• twitter
  • instagram
SEARCH

FASHION- ファッション -

2018.12.17

ナンガ、マーモット、ジェリー……黒だけじゃつまらない!3着のアースカラーダウン!

巷で人気爆発中のダウンジャケット。合わせやすくてついつい黒を選びがちだけど、本当にそれでいいの!? とはいえ、派手なカラーダウンを着るのは躊躇してしまう……。そこでアースカラーの出番! アースカラーなら個性も出せるし、かといって派手に見えすぎることはない。今回、そんな3着のダウンをピックアップ!

アースカラーなら合わせやすいし、個性も出せる!

今、大人気のダウンジャケット。多くのショップ、ブランドからもリリースが相次いでいるまさにトレンドアウターだ。この冬は近年、稀に見るダウンの当たり年で定番の色をはじめ、レッドやイエローなどビビッドなカラーリングのものも多く発売されている! ただ、初心者にとってカラーダウンはなかなか難しく、どうしたってハズさない黒ダウンを選びがち。たしかにその選択は間違っていないが、本当は黒以外でちょっと個性が出せたらなんて思ってやしないかい? そんな悩みを解消してくれるのが、ずばり”アースカラー”だ。カーキグリーンやベージュ、ブラウンに代表されるこのカラーリングなら合わせやすく、さらに差をつけられること確実! そこで今回、3着のおすすめアースカラーダウンをピックアップ!

1/ナンガ(NANGA)

国内有数のダウンメーカーであるナンガ。もともとはシュラフ(寝袋)のメーカーとして有名だったが、近年そのダウンのクオリティが素晴らしいと一躍人気ブランドの仲間入り。暖かく、そして軽い着心地の1着はストレスフリーだ。ダウンジャケット3万8800円(ナンガ)

 

シンプルながら、内ポケットを完備。これの有る無しでかなり利便性が変わってくる大事なディテール。

ジップは止水仕様になっている。これで中の荷物が濡れるのを防いでくれる。

 

2/マーモット(Marmot)

優しげなベージュカラーをまとった750フィルパワーという高水準のダウン。撥水加工を施すことでダウンは水に弱いという弱点を克服したモデルだ。フードの取り外しも可能でさまざまなシーンに対応する。ダウンジャケット3万9000円(デサントジャパンお客様相談室)

 

2重になった衿元の作りは風の進入を一切シャットダウン。高い保温性を誇り、熱を逃さない。

内側には大きめなポケットを完備。手ぶらでも出かけられるよう配慮されている。

 

3/ジェリー(JELLY)

アメリカ、ニューヨーク州ユティカ発の老舗アウトドアブランド、ジェリー。ブランドを代表するこのモデルは丸みをおびたシルエットにパンパンに詰まったダウンが持ち味。大人なブラウンカラーが黒とはまたひと味違うシックな表情を醸し出す。ダウンジャケット2万7000円(パークストア)

 

こちらはスタンドカラー仕様。衿までダウンがしっかり詰まっているのでマフラーいらずだ。

袖にもしっかりダウンが。トレンドのビッグシルエットを体現するのにひと役買ってくれる。

 

アースカラーのダウンなら、しっかり個性も主張できなおかつ普段のコーディネートに合わせやすいのがわかってもらえたはず! 黒もいいけれど、ぜひこの冬はトライしてみて!

INFORMATION

●デザントジャパンお客様相談室
TEL:0120-46-0310

●ナンガ
TEL:0749-55-1016

●パークストア
TEL:03-6416-1056

●スタイリング/与那嶺龍士

MAGAZINE- 別冊 -

FINEBOYS FINEBOYS+plus 時計 Vol.17
FINEBOYS FINEBOYS+plus SUIT vol.32
FINEBOYS FINEBOYS+plus 靴vol.13発売中!
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ'19-'20秋冬
FINEBOYS FINEBOYS時計 Vol.16
FINEBOYS FINEBOYS plus SUIT Vol.31 ’19春夏号
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ 2019春夏号
FINEBOYS
FINEBOYS
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ’18‐’19秋冬

ページトップへ