• twitter
  • instagram
SEARCH

INTERVIEW- インタビュー -

2022.11.15

OCTPATH、冬ファッションQ&A

デビューから約半年を迎え、ますます勢いを増している注目のボーイズグループ・OCTPATH。発売中のFINEBOYS12月号で白をテーマにさまざまな帽子コーデを披露してくれた7人に、ニューシングルの聴きどころからファッションのこだわりまでさらにインタビュー! 本誌未掲載のアザーカットとともにお届けします。

OCTPATH、冬ファッションQ&A

太田駿静
栗田航兵
高橋 わたる
小堀 柊
四谷真佑
古瀬直輝
海帆

NEXT

2/9PAGE

 

太田駿静「オソロコーデは問題なし!」

Q 服を決めるのにどのくらい時間がかかる?
「日によります! 意外と変な日に気合いを入れちゃうタイプなんですよ。例えば友達とカラオケに行くだけなのにしっかりとコーデを組む、みたいな感じで。ちなみに今日の私服は古着屋で買ったお気に入りのシャツが主役なのですが、襟がかわいくて触り心地もいいんです。今朝はパッと決められました!」

Q コーデを組む時に何から考える? 
うわぁ、改めて考えるとどうだろう……。まぁパンツからですかね。パンツが決まれば、だいたい上も決まる!

Q メンバーとプライベートでコーデがかぶってしまった! さて、どうする?
「僕は全然問題ないですけどね! たまたまかぶったらおもしろいですよね。まぁあえてオソロにしようって言われると“まぁいいけど~(かなりしぶしぶ)”って感じですけど(笑)。オソロになったらなったで、けっこう嬉しいです」

Q 好きなアクセサリーやファッション小物は?
「好きなネックレスはあります。自分でアクセサリーをカスタムして作れるお店ありますよね。たくさんパーツがあって楽しくて好きです。そこで1回作ったことはあるのですが、実はあんまり着けられていなくて(小声)。でもモチーフの蜂が好きで、ゴールドのネックレスにワンポイントで蜂がついているデザインがかわいいんですよ」

Q 11月16日発売の新曲『Like』について一言!
「このシングルは‶STEP UP”というコンセプトがあるので、僕たちの成長した姿を見せることで皆さんも何かSTEP UPできるきっかけになればいいなと思っています。同じく収録されている『All Day All Night』という曲も今までにない感じで大きな挑戦でした。そういう意味でも、僕たちの歌声を通して成長したことが伝われば嬉しいです」 

NEXT

3/9PAGE

 

栗田航兵「コーデは大好きなボトムスから決める!」

Q 服を決めるのにかかる時間は?
「朝、1015分くらいで決めちゃいます。ちなみに順番は、ボトムスを決めてからそれに合うトップスや小物を決める感じ。パンツが好きだから、つい下から考えちゃうんです。最近は中でもデニムが好きで、フレアシルエットのものを穿くことが多いです」

Q メンバーとプライベートでコーデがかぶってしまった! さて、どうする?
「被ったら……ちょっと気まずいかも(笑)。でも、みんなファッションのジャンルがけっこう違うから、コーディネートがかぶるってことはあんまりない気がします。あ、でも、スニーカーはかぶりがちですね。だから、誰かが履いていたらいいなと思っても買わないようにしています」

Q 帽子は何個持っている?
「全部で20個くらいかな。キャップからハット、ニット帽までいろいろあるんですけど、やっぱり愛用しちゃうのはバケットハット。髪色が派手だから手放せないっていうのもあるけど、頭が小さく見えるしデザインも大好き。最近はサウナハットも手に入れました!」

Q ニューシングルの聴きどころや注目ポイントは?
「なんといっても『Like』というタイトルどおりの前向きな歌詞! 好きなこと、やりたいことはまわりを気にせずどんどんチャレンジしようぜ、っていうポジティブなメッセージを込めています。聴いてくれたみんなが新しい一歩を踏み出してくれたらいいな!」 

