• twitter
  • instagram
SEARCH

FASHION- ファッション -

2019.07.12

夏の重ね着は2つの旬テクニックで見違える!

コーディネートで使うアイテムが限定される夏は、見た目の印象が”普通”に陥りがち。それを打破するために有効なのがレイヤードテクニック。今回、Tシャツやシャツなどトップスを問わずに使える、2つの旬な重ね着テクニックを紹介。これでまわりと差をつけることができる!

重ね着テクニックを使えば見た目の印象は見違える!
秋冬に比べて着こなしに使うアイテムの数が少なくなる夏場はコーディネートがシンプルになりがち。Tシャツ+パンツ、もしくはシャツ+パンツなど2アイテムのみで完成してしまう人も多いのではないだろうか? そのせいか、見た目の印象が普通になりすぎて、まわりとの差別化をするのがなかなか難しいという声をよく聞く。そんなときに試してほしいのが”重ね着テクニック”。重ね着と聞くと寒い季節のものと思いがちだが、それは大きな間違い。夏でもできる重ね着はある! 今回はその中でもとくにトレンドな2つのテクニックを紹介。簡単かつ、見た目のオシャレ度を大きく上げられるから見逃しは厳禁だ。
 

NEXT

2/3PAGE

まずは裾チラ!


1/トップスとインナーの丈を変えて着こなしにこなれ感を出す
写真のようにシャツとインナーの着丈を大きく変えることで、裾が段違いで見えるように計算した”裾チラ”テクニック。これにより縦のラインが強調され、こなれ感を生み出すことができる。このレイヤードは”少し着丈の短いトップス”に”やや着丈が長いインナー”を合わせることを意識すると簡単に作ることができる。注意点はトップスとインナーの長さに差をつけすぎてしまうこと。インナーの見える配分が長すぎてしまうと胴長に見え、スタイルが悪くなってしまう危険がある。自分の手持ちアイテム同士で組み合わせを作ってみて、どの合わせが最適かいろいろと試してみよう。また、少し先の話になってしまうがこのテクニックは秋冬でも非常に効果的。たとえば、Gジャンなど着丈が短めのアウターに少し着丈が長めなインナーを合わせるといった具合に通年で使えるのでぜひ覚えておきたい。レイジブルーのシャツ5400円(アダストリア)、中に着たシャリーフのタンクトップ1万1000円(シアンPR)
今回の着こなしのポイントは”直線的な裾のトップス”に対して”ラウンドした裾のインナー”を合わせた点。これによりさらに重ね着感をアピールすることができている。丸みを帯びたパッと見のアイキャッチになるので夏場のレイヤードに非常に役立つ存在。また、ラウンドしている分、横から見るとトップスと同じ着丈の部分があり、見る角度で着こなしに変化もつけられる。ぜひワードローブに加えておきたいアイテムのひとつだ。
モデルカットでは白いタンクトップを着用しているが、このビビッドなイエローのように派手なカラーリングのインナーを採用するのもオススメ。着るのに少しためらってしまうような派手な色もインナーで少し見せるくらいなら取り入れやすいし、着こなしに差し色をすることで夏ならではの季節感を出すこともできる。また、トップスは同じでもインナーの色を変えれば、印象もガラッと変わるのでトップスの着まわし方法としても有効だ。ボルコムのタンクトップ3200円(ボルコム ジャパン)
 

NEXT

3/3PAGE

次はハープジップの間からチラリ!


2/ハーフジップのトップスの胸元からインナーを覗かせてこなれ感を出す
続いて紹介したいのがコチラの重ね着テクニック。ハーフジップのトップスを使ってインナーを見せたレイヤードだ。Tシャツやシャツに比べて、もともとのオシャレ度の高いハーフジップのアイテム。そのジップを有効活用しない手はない。中に着たインナーをチラ見せして、着こなしを一歩先行くレベルに仕上げてみよう。そして、ハーフジップに合わせるインナーはカラーリングが効いたTシャツなどがオススメ。写真のようにオレンジなどの暖色を用いれば、顔まわりの雰囲気も明るく見せることができる。ハーフジップのアイテムを活用したこの重ね着テクニックにはもうひとつメリットがある。それは顔まわりに視線が集まることで、隠したい要素(たとえば、身長や体型のコンプレックスなど)に意識が行きにくくなることだ。こなれ感が出せる上に、コンプレックスカバーも期待できるなんてこれは試さない手はない! アバハウスのハーフジップシャツ1万2000円(アバハウス 原宿)、ナンバーのTシャツ1万2000円(ティーニーランチ)、その他スタイリスト私物
先ほどお伝えしたように今回は派手なカラーリングを胸元からチラリ。反対にインナーを暖色ではなく、ブルーなどの寒色系にすればクールな印象をあたえることができる。また、もしトップスが濃色のアイテムなら白など軽い色を用いれば、着こなしが重く見えすぎるのを防げるし、逆に淡い色のトップスに対して濃色のインナーを採用すれば見た目の印象が引き締まり、スッキリ見せることも期待できる。組み合わせ次第で見せ方がたくさんできるのがハーフジップの重ね着だ!

