• twitter
  • instagram
SEARCH

LIFE STYLE- ライフスタイル -

2020.10.12

次世代カルチャーを創造する、ユーザー参加型プラットフォーム「BE.AT TOKYO」がついに始動!

まだ見ぬカルチャーを生み出すためのユーザー参加型プラットフォーム「BE.AT TOKYO(ビー アット トーキョー)」。2021年の本格始動を前に、本日一部ベールを脱ぐという速報が入った。ファッション業界はもちろん企業やアーティストを巻き込むこの新たな試み。都市でトレンドと共存する人、ローカルでこだわって生きる人、さまざまな人が共感でき未来を切り開けるプラットフォームがいよいよ幕を開ける!

 

東京からまだ見ぬカルチャーを生み出すためのCultual Apartment!

「BE.AT TOKYO」は未来を切り開くテクノロジーを使いながら、世界に誇る豊穣な文化を育ててきた東京(TOKYO)に眠る才能の発掘と、その掛け合わせで生まれる新たな歴史、人、場所、思いを、ひとつのストーリーにして紡ぐ。それは情報を発信するメディアであり、才能が集まるスタジオであり、実験を繰り返すラボでもあり、届けるためのショップにもなる。日本を代表するセレクトショップ、ビームス(BEAMS)が軸となり発信していくが、決まった型はなく集まった人がブランドをカタチ作るという。オンラインとリアルな場でつながりながら発生する化学反応により、次の東京を代表する人、物、カルチャーを創り出す新たなプラットフォームとなる。

 

本日解禁、オフィシャルサイトをチェック!

be-at-tokyo.com

 

 

NEXT

2/2PAGE

スペシャルオープニングイベントも必見!

 

10月12日(月)21時30分より、渋谷「S/U/P/E/R DOMMUNE」からライブストリーミングでオープニングイベントを配信。出演者には、STUTS、んoon、VIDEOTAPEMUSIC、YPY+関口大和といった豪華アーティストたちが名を連ねるほか、DOMMUNEが得意とするVJの視覚演出でメッセージを届けるなど、「BE.AT TOKYO」の始動を盛り上げる。明日のスタンダードを作るこのプロジェクト。ファッション好きは絶対見逃さずに!

イベント名:BE.AT TOKYO LIVE STREAMING vol.0
配信チャンネル:S/U/P/E/R DOMMUNE
配信URL: https://www.dommune.com
配信日時:2020年10月12日(月) 21時30分~24時
LIVE:STUTS, んoon, VIDEOTAPEMUSIC, YPY+関口大和
DJ:Akie
VJ:DEVICEGIRLS
LIVE STREAMING:宇川直宏(DOMMUNE)

 

■S/U/P/E/R DOMMUNEについて
現代美術家、映像作家、グラフィックデザイナー、VJ、文筆家、オーガナイザーなど極めて多岐に渡る活動を行い、現在の日本にあって最も自由な表現活動を行っているアー ティスト宇川直宏が開局した、日本初のライブストリーミングスタジオ兼チャンネル。番組を媒介に、未踏のコミュニケーションの可能性を映し出すことを目的に、2009年10 月より実験配信開始、2010年3月1日開局。毎週月曜日から木曜日の19:00から24:00に、日々2本のプログラムをフォーマットとして平日毎日5時間配信中。


■本日出演のライブアーティストについて

STUTS
1989年生まれのトラックメーカー/MPC Player。2016年4月、縁のあるアーティストをゲストに迎えて制作した1stアルバム『Pushin’』を発表し、ロングセールスを記録。2017年6月、Alfred Beach Sandalとのコラボレーション作品『ABS+STUTS』を発表。2018年9月、国内外のアーティストをゲストに迎えて制作した2ndアルバム『Eutopia』を発表。現在は自身の作品制作、ライブと並行して数多くのプロデュース、コラボレーションやCM楽曲制作を行っている。



んoon

んoon(ふーん) 2014年結成。バンド名の由来は、感嘆(あるいは無関心)を表す日本語「ふーん」から。(発音アクセントは「不運」と同じ。)「ん」は "h" であり、ハープのアウトラインでもある。直観と思いやりをコアコンセプトに、ジャンルを無駄にクロスオーバーさせるより、その境界面に揺蕩うことを重視する。2018年6月に1st EP "Freeway"、2019年6月に2nd EP "Body" をFLAKE SOUNDSよりリリース。FUJI ROCK FESTIVAL '19 ROOKIE A GO-GO、全感覚祭 19といった大型フェスへの出演や、PARCO、NHK Eテレへの楽曲演奏提供など多方面にわたり精力的に活動している。



VIDEOTAPEMUSIC
地方都市のリサイクルショップや閉店したレンタルビデオショップなどで収集したVHS、実家の片隅に忘れられたホームビデオなど、古今東西さまざまなビデオテープをサンプリングして映像と音楽を同時に制作している。VHSの映像とピアニカを使ったライブや音源作品の発表の他にも、MVディレクター、VJ、DJなどの活動も行なっている。最新アルバムは国内外様々なボーカリストが参加した歌モノ作品「The Secret Life of VIDEOTAPEMUSIC」(2019/カクバリズム)。

 