NEXT

4/9PAGE

 

高橋わたる「メンバーと服がかぶったら素直に嬉しい!」

Q 服を決めるのにかかる時間は?
「僕、服を決めるのにめっちゃ時間がかかるんですよ。前の日の夜にコーディネートを考えながら寝て、朝もああでもないこうでもないと迷って決めてます。多分、合計で数時間レベル(笑)。服が好きでたくさん揃えすぎたがゆえに、なかなか決められないんです……

Q ニューシングルの聴きどころや注目ポイントは?
「やっぱり前向きなメッセージが一番のポイントかな。好きなことに熱中しながらステップアップしていこうよ!という感じの歌詞なんですが、僕らだからこそ背中を押せるのかなと思っていて。この曲を聴きながら、好きなことを全力で極めてほしいです!」

Q 帽子は何個持っている?
「全部で30個くらいかな? キャップもニット帽もハットもそれぞれけっこう揃っていると思います。中でも一番お気に入りなのはベレー帽! 今日撮影でかぶった帽子もそうだけど、ちょっとエレガントな感じになるのが好きなんです」

Q メンバーとプライベートでコーデがかぶってしまった! さて、どうする?
「僕は嬉しいです! ペアルックみたいで楽しいじゃないですか。実はぼく、直輝くんとまったく同じ服を持ってるんですけど、みんなで集まるとき今日これ着ていったらかぶるかな〜なんて考えながら着ていきますよ。見事にかぶったら一緒に写真を撮ったりします(笑)」 

NEXT

5/9PAGE

 

小堀 柊「バケットハットがあれば他はいらない!」

Q ニューシングルの聴きどころや注目ポイントは?
「歌詞はもちろんなんですけど、僕が一番聴いてほしいポイントはサウンド! 疾走感がありつつ、ちょっとレトロな感じがいいんです。特にカッティングギターはぜひ注目してほしいポイントです。親しみやすい曲だと思うので、たくさんの人に聴いてもらえたらいいな」

Q 一生ワンタイプの帽子しか着用できないならどんな帽子を選ぶ?
「バケットハット一択です! 黒のシンプルなデザインで、つばが落ちているタイプのバケハがあれば他に何もいらないです(笑)。派手な髪を隠すのに役立つのはもちろん、普段のストリートファッションにばちっとハマるのでコレ以外は考えられません」

Q コーデを組むとき何から考える?
「トップスからかな。夏ならTシャツ、冬ならアウターと、一番主役になる上着から決めていきます。で、ボトムスはだいたいカーゴパンツかスウェットパンツ。最後に靴ですが、スニーカーが大好きすぎて悩んでしまい、コーデの仕上げにはちょっと時間がかかります」

Q 次FBに出るならどんなファッション特集/企画で出たい?
「ズバリ、スニーカー企画! 履いたことのない色々なスニーカーを試してみたいし、スタイリストさんにそれに似合うコーディネートを組んでもらいたいです。最近は、かっこよくてダンスもできるダンクにハマっているので、バッシュ特集だったら最高です!」 

NEXT

6/9PAGE

 

四谷真佑「コーディネート対決をしてみたい!」

Q メンバーとプライベートでコーデがかぶってしまった! さて、どうする?
もしかぶったら嬉しいですね! 自分のファッションにあまり自信を持っているわけではなくて、“この服装おしゃれかな、大丈夫かな”って着ることもあるんです。だからもしコーデがかぶったら少なくともそのメンバーのおしゃれと俺のおしゃれは合っているんだ、よかった!って思います

Q 好きなアクセサリーやファッション小物は?
「あまりアクセサリーをつけないんですけど、たまにブレスレットとネックレスくらいはします。とくにブレスレットは好きかな。普段つけない理由はつけすぎても微妙かなというのもありますし、勇気が出ないからかもしれないですね。でも1アイテム2アイテムくらいはいいなって思います」

