• twitter
  • instagram
SEARCH

INTERVIEW- インタビュー -

2022.11.25

俳優・小西詠斗を知りたい! ドラマや舞台に次々登場

2019年に俳優デビューし、今ではテレビドラマから配信ドラマ、舞台まで各所から引っ張りだこの人気若手俳優・小西詠斗が久々にFINEBOYSにカムバック。話題のドラマ「壁サー同人作家の猫屋敷くんは承認欲求をこじらせている」や「合コンに行ったら女がいなかった話」の見どころから、ファッションのこだわりまで、“小西詠斗の今”を深掘りインタビューしてきました!

今年の冬は難易度高めなモヘアニットに挑戦!

──FINEBOYSへの登場は約2年ぶりとなります! 前回出演時はシャツにハマっていた小西くんでしたが、最近はどんなファッションがお好みですか?
「22歳になってちょっと落ち着いてきた感じです。昔は派手な服が好きだったけど、最近は無地でデザインもシンプルなものがしっくりくるんです。サイズ感はゆったりしたものがいいですね。トレンドだし、あまり体のラインを出さないファッションが好みです! ちなみに今年はセットアップばかり着ていたような気がします。ダイリクというブランドのものなのですが、形がとにかくキレイでどハマリしちゃいました」

──ちょうど前回出演時にセットアップに初挑戦した、とお話しされていましたが、すっかりモノにしたようですね! 今年の冬はどんな格好をしたいですか?
「これも同じダイリクのもので、モヘアのニットを買ったんですよ。ピンクと白と黒がミックスされたデザインで結構派手だから、僕には着こなしが難しい(笑)。シンプルなスラックスを合わせたり黒のMA-1を羽織ったりして、これもうまくモノにできたらいいなって思います」

──派手な服もやっぱり似合いそうですね。ところで、ファッション以外で最近ハマっていることはなにかありますか?
「キャッチボール! 近所の友達と公園でやっています。僕、昔から野球が大好きで、野球好きの俳優が集まる「ACTORS LEAGUE in Baseball 2022」というイベントにも出演させていただきました。今の時期は花粉がキツイけど、我慢しながら球を投げ合っています!」

 

NEXT

2/2PAGE

 

演じてみたい役柄はクールな男!?

──この冬はたくさんのドラマに出演されていますね! 今クール話題の2作品について、見どころや裏話を教えてもらえますか?
「まず『壁サー同人作家の猫屋敷くんは承認欲求をこじらせている』では、アイドルグループ・SHINY SMILEの末っ子的存在・キョウを演じました。見どころはやっぱりこのシャニスマのダンスと歌! もともとダンスが苦手だったのですが、先輩方に助けてもらいながら必死に練習したのでぜひ見ていただきたいです。ドラマ内限定のグループですが、いい歌もたくさんあるのでそのあたりにも注目です! そしてもうひとつのドラマ『合コンに行ったら女がいなかった話』は、モテない大学生と男装イケメン女子のコメディなんですけど、とにかく最初から最後まで明るくてキュンキュンする恋愛要素も盛り沢山なので、見たらきっと元気になれるはず! 男装イケメンの3人は元宝塚歌劇団男役スターの方々なのですが、出演者たちのLINEグループに『お疲れさま、明日もよろしく!』って欠かさずメッセージをくださって。それで明日も頑張ろうって撮影に臨んでいました」

──どちらも続きが楽しみです! また、本作以外にもドラマや舞台に多数出演されていて、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いですね。
「デビューして約5年くらいなのですが、最近やっと俳優としての自信が少しずつ出てきたんです。前回、FINEBOYSに出演させていただいたときは右も左もわからなくて毎日精一杯だったのですが、今はまわりも見えるようになってきて。毎日、演技からダンスまで練習してきて、ようやく少しずつ力がついてきたのかなって実感が湧いてきました。舞台作品と映像作品って結構演技のタイプが違って切り替えが難しいなと思っていて。でも、そういった状況に置かれることで成長の伸びも増しているのかなって前向きに考えています」

