• twitter
  • instagram
SEARCH

FASHION- ファッション -

2018.04.23

イラストで学ぶ! 明日からできる定番&旬なメンズ着まわしテクニック

授業にサークル、デートに飲み会……。とにかく多忙で出費も多い男子大学生。ワンシーズンにそう何着も服を買えないから、限られたアイテムを賢く着まわしたい。そこで明日から実践できる基本の着まわしテクを、わかりやすく紹介!

明日着る服がないなら、週3使えるヘビロテ服

同じ服でも着こなし方を変えれば見た目の印象は変えられる。着方のバリエーションを覚えてコーデのマンネリ化を打破しよう!

 

《ヘビロテ服1:チェックシャツ》

 ベーシックな色みの上品チェックが使いやすい。今ならやや大きめサイズを選んでおくと、前を開けてアウター使いできるので便利!

●月曜日は、インナーで使う

 

 

まずはシンプルに、前開きのアウターの下からチラ見せ。柄の分量が少ないので、コーデの脇役として他のアイテムをうまく引き立ててくれる。武骨アウター、MA-1の男クサさも中和できる。

 

●水曜日は、はおりものとして使う

 

大きめのシャツはコーデの仕上にバサッとはおるだけでサマになる。バランスがとりやすいのは細身パンツ。上ゆる下細のシルエットで、シンプルな組み合わせも今っぽく見せられる。

 

●金曜日は、1枚で主役使いする!

 ボタンを閉めて1枚で着れば、それだけでシャツがコーデの主役になる。他のアイテムを黒無地で統一して、柄の存在感を引き立たせよう。

⇒タックインで変化づけも可!

 より今っぽく見せるならパンツにタックインもアリ。ゆるくインしてガチャベルトを垂らせば、男っぽいアクセントになる。

 

《ヘビロテ服2:ゆるスウェット》

季節問わず活躍してくれるお助けアイテム。今なら肩が落ちて身幅の広い、ゆったりしたものがオススメ。重ね着のしやすさで選ぼう。

 

●月曜日は、インナーで使う

スウェットがゆるめサイズでも、今っぽいゆるコートの下なら、もたつかずにカットソー感覚で取り入れられる。太パン・細パンどちらにも合うのでコートを脱いでもサマになる。

 

●水曜日は、首元レイヤードで変化づけ

シンプルなデザインの丸首スウェットだからこそ、首元に少し変化を加えるだけで違う雰囲気に。ハイネックカットソーをかませるとルーズさが緩和され、グンと大人っぽい見た目が完成。

⇒重ねるアイテムによって違う印象に!

・ストライプシャツ

ストライプシャツの衿を少し出し、カッチリ感をプラス。優等生然とした雰囲気が加わり、知的さを醸せる。

・丸首カットソー

下も同じく丸首の白カットソーを選んだ場合。首まわりにヌケ感が出て、スウェットのゆるい印象が加速する。

 

●金曜日は、裾からインナーを出す

インナーの裾を出してパッと見のトップスの長さを変える、というのも印象を変えるひとつの手。こんなボーダーがわかりやすいが、無地の長丈カットソーでもその効果は十分!

 

長~く使えるヤツが欲しい! 夏まで着倒せる半袖服


せっかく買うんだから、ワンシーズンしか着ないなんてもったいない。そこで今買っても夏まで着続けられる、お得すぎる半袖服の着こなしを紹介!

 

 《半袖服1:開衿シャツ》

定番の衿付きシャツよりもカジュアルなアイテム。白や黒のインナーにも映え、1枚で着てもさわやかな色みのものが万能。

⇒総柄も今っぽい

個性の出る柄シャツも全然アリ。開衿タイプなら意外と無地と同じように使えるし、より今っぽくゆる~い印象に。

 

●肌寒い日は、上からアウターを着る

 

肌寒い日はインナーとして活用。半袖なので細身のコートと合わせても腕まわりがもたつかず、スッキリした見た目をキープできる。黒コーデの差し色にも最適!

 

●あたたかい日は、下に長袖を重ねる

 

アウターが重たくなってきたら、下に長袖カットソーを着て袖のレイヤードを楽しもう。色やデザイン違いの長袖を何枚か持っておけば、日によってそれを変えるだけでOK。

⇒こんな長袖を重ねてみよう

・長丈サーマルカットソー

とにかく使い勝手がいいのがコチラ。ほどよい主張のある素材感が、半袖服と互いに引き立てあう。裾を出してもかわいい。

 

・袖ロゴ入りカットソー

 ほんのりストリート感を出したいならオススメ。1枚できてもサマになるので、持っておくと毎日の着まわしに重宝する。

 

●夏は1枚で着る!

開衿シャツの真価を発揮する夏は、潔く1枚で着て暑くても涼しげなイケメンオーラをまとおう。ラフなサンダルを合わせるのも、開放感が出て好相性。

 

 《半袖服2:ビッグT》

ドロップショルダーで長めの袖丈。チビロゴ入りもアクセントに。夏に着たくなる派手色も、差し色使いしやすいのでじつは着まわし向き。

 

●肌寒い日は、パーカからチラ見せ

今の季節は脇役使いが主流。夏っぽいパキッとした色みはポイントに使いやすく、パーカからほんの少し覗かせるだけでもクールな印象。ゆるサイズなので裾からも出しやすい。

 

●あたたかい日は、下に長袖を重ねる

開衿シャツと同様に、長袖とレイヤードするテクが使える。Tシャツが強い色な分、下はモノトーンが使いやすいが、あえて袖ロゴ入りのカットソー合わせもストリートっぽくなる。

⇒ジャストサイズだと重ね着しづらい

じつはTシャツを着まわすにはサイズ感がとても重要。下に長袖を着込むとき、ジャストサイズだとピタピタでやや不恰好。

イラスト/green K

MAGAZINE- 別冊 -

FINEBOYS FINEBOYS+plus 時計 Vol.17
FINEBOYS FINEBOYS+plus SUIT vol.32
FINEBOYS FINEBOYS+plus 靴vol.13発売中!
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ'19-'20秋冬
FINEBOYS FINEBOYS時計 Vol.16
FINEBOYS FINEBOYS plus SUIT Vol.31 ’19春夏号
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ 2019春夏号
FINEBOYS
FINEBOYS
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ’18‐’19秋冬

ページトップへ