Q 帽子を何個持っている? 
バケハが6個、ニット帽が3個、キャップも3個くらいです。お気に入りはバケハです。レディースの黒なんですけど、ゴールドのワンポイントが入っているのがお気に入りです

Q 次にまたFINEBOYSに出るなら、どんな企画がいい?
「コーディネート対決とかどうでしょう⁉ メンバー対抗で服を選び合うのもおもしろそうですし、FINEBOYSさんが用意してくれたものを着せ合うとか。センスがあるのは誰、みたいな対決をメンバーでしてみたいです」

Q 11月16日発売の新曲『Like』について一言!
「今回の3rdシングルのクリエイティブテーマが‶STEP UP”ということで皆さんの背中を押して僕たちと一緒にSTEP UPできるような、すごく前向きな楽曲です。落ち込むときや壁に当たったときはもちろん、普段から聴いてもらえたら心が明るくなる曲になっていると思います」 

NEXT

7/9PAGE

 

古瀬直輝「ニューシングルは前向きなメッセージに注目!」

Q 次FBに出るならどんなファッション特集/企画で出たい?
「僕、リメイク系の服が好きなんです。意外な生地同士を組み合わせているデザインとかに目がなくて。だから、もし次に出られるならみんなでリメイクする企画とかやりたいです。僕らでデザインして、切ったり縫ったりしてファッションフォトを撮れたら最高です!」

Q ニューシングル『Like』でどんなことを伝えたい?
「自分の好きなものは他人にとやかく言わせない!という強いメッセージが届いてほしいな。僕自身、過去に否定された経験があるけど、そこでやめずにいたからこそ今の自分があるんじゃないかと思っているんです。みんなの背中を押せたらいいな」

Q 好きなアクセサリー/ファッション小物は?
「FINEBOYS 12月号でもたっぷり語った帽子はもちろんだけど、アクセサリーは絶対欠かせません! 毎日その日のコーディネートに合わせて、ピアス、リング、ブレスレットを必ずつけています。アクセをつけていないとスタイリングが完成していない感じがあるんです」

Q 帽子は何個持っている?
「帽子はめちゃくちゃ好きなのでたくさん集めていたんですけど、一度集まりすぎて処分しちゃったんですよ。だから今はお気に入りが15個くらい。中でもお気に入りなのは、大阪に帰ったときにふらっと立ち寄った初めてのお店で一目惚れしたキャップです!」 

NEXT

8/9PAGE

 

海帆「気に入ったものだけを長く着る!」

Q 服を決めるのにどのくらい時間がかかる?
「わりとパパッと決められます。シンプルな服装が好きで、当日にコーデを決めることが多いです。服を買うときも“これいいな”って思ったらすぐに試着して買います。そもそも服を買う頻度が年に2〜3回くらいで、気に入ったものだけを長く大切に着るタイプです」

Q コーデを組む時に何から考える? 
「だいたいはパンツからかな。パンツをベースに決めていく日もあるし、特にそこまでこだわりがないので、“あ~今日このトップス着たいな”と思ったら例えばそのTシャツを着てそれに合わせてコーデを組んでいく感じです」

Q 次にまたFINEBOYSに出るなら、どんな企画がいい?
「OCTPATHは普段の会話のなかで、たわいもないボケを拾って広げていくのがすごくおもしろいんです。そういうメンバー同士のラフな感じがとても楽しいと思うのでお伝えしたいです。ドライブ企画で絶景に行くとか、メンバーといろんなところに行きたいです。そこで撮れる自然な笑顔がファッションと馴染むと思うんですよ!」

Q メンバーとプライベートでコーデがかぶってしまった! さて、どうする?
「“いいやん”って言います。一緒に着ようよって言われるのは微妙だけど(笑)、たまたまかぶっちゃったときは嬉しいっすね。Tシャツをいただいたことがあって、それを練習のときに着ていったんですよ。ほんなら駿静もたまたま同じ服を着ていて。(ここで太田さんが覗きに来る)あぁ後で話すから〜(笑)」

