• twitter
  • instagram
SEARCH

FASHION- ファッション -

2021.10.28

【売り切れ続出】着心地は”パジャマ”な街着セットアップ

おしゃれな人たちの間で、すでに話題となっているスウェット型のセットアップスタイル。なんといっても動きやすくて楽ちん、そして最近では部屋着っぽさを感じさせないデザインまで増えてきている! 上品アイテムとMIXさせるなどして着こなすとなおよし!

スウェット型セットアップはデザインも豊富!


セットアップといえば、テイラードジャケットタイプを想像するけれど、近年のセットアップブームでかなりバリエーションも増えてきた。なかでも今注目なのがスウェット型のセットアップ。ラウンドネックはもちろん、パーカやモックネックタイプまでそろい、着心地はパジャマのようにラフ。だけどちゃんとそのまま出かけられるようなおしゃれさもある。個性を出すなら、スウェット型もアリだ!

NEXT

2/4PAGE

丸首タイプのセットアップ

 


表面起毛によって、スウェットの柔らかい印象が引き立って見える。袖の折り返しやパンツの裾のアジャスターなど、ディテールにもこだわったハイセンスな1着。スケアーのスウェット2万5300円、パンツ2万6400円(ともにアンシングス)

▶どう着こなす?
これ単体だと、ソフトな色合いとスウェットのラフな雰囲気で本当にパジャマに見えてしまう。ワンマイル以上で使うなら、キレイめアイテムとのMIXをおすすめする。例えばインナーにシャツを取り入れる、足元はレザーシューズにする、といった具合い。かわいい雰囲気でコーディネートしたい。

NEXT

3/4PAGE

パーカタイプのセットアップ

 

インパクトのあるオレンジに加え、肩の位置がずるっと落ちた超ビッグシルエットを採用。サイドに黒のラインを入れ、リラックス感のあるスウェットにスポーティな要素もMIX。パーカ3万800円、パンツ2万8600円(ともにフラグスタフ)

▶どう着こなす?
映画『キル・ビル』のユマ・サーマンの着用衣装のようなインパクト。これだけで十分目立つ存在になりそうだ。冬はココに黒のブルゾンやコートをはおると一層カッコいい。足元はスニーカーでストリート風味が相性グッド。



鉄板であるグレーは着やすいのでおすすめ。オーソドックスなスウェットの上下に近いが、胸元と左もものほどよいミニロゴが都会的な雰囲気を後押し。マーモットのパーカ1万2100円、パンツ1万1000円(デサントジャパンお客様相談室)

▶どう着こなす?

アウトドアブランドのスウェット型セットアップは肉厚でリブもしっかりしている。保温性も高く、秋冬シーズンにぴったり。寝間着スタイル回避法としては、ドクターマーチンやレッドウィングなど、ちょっとゴツめのブーツ合わせでシティな見え方になる。

NEXT

4/4PAGE

モックネックタイプのセットアップ

 


ブランドオリジナルの編み方で作ることで、肉厚ながらふっくらとした着心地を実現。ルーズすぎないゆるいシルエットもうれしい。ループウィラーフォー ロウワーケースのスウェット1万9800円、パンツ2万3100円(ともにエディフィス新宿)

▶どう着こなす?
セットアップの中でも珍しいモックネックタイプ。それ単体でも重ね着に重宝するアイテムだから、セットアップでも同じ使い方を。アウターの下でも、ローゲージニットの下に着てもかなりおしゃれだ。パジャマ感が出にくいよう、パンツを細身にしているところも気が利いている。

セットアップは近年の流行アイテム。つまりみんなが取り入れるから、一歩差をつけるためにも素材感を違うものにするというのも賢い方法。今季はぜひスウェット型セットアップに注目を!

【セットアップ関連記事】
【安くて優秀な4選】1万2000円以下でおしゃれなセットアップは買える!
【人気拡大!】今着るべき、ブルゾン型セットアップ!

INFORMATION

★商品の問い合わせ

アンシングス
03-6447-0135

エディフィス新宿             
03ー5366ー5481

フラグスタフ
flagstuff.jp/

デサントジャパンお客様相談室      
0120ー46ー0310

※2021年9月号掲載商品のため、売り切れの場合もございます。

リアル目線のベスト時計BEST WATCH 2022 supported by THE CLOCK HOUSE
PR

リアル目線のベスト時計
BEST WATCH 2022 supported by THE CLOCK HOUSE

いよいよ2022年も総仕上げ! 今年はどんな腕時計が人気を博したのか? 日本全国に約240店舗を展開する国内最大の時計専門店チェーンであるザ・クロックハウスから、テーマごとのベストウオッチをリサーチ。選出された合計11本の時計を見れば、今のトレンドが見えてくる!

今冬は〈ディーゼル ウォッチ〉の新顔で。「黒」に映えるデジタルウオッチ
PR

今冬は〈ディーゼル ウォッチ〉の新顔で。
「黒」に映えるデジタルウオッチ

これから冬に向けてはとくに、ファッションにおいて「黒」が主役になる。存在感のある黒アウターを着る日もあれば、スタイリッシュなオールブラックの日もあるだろう。そんな「黒コーデ」になじむ、いや“映える”腕時計が、〈ディーゼル ウォッチ〉から登場! ブランドらしい大胆でスポーティなルックスが魅力の「MASTER CHIEF DIGITAL(マスター チーフ デジタル)」だ。インパクト抜群で着こなしの完成度を上げてくれる。

〈ニトリ〉のN-HEATEXボトルで寒い日も楽しいコーヒーと自転車と。僕だけの特別な時間
PR

〈ニトリ〉のN-HEATEXボトルで寒い日も楽しい
コーヒーと自転車と。僕だけの特別な時間

今日もお気に入りの〈ニトリ〉のボトルにコーヒーを入れ、リュックに詰めて出発── 自転車に乗って家から少し離れた公園へ。ここでコーヒーを飲みながら課題をするのが最近のルーティン。まさに僕だけの特別な時間だ。

MAGAZINE- 別冊 -

FINEBOYS FINEBOYS+plus 時計 Vol.23
FINEBOYS FINEBOYS+plus BEAUTY VOL.6
FINEBOYS FINEBOYS+plus SUIT vol.38
FINEBOYS FINEBOYS+plus 靴 vol.19
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ2022秋冬
FINEBOYS FINEBOYS+plus 時計 Vol.22
FINEBOYS FINEBOYS+plus BEAUTY VOL.5
FINEBOYS FINEBOYS+plus 靴 vol.18
FINEBOYS FINEBOYS+plus SUIT vol.37
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ2022春夏

ページトップへ