YPY
日野浩志郎によるソロプロジェクト。カセットテープレーベルBirdfriend主宰。「goat」、「bonanzas」というバンドのプレイヤー兼コンポーザーであり、クラシック楽器や電子音を融合させたハイブリッドオーケストラ「Virginal Variations」、多数のスピーカーや移動する演奏者を混じえた全身聴覚ライブ「GEIST(ガイスト)」の作曲、演出を行う。他にもカジワラトシオ、東野祥子によって設立されたANTIBODIES collectiveでの活動、太鼓芸能集団「鼓童」への作曲提供、元維新派の役者達による新たな舞台「孤独の練習」の音楽担当などしている。これまでEM records、Workshop、WhereToNow?、Nous、Acidoなどからリリースしており、最新作はBLACK SMOKER RECORDSからのアルバム「Compact Disc」となる。

関口大和

 

以上、次世代に目を向けた新プロジェクトをご紹介。来年の本格始動に向けてエピソード 0(ゼロ)となる今夜。服好き、オシャレ好きは絶対注目だ!

俳優・杉野遥亮が着こなす〈スーツセレクト〉でフォーマル姿も“自分仕様”に!AIスピードオーダーで作る、4つのドレスアップスタイル。
PR

俳優・杉野遥亮が着こなす〈スーツセレクト〉でフォーマル姿も“自分仕様”に!
AIスピードオーダーで作る、4つのドレスアップスタイル。

オーダースーツをより手軽に楽しめる“AIスピードオーダー”が今季、フォーマルスタイルにも対応! トレンド感を意識した4つのドレスアップスタイルを、人気俳優・杉野遥亮が華麗に着こなした。フォーマルスタイルをより自由に、“自分仕様”に仕立てられる、“AIスピードオーダー”から目が離せない。『FINEBOYS+plus SUIT』と〈スーツセレクト〉のコラボムービー第11弾を公開中!

〈ミズノ〉の人気シリーズに待望の新モデルと新色が登場「MLC」のシューズこそ大人の日常着に好都合
PR

〈ミズノ〉の人気シリーズに待望の新モデルと新色が登場
「MLC」のシューズこそ大人の日常着に好都合

日本人の足型をベースに、普遍という日常をデザインするために生まれたミズノのニューライン「MLC」。心地よさにフォーカスして本当に必要なものだけで作られたシューズは、日常に寄り添うプロダクトとして多くの大人に愛されている。もちろん、今季ならではのリラックス感のある着こなしにも相性抜群。新作も仲間入りし、さらに充実したラインナップに。

25周年を迎えた〈エドウイン〉のアイコンがアップデート!流行中のデニムパンツは 名作「503」で差をつけろ!
PR

25周年を迎えた〈エドウイン〉のアイコンがアップデート!
流行中のデニムパンツは 名作「503」で差をつけろ!

高感度な人たちこそ、上手にはきこなしているデニムパンツ。デイリーでありながら、それでいてダラしなくない雰囲気が今の気分にぴったり! 流行りの1本だからこそ、こだわれば差が出るってもの。そこでオススメなのがエドウインの名作「503」。このジーンズなら、今も、これからも、ワードローブの強い味方になる!

新レーベル、アディダス スポーツウェアで日常をもっとオシャレで快適に!
PR

新レーベル、アディダス スポーツウェアで日常をもっとオシャレで快適に!

「スポーツ生まれ、ふだん使い。」をコンセプトにする、新レーベルのアディダス スポーツウェア。カプセルコレクションではZ世代のファッションアイコン、モデル兼DJのYAMATOが登場するなど注目を集めた。そんな話題のアディダス スポーツウェアから、早くも秋冬の最新アイテムが到着。着心地とスタイリッシュさを追求したデザインで、街着はもちろん、1人の時間も大切にしたい僕らの日常にもフィットする!

〈ディーゼル ウォッチ〉の人気デザイン登場!  “おしゃれ顔”って、こういうこと。秋の主役は「クリフハンガー」!
PR

〈ディーゼル ウォッチ〉の人気デザイン登場!
“おしゃれ顔”って、こういうこと。秋の主役は「クリフハンガー」!

ファッションアイテムとしては小さいけれど、おしゃれの大きな決め手になるのが「腕時計」だ。コーディネートに合う、というのは最低条件として、せっかくならつけて“アガる”ものがいいし、なんなら“どこの時計?”なんて言われてみたい。そんな欲張りな僕らにぴったりなのが〈ディーゼル ウォッチ〉の「CLIFFHANGER(クリフハンガー)」。ブランドの大人気シリーズがモダンに生まれ変わり、ひとつ上の装いを極めたいという想いを叶えてくれる。

MAGAZINE- 別冊 -

FINEBOYS FINEBOYS+plus SUIT vol.38
FINEBOYS FINEBOYS+plus 靴 vol.19
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ2022秋冬
FINEBOYS FINEBOYS+plus 時計 Vol.22
FINEBOYS FINEBOYS+plus BEAUTY VOL.5
FINEBOYS FINEBOYS+plus 靴 vol.18
FINEBOYS FINEBOYS+plus SUIT vol.37
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ2022春夏
FINEBOYS FINEBOYS+plus 時計 Vol.21
FINEBOYS FINEBOYS+plus BEAUTY VOL.4

ページトップへ