• twitter
  • instagram
SEARCH

LIFE STYLE- ライフスタイル -

2019.07.03

ビームス前田太志さんに聞いた!10年以上大事にしているTシャツ×3

無限とも思えるほど、数多くの種類があるTシャツ。その中でオシャレな業界人は、どんなTシャツを大事にしているのだろう?という疑問を抱いた。そこで、人気セレクトショップ<ビームス>でプレスとして働く前田太志さんに、心のマイベストTシャツを聞いてきた。今から紹介する3枚は、前田さんがずっと大切にしている思い入れのあるTシャツだ。Tシャツ1枚1枚に込められた熱いストーリーをとくとご覧あれ!

PROFILE

前田太志さん
セレクトショップ、ビームスのメンズ カジュアル部門のプレス主任を担当。自身のクローゼットにはなんと、約300枚ものTシャツがあるという。無類の靴好きとしても知られている。それではそんな前田さんが大事にしている3枚のTシャツを見ていこう!

01
21年前のビームスTを見ると
初心に帰ります!

「僕が中学1年生のころ、ビームスのショッパーが流行っていて、〝オレンジのビニールバッグを持つ〞のがステータスでした。そこでビームスの服が欲しいという衝動にかられ、貴重なおこづかい握りしめて買ったのがこのボーダーTシャツ。狙ったアイテムを求めて、田舎から東京へ出て、服を買うというワクワクする行為は当時がはじめてでした。このTシャツのおかげで、服に興味を持つようになったので、僕のオシャレの原点ともいえますね。実際に今、ファッション業界にいると、服をビジネス感覚でしか見られなくなるときがあるんです。でもこのTシャツを見ると純粋に服への憧れや、服に興味を持つ楽しさを思い出させてくれる。だから一生持っていようと心に決めています」

「今となっては入手できない昔のタグです。当時は〝デイリーに溶け込む定番グッズ〞という意味が込められた英字が入っていました」

02
フォー・コーナーズのお土産Tは
自分の中で付加価値のあるもの

「20代前半はインディアンカルチャーに憧れていて、インディアンジュエリー作りを主とする部族〝ナバホ族〞の居住区に行ってみたいと思ってました。そこで友達と、アメリカ西部を旅する貧乏旅行を決行! プリントデザインを見ていただくとわかりやすいのですが、このTシャツはユタ州、コロラド州、ニューメキシコ州、アリゾナ州の4つの州が中央でクロスしている場所、フォー・コーナーズと呼ばれるところのお土産店で買いました。Tシャツって何年経っても、自分が昔憧れていたものなどを振り返ることができるからおもしろいですよね。当時ハマっていた物事を思い出として残せるからこそ、自分の〝好き〞〝憧れ〞が詰まったTシャツは捨てないに尽きます」

03
ニューヨーク・ヤンキースの古着Tの
おかけで、さらに服好きになれた

「古着に目覚めた大学1年生のとき、ネクストビンテージになるアイテムを友達と予想していて、僕は野球がくるかなと。なぜなら野球のTシャツやバンダナって古着にたくさんあるけど、じつは球数が少ないというところに疑問があったから。球数が少ない=野球ファンのオーナーが持っていて手放さないからか?という推測も立てていました。そこで、いつかネクストビンテージになると信じて買ったのがニューヨーク・ヤンキースのTシャツ。結局、当時も今も野球は全然こないですが、このTシャツのおかげで次に流行るアイテムをリサーチすることのおもしろさや、古着の付加価値を調べることの楽しさを知ることができました。アメリカらしい秀逸なデザインもお気に入り」

これが前田さんの大事な3枚! Tシャツを選ぶうえで、デザインに惹かれて買うのも確かに大事。だが将来、思い出として残るようなTシャツを探して購入するのも楽しみ方のひとつだ。

●撮影/藤本孝之
※掲載ブランド、価格は自己申告によるものです。ブランドへの問い合わせはご遠慮ください

”らしさ”満載〈ディーゼル ウォッチ〉の新作男らしい手元にはこんなギミックの効いた時計で。
PR

”らしさ”満載〈ディーゼル ウォッチ〉の新作
男らしい手元にはこんなギミックの効いた時計で。

そろそろ秋に向けて着こなしをアップデートしたい——。ならまずは、毎日身につける腕時計から新鮮さを足してみない? 〈ディーゼル ウォッチ〉の新作「グリフド コレクション」は武骨なディテールはもちろん服に負けない存在感も魅力。男心くすぐるこの”新顔”は絶対見逃せない! さらに、今回はこの「グリフド コレクション」の4モデルを各1名様にプレゼント。秋冬ファッションを彩る1本をぜひゲットして!