夏のハーフジップトップスは主にシャツなどに多く見られる。このハーフジップのディテールは旬のスポーツMIXスタイルを作る際にもとても効果的。1点着こなしに加えるだけでトレンド感が増し、脱・普通を狙うことができる。また、ジップの開ける配分で見た目の印象を変えられるので着まわし力も非常に高い。押さえておいて損がないアイテムだ! ハーフジップシャツ2990円(ウィゴー)


INFORMATION

アダストリア
TEL:0120-601-162

アバハウス原宿
TEL:03-5466-5700

ウィゴー
TEL:03-5784-5505

シアン PR
TEL:03-6662-5525

ティーニー ランチ
TEL:03-6812-9341

ボルコム ジャパン
TEL:03-5771-4560

●撮影/山本 大、鈴木克典 スタイリング/杉浦 優、深澤勇太 ヘア&メイク/亀田 雅、速水昭仁 モデル/杉野遥亮[本誌専属]

専属モデル杉野遥亮がRECOMMEND!ディーゼルのNEWバッグ。 VOL.04ナイロンバッグ
PR

専属モデル杉野遥亮がRECOMMEND!ディーゼルのNEWバッグ。 VOL.04
ナイロンバッグ

大学の通学用にしろ、友達と遊ぶ用にしろ、使い勝手や合わせやすさを考えると黒などのシンプルなバッグが正解。だけど、その中にもこだわりを持ってバッグを選びたい人も多い。そこでオススメなのが〈ディーゼル〉のナイロンバッグ。高級感のあるツヤッとした質感に、ミリタリーを思わせるディテールが何とも男らしい。シワになりにくく汚れもつきにくい、さらに軽くて丈夫とあって文句のつけどころがない!

<ディーゼル オン> meets 中川大志ファッション感覚で楽しむ新作スマートウォッチ
PR

<ディーゼル オン> meets 中川大志
ファッション感覚で楽しむ新作スマートウォッチ

ディーゼルの時計は、一目でそのブランドだとわかるユニークかつファッショナブルなデザインが特徴。今回の新作「AXIAL SMARTWATCH(アクシアル スマートウォッチ)」も、例に漏れずディーゼルらしさが随所に表現された注目モデルだ。タッチスクリーン式のアニメーションダイヤルやファッショナブルなデザインは、まさに”次世代”を感じさせる佇まい。数多くの話題作に出演し、同じく”次世代”を担う俳優として活躍を見せる中川大志がつけこなす。

〈ASICS〉の最新作は機能とデザインが両立僕らの日常になじむ2つの“GEL-QUANTUM”
PR

〈ASICS〉の最新作は機能とデザインが両立
僕らの日常になじむ2つの“GEL-QUANTUM”

走れるうえに、洒落ていること――昨今のスニーカーシーンの盛り上がりはこのマインドによる欲求なしには語れないだろう。それはアクティブな趣味を持つ大人たちが、ライフスタイルを謳歌するなかで1足に求める汎用性や機能性を追求し続けてきた結果なのかもしれない。〈ASICS〉の新作“GEL-QUANTUM”シリーズはまさにそんな欲求を具現化した1足だ。

今シーズンも〈ASICSTIGER〉から目が離せない東京のストリートに映えるスニーカー&ウエアを発見。
PR

今シーズンも〈ASICSTIGER〉から目が離せない
東京のストリートに映えるスニーカー&ウエアを発見。

暑さもすっかり落ち着いてきたこの時季は、街を流して駆け抜けるのに気持ちがよい季節。そんなとき、〈アシックスタイガー〉のスニーカーとウエアは見た目はもちろん、機能的にも心地がいい。今日もいつものスタイルに着替えて、東京ストリートを颯爽と走り抜けていく。

フランスの名門〈LACOSTE〉の新作シューズ大人のストリートスタイルは抜かりない足元から、はじまる。
PR

フランスの名門〈LACOSTE〉の新作シューズ
大人のストリートスタイルは抜かりない足元から、はじまる。

ラコステといえば“オーセンティック”なデザインを想像する人は多いだろう。そのイメージで間違いないのだけど、ここ最近のラコステはそれだけではない。トレンドでもある“ゆるさ”をシルエットや柄、マテリアルといったディテールワークで巧みに取り入れて、大人が合わせやすいアイテムで流行りのストリート感が表現できる。それは靴も然り。高感度と安定感のハイブリッドはラコステならでは。

〈SUPRA〉の人気モデル、スカイトップⅡが日本で復刻。日本別注の限定モデルはストリートで存在感を発揮する
PR

〈SUPRA〉の人気モデル、スカイトップⅡが日本で復刻。
日本別注の限定モデルはストリートで存在感を発揮する

LAやTOKYOなど世界主要都市に旗艦店を持ち、ビッグブランドとして不動の地位を築いたスープラ。にもかかわらずストリートという軸がブレることはない。海外セレブも然り、主張のある靴は世界中にファンがいる。だからこそ、このモデルは日本限定で復刻というローカル感にやられる。ピックアップされたのはスカイトップのセカンドモデル。世界を見渡す靴好きならば、このレア度に共感するはず。

MAGAZINE- 別冊 -

FINEBOYS FINEBOYS+plus SUIT vol.32
FINEBOYS FINEBOYS+plus 靴vol.13発売中!
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ'19-'20秋冬
FINEBOYS FINEBOYS時計 Vol.16
FINEBOYS FINEBOYS plus SUIT Vol.31 ’19春夏号
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ 2019春夏号
FINEBOYS
FINEBOYS
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ’18‐’19秋冬
FINEBOYS FINEBOYS時計 Vol.14

ページトップへ