン、初詣。イベント盛りだくさんな年末年始はデートチャンスが多い。気になるあの子と急なデート!? なんてことも勝手に期待しちゃうってもの。そこで準備しておきたいのがデート服。(すでにデートが決まっているうらやましい男子も必見! ) 失敗しない好印象なコーディネートを紹介する。トレンド感が高く作りもいい、そんでもってリーズナブルなショップ、アベイルで買えば浮いた洋服予算をご飯代やプレゼント代に回せるし。彼女を喜ばせるために賢くいこう!

Everyday Enjoy Giftペアウオッチなら“いつまでも一緒にいたい”想いが伝わる!
PR

Everyday Enjoy Gift
ペアウオッチなら“いつまでも一緒にいたい”想いが伝わる!

特別な二人でいたいから。ペアウオッチは、そんな想いを形にできる便利なツール。“出会って3カ月目”などちょっとした記念日に贈るギフトとしてもちょうどいい。

僕らのコーデは〈カルバン・クライン ウォッチ〉で変わる!ブルゾンにもコートにも、やっぱり時計は黒がいい。
PR

僕らのコーデは〈カルバン・クライン ウォッチ〉で変わる!
ブルゾンにもコートにも、やっぱり時計は黒がいい。

合わせるアウターを選ばない都会的でミニマルなデザイン。それでいて、スイスメイドという確かな信頼もある。僕らの「こんな時計が欲しい!」をいつも体現しているのが〈カルバン・クライン ウォッチ〉。今冬届いた新作は、控えめに、だけど強さが宿る黒だった―。

ちょっと大人な〈Gショック〉が今の気分!定番と新色、2つの時計で作る僕らの冬スタイル
PR

ちょっと大人な〈Gショック〉が今の気分!
定番と新色、2つの時計で作る僕らの冬スタイル

僕らの着こなしは、やっぱり気負わないカジュアルが基本。だけど子供っぽく見られるのは避けたい――。そんなときにぴったりなのが、〈Gショック〉が今季押し出す2 色の「Gスチール」。装いの格を上げてくれる時計は、この冬の重要なピースになるに違いない。

〈G-SHOCK〉の新作“GM-5600”は絶妙の甘辛バランスメタルフェイスの硬質感と柔らかな装着感を両取り!
PR

〈G-SHOCK〉の新作“GM-5600”は絶妙の甘辛バランス
メタルフェイスの硬質感と柔らかな装着感を両取り!

1983年発売の“5600シリーズ”から硬質なステンレスベゼルが男心をくすぐるメタルフェイスモデルが登場。スタンダードな機能とソフトな着用感を実現するウレタンバンドはそのままに、タフなルックスを取り入れ反転液晶でファッション性も追求。進化に磨きをかけた新5600シリーズに注目だ。

MAGAZINE- 別冊 -

FINEBOYS FINEBOYS+plus 時計 Vol.17
FINEBOYS FINEBOYS+plus SUIT vol.32
FINEBOYS FINEBOYS+plus 靴vol.13発売中!
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ'19-'20秋冬
FINEBOYS FINEBOYS時計 Vol.16
FINEBOYS FINEBOYS plus SUIT Vol.31 ’19春夏号
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ 2019春夏号
FINEBOYS
FINEBOYS
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ’18‐’19秋冬

ページトップへ