専属モデル杉野遥亮がRECOMMEND!ディーゼルのNEWバッグ。 VOL.02ロゴバッグ
PR

専属モデル杉野遥亮がRECOMMEND!ディーゼルのNEWバッグ。 VOL.02
ロゴバッグ

シンプルなアイテムを着ていると、その反動なのかちょっと主張できるものが欲しくなるもの。それはバッグも同じ。とはいえ、主張しすぎるデザインは毎日のコーディネートに合わせるのはちょっと難しい。そんなバッグ選びの悩みに終止符を打てるのが、この〈ディーゼル〉のロゴバッグ。過度に見えないシンプルな書体、だけど地味にならない絶妙なバランス感が最高! 見逃すのはもったいない!

〈ASICS〉の最新作は機能とデザインが両立僕らの日常になじむ2つの“GEL-QUANTUM”
PR

〈ASICS〉の最新作は機能とデザインが両立
僕らの日常になじむ2つの“GEL-QUANTUM”

走れるうえに、洒落ていること――昨今のスニーカーシーンの盛り上がりはこのマインドによる欲求なしには語れないだろう。それはアクティブな趣味を持つ大人たちが、ライフスタイルを謳歌するなかで1足に求める汎用性や機能性を追求し続けてきた結果なのかもしれない。〈ASICS〉の新作“GEL-QUANTUM”シリーズはまさにそんな欲求を具現化した1足だ。

今シーズンも〈ASICSTIGER〉から目が離せない東京のストリートに映えるスニーカー&ウエアを発見。
PR

今シーズンも〈ASICSTIGER〉から目が離せない
東京のストリートに映えるスニーカー&ウエアを発見。

暑さもすっかり落ち着いてきたこの時季は、街を流して駆け抜けるのに気持ちがよい季節。そんなとき、〈アシックスタイガー〉のスニーカーとウエアは見た目はもちろん、機能的にも心地がいい。今日もいつものスタイルに着替えて、東京ストリートを颯爽と走り抜けていく。

フランスの名門〈LACOSTE〉の新作シューズ大人のストリートスタイルは抜かりない足元から、はじまる。
PR

フランスの名門〈LACOSTE〉の新作シューズ
大人のストリートスタイルは抜かりない足元から、はじまる。

ラコステといえば“オーセンティック”なデザインを想像する人は多いだろう。そのイメージで間違いないのだけど、ここ最近のラコステはそれだけではない。トレンドでもある“ゆるさ”をシルエットや柄、マテリアルといったディテールワークで巧みに取り入れて、大人が合わせやすいアイテムで流行りのストリート感が表現できる。それは靴も然り。高感度と安定感のハイブリッドはラコステならでは。

〈SUPRA〉の人気モデル、スカイトップⅡが日本で復刻。日本別注の限定モデルはストリートで存在感を発揮する
PR

〈SUPRA〉の人気モデル、スカイトップⅡが日本で復刻。
日本別注の限定モデルはストリートで存在感を発揮する

LAやTOKYOなど世界主要都市に旗艦店を持ち、ビッグブランドとして不動の地位を築いたスープラ。にもかかわらずストリートという軸がブレることはない。海外セレブも然り、主張のある靴は世界中にファンがいる。だからこそ、このモデルは日本限定で復刻というローカル感にやられる。ピックアップされたのはスカイトップのセカンドモデル。世界を見渡す靴好きならば、このレア度に共感するはず。

MAGAZINE- 別冊 -

FINEBOYS FINEBOYS+plus 靴vol.13発売中!
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ'19-'20秋冬
FINEBOYS FINEBOYS時計 Vol.16
FINEBOYS FINEBOYS plus SUIT Vol.31 ’19春夏号
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ 2019春夏号
FINEBOYS
FINEBOYS
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ’18‐’19秋冬
FINEBOYS FINEBOYS時計 Vol.14
FINEBOYS FINEBOYS plus SUIT Vol.29

ページトップへ