──ストイックですね! そんな小西くんが今後挑戦してみたいのはどんな役?
「夢はミュージカルから映画までなんでもこなせるマルチな役者なので、どんな役でもとにかく全力で取り組みたいと思っています! しいて言うなら、今までかわいいキャラクターの役をたくさん演じさせていただいたので、クールな男も演じてみたいです(笑)」

Profile
こにし・えいと。2000年1月21日生まれ。広島県出身。2019年俳優デビュー。以降、舞台からテレビドラマまで幅広い作品に出演しめきめきと頭角を表す。Rakuten TVで配信中のドラマ「壁サー同人作家の猫屋敷くんは承認欲求をこじらせている」、現在出演中の「合コンに行ったら女がいなかった話」(関西テレビ系毎週木曜0:25〜)が絶賛放送中。
Instagram
Twitter
TikTok
YouTube

INFORMATION

<衣装>
シャリーフのジャケット7万7000円(シアン PR)、コグノーメンのニット4万2900円(サカス PR)、ラングラーのパンツ8800円(エドウイン カスタマーサービス)、その他スタイリスト私物

●文/山下晧平 撮影/藤本孝之 スタイリング/KEITA UCHIDA ヘア&メイク/MAIMI

リアル目線のベスト時計BEST WATCH 2022 supported by THE CLOCK HOUSE
PR

リアル目線のベスト時計
BEST WATCH 2022 supported by THE CLOCK HOUSE

いよいよ2022年も総仕上げ! 今年はどんな腕時計が人気を博したのか? 日本全国に約240店舗を展開する国内最大の時計専門店チェーンであるザ・クロックハウスから、テーマごとのベストウオッチをリサーチ。選出された合計11本の時計を見れば、今のトレンドが見えてくる!

〈G-SHOCK〉はいつでも近くに。僕らの毎日に「2100」シリーズ。
PR

〈G-SHOCK〉はいつでも近くに。
僕らの毎日に「2100」シリーズ。

雲の上の憧れ高級時計から便利なスマートウォッチまで、現代はさまざまな時計であふれている。そんな中、唯一無二の存在感を放っているのが、そうG-SHOCK。圧倒的なタフネスとギア感・機能美にあふれたデザインで、オンでもオフでも活躍してくれるオンリーワンなブランドだ。膨大なラインナップを持つG-SHOCKの中で、今僕らが注目したいのは2019年に初登場した「2100」シリーズ。普段の生活に取り入れるなら、どんなモデルをどう使いこなすべきか。着こなしのサンプルとともにお届けしよう。

今冬は〈ディーゼル ウォッチ〉の新顔で。「黒」に映えるデジタルウオッチ
PR

今冬は〈ディーゼル ウォッチ〉の新顔で。
「黒」に映えるデジタルウオッチ

これから冬に向けてはとくに、ファッションにおいて「黒」が主役になる。存在感のある黒アウターを着る日もあれば、スタイリッシュなオールブラックの日もあるだろう。そんな「黒コーデ」になじむ、いや“映える”腕時計が、〈ディーゼル ウォッチ〉から登場! ブランドらしい大胆でスポーティなルックスが魅力の「MASTER CHIEF DIGITAL(マスター チーフ デジタル)」だ。インパクト抜群で着こなしの完成度を上げてくれる。

MAGAZINE- 別冊 -

FINEBOYS FINEBOYS+plus 時計 Vol.23
FINEBOYS FINEBOYS+plus BEAUTY VOL.6
FINEBOYS FINEBOYS+plus SUIT vol.38
FINEBOYS FINEBOYS+plus 靴 vol.19
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ2022秋冬
FINEBOYS FINEBOYS+plus 時計 Vol.22
FINEBOYS FINEBOYS+plus BEAUTY VOL.5
FINEBOYS FINEBOYS+plus 靴 vol.18
FINEBOYS FINEBOYS+plus SUIT vol.37
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ2022春夏

ページトップへ