• twitter
  • instagram
SEARCH

LIFE STYLE- ライフスタイル -

2022.03.09

〈東京クリエイティブサロン2022〉は3月15日より開催!この春絶対に出かけたいファッション×アートの祭典

東京のクリエイティビティを世界へ発信するために生まれた「東京クリエイティブサロン」。今年も原宿・渋谷といった5つのエリアを舞台に、多彩なイベントが目白押し。ここで一足先にその様子をのぞいてみよう!

退屈な毎日は今日で終わり。
おしゃれをして街に繰り出そう!

さまざまなことが制限され、変化のない日々にも飽き飽きしてきた今日この頃。そんな日常を打破するには、胸を躍らす“何か”が必要だ。春服に身を包んだら、さっそくイベントへ行ってみよう!

原宿RE: MIND渋谷RE: RELATION銀座RE: LOOK日本橋RE: VIEW丸の内RE: DESIGN


若手デザイナーのコレクションを見る

ハイセンスなショップが立ち並ぶ原宿のコンセプトは、ファッションの楽しさや価値観を見直すなどの意味を込めた「RE: MIND(リ マインド)」。エリア内の会場では、東京のデザイナーズブランドによるファッションショーや、ファッションスクールの学生「me(ミー)」によるインスタレーションを開催。コレクションは生配信とアーカイブ収録を予定しているから、現地に来られない人もチェックしてみよう!

コレクションで見たアイテムを買う

ファッションショーに登場したブランドを中心に、デザイナーへ直接アイテムをオーダーできる合同受注会が行われる。世界で活躍する憧れのデザイナーとの交流が、ファッション感度を刺激してくれるはず!

限定「ファミリーセール」でお得にアイテムをゲット!

ファッション業界の課題である衣類廃棄の解決を目的に、サンプル品や見切り品などをセール価格で販売。さらにスタイリストによる着こなし提案などを予定している。お財布にも環境にも優しくおしゃれを楽しもう!


街がランウェイに!?渋谷コレクションを見る

ヒトやモノ・コトとの繋がりを目指す「RE: RELATION(リ リレイション)」がテーマの渋谷では、「渋谷ファッションウイーク 2022 春」を開催。その目玉企画である「SHIBUYA RUNWAY(シブヤ ランウェイ)」は必見だ!

謎のボックスで各エリアを五感で体験

イベント期間中、渋谷・丸の内・日本橋・銀座に「A_BOX(ア・ボックス)」と呼ばれる巨大な箱を設置。箱の中には各エリアのコンセプトや、街の特徴を表すアート空間が広がっているから、見つけたら近寄ってみるべし!

スマホアプリ・ArtStickerで街中の現代アートを見る

路面店や商業施設、街中のスペースにアート作品を展示する「FASHIONART(ファッショナート」を実施! スマホの美術アプリ「ArtSticke(r アートスティッカー)」を使えば、現在地の近くに展示されている作品の詳細や、イベント期間中に見られる作品一覧などが、その場でチェックできる。「アートに興味はあるけど、美術館はハードルが高い」……なんて人も、街を歩きながら気軽に楽しんでみて!アプリにア クセスすれば、東京クリエイティブサロンの詳細や各エリアに展示されているアート作品の情報を入手できる!

アプリはコチラから!


「令和レトロファッション」でモデル気分を体験

銀座の街を思わずもう一度見たくなる、そんな思いを込めた「RE: LOOK(リ ルック)」がテーマ。伝統と流行が交錯する街でファッションの歴史を振り返るべく、レトロコーデを象徴するスカーフがドレスコードに。スカーフを着用した「令和レトロファッション」で繰り出せば、いろんなお店でうれしい特典がもらえる。さらに、カメラマンによる撮影会を開催。銀座の街並みをバックに、思い出に残る1枚を残そう!


理想の着心地と出会える!?「素材体験ツアー」に参加

日本橋を再考察する=「RE: VIEW(リビュー)」というコンセプトのもと、呉服店や繊維問屋が並ぶエリアならではの「素材体験ツアー」を開催。目で見て、触って素材を知れば、洋服選びが、より一層楽しくなるはず!


おしゃれ欲を刺激!服飾学生の作品を見る

新たにデザインする=「RE: DESIGN(リ デザイン)」をテーマとする丸の内では、子どもが描いたイラストからデザイナーが制作した洋服や、服飾専門学校から選ばれた学生の作品を展示。同世代の挑戦する姿は、自分の励みになる!


好奇心や想像力が刺激されて
なんだかワクワクしてきた!

新たなファッション・アートに触れることは、自分の“好き”や“興味”を新たに見つけられるチャンス。感性をくすぐるモノとの出会いは、いつもの日常を豊かにしてくれるに違いない!

リアル目線のベスト時計BEST WATCH 2022 supported by THE CLOCK HOUSE
PR

リアル目線のベスト時計
BEST WATCH 2022 supported by THE CLOCK HOUSE

いよいよ2022年も総仕上げ! 今年はどんな腕時計が人気を博したのか? 日本全国に約240店舗を展開する国内最大の時計専門店チェーンであるザ・クロックハウスから、テーマごとのベストウオッチをリサーチ。選出された合計11本の時計を見れば、今のトレンドが見えてくる!

今冬は〈ディーゼル ウォッチ〉の新顔で。「黒」に映えるデジタルウオッチ
PR

今冬は〈ディーゼル ウォッチ〉の新顔で。
「黒」に映えるデジタルウオッチ

これから冬に向けてはとくに、ファッションにおいて「黒」が主役になる。存在感のある黒アウターを着る日もあれば、スタイリッシュなオールブラックの日もあるだろう。そんな「黒コーデ」になじむ、いや“映える”腕時計が、〈ディーゼル ウォッチ〉から登場! ブランドらしい大胆でスポーティなルックスが魅力の「MASTER CHIEF DIGITAL(マスター チーフ デジタル)」だ。インパクト抜群で着こなしの完成度を上げてくれる。

〈ニトリ〉のN-HEATEXボトルで寒い日も楽しいコーヒーと自転車と。僕だけの特別な時間
PR

〈ニトリ〉のN-HEATEXボトルで寒い日も楽しい
コーヒーと自転車と。僕だけの特別な時間

今日もお気に入りの〈ニトリ〉のボトルにコーヒーを入れ、リュックに詰めて出発── 自転車に乗って家から少し離れた公園へ。ここでコーヒーを飲みながら課題をするのが最近のルーティン。まさに僕だけの特別な時間だ。

MAGAZINE- 別冊 -

FINEBOYS FINEBOYS+plus 時計 Vol.23
FINEBOYS FINEBOYS+plus BEAUTY VOL.6
FINEBOYS FINEBOYS+plus SUIT vol.38
FINEBOYS FINEBOYS+plus 靴 vol.19
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ2022秋冬
FINEBOYS FINEBOYS+plus 時計 Vol.22
FINEBOYS FINEBOYS+plus BEAUTY VOL.5
FINEBOYS FINEBOYS+plus 靴 vol.18
FINEBOYS FINEBOYS+plus SUIT vol.37
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ2022春夏

ページトップへ