• twitter
  • instagram
SEARCH

SHOES- シューズ -

2020.04.22

リーボック×エイリアン? 作品ファン必見のコラボ第4作がエイリアン・デーに発売!

リーボック(Reebok)から1986年に公開された映画『エイリアン2』のコラボレーションスニーカー「エイリアン スタンパー(ALIEN STOMPER)」のスペシャルモデル「U.S.C.M. バグ スタンパー(U.S.C.M. BUG STOMPER)」登場。映画ファンなら思わずうなるこだわりのポイントが満載仕上がりは、それはもう必見です!


リーボック関連記事はコチラ!
リーボックとマウンテンリサーチによる初コラボ作は日本古来の色をまとった意欲作!
リーボック・ポンプフューリー最新作は"美しい"グラデーションに注目!
80年代リーボックの代表2作が合体! 新作「クラシックレザー スタンパー」がリリース!

通算4作目にしてラストとなるリーボック × エイリアンコラボ

今回発売されるモデルは映画『エイリアン2』の劇中で、主人公のエレン・リプリーが着用したことで注目を集めた「エイリアン スタンパー」をベースにしたスペシャルコラボレーションモデル。というのもリーボックは4月26日のエイリアン・デー(劇中でエイリアンが初めて発見された惑星「LV-426」にちなんで2016年に制定)に過去3作ものコラボ作を発売しているが、今回がエイリアン・デー記念コラボの最後のモデルとなる。

 
ラストを飾るモデル「U.S.C.M. バグ スタンパー」は映画ファンならご存知、映画に登場する海兵隊(U.S.C.M.)の主要なドロップシップ(降下艇)である「バグ スタンパー」に由来。ドロップシップと海兵隊のユニフォームにインスパイアされたデザインは、アッパーデザインや素材選びはもちろん、細かい部分にまで映画の世界観そのままに、ファン納得の完成度を見せる。また、このシューズが梱包されるボックスは、ドロップシップにインスパイアされた特別感ある「ステルス」型パッケージを採用。ファン垂涎のこのシューズはエイリアン・デーである4月26日(日)にリーボック オンラインショップ、リーボックストア渋谷(※)リーボック クラシックストア各店(※)、その他シューズ専門店で展開される。
エイリアンコラボ最後となるシューズなだけに、映画ファンはもちろん、スニーカー好きも見逃せない1足だ。

※リーボック直営店は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、現在臨時休業中。営業再開および本商品の販売については、2020年5月7日(木)以降を予定。リーボック直営店の臨時休業および営業時間変更に関する詳細情報はリーボック公式ブログをチェック。




INFORMATION

リーボック アディダスお客様窓口
 TEL:0570-033-033(平日9:30~18:00)
https://reebok.jp/

ボリュームダウンストレートパーマで毎日かっこいい!"アドスト着脱式コーム"で叶うトレンドヘアカップル提案!
PR

ボリュームダウンストレートパーマで毎日かっこいい!
"アドスト着脱式コーム"で叶うトレンドヘアカップル提案!

美容師から高い支持を集める〈アドスト〉のヘアアイロン。実際にサロンワークや撮影のヘアメイクでも使われているプロ仕様のプロダクトだ。今回は、そんな逸品を人気サロン・ピチカート監修のもと、完全解剖。悩めるクセ毛をおしゃれに仕上げる方法を聞いてみた!

〈ザ・クロックハウス〉で“セルフリユース”!眠らせている腕時計、ありませんか?
PR

〈ザ・クロックハウス〉で“セルフリユース”!
眠らせている腕時計、ありませんか?

あんな場所やこんな場所、片付けする機会も多かったこの頃。すっきり整理整頓してみたら、電池切れや故障で使えない状態の時計が眠っていた、なんて人も多いのでは? その時計、そのままにしておくのはもったいない! “セルフリユース”をすれば、毎日の時計使いの幅も広がるはずだ。

MAGAZINE- 別冊 -

FINEBOYS おしゃれヘアカタログ20-21秋冬
FINEBOYS FINEBOYS Start up 0 CAMP
FINEBOYS FINEBOYS+plus BEAUTY
FINEBOYS 大人の足元は主張のあるスニーカーで!
FINEBOYS FINEBOYS +plus SUIT Vol.33
FINEBOYS FINEBOYS+plus 時計 Vol.18
FINEBOYS FINEBOYS Start up 0 ビジネスマナーがわかる本
FINEBOYS FINEBOYS Start up 0 お金のことがわかる本
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ 2020春夏
FINEBOYS FINEBOYS+plus 時計 Vol.17

ページトップへ