• twitter
  • instagram
SEARCH

GIRLS- ガール -

2020.04.09

今日、あの子となにを食べにいこうか -激カワ女子図鑑- vol.23清泉女子大学4年 大野愛実さんと親子丼を食べる

この連載は、FINEBOYSが見つけたとびきりキュートな女子とのゴハンデート企画。今回のお相手は、クリッとした大きな瞳がかわいらしい大野愛実ちゃん。国宝級の笑顔で「おいしい♥」と親子丼を食べる姿に、胸のドキドキが止まりません!


今回のゴハン相手
大野愛実ちゃん 清泉女子大学4年(21歳)170cm
×親子丼

 

 

大野愛実ちゃんをプチ♥解剖
大野愛実ちゃん(以下「愛実」ちゃん):今まで食べてきた親子丼の中で一番おいしかったです!

―――よかった! 〝 究極 〞といわれているお 味 はどう?

愛実ちゃん:鶏肉の炭火焼きの香ばしい香りが最高でした!! あと、ふわふわ、トロットロでダシの効いた卵がまさに究極でした♥ 

―――こういうお店でゴハンデートってアリ?

愛実ちゃん:全然アリ!  私、どんぶり系の食べ物が大好きなので、むしろ私からデートコースに入れたいです(笑)。

―――ほかにデートで行きたい場所ってある?

愛実ちゃん:ドライブで箱根に行って温泉に入りたい! 彼の運転姿も見たいけど、できれば私にも運転させてほしいな♪

―――運転するの好きなんだ! じゃあ普段から車に乗って出かけることは多い?

愛実ちゃん:一 暇さえあれば愛車とお出かけします! マニュアル車に乗っているので運転もすごく楽しいんです。

―――めっちゃ本格的なんだね! じゃあ一緒にデートをするお相手はどんな人がいい?

愛実ちゃん:しっかり者で、優しい人。あとは元気があって笑顔が絶えない人がいいな!

―――ちなみにその候補って......?

愛実ちゃん:いないんですよ〜。女子大ってこともあって男の子と関わる機会が少なくて......。

―――(全国の男子、今が最大のチャン スかも?)なら、積極的にアプローチしてくれる男子のほうがいい?

愛実ちゃん:はい! デートとか誘われることが少ないので、男の子から声をかけてくれたらうれしいな♥

今回お邪魔したのはココ
「鶏料理 文鳥」 
 


鳥取県産の大山鶏を最高級備長炭で焼き上げた「究極の親子丼」 (1000円 )。新鮮な卵を使ったふわトロな食感は、 その名のとおりまさに〝究極〞。一度食べたらやみつきになること間違いなし。

INFORMATION

●大野愛実ちゃんのInstagramはコチラ
→@___a.r10
●鶏料理 文鳥
住所:東京都江東区亀戸2-23-10鳥居ビル2階
TEL:03-6884-1855
営業時間:11:30 ~ 14:00(L.O.13:30)【月~水・金】
                  17:30~23:00(L.O.22:00)【月~土】
休み:【日・祝】

ボリュームダウンストレートパーマで毎日かっこいい!"アドスト着脱式コーム"で叶うトレンドヘアカップル提案!
PR

ボリュームダウンストレートパーマで毎日かっこいい!
"アドスト着脱式コーム"で叶うトレンドヘアカップル提案!

美容師から高い支持を集める〈アドスト〉のヘアアイロン。実際にサロンワークや撮影のヘアメイクでも使われているプロ仕様のプロダクトだ。今回は、そんな逸品を人気サロン・ピチカート監修のもと、完全解剖。悩めるクセ毛をおしゃれに仕上げる方法を聞いてみた!

〈ザ・クロックハウス〉で“セルフリユース”!眠らせている腕時計、ありませんか?
PR

〈ザ・クロックハウス〉で“セルフリユース”!
眠らせている腕時計、ありませんか?

あんな場所やこんな場所、片付けする機会も多かったこの頃。すっきり整理整頓してみたら、電池切れや故障で使えない状態の時計が眠っていた、なんて人も多いのでは? その時計、そのままにしておくのはもったいない! “セルフリユース”をすれば、毎日の時計使いの幅も広がるはずだ。

MAGAZINE- 別冊 -

FINEBOYS おしゃれヘアカタログ20-21秋冬
FINEBOYS FINEBOYS Start up 0 CAMP
FINEBOYS FINEBOYS+plus BEAUTY
FINEBOYS 大人の足元は主張のあるスニーカーで!
FINEBOYS FINEBOYS +plus SUIT Vol.33
FINEBOYS FINEBOYS+plus 時計 Vol.18
FINEBOYS FINEBOYS Start up 0 ビジネスマナーがわかる本
FINEBOYS FINEBOYS Start up 0 お金のことがわかる本
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ 2020春夏
FINEBOYS FINEBOYS+plus 時計 Vol.17

ページトップへ