• twitter
  • instagram
SEARCH

FASHION- ファッション -

2022.11.21

ザ・ノース・フェイスほか、カーゴパンツのおすすめはコレ!

ミリタリーのイメージが強いカーゴパンツだったけど、最近はいい意味で“軍モノ”であることを意識せず取り入れるのがブーム。いろいろなカラー展開があって、意外とどんなテイストにも落とし込めるのが魅力。今すぐほしいおしゃれなカーゴパンツを紹介!

人気ショップからもカーゴパンツが続々登場!

人気ブランドやセレクトショップでも、カーゴパンツは注目されているアイテムのひとつ。どんな形や色が売れていて、どんな着こなしがトレンドなんだろう?プレスやショップスタッフのスナップから、カーゴパンツの最先端が見えてきた。

■BEAMS


「毎シーズンすぐ売り切れる定番アイテムですが、今季も大人気。M-51をベースに光沢感のある素材で現代風にアップデートしています。オレンジのダウンでストリートに着こなすのが気分です!」(プレス 丸 海都さん)ビームスのジャケット3万5200円、シャツ1万3750円、パンツ1万7600円(すべてビームス原宿)、シューズは本人私物

着用アイテムはコレ

ビッグ 6ポケット カーゴパンツ

ナイロン特有の適度なハリ感とドライな肌触り、自然な光沢感を持たせたカーゴパンツ。ヴィンテージのM-51フィールドカーゴパンツをもとに、カーゴポケット内のメッシュポケットなど実用性の高いディテールを追加し、現代的にアップデートしている。(1万7600円)

■CITEN


「毛混のトロピカル素材でクリーンに仕上げた1本で、パンツの中でも人気。パンツ以外を淡い色合いで統一して、都会的に落とし込むのがシテン流です」(プレス 井上瑞稀さん)シテンのジャケット1万9910円、スウェット6390円、パンツ7920円(すべてユナイテッドアローズ カスタマーサービスデスク)、その他すべて本人私物

着用アイテムはコレ

TWサージ カーゴパンツ

ミリタリーテイストを残しつつも、サイズ感やウエスト・裾のスピンドルなど随所にこだわりポイントを入れてCITENらしいシルエットを表現。毛混のトロピカル素材を使用。ハリとほどよい光沢がより一層アイテムの存在感を引き立てている。(7920円)

■Lui's


「スラックスのような生地でモードもストリートもOK。白、黒、グレー、カーキの4色展開ですが、うちでは黒が人気です。ブーツ合わせもおすすめ!」(ショップスタッフ 久保正之さん)ルイスのジャケット2万6400円、パーカ1万6500円、パンツ1万9800円、サロモンの
シューズ3万1900円(すべてルイスイーエックスストアトーキョー)

着用アイテムはコレ

デザインカーゴパンツ

光沢が綺麗な、ポリエステル×コットンのツイル素材を使用。ややストレッチ性も持たせてあり、非常に着心地の良い素材を使用。定番的なカーゴデザインをベースに、シルエットはスッキリさせながら、裾にはドローコードを加え、シルエットに変化を与えられるデザインに仕上げている。(1万9800円)

■RAGEBLUE


「ジャーマンクロスというドイツ軍が使用した生地を採用したり、ポケット部分に止血テープを施したりと、本格派のディテールが自慢。店舗では入荷して一瞬で消えることも!」(プレス 後藤夕也さん)レイジブルーのニット6930円、シャツ6490円、パンツ7590円、ネクタイ3300円(すべてアダストリア)、シューズは本人私物

着用アイテムはコレ

ジャーマンクロス/ミリタリーカーゴパンツ

バルーンシルエットをベースに、トレンドのルーズワイドで仕上げたカーゴパンツ。半世紀以上前に完成されたデザインで、膝上の左右につけられた大きなポケットが最大の特徴。フロントにはタック、裾にはダーツを入れることで足回りに立体感を演出。やや前に膨らむようなバルーン型を採用しており、「今っぽさ」を重視したシルエットに。(7590円)

■FREAK'S STORE


「うちでしか買えないこのパンツは、この1年で仕入れ数がグッと増加。コットン素材で年中使えて、ラクなはき心地も魅力です」(プレス 片岡佑太さん)バブアー×フリークスストアのコート5万1700円、フリークスストアのカーディガン6996円、ヒンソンのパンツ6996円(すべてフリークス ストア渋谷)、その他すべて本人私物

着用アイテムはコレ

HINSON/ヒンソン 6POCKET PANTS

ボリューム感のあるデザインはスタイリングのマストアイテムになる事間違いなし。カーゴパンツらしいフラップ付きポケットデザインはHINSONらしさを表現。定番であるオリーブとブラックは勿論、クレイジーパターンのデザインを用意しており、あらゆるスタイリングに対応可能。(6930円)

■WHO'S WHO gallery


「硬く、太く、コシのあるカーゴパンツがテーマ。はき込むほどにいいアジが出る生地になっています。カーキ、ネイビー、ブラックの中ではカーキが一番人気で、これ目当てのお客さんも多いです!」(ショップスタッフ 藤原健人さん)フーズフーギャラリーのニット8250円、パンツ9790円(ともにフーズフーギャラリールミネエスト新宿店)、その他すべて本人私物

着用アイテムはコレ

【KOOKY'N/クーキー】M-65ワイドカーゴパンツ

ミリタリーパンツのM-65カーゴをベースに硬くて、コシのある生地を採用。コシのある生地が生むボリューム感のでるワイドシルエットもこだわりの1つで、少し腰履きで裾を少し溜める履き方がおススメ。裾にも絞りがあるから、ハイカットやローカットの靴に合わせて調節が可能。(9790円)

