• twitter
  • instagram
SEARCH

FASHION- ファッション -

2021.09.17

【超ミニ財布】は首からぶら下げよう!

手のひらに収まるほどの超ミニ財布。コンパクトなサイズ感だからこそ、アクセサリー感覚で首からぶら下げることができる。でも、カードやお札、小銭はちゃんと収納可能。財布としての役割もしっかり果たすから、アクセサリー以上に使える!

手のひらサイズのミニ財布はまるでアクセサリー!

シンプルな白Tも超ミニ財布を首からぶら下げるだけで華やかに! コーデにスッとなじむベーシックカラーとパッと目を引く派手なデザイン。上半身にさみしさを感じたときに2つとも頼りになる! コレはどっちも欲しい!

 

NEXT

2/6PAGE

 

①スロウの超ミニ財布

 

 

マットな質感が高級感をにおわせる。摩擦によって、使えば使うほどツヤが出てくるのもおもしろい。流行りのニュアンスカラーでトレンドも獲得できる! スロウの財布[W9.5×H10×D2]2万900円(スロウ自由が丘オフィス)

 

NEXT

3/6PAGE

 

②ユニバーサルプロダクツ×テンベアの超ミニ財布

 

 

バイカラーのアイテムでも白×黒なら合わせる服を選ばない。肌になじむコットン100%もうれしいポイント。ユニバーサルプロダクツ×テンベアの財布[W15×H9]8250円(1LDK)

 

NEXT

4/6PAGE

 

③イッチの超ミニ財布

 

 

モデル着用アイテム。バイカーウォレットがベースのボディに、クラシカルなディテールで品のよさをプラス。長く使った分、キレイなツヤと深みが出る。首からぶら下げれば、財布の絶妙なサイズ感と色みの効果で落ち着いた雰囲気を醸せる。財布[W12×H10×D3]2万4200円(イッチ)

 

NEXT

5/6PAGE

 

④オーケーの超ミニ財布

 

 

軽快な印象の薄型タイプ。アイキャッチ確実なブルーの色みなら、いつものコーデも様変わり。ひとアジ違う装いにアップデートしてくれる。オーケーの財布[W10×H10.5]7920円(アドナスト)

 

NEXT

6/6PAGE

 

⑤ワイズの超ミニ財布

 

 

モデル着用アイテム。フォトジェニックな蛇柄が視線を集める。カードポケットが4つあるキャッシュレス派には有難い仕様だ。首からぶら下げただけで、一気に高感度な雰囲気に。男らしさも感じるヘビ柄なら、武骨さも同時にアップできる! ワイズの財布[W7×H13.5×D1]1万3200円(ワイズ プレスルーム)

INFORMATION

スロウ自由が丘オフィス
03-5731-3385

1LDK
03-3780-1645

イッチ   
03ー5778ー4727

ディーゼル ジャパン        
0120ー55ー1978

アドナスト          
03ー5456ー5821

ワイズ プレスルーム
03ー5463ー1540

※FINEBOYS2021年9月号掲載商品のため売り切れの場合があります

撮影/田中利幸 スタイリング/深澤勇太 ヘア&メイク/takane(allure) モデル/松井健太[本誌専属]

リアル目線のベスト時計BEST WATCH 2022 supported by THE CLOCK HOUSE
PR

リアル目線のベスト時計
BEST WATCH 2022 supported by THE CLOCK HOUSE

いよいよ2022年も総仕上げ! 今年はどんな腕時計が人気を博したのか? 日本全国に約240店舗を展開する国内最大の時計専門店チェーンであるザ・クロックハウスから、テーマごとのベストウオッチをリサーチ。選出された合計11本の時計を見れば、今のトレンドが見えてくる!

〈G-SHOCK〉はいつでも近くに。僕らの毎日に「2100」シリーズ。
PR

〈G-SHOCK〉はいつでも近くに。
僕らの毎日に「2100」シリーズ。

雲の上の憧れ高級時計から便利なスマートウォッチまで、現代はさまざまな時計であふれている。そんな中、唯一無二の存在感を放っているのが、そうG-SHOCK。圧倒的なタフネスとギア感・機能美にあふれたデザインで、オンでもオフでも活躍してくれるオンリーワンなブランドだ。膨大なラインナップを持つG-SHOCKの中で、今僕らが注目したいのは2019年に初登場した「2100」シリーズ。普段の生活に取り入れるなら、どんなモデルをどう使いこなすべきか。着こなしのサンプルとともにお届けしよう。

今冬は〈ディーゼル ウォッチ〉の新顔で。「黒」に映えるデジタルウオッチ
PR

今冬は〈ディーゼル ウォッチ〉の新顔で。
「黒」に映えるデジタルウオッチ

これから冬に向けてはとくに、ファッションにおいて「黒」が主役になる。存在感のある黒アウターを着る日もあれば、スタイリッシュなオールブラックの日もあるだろう。そんな「黒コーデ」になじむ、いや“映える”腕時計が、〈ディーゼル ウォッチ〉から登場! ブランドらしい大胆でスポーティなルックスが魅力の「MASTER CHIEF DIGITAL(マスター チーフ デジタル)」だ。インパクト抜群で着こなしの完成度を上げてくれる。

MAGAZINE- 別冊 -

FINEBOYS FINEBOYS+plus 時計 Vol.23
FINEBOYS FINEBOYS+plus BEAUTY VOL.6
FINEBOYS FINEBOYS+plus SUIT vol.38
FINEBOYS FINEBOYS+plus 靴 vol.19
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ2022秋冬
FINEBOYS FINEBOYS+plus 時計 Vol.22
FINEBOYS FINEBOYS+plus BEAUTY VOL.5
FINEBOYS FINEBOYS+plus 靴 vol.18
FINEBOYS FINEBOYS+plus SUIT vol.37
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ2022春夏

ページトップへ