• twitter
  • instagram
SEARCH

FASHION- ファッション -

2019.07.01

UTが新海誠アニメ作品「君の名は。」「天気の子」とのコラボレーションを発表!

ユニクロのグラフィックTシャツブランド・UTとアニメーション分野で国内外で高い評価を受ける新海誠監督によるコラボが実現 ! コラボレーションするのは彼の代表作「君の名は。」と7月19日(金)に公開する最新作「天気の子」。そのデザインは、期待通りファン垂涎!

新海ワールドをTシャツで表現
2016年、映画史に残る大ヒットとなったアニメーション映画「君の名は。」そして、7月19日(金)から最新作「天気の子」が公開。両作品で監督を務めた新海誠監督とユニクロのグラフィックTシャツブランド・UTとのコラボレーション「新海誠コレクションUT」が映画公開に先立ち7月15日(月・祝)からスタートする。
今回のコラボレーションで展開されるパターンは全7柄。中でも両作品に共通する”空”をテーマに、それぞれ同じ空を描きながら「天気の子」では昼を「君の名は。」では夕暮れを表現した美しいデザインは必見。その他、作品内のキーアイテムである「組紐」(「君の名は。」)をはじめ、日本の伝統を取り入れた象徴的なモチーフや作中の印象的なシーンをピックアップしてデザインしたものなど。新海誠監督作品の世界観がTシャツの中で最大限に表現されている。
最新作「天気の子」も間もなく公開。このコラボTシャツを着て劇場へ行くっていうのもファンなら楽しいかも !?

「君の名は。」
 

 
「天気の子」
 
 
新海誠作品コレクション UT
各1500円
全7柄(「君の名は。」4柄、「天気の子」3柄)
 Size/XS-4XL ※XS、XXL、4XLはオンラインストアのみで展開
2019年7月15日(月・祝)発売
スペシャルサイト
https://www.uniqlo.com/jp/store/feature/uq/ut/shinkaimakoto/


新海誠(しんかい・まこと)1973年生まれ、長野県出身。 2002年、個人で制作した短編作品「ほしのこえ」でデビュー。2004年公開の初の 長編映画「雲のむこう、約束の場所」では、その年の名だたる大作をおさえ、 第59回毎日映画コンクール「アニメーション映画賞」を受賞。2007年公開の 「秒速5センチメートル」で、アジアパシフィック映画祭「最優秀アニメ賞」、イタリアの フューチャーフィルム映画祭で「ランチア・プラチナグランプリ」を受賞。2013年に 公開の「言の葉の庭」では、ドイツのシュトゥットガルト国際アニメーション映画祭 にて長編アニメーション部門のグランプリを受賞。2016年『君の名は。』公開、 次世代の監督として国内外で高い評価と支持を受けている。

INFORMATION

ユニクロ
TEL:0120-170-296
www.uniqlo.com

永久定番の〈コンバース〉からストレスフリーな新作が到着!アップデートした名作がこれからの僕らの相棒!
PR

永久定番の〈コンバース〉からストレスフリーな新作が到着!
アップデートした名作がこれからの僕らの相棒!

スマホやSNSなど身近なツールがますます便利になる今。ファッションも利便性の高いアイテムが増え、シューズだって今までより快適性を期待しちゃう。そこでオススメなのがこれらの靴。履きやすくアップデートされた名作は、僕らの気分にぴったりだ!

永久定番の〈コンバース〉からストレスフリーな新作が到着!アップデートした名作がこれからの僕らの相棒!
PR

永久定番の〈コンバース〉からストレスフリーな新作が到着!
アップデートした名作がこれからの僕らの相棒!

スマホやSNSなど身近なツールがますます便利になる今。ファッションも利便性の高いアイテムが増え、シューズだって今までより快適性を期待しちゃう。そこでオススメなのがこれらの靴。履きやすくアップデートされた名作は、僕らの気分にぴったりだ!

MAGAZINE- 別冊 -

FINEBOYS FINEBOYS+plus 時計 Vol.19
FINEBOYS FINEBOYS+plus BEAUTY VOL.2は10月23日(金)発売!
FINEBOYS FINEBOYS+plus SUIT vol.34
FINEBOYS どんな日常にもスニーカーは必要だ!
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ20-21秋冬
FINEBOYS FINEBOYS Start up 0 CAMP
FINEBOYS FINEBOYS+plus BEAUTY
FINEBOYS 大人の足元は主張のあるスニーカーで!
FINEBOYS FINEBOYS +plus SUIT Vol.33
FINEBOYS FINEBOYS+plus 時計 Vol.18

ページトップへ