使いやすいカラーが勢ぞろい!オススメのアイテムを紹介

MONO-MART
M-47セミワイドストレートミリタリーカーゴパンツ

トレンドを予感させるミリタリーカーゴパンツ。ヨーロッパならではの繊細さとミリタリーの武骨さが、ファッションとしても普段の着こなしをワンランク上げてくれる。試行錯誤を重ね改良の末に完成されたこだわりのシルエット。他とは一線を画す人気にも納得できる高いクオリティーを現代に蘇らせた圧巻の1本。(4950円)


THE NORTH FACE PURPLE LABEL
ザ・ノース・フェイス パープルレーベル ストレッチ ツイル カーゴ パンツ

ブランドの定番素材、COOLMAX® オーガニックコットンツイルを使用したカーゴパンツ。経糸にオーガニックコットン、緯糸にストレッチ糸を使用している。'90年代のカーゴパンツをベースにデザインしていて、カーゴポケットのボリュームを抑えることで、すっきりとした印象に。(1万9800円)


niko and...
[CITY CREEK]フリースカーゴパンツ

マイクロフリースにナイロン素材で補強用のニーパッチ、カーゴパンツディテールを施したスウェットパンツ。しっかりとしたマイクロフリースを使用しているので、秋冬シーズンのアウトドアにも快適に使えるアイテム。(1万1000円)

Casper John
ワイドカーゴパンツ

コットンベースのハリのある素材感が特徴。伸縮性もあり、ノンストレスな着用感が魅力。カーゴならではのサイドポケット裾のドローコードを採用し、Casper Johnらしいほどよい艶感で高見えする。(6930円)

CIAOPANIC TYPY
【ユニセックス】サイドコードルーズワイドカーゴパンツ

今シーズン特に注目度の高いワイドカーゴパンツの登場。ゆったりとしたトレンドデザインはもちろん、サイドコードを使った表情の変化もポイント!ウエストと裾はドローコードを使ったデザインの変化も楽しめる。(8690円)

Carhartt WIP
REGULAR CARGO PANT

ツイル生地をガーメントダイで風合いを出しているバージョン。現代的で無骨さのないスッキリとしたワイドシルエットで、きれいに見えるフィット感がポイント。スタンダードなデザインでありながらトレンドも押さえたアイテムに仕上がっている。(1万7600円)

日本で一番メジャーなカーゴパンツといえる米軍M-65フィールドカーゴパンツを再現。コットン50%、ナイロン50%の実物の生地感を再現するのが難しいものだが、このM-65は実物と比べても見劣りしない、高いクオリティで仕上げられている。ユッタリめのストレートなシルエットで合わせやすい。(9900円)

 

リアル目線のベスト時計BEST WATCH 2022 supported by THE CLOCK HOUSE
PR

リアル目線のベスト時計
BEST WATCH 2022 supported by THE CLOCK HOUSE

いよいよ2022年も総仕上げ! 今年はどんな腕時計が人気を博したのか? 日本全国に約240店舗を展開する国内最大の時計専門店チェーンであるザ・クロックハウスから、テーマごとのベストウオッチをリサーチ。選出された合計11本の時計を見れば、今のトレンドが見えてくる!

〈G-SHOCK〉はいつでも近くに。僕らの毎日に「2100」シリーズ。
PR

〈G-SHOCK〉はいつでも近くに。
僕らの毎日に「2100」シリーズ。

雲の上の憧れ高級時計から便利なスマートウォッチまで、現代はさまざまな時計であふれている。そんな中、唯一無二の存在感を放っているのが、そうG-SHOCK。圧倒的なタフネスとギア感・機能美にあふれたデザインで、オンでもオフでも活躍してくれるオンリーワンなブランドだ。膨大なラインナップを持つG-SHOCKの中で、今僕らが注目したいのは2019年に初登場した「2100」シリーズ。普段の生活に取り入れるなら、どんなモデルをどう使いこなすべきか。着こなしのサンプルとともにお届けしよう。

今冬は〈ディーゼル ウォッチ〉の新顔で。「黒」に映えるデジタルウオッチ
PR

今冬は〈ディーゼル ウォッチ〉の新顔で。
「黒」に映えるデジタルウオッチ

これから冬に向けてはとくに、ファッションにおいて「黒」が主役になる。存在感のある黒アウターを着る日もあれば、スタイリッシュなオールブラックの日もあるだろう。そんな「黒コーデ」になじむ、いや“映える”腕時計が、〈ディーゼル ウォッチ〉から登場! ブランドらしい大胆でスポーティなルックスが魅力の「MASTER CHIEF DIGITAL(マスター チーフ デジタル)」だ。インパクト抜群で着こなしの完成度を上げてくれる。

MAGAZINE- 別冊 -

FINEBOYS FINEBOYS+plus 時計 Vol.23
FINEBOYS FINEBOYS+plus BEAUTY VOL.6
FINEBOYS FINEBOYS+plus SUIT vol.38
FINEBOYS FINEBOYS+plus 靴 vol.19
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ2022秋冬
FINEBOYS FINEBOYS+plus 時計 Vol.22
FINEBOYS FINEBOYS+plus BEAUTY VOL.5
FINEBOYS FINEBOYS+plus 靴 vol.18
FINEBOYS FINEBOYS+plus SUIT vol.37
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ2022春夏

ページトップへ