• twitter
  • instagram
SEARCH

FASHION- ファッション -

2021.11.18

超特急FASHION DICTIONARY vol.71超特急ユーキ・タカシmeets GENDERLSS ITEM

最近ではユニセックスブランドが増えたり、今までレディースの服に多かったディテールがメンズの服にも取り入れられたりと、ファッションにおいてもジェンダーレス化は進んでいる。そこで今月のFINEBOYS Online連載『超特急FASHION DICTIONARY』では、「ジェンダーレスアイテム」をテーマに超特急が今っぽいファッションに挑戦。登場するのはユーキとタカシ!

BULLET TRAIN No.5 YUKI

FRILL


【Frill/フリル
「フリル」とはレディースのブラウスやスカートなどに多く見られる、ヒラヒラした装飾のこと。袖口、衿元、衿端などに施されることが多く、布の片側を絞ってギャザー(ひだ)にして波打たせたもの。かつては紳士用シャツの胸飾りにも使用されていたディテールであったが、そのかわいい雰囲気から、いつしか子供服や婦人服に多く取り入れられるように。。。しかし、ジェンダーレス化の現代ではメンズ服にもさりげなくデザインされることが増えてきた。

■YUKI Coordinate
はい出た~ユーキのアンニュイ顔~。静止画で見ると惚れるやつ~。しかもさ、フリル付きシャツ(衿元にさりげなくデザイン)が異常に似合うんだわ。もー、女子のキャーキャーが鳴りやまないからユーキにアンニュイ禁止令! 

 

■YUKI Interview
──今回はジェンダーレスなアイテムテーマなんだけど、着てみてどう?
「11月10日に発売したアルバムの衣装も、ちょうどこういうファッションだったので”タイムリー!”って驚きました。プライベートでもプリーツデザインの服を着ますよ。あとは、アウターも最近はレディースで気になるものが多いんですよね。今度取り入れてみたいなって思っていたところです」

──メンズもレディースも最近はあまり垣根がないよね。ユーキが着ているフリルシャツ、自分だったらどう着こなすか参考にしたい!
「パンツも思い切ってスカートっぽいものを合わせたいです! 例えば袴パンツみたいな、シルエットがワイドなやつがいいですかね。 そのくらい振り切ったほうがこのシャツのジェンダーレスな雰囲気が生かされそう!」 

 ──ほかに気になったアイテムはあった? 
「タクヤが着ていた”あみあみ”かわいいですよね! シースルーって、女の人が着てももちろんかわいいんだけど、男の人が取り入れてもまた違った魅力があっていいなと思うんです。マスターするのは難しそうだけど、遊び心がある着こなしができそう。挑戦したいです!」

NEXT

2/2PAGE

タカシのプリーツ

BULLET TRAIN No.7 TAKASHI

PLEATS


【Pleatsl/プリーツ
英語でひだ、折り目という意味のPleatの複数形。つまり「Pleats」とは連続して繰り返し続くひだのこと。立体感が出るだけでなく、ひだの幅や衣服の素材によって表情が変わるのもポイント。「プリーツ」が細かいほど歩くたびにふんわり揺れ、シルエットも美しい。「プリーツ」といえばイッセイミヤケ、といわれるほどアイテム展開が豊富にある。

■TAKASHI Coordinate
着こなしがムズい「プリーツ」パンツですが~、見てくださいまし!我らがタカシを。ま、余裕だぜ!的なこの表情を。さすが180㎝のタカシだからジェンダーレスパンツでもキレイにはきこなせちゃうんだよね。

 

■TAKASHI Interview
──プリーツパンツってどんな印象?
「キレイに見えるけど着心地がいいってイメージです。前はよくスキニーパンツを穿いていたけど、長時間移動をするときにラクして穿けるパンツがあればいいなと思って手に取ったのがプリーツパンツ。プリーツの縦ラインできっちり感も出せるのでいい塩梅なんです。1本あるとかなり便利ですよね」 

──他のメンバーが合わせたアイテムで気になったものはある? 
「カイのスカーフです! スウェットみたいなラフな服装にプラスしてもかっちり感が出るし、カーディンにも合うから、秋冬いろんな使い方ができそう! あとはリョウガが付けたパールもめちゃくちゃ気になります。実は去年から欲しいなと狙っていたんですけど、どんなパールがいいかな?って考えているうちに気づけば1年も経っていました…! これも、ひとつコーディネートに投入するだけで雰囲気が変えられるし、締まったスタイルにできそうだから今度こそ挑戦してみようと思います!」 

 超特急FASHION DICTIONARY vol.72は11月28日(日)! 乞うご期待!

