• twitter
  • instagram
SEARCH

INTERVIEW- インタビュー -

2018.11.01

【佐藤寛太】モテるために筋トレをがんばりました!

忘れかけていた“青春”の2文字を思い出させてくれる注目の映画が、ついに公開する。その名も『走れ!T校バスケット部』だ。今回はこの映画に出演する若き俳優3人に突撃。第2回目の今回は、モテたくてバスケ部に入部したお調子者・牧園浩司(まきぞのこうじ)役の佐藤寛太にインタビュー。3枚目の役柄を演じた彼に、映画への思いや普段のファッションについて話を聞いた。


■足は自分で守るものなんです…!

――普段はどんなファッションをされることが多いですか?

「古着を着ることが多いですね。でも派手なものではなく、結構シンプルめ。ジーパンにTシャツみたいなスタイルが定番です。お仕事のときにカッコいい洋服を着させてもらうことが多いので、普段はシンプルなものを求めているんだと思います」

――ファッションのこだわりはありますか?

「サンダルを履かないってことですね。足は踏まれるものだと思っているので……(笑)。スニーカーを履いて自分で足を守っています。満員電車とかで足を踏まれるの嫌じゃないですか! だから絶対スニーカーを履きます!」

――スニーカーはどんなものが好きですか?

「スニーカーもシンプルなものが好きです。最近はエア・ジョーダンの真っ白なやつを買いました。ほかにもチャックテイラーだったりスタンスミスだったり、合わせやすいデザインのものを好んで買っています」

 

 

■脱ぐことは決まっていたから、かなり筋トレをしました!

――バスケを題材にした映画でしたが、苦労された点はありますか?

「圧倒的にバスケですね。初心者でしたし、練習はかなりがんばりました。夢中になってバスケに打ち込んだ感じです。バスケシーンがいまだに不安なんですけど、一生懸命練習した成果は出ていると思うので、ぜひ注目してほしいです」

――佐藤さん演じるゾノは”モテたい”という理由でバスケ部に入部したキャラクターでしたが、役作りはどのようにしましたか?

「役作り云々というよりも、とにかく筋トレをがんばりました。撮影に入る前から劇中で脱ぐことは決まっていたので、ジムに行ってひたすら運動。でも、バスケの練習もしているからかなり体重が落ちるんですよね。だからプロの方はたくさん食べているんだなと感じました。普段僕が食べている量だと体重が勝手に落ちてしまって、なかなか思うように筋肉がつかなくて……。食事の量は苦労しましたね」

――『走れ!T校バスケット部』は青春映画ですが、佐藤さんの青春エピソードを教えてください!

「僕は野球ですね! 今でもたまに夢を見ます。顧問の先生に首根っこを掴まれて怒られる夢とか、メンバーと一緒に試合をする夢とか。中学時代の話なんですけど、今でも思い出しますよ。やっぱりスポーツや部活の思い出って印象に強く残りますよね」

――最後に、映画の見どころを教えてください!

「王道な青春ストーリーになっていて、後味もすごくいいですしキラキラしたスポーツ要素も味わえる作品です。あとは人間関係の大切さだったり、一度しかない青春を仲間とともにバスケに賭ける姿を描いているので、絆を感じられる心温まる内容に仕上がっています。観終わった後には爽快感と余韻が心に残る、そんな作品なのでぜひ劇場でご覧ください!」

★発売中のFINEBOYS11月号「気になるコノ人のカバンと愛用グッズ!」では私物のバッグとその中身を公開中!

『走れ!T校バスケット部』
11月3日(土)から全国公開予定!
STORY
連戦連敗、向かうところ負けばかりの超弱小チーム「T校バスケット部」。
そんな通称T校と呼ばれる多田野高校に、バスケの強豪白瑞高校(通称H校)で1年生ながらエースとして活躍していたスタープレーヤー、田所陽一(志尊淳)が編入してくる。陽一は親友をイジメから救った事で自分自身が標的となり、H校を自主退学していた。
もう二度とバスケはしない――。そう心に誓い、勉強に専念する陽一だったが、新たな仲間たちとの出会い、脳裏に焼き付いて離れないリングに引き寄せられるボールの軌道が、陽一を再びコートへと駆り立てる。
情熱と葛藤、仲間と家族、あきらめきれない夢―。陽一を迎えた新生「T校バスケット部」が全国大会に向けて走り出す!

