• twitter
  • instagram
SEARCH

FASHION- ファッション -

2022.02.22

この春は【柄ニット】で映えよう!

寒い日が続くけど、春はもうすぐそこ。店頭にも並びはじめたし、そろそろ春に向けて新しい服をそろえておきたい。そこで、今春ぜひゲットしてほしいのが【柄ニット】! 柄モノってインパクトがあるぶんハードルが高そうだけど、ニットのやわらかな風合いで派手さを抑えてくれるから、案外着こなしやすい。コーデの主役として活躍してくれるので、1枚持っておけば、いざというとき頼りになる。早速、厳選した【柄ニット】7枚をチェックしていこう!

【目次】
・ビームス ハートの柄ニットカーディガン
・ナノ・ユニバースの柄ニット
・マインの柄ニット
・モノマートの柄ニットベスト
・ルイスの柄ニットカーディガン
・ハレの柄ニットカーディガン
・ラコレの柄ニットカーディガン

 

NEXT

2/8PAGE

 

ビームス ハートの柄ニットカーディガン

 

 

出典:ZOZOTOWN

肌触りのよいコットンニットを使用した、レトロな表情のカーディガン。表裏交互に編み上げるジャカード編みにより、立体的なクラシックパターンを表現している。ビッグシルエットに仕上げており、季節の変わり目にTシャツやシャツの上からラフにはおる着こなしがオススメ! 7480円。
 
NEXT

3/8PAGE

 

ナノ・ユニバースの柄ニット

 

 

出典:ZOZOTOWN

毎シーズンオリジナル柄でモディファイされる、ナノ・ユニバースの定番ニット。温かみのある柄で優しげな雰囲気を演出する。黒ベースなので合わせるアイテムを選ばないのも魅力。4950円。
 
NEXT

4/8PAGE

 

マインの柄ニット

 

 

出典:ZOZOTOWN

柔らかな質感のモヘア素材を使用したボーダーニット。太畝のボーダーを緩やかに編み上げたボディにダメージ加工を施し、'70sのロンドンパンクを想起させる表情に仕上げている。着丈、袖丈が長く、インナーをレイヤードして着用することを想定した身幅にゆとりのあるシルエットもうれしい。2万5300円。
 
NEXT

5/8PAGE

 

モノマートの柄ニットベスト

 

出典:ZOZOTOWN

春先にちょうどよいジャガード柄をベースに、今シーズンのレイヤリングをより楽しめる作りに。ゆとりを持たせたシルエットとVネックで、中に着た服を衿元などからさり気なくのぞかせるスタイリングが楽しめる。 計算された配色とニットワークをガーメントに落とし込み、ジャガード編みで立体感のある見た目に仕上げた。3960円。
 
NEXT

6/8PAGE

 

ルイスの柄ニットカーディガン

 

出典:ZOZOTOWN

ヴィスコース×ナイロンのジャガード素材でなめらかな手触りと、編みの細かいこだわった素材感が特徴。毛羽立ちがないクリーンな表面感でストレスなく着られる。細かなペルシャ柄をブラック×ブルー、ホワイト×ベージュの春らしい色合いで落とし込み、モードでインパクトのあるデザインを完成させた。1万6500円。
 
NEXT

7/8PAGE

 

ハレの柄ニットカーディガン

 

出典:ZOZOTOWN

漆芸家の高橋氏とのコラボレーションにより誕生したカーディガン。和テイストも残しながら、マーブル調に見える今っぽい漆柄を落とし込んだ。ジャガードで綺麗な柄目を表現したインパクトのある1枚となっている。1万1000円。
 
NEXT

8/8PAGE

 

ラコレの柄ニットカーディガン

 

出典:ZOZOTOWN

ヘリンボーンや幾何学柄など、3タイプの柄を用意。遊び心のあるカラーリングが持ちアジ。素材は、使い勝手のいい、中肉のポリエステルニットを採用。春先に着用しやすいよう、適度な目付に調整しているのもポイント。4290円。
 
リアル目線のベスト時計BEST WATCH 2022 supported by THE CLOCK HOUSE
PR

リアル目線のベスト時計
BEST WATCH 2022 supported by THE CLOCK HOUSE

いよいよ2022年も総仕上げ! 今年はどんな腕時計が人気を博したのか? 日本全国に約240店舗を展開する国内最大の時計専門店チェーンであるザ・クロックハウスから、テーマごとのベストウオッチをリサーチ。選出された合計11本の時計を見れば、今のトレンドが見えてくる!

〈G-SHOCK〉はいつでも近くに。僕らの毎日に「2100」シリーズ。
PR

〈G-SHOCK〉はいつでも近くに。
僕らの毎日に「2100」シリーズ。

雲の上の憧れ高級時計から便利なスマートウォッチまで、現代はさまざまな時計であふれている。そんな中、唯一無二の存在感を放っているのが、そうG-SHOCK。圧倒的なタフネスとギア感・機能美にあふれたデザインで、オンでもオフでも活躍してくれるオンリーワンなブランドだ。膨大なラインナップを持つG-SHOCKの中で、今僕らが注目したいのは2019年に初登場した「2100」シリーズ。普段の生活に取り入れるなら、どんなモデルをどう使いこなすべきか。着こなしのサンプルとともにお届けしよう。

今冬は〈ディーゼル ウォッチ〉の新顔で。「黒」に映えるデジタルウオッチ
PR

今冬は〈ディーゼル ウォッチ〉の新顔で。
「黒」に映えるデジタルウオッチ

これから冬に向けてはとくに、ファッションにおいて「黒」が主役になる。存在感のある黒アウターを着る日もあれば、スタイリッシュなオールブラックの日もあるだろう。そんな「黒コーデ」になじむ、いや“映える”腕時計が、〈ディーゼル ウォッチ〉から登場! ブランドらしい大胆でスポーティなルックスが魅力の「MASTER CHIEF DIGITAL(マスター チーフ デジタル)」だ。インパクト抜群で着こなしの完成度を上げてくれる。

MAGAZINE- 別冊 -

FINEBOYS FINEBOYS+plus 時計 Vol.23
FINEBOYS FINEBOYS+plus BEAUTY VOL.6
FINEBOYS FINEBOYS+plus SUIT vol.38
FINEBOYS FINEBOYS+plus 靴 vol.19
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ2022秋冬
FINEBOYS FINEBOYS+plus 時計 Vol.22
FINEBOYS FINEBOYS+plus BEAUTY VOL.5
FINEBOYS FINEBOYS+plus 靴 vol.18
FINEBOYS FINEBOYS+plus SUIT vol.37
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ2022春夏

ページトップへ