INFORMATION

■今までの連載記事はコチラ!
超特急FASHION DICTIONARY

■超特急プロフィール
カイ、リョウガ、タクヤ、ユーキ、タカシの5人からなるメインダンサー&バックボーカルグループ。現在、新曲「같이 가자」(読み: カチ カジャ)、「Добрый день(読み:ドーブリジェン)」が配信中。さらにニューアルバム『Dance Dance Dance』が発売中! 2021年11月23日(火・祝)にはさいたまスーパーアリーナにて『BULLET TRAIN 10th Anniversary Super Special Live「DANCE DANCE DANCE」』が開催される。追加公演は12月26日(日)大阪城ホールにて。

■超特急10周年特設サイト bullettrain.jp/10th-Anniversary/

■超特急オフィシャルサイト bullettrain.jp/

■衣装クレジット

●文/渡辺 愛 撮影/杉江拓哉(TRON) スタイリング/小島竜太 ヘア&メイク/スギノトモユキ(NICOLASHKA)、岩下倫之

リアル目線のベスト時計BEST WATCH 2022 supported by THE CLOCK HOUSE
PR

リアル目線のベスト時計
BEST WATCH 2022 supported by THE CLOCK HOUSE

いよいよ2022年も総仕上げ! 今年はどんな腕時計が人気を博したのか? 日本全国に約240店舗を展開する国内最大の時計専門店チェーンであるザ・クロックハウスから、テーマごとのベストウオッチをリサーチ。選出された合計11本の時計を見れば、今のトレンドが見えてくる!

〈G-SHOCK〉はいつでも近くに。僕らの毎日に「2100」シリーズ。
PR

〈G-SHOCK〉はいつでも近くに。
僕らの毎日に「2100」シリーズ。

雲の上の憧れ高級時計から便利なスマートウォッチまで、現代はさまざまな時計であふれている。そんな中、唯一無二の存在感を放っているのが、そうG-SHOCK。圧倒的なタフネスとギア感・機能美にあふれたデザインで、オンでもオフでも活躍してくれるオンリーワンなブランドだ。膨大なラインナップを持つG-SHOCKの中で、今僕らが注目したいのは2019年に初登場した「2100」シリーズ。普段の生活に取り入れるなら、どんなモデルをどう使いこなすべきか。着こなしのサンプルとともにお届けしよう。

今冬は〈ディーゼル ウォッチ〉の新顔で。「黒」に映えるデジタルウオッチ
PR

今冬は〈ディーゼル ウォッチ〉の新顔で。
「黒」に映えるデジタルウオッチ

これから冬に向けてはとくに、ファッションにおいて「黒」が主役になる。存在感のある黒アウターを着る日もあれば、スタイリッシュなオールブラックの日もあるだろう。そんな「黒コーデ」になじむ、いや“映える”腕時計が、〈ディーゼル ウォッチ〉から登場! ブランドらしい大胆でスポーティなルックスが魅力の「MASTER CHIEF DIGITAL(マスター チーフ デジタル)」だ。インパクト抜群で着こなしの完成度を上げてくれる。

MAGAZINE- 別冊 -

FINEBOYS FINEBOYS+plus 時計 Vol.23
FINEBOYS FINEBOYS+plus BEAUTY VOL.6
FINEBOYS FINEBOYS+plus SUIT vol.38
FINEBOYS FINEBOYS+plus 靴 vol.19
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ2022秋冬
FINEBOYS FINEBOYS+plus 時計 Vol.22
FINEBOYS FINEBOYS+plus BEAUTY VOL.5
FINEBOYS FINEBOYS+plus 靴 vol.18
FINEBOYS FINEBOYS+plus SUIT vol.37
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ2022春夏

ページトップへ