• twitter
  • instagram
SEARCH

FASHION- ファッション -

2019.07.03

脱シンプル! Tシャツ、一瞬で差がつくテクニック!

夏のメンズファッションにおいて毎日手放せないのがTシャツ。色、プリントはさまざまあれど、基本の形はとてもシンプル。このアイテムをどうやって着れば差がつくのか? そんな悩みに応えるべく、Tシャツの着こなしテクニックをポイントとともにご紹介! これでこなれた雰囲気が手に入る!


ちょっとしたひと工夫でTシャツコーデは差がつく!

夏の着こなしにおいて必需品といえるのがTシャツ。色、プリントの種類、柄などさまざまなバリエーションがあるとはいえ、基本的な形自体はどのTシャツもほぼ同じといえるだろう。だからといって「形が一緒なんだから着こなし方なんか全部同じなんじゃないの?」と思ったキミは大間違い。ひとくちにTシャツスタイルといっても、ちょっとしたテクニックひとつで与える印象が随分変わってくる! しかも、そのテクニックのどれもが簡単だというんだからこれは見逃せない。そんな差がつくTシャツテクニックを今回、紹介しよう。そのテクニックを駆使すれば、同じTシャツでも見せ方を変えることができる! 
 

NEXT

2/4PAGE

 
差がつくTシャツテクニック1/袖まくり
Tシャツスタイルを一瞬でこなれさせるテクニックがコレ。袖をくるっとまくればコーディネートにニュアンスが生まれ、こなれた印象に仕上がる。ただ、まくるだけでこんなに違って見えるのだから、実践しないのは損。またこのテクニックは男らしさを出すのに非常に有効というのも覚えておこう。もし、この夏は鍛えた腕をアピールしたいと思っているならぜひお試しを。まくった部分がアイキャッチになり、視線を集めることができるからだ。レアセル×マークゴンザレスのTシャツ6800円(アドナスト ミュージアム)、その他スタイリスト私物
袖まくりのコツはきっちりと折ってまくるよりも、この写真のようにクシャッとまくるのがオススメ。あえてラフにまくることが着こなしに絶妙なニュアンスをもたらす結果に! また、最近流行のオーバーサイズのTシャツは肩が落ちた分、袖が肘部分までかかったりする。その袖丈を普段ジャストサイズで着ている部分に直したいときにもこのテクニックは非常に有効だ。
 

NEXT

3/4PAGE

 
差がつくTシャツテクニック2/タックイン
今ではもうおなじみとなったTシャツのタックインも差をつけるには有用だ。シンプルなTシャツもタックインするだけで一気に今っぽく見せることが可能に。すぐ出来て、着こなしの印象をガラッと変えられるテクニックなので、ぜひ覚えておこう。タックインはウエスト部分にメリハリがうまれるほか、ダラシなくなりがちなTシャツスタイルが引き締まり上品に仕上がるので、大人っぽいコーディネートをしたい人にオススメだ。また、脚長効果が期待できるなんてうれしいオマケも! ハレのTシャツ6000円(アダストリア)、その他スタイリスト私物
タックインのポイントもそでまくりと同じでキッチリさせすぎないこと。一度インした後に少し引き出してたるみをもたせるようにするのがイイ。インするTシャツはどんなタイプでも基本的に大丈夫だが、タイトすぎるものだとたるみを作りにくいのと、ビッグサイズすぎるとインしたときに生地がもたつきすぎて収まりが悪くなるので気をつけたい。
 

NEXT

4/4PAGE

 
差がつくTシャツテクニック3/裾レイヤード
最後はコチラのテクニックを紹介しよう。Tシャツの下に丈違いのTシャツやタンクトップを重ねて、裾から覗かせたのがレイヤードだ。着用アイテムが少ない夏は油断するとコーディネートが簡素になってしまいがち。そんなときは、この重ね着テクニックを使うことで着こなしに立体感が生まれシンプルに見えすぎてしまうのを防げる。レイヤードテクニックを駆使すると着こなしがシャレて見えやすい! Tシャツ2590円(ウィゴー)、下に着たボルコムのTシャツ3200円(ボルコム ジャパン)、その他スタイリスト私物
下に重ねるアイテムは同系色だとなじんでしまい、せっかく重ねたのにあまり効果が出ない。濃色Tシャツなら淡い色といった具合に同系色ではなく反対色を合わせると覚えておこう。また、夏なら下に重ねるアイテムをビビッドカラーにして差し色をするというのもオススメ。取り入れる色で与える印象も変わるのでぜひいろいろ試行錯誤してみて欲しい。

どれも簡単なテクニックなのに着こなしの雰囲気はガラッと変わる! オシャレな印象を与えられるこのテクニックを使って、Tシャツコーデで差をつけよう!

