• twitter
  • instagram
SEARCH

INTERVIEW- インタビュー -

2019.08.24

永野芽郁とファッションと夏の話。

公開中の映画『二ノ国』で自身初のアニメーション声優に挑戦するなど、2019年もひっぱりだこの永野芽郁。今いちばん輝いている人気女優は、普段どんな服を着てる? 夏らしいさわやかな衣装にちなんで、夏休みがあったらやりたいことも語ってもらった!


■いろんなテイストのファッションを楽しみたいです

―ー最近はどんなファッションが気分ですか?

「うーん、着ていて楽っていうのもあって、着る回数で言えば白T×デニムが多いんですけど……とくに"私はこのファッション"って決めてはいないんです。なので日によって全然イメージが違うかも。色の好みもあまり偏っていなくて、ガチャガチャにカラフルな日もあれば、白や黒のワントーンの日もありますね」

―ー最近買ったお気に入りのアイテムは?

「少し前ですが、真っ白のサロペットを買いました。合わせ方次第でキレイ系にも着られるし思い切り着崩せるから、遊べそうでいいなと思って。実際に着てみたら想像どおり、アレンジがしやすくて気に入っています!」


■夏休みにしたいこと

―ー今年の夏は映画『二ノ国』ざんまいだと思いますが、もし今、1カ月まるまるお休みがもらえたら何がしたいですか?

「そうですねぇ……。南国に行きたいです。サーフィンが趣味なので、海外のキレイな海でサーフィンしまくりたいです! 以前ハワイの海でサーフィンをしたことがあるんですけど、人も少ないし、何よりも海がすごくキレイで……日本よりも気持ちよくできる感覚があったんです。朝と夕方、時間帯によっても海の感じが全然違ってそれも楽しかったです。なので長いお休みがあったら、毎日サーフィンしたいですね」

―ーサーフィンのイメージがあまりなかったので、意外な読者も多いんじゃないでしょうか。

「けっこうスポーツは好きなんですよ~!」


■試行錯誤の連続だった『二ノ国』のアフレコ

―ーアニメーションの声優に初挑戦した『二ノ国』がいよいよ公開されました。

「以前、吹き替えの経験はあったんですけど、アニメーションは演技に対するアプローチがまた全然違っていて……。アフレコは正直かなり大変でした。でも最初に脚本を読んだときに、ファンタジー要素はあるけど、登場人物の感情の動きや思いがとてもリアルで。今まであまりアニメーションに触れてこなかった私でも、すごく寄り添いやすい作品だなと感じたんです。なので、そんな素敵な作品をたくさんの方に届けたいという思いでとにかく色々やってみましたね」

―ー"色々"とは、具体的にどんなことでしょう。

「たとえば"走りながら逃げる"っていうシーンだと、私とマイクの位置関係は変わらないのにキャラクターはその都度位置関係が変わっていきますよね。なので、そういうことも踏まえて声の出し方で"距離感"を表現しなければいけない。自分では遠くに向かって話しかけているつもりでも、実際に聞いてみるとまだまだ近い感じの声だったり。なので、単純に声の高低や音量を変えてみるところから、演技の雰囲気も変えつつとにかく色んなパターンをやってみて、それにアドバイスをもらってもっと調整して……という繰り返しでした。スタッフさんと私で"すり合わせていく"っていう感覚でしたね」

―ーもし二ノ国が実際にあったら行ってみたいですか?

「行きたいとは思いますね。自分とつながっている人がどんな人なんだろうって気になります」

―ーどんな人だったらいいなと思いますか?

「自分と真逆であってほしいですね。それこそ劇中で私が演じたコトナとアーシャ姫なんてまさにそうですけど、女子高生とお姫様で立場も違えば過ごし方も自由さも違っていて。そういうふうに、自分には見えない世界を見てみたいなって思いますね」

―ーコトナの幼馴染として、ハルとユウという2人の男性が登場します。活発なハルと落ち着いたユウ、永野さんだったらどちらがタイプですか?

「個人的には……ユウですかね。落ち着いていて大人だから(笑)。ハルは男性として惹かれるというより、すごく仲のいい友達になれそう! ユウとのことを"相談乗って~"って言えるような関係になりたいですね!」

『二ノ国』
全国にて公開中!
 

 
©2019 映画「二ノ国」製作委員会

STORY
現実世界〈一ノ国〉と並行する"もう一人の自分"がいる魔法世界〈二ノ国〉に引き込まれた主人公のユウ(山崎賢人)と親友のハル(新田真剣佑)は、幼なじみのコトナ(永野芽郁)をめぐる事件をきっかけに2つの世界を行き来することに。そこでコトナとそっくりなアーシャ姫と出会い、彼女に惹かれるユウ。しかし2つの世界には残酷なルールがあり、二ノ国で尽きるはずの命を救えば、一ノ国の人間がその代償を払うことになるという。愛する人の命をかけた〈究極の選択〉がユウとハルの2人に突きつけられる。

STAFF/CAST
監督:百瀬義行
製作総指揮・原案:日野晃博
配給:ワーナー・ブラザーズ映画
声の出演:山﨑賢人、新田真剣佑、永野芽郁 他

 

INFORMATION

プロフィール/1999年9月24日生まれ。東京都出身。2009年デビュー以降、数多くのドラマ、映画に出演。NHK連続テレビ小説「半分、青い。」のヒロイン役で一躍人気に。『二ノ国』では一ノ国の女子高生・コトナと、二ノ国の王族・アーシャ姫で1人2役を務める。

撮影/杉江拓哉(TRON) スタイリング/鴇田晋哉 ヘア&メイク/吉田美幸

DIESEL presents!バランスのいい「スギノと服とカバン」のはなし。
PR

DIESEL presents!
バランスのいい「スギノと服とカバン」のはなし。

トレンドの服やカバンを身につけていたって、おしゃれに見せられるかはバランス次第。この連載でスギノがそれを実証していく。最終回となる今回は、ディーゼルの半袖シャツとカラフルなミニバッグでチャレンジ。こなれ感を生む〝好バランス〞に迫っていこう。

DIESEL presents!バランスのいい「スギノと服とカバン」のはなし。
PR

DIESEL presents!
バランスのいい「スギノと服とカバン」のはなし。

トレンドの服やカバンを身につけていたって、おしゃれに見せられるかはバランス次第。この連載でスギノがそれを実証していく。最終回となる今回は、ディーゼルの半袖シャツとカラフルなミニバッグでチャレンジ。こなれ感を生む〝好バランス〞に迫っていこう。

MAGAZINE- 別冊 -

FINEBOYS FINEBOYS Start up 0 CAMP
FINEBOYS FINEBOYS+plus BEAUTY
FINEBOYS 大人の足元は主張のあるスニーカーで!
FINEBOYS FINEBOYS +plus SUIT Vol.33
FINEBOYS FINEBOYS+plus 時計 Vol.18
FINEBOYS FINEBOYS Start up 0 ビジネスマナーがわかる本
FINEBOYS FINEBOYS Start up 0 お金のことがわかる本
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ 2020春夏
FINEBOYS FINEBOYS+plus 時計 Vol.17
FINEBOYS FINEBOYS+plus SUIT vol.32

ページトップへ