STAFF/CAST
原作:松崎洋「走れ!T校バスケット部」(幻冬舎文庫)
監督:古澤 健
脚本:徳尾浩司
配給:東映
出演:志尊 淳/佐野勇斗/早見あかり 戸塚純貴 佐藤寛太 鈴木勝大
西銘 駿 阿見201/竹内涼真(友情出演)/千葉雄大(友情出演)/
真飛 聖 YOU 竹中直人/椎名桔平

INFORMATION

プロフィール/1996年6月16日生まれ。福岡県出身。劇団EXILEのメンバーとして映画『HiGH&LOW』シリーズに出演し、注目を集める。そのほかにも話題作に多数出演する注目の若手俳優の1人。11月3日(土)公開の映画『走れ!T校バスケット部』では、モテたくてバスケ部へ入部したお調子者・牧園浩司役を演じている。現在ドラマ「駐在刑事」に出演中。

HP
https://m.tribe-m.jp/artist/index/36

文/笹谷淳介 撮影/田中利幸 

アベイルでコスパよく! 浮いたお金はデート代に。モテたい男が実践するべきデート服!
PR

アベイルでコスパよく! 浮いたお金はデート代に。
モテたい男が実践するべきデート服!

クリスマス、カウントダウン、初詣。イベント盛りだくさんな年末年始はデートチャンスが多い。気になるあの子と急なデート!? なんてことも勝手に期待しちゃうってもの。そこで準備しておきたいのがデート服。(すでにデートが決まっているうらやましい男子も必見! ) 失敗しない好印象なコーディネートを紹介する。トレンド感が高く作りもいい、そんでもってリーズナブルなショップ、アベイルで買えば浮いた洋服予算をご飯代やプレゼント代に回せるし。彼女を喜ばせるために賢くいこう!

〈ザ・クロックハウス〉オリジナルウオッチのもうひとつの選択肢高見えの“リーズナブルシリーズ”
PR

〈ザ・クロックハウス〉オリジナルウオッチのもうひとつの選択肢
高見えの“リーズナブルシリーズ”

すべて1万円以下と驚くほどにリーズナブルなのに、“高見え”なグッドデザイン。〈ザ・クロックハウス〉オリジナルウオッチには、そんな優等生なシリーズも展開されている。

僕らのコーデは〈カルバン・クライン ウォッチ〉で変わる!ブルゾンにもコートにも、やっぱり時計は黒がいい。
PR

僕らのコーデは〈カルバン・クライン ウォッチ〉で変わる!
ブルゾンにもコートにも、やっぱり時計は黒がいい。

合わせるアウターを選ばない都会的でミニマルなデザイン。それでいて、スイスメイドという確かな信頼もある。僕らの「こんな時計が欲しい!」をいつも体現しているのが〈カルバン・クライン ウォッチ〉。今冬届いた新作は、控えめに、だけど強さが宿る黒だった―。

ちょっと大人な〈Gショック〉が今の気分!定番と新色、2つの時計で作る僕らの冬スタイル
PR

ちょっと大人な〈Gショック〉が今の気分!
定番と新色、2つの時計で作る僕らの冬スタイル

僕らの着こなしは、やっぱり気負わないカジュアルが基本。だけど子供っぽく見られるのは避けたい――。そんなときにぴったりなのが、〈Gショック〉が今季押し出す2 色の「Gスチール」。装いの格を上げてくれる時計は、この冬の重要なピースになるに違いない。

〈G-SHOCK〉の新作“GM-5600”は絶妙の甘辛バランスメタルフェイスの硬質感と柔らかな装着感を両取り!
PR

〈G-SHOCK〉の新作“GM-5600”は絶妙の甘辛バランス
メタルフェイスの硬質感と柔らかな装着感を両取り!

1983年発売の“5600シリーズ”から硬質なステンレスベゼルが男心をくすぐるメタルフェイスモデルが登場。スタンダードな機能とソフトな着用感を実現するウレタンバンドはそのままに、タフなルックスを取り入れ反転液晶でファッション性も追求。進化に磨きをかけた新5600シリーズに注目だ。

MAGAZINE- 別冊 -

FINEBOYS FINEBOYS+plus 時計 Vol.17
FINEBOYS FINEBOYS+plus SUIT vol.32
FINEBOYS FINEBOYS+plus 靴vol.13発売中!
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ'19-'20秋冬
FINEBOYS FINEBOYS時計 Vol.16
FINEBOYS FINEBOYS plus SUIT Vol.31 ’19春夏号
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ 2019春夏号
FINEBOYS
FINEBOYS
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ’18‐’19秋冬

ページトップへ