INFORMATION

アダストリア
TEL:0120-601-162

アドナスト ミュージアム
TEL:03-5428-2458

ウィゴー
TEL:03-5784-5505

ボルコム ジャパン
TEL:03-5771-4560



専属モデル杉野遥亮がRECOMMEND!ディーゼルのNEWバッグ。 VOL.04ナイロンバッグ
PR

専属モデル杉野遥亮がRECOMMEND!ディーゼルのNEWバッグ。 VOL.04
ナイロンバッグ

大学の通学用にしろ、友達と遊ぶ用にしろ、使い勝手や合わせやすさを考えると黒などのシンプルなバッグが正解。だけど、その中にもこだわりを持ってバッグを選びたい人も多い。そこでオススメなのが〈ディーゼル〉のナイロンバッグ。高級感のあるツヤッとした質感に、ミリタリーを思わせるディテールが何とも男らしい。シワになりにくく汚れもつきにくい、さらに軽くて丈夫とあって文句のつけどころがない!

<ディーゼル オン> meets 中川大志ファッション感覚で楽しむ新作スマートウォッチ
PR

<ディーゼル オン> meets 中川大志
ファッション感覚で楽しむ新作スマートウォッチ

ディーゼルの時計は、一目でそのブランドだとわかるユニークかつファッショナブルなデザインが特徴。今回の新作「AXIAL SMARTWATCH(アクシアル スマートウォッチ)」も、例に漏れずディーゼルらしさが随所に表現された注目モデルだ。タッチスクリーン式のアニメーションダイヤルやファッショナブルなデザインは、まさに”次世代”を感じさせる佇まい。数多くの話題作に出演し、同じく”次世代”を担う俳優として活躍を見せる中川大志がつけこなす。

〈ASICS〉の最新作は機能とデザインが両立僕らの日常になじむ2つの“GEL-QUANTUM”
PR

〈ASICS〉の最新作は機能とデザインが両立
僕らの日常になじむ2つの“GEL-QUANTUM”

走れるうえに、洒落ていること――昨今のスニーカーシーンの盛り上がりはこのマインドによる欲求なしには語れないだろう。それはアクティブな趣味を持つ大人たちが、ライフスタイルを謳歌するなかで1足に求める汎用性や機能性を追求し続けてきた結果なのかもしれない。〈ASICS〉の新作“GEL-QUANTUM”シリーズはまさにそんな欲求を具現化した1足だ。

今シーズンも〈ASICSTIGER〉から目が離せない東京のストリートに映えるスニーカー&ウエアを発見。
PR

今シーズンも〈ASICSTIGER〉から目が離せない
東京のストリートに映えるスニーカー&ウエアを発見。

暑さもすっかり落ち着いてきたこの時季は、街を流して駆け抜けるのに気持ちがよい季節。そんなとき、〈アシックスタイガー〉のスニーカーとウエアは見た目はもちろん、機能的にも心地がいい。今日もいつものスタイルに着替えて、東京ストリートを颯爽と走り抜けていく。

フランスの名門〈LACOSTE〉の新作シューズ大人のストリートスタイルは抜かりない足元から、はじまる。
PR

フランスの名門〈LACOSTE〉の新作シューズ
大人のストリートスタイルは抜かりない足元から、はじまる。

ラコステといえば“オーセンティック”なデザインを想像する人は多いだろう。そのイメージで間違いないのだけど、ここ最近のラコステはそれだけではない。トレンドでもある“ゆるさ”をシルエットや柄、マテリアルといったディテールワークで巧みに取り入れて、大人が合わせやすいアイテムで流行りのストリート感が表現できる。それは靴も然り。高感度と安定感のハイブリッドはラコステならでは。

〈SUPRA〉の人気モデル、スカイトップⅡが日本で復刻。日本別注の限定モデルはストリートで存在感を発揮する
PR

〈SUPRA〉の人気モデル、スカイトップⅡが日本で復刻。
日本別注の限定モデルはストリートで存在感を発揮する

LAやTOKYOなど世界主要都市に旗艦店を持ち、ビッグブランドとして不動の地位を築いたスープラ。にもかかわらずストリートという軸がブレることはない。海外セレブも然り、主張のある靴は世界中にファンがいる。だからこそ、このモデルは日本限定で復刻というローカル感にやられる。ピックアップされたのはスカイトップのセカンドモデル。世界を見渡す靴好きならば、このレア度に共感するはず。

MAGAZINE- 別冊 -

FINEBOYS FINEBOYS+plus SUIT vol.32
FINEBOYS FINEBOYS+plus 靴vol.13発売中!
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ'19-'20秋冬
FINEBOYS FINEBOYS時計 Vol.16
FINEBOYS FINEBOYS plus SUIT Vol.31 ’19春夏号
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ 2019春夏号
FINEBOYS
FINEBOYS
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ’18‐’19秋冬
FINEBOYS FINEBOYS時計 Vol.14

ページトップへ