• twitter
  • instagram
SEARCH

LIFE STYLE- ライフスタイル -

2018.10.03

ソト、スノーピーク、プリムス! 絶対、使えるキャンプの焚き火台3選!

キャンプといえば、やっぱり焚き火はハズせない。となると、必要なのは焚き火台。なぜなら、キャンプサイトでは直火 NGがほとんどだからだ。今回、見栄えもよく使える焚き火台を3つピックアップ。これでより充実したキャンプライフを!

焚き火台がなければ焚き火ができない?
現状、キャンプ場では直火をNGとしているところが多い。それは引火して山火事になってしまう危険性があるのはもちろん、自然をいたわるというマインドでもある。そうなると、必要なのがこの焚き火台。とはいえ、さまざまなキャンプグッズがあふれる昨今。何を基準にして選ぶか考えるのはなかなか難しい。そこで今回、ルックス、機能性にすぐれた逸品をご紹介。これさえ読めば悩みも解決!

使える焚き火台その1/ソトの<エアスタ ベースST-940&エアスタ ウイングMST-940W M>
一見して焚き火台だとは思えないようなメカニカルなこちらは、中央の筒(エアスタベース)より空気を取り込む事により薪への着火が容易になるという近未来的焚き火台。着脱式のウィングのサイズはMとLの2サイズ展開で、それにより焚き火台の大きさを変えられる。エアスタ ベース 1万2000円、エアスタ ウィングM 4800円(新富士バーナー)

使える焚き火台その2/スノーピークの<焚き火台 M>
焚き火台の元祖かつ、マスターピースとして多くのキャンパーの心を掴んで離さないのが、このスノーピークの焚き火台。逆ピラミッド型の火床部分は、折りたたみしやすいというだけでなく丈夫さや機能美に一役買っている。火の中にダッジオーブンを突っ込んで料理しても素敵だ。[W35×H24.8×D35cm]。焚き火台M 1万2600円、ベースプレートM 2300円(スノーピーク)

使える焚き火台その3/プリムスの<カモトオープンファイアピット S>

ワンタッチで開閉してすぐに焚き火開始!  使用しない時はコンパクトかつフラットに折りたたむことができる軽量な焚き火台。展開するとそのまま灰受けになるケース、防風性を保ちながら効率よく空気を取り込む風防など、無駄の無いデザインがカッコイイ。[W38×H33×D45cm]。1万7000円(イワタニ・プリムス)

ここで紹介した焚き火台はどれもが機能美、使い心地にすぐれたものばかり! 秋も深まりキャンプするには絶好の機会。この焚き火台でよりよい思い出作りをぜひ!

INFORMATION

新富士バーナー
TEL:0533-75-5000

スノーピーク
TEL:0120-010-660

イワタニ・プリムス
TEL:03-3555-5605

専属モデル杉野遥亮がRECOMMEND!ディーゼルのNEWバッグ。 VOL.03デニムバッグ
PR

専属モデル杉野遥亮がRECOMMEND!ディーゼルのNEWバッグ。 VOL.03
デニムバッグ

オシャレと実用性の両方が求められるバッグって、選ぶのがなかなか難しい。ましてや、どんなコーディネートにも合う、まわりの人とかぶらないって話になると難易度がさらに上がってくるはず。そんなバッグ探しに終止符を打ってくれるのが〈ディーゼル〉のデニムバッグシリーズ。シンプルな見た目は着こなしに溶け込むし、ブランドを象徴するタフなデニム使いで、個性も、実用性もバッチリだ!

カンゴールで見つけた最新秋服オススメ10選
PR

カンゴールで見つけた最新秋服オススメ10選

あのカンゴールの最新秋服を、ZOZOTOWNなどで人気を博すECブランドMONO-MART(モノマート)が別注! キミのワードローブに取り入れるだけでオシャレに格上げされる10のトレンド服をピックアップした。挑戦しやすいシンプルなデザインとリーズナブルな価格帯にも注目してほしい。

トレンドをコスパよく押さえたアベイルの新作!秋の着こなしは”カフェオレカラー”でハズレなし!
PR

トレンドをコスパよく押さえたアベイルの新作!
秋の着こなしは”カフェオレカラー”でハズレなし!

厳しい残暑の中でも、ファッション高感度な人ほど秋支度は急ピッチに進んでいる。トレンドにいち早く反応するショップ、アベイルならコスパよく揃えられる。ってことで、今回はイチオシの秋コーデをピックアップ! 移り行く季節に、何を買っていいか分からない人は特に必見だよ!

〈ASICS〉の最新作は機能とデザインが両立僕らの日常になじむ2つの“GEL-QUANTUM”
PR

〈ASICS〉の最新作は機能とデザインが両立
僕らの日常になじむ2つの“GEL-QUANTUM”

走れるうえに、洒落ていること――昨今のスニーカーシーンの盛り上がりはこのマインドによる欲求なしには語れないだろう。それはアクティブな趣味を持つ大人たちが、ライフスタイルを謳歌するなかで1足に求める汎用性や機能性を追求し続けてきた結果なのかもしれない。〈ASICS〉の新作“GEL-QUANTUM”シリーズはまさにそんな欲求を具現化した1足だ。

今シーズンも〈ASICSTIGER〉から目が離せない東京のストリートに映えるスニーカー&ウエアを発見。
PR

今シーズンも〈ASICSTIGER〉から目が離せない
東京のストリートに映えるスニーカー&ウエアを発見。

暑さもすっかり落ち着いてきたこの時季は、街を流して駆け抜けるのに気持ちがよい季節。そんなとき、〈アシックスタイガー〉のスニーカーとウエアは見た目はもちろん、機能的にも心地がいい。今日もいつものスタイルに着替えて、東京ストリートを颯爽と走り抜けていく。

フランスの名門〈LACOSTE〉の新作シューズ大人のストリートスタイルは抜かりない足元から、はじまる。
PR

フランスの名門〈LACOSTE〉の新作シューズ
大人のストリートスタイルは抜かりない足元から、はじまる。

ラコステといえば“オーセンティック”なデザインを想像する人は多いだろう。そのイメージで間違いないのだけど、ここ最近のラコステはそれだけではない。トレンドでもある“ゆるさ”をシルエットや柄、マテリアルといったディテールワークで巧みに取り入れて、大人が合わせやすいアイテムで流行りのストリート感が表現できる。それは靴も然り。高感度と安定感のハイブリッドはラコステならでは。

〈SUPRA〉の人気モデル、スカイトップⅡが日本で復刻。日本別注の限定モデルはストリートで存在感を発揮する
PR

〈SUPRA〉の人気モデル、スカイトップⅡが日本で復刻。
日本別注の限定モデルはストリートで存在感を発揮する

LAやTOKYOなど世界主要都市に旗艦店を持ち、ビッグブランドとして不動の地位を築いたスープラ。にもかかわらずストリートという軸がブレることはない。海外セレブも然り、主張のある靴は世界中にファンがいる。だからこそ、このモデルは日本限定で復刻というローカル感にやられる。ピックアップされたのはスカイトップのセカンドモデル。世界を見渡す靴好きならば、このレア度に共感するはず。

MAGAZINE- 別冊 -

FINEBOYS FINEBOYS+plus SUIT vol.32
FINEBOYS FINEBOYS+plus 靴vol.13発売中!
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ'19-'20秋冬
FINEBOYS FINEBOYS時計 Vol.16
FINEBOYS FINEBOYS plus SUIT Vol.31 ’19春夏号
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ 2019春夏号
FINEBOYS
FINEBOYS
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ’18‐’19秋冬
FINEBOYS FINEBOYS時計 Vol.14

ページトップへ