Q 11月16日発売の新曲『Like』について一言!
「今までOCTPATHがやったことないようなおしゃれなサウンドとおしゃれなダンスで、見ても踊っても楽しいです! それこそファッションに通ずるような、見ても着ても楽しい、みたいな。まさに『Like』な雰囲気満載だと思いますので、ぜひそういうおしゃれさも目と耳、全部で楽しんでほしいです」 

NEXT

9/9PAGE

 

Profile
オクトパス。人気オーディション番組「PRODUCE 101 JAPAN SEASON2」元練習生の冬馬、海帆、栗田航兵、古瀬直輝、太田駿静、高橋わたる、小堀 柊、四谷真佑の8人からなるダンスボーカルグループ。3rdシングル「Like」は11月16日(水)リリース。

Twitter
@OCTPATHofficial
Instagram
@octpath_official
TikTok
@octpath
HP
octpath-official.com

文/山下皓平 撮影/杉江拓哉(TRON) スタイリング/森 大海

リアル目線のベスト時計BEST WATCH 2022 supported by THE CLOCK HOUSE
PR

リアル目線のベスト時計
BEST WATCH 2022 supported by THE CLOCK HOUSE

いよいよ2022年も総仕上げ! 今年はどんな腕時計が人気を博したのか? 日本全国に約240店舗を展開する国内最大の時計専門店チェーンであるザ・クロックハウスから、テーマごとのベストウオッチをリサーチ。選出された合計11本の時計を見れば、今のトレンドが見えてくる!

〈G-SHOCK〉はいつでも近くに。僕らの毎日に「2100」シリーズ。
PR

〈G-SHOCK〉はいつでも近くに。
僕らの毎日に「2100」シリーズ。

雲の上の憧れ高級時計から便利なスマートウォッチまで、現代はさまざまな時計であふれている。そんな中、唯一無二の存在感を放っているのが、そうG-SHOCK。圧倒的なタフネスとギア感・機能美にあふれたデザインで、オンでもオフでも活躍してくれるオンリーワンなブランドだ。膨大なラインナップを持つG-SHOCKの中で、今僕らが注目したいのは2019年に初登場した「2100」シリーズ。普段の生活に取り入れるなら、どんなモデルをどう使いこなすべきか。着こなしのサンプルとともにお届けしよう。

今冬は〈ディーゼル ウォッチ〉の新顔で。「黒」に映えるデジタルウオッチ
PR

今冬は〈ディーゼル ウォッチ〉の新顔で。
「黒」に映えるデジタルウオッチ

これから冬に向けてはとくに、ファッションにおいて「黒」が主役になる。存在感のある黒アウターを着る日もあれば、スタイリッシュなオールブラックの日もあるだろう。そんな「黒コーデ」になじむ、いや“映える”腕時計が、〈ディーゼル ウォッチ〉から登場! ブランドらしい大胆でスポーティなルックスが魅力の「MASTER CHIEF DIGITAL(マスター チーフ デジタル)」だ。インパクト抜群で着こなしの完成度を上げてくれる。

MAGAZINE- 別冊 -

FINEBOYS FINEBOYS+plus 時計 Vol.23
FINEBOYS FINEBOYS+plus BEAUTY VOL.6
FINEBOYS FINEBOYS+plus SUIT vol.38
FINEBOYS FINEBOYS+plus 靴 vol.19
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ2022秋冬
FINEBOYS FINEBOYS+plus 時計 Vol.22
FINEBOYS FINEBOYS+plus BEAUTY VOL.5
FINEBOYS FINEBOYS+plus 靴 vol.18
FINEBOYS FINEBOYS+plus SUIT vol.37
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ2022春夏

ページトップへ