• twitter
  • instagram
SEARCH

GIRLS- ガール -

2019.09.04

シンガー、モデルで大活躍中の鈴木愛理がファッション&プライベートを語る!

2017年6月に解散したアイドルグループ℃-ute(キュート)。そこで不動のエースとしてグループを支えてきた、鈴木愛理。昨年のソロデビューから約1年が経過。歌手活動に加えて、モデル、女優など充実した活動を送る鈴木愛理のファッションや私生活、さらには初のシングル「Escape(エスケープ)」にかけた思いをじっくりと聞いてきた。

■ソロ活動開始から1年。大人になった鈴木愛理のプライベートとは?

──ソロ活動を始めて1年が経ちました。変化はありましたか?
うーん……。変わったというよりかは、あっという間だったなって感じです。気がづいたら1年が経っていました。だけどこの1年が充実しすぎていて、3年分くらい詰まっていたような感覚があります(笑)。これだけいろんなことをしてきたのにまだ1年しか経ってないんだという驚きが強いですね。でもドラマや始球式など新しい仕事もたくさんあったので、その点では昔と変わったことのひとつかもしれないです

──25歳、”大人になったなぁ”と実感することってありますか?
あまり実感っていうものはないんですけど、ファッションに関してだと”長く使えるいいもの”を選ぶようになりました。今までは流行りのアイテムをお手ごろな価格で買っていたんですけど、最近はこれなら長く着れるだろうなっていうのを考えて買うようになりました。じつは20歳ころに大人っぽくなろう計画をしたんです。前髪を伸ばして、大人っぽくなろうみたいな。でも3日で諦めちゃったんですよ(笑)。自分のキャラと大人っぽい見た目が合わなすぎて辛かったんです(笑)。今でも前髪を伸ばしたい気持ちはあるんですけど、今はそれはあまり考えずに”自分に合う自分”でいようと思っています。■おひとりさま活動は継続中? ひとりでいるときの鈴木愛理のホントの自分とは!

──前回のインタビュー(鈴木愛理のおひとりさま論)からも1年。最近のおひとりさま活動は?
とくに新しいことっていうのはできていないんですけど、相変わらず基本は1人行動です。食事ももちろんソロが多いです。牛丼屋さんとかも普通に1人で入るんですけど、後輩の卒業ライブの後に1人で牛丼を食べてたらそのライブを見ていたファンの方とばったり遭遇なんてこともありました(笑)。”ライブの帰りにはうどん”じゃないのかよというツッコミをされないか心配だったんですけど、大丈夫でした(笑)。

──ではおひとりさま活動は今も充実しているってことですね!
はい! 1人でいる時間は大切にしています。でも1人でいると私ズボラになってしまうんです。家にいるときなんて、まあ、ズボラで。朝から晩までソファの上から動かずに過ごすこともあるぐらい(笑)。やる気が出るまでに時間がかかっちゃうんです。明日はお昼から予定あるから、”絶対に掃除するぞ”って思っても気持ちだけが掃除モードで全然動けないんです。腰が上がると早いんですけどそれまでに時間がかかるので、オフは3日欲しいです! 3日もあればダラダラしてても、3日目ぐらいには動けるから(笑)。

──そんな愛理さんは誰と遊ぶことが多いんですか?
 Ray専属モデル仲間の岡崎紗絵ちゃんと松元絵里花ちゃんは4日に1回くらい会ってます。「今日、表参道で15時から18時まで空いている人〜挙手!」みたいに3人のグループ LINEで送られてきて、都合のいいメンバーが集まるみたいな感じで頻繁に会ってます。空き時間に少しでも会える時間があればすぐに集まりますよ。前は20分で焼肉したこともあります(笑)。20分しかないから話すこと話して、ガンガン食べて、バイバイ!みたいな。LINEや電話もいいんですけど、できればちょっとでも会って話をしたいんですよね。会えない日が長く続くと、夜にテレビ電話とかもするくらい仲がいいんです。モデルを始めた当初はこんなにふうになるとは思ってなかったので、すごく私生活も充実しています。■待望の1stシングルがリリース! 「Escape(エスケープ)」にかける思いとは

──ソロになって初のシングル。この「Escape」を選んだ理由は?
この曲のイントロを聴いた瞬間に絶対シングルにしたいって、感覚的にビビッときたんです。後でわかったことだったんですけど、この曲は私が憧れているBoAさんの作詞・作曲をしている原さんという方に作っていただいたと知って、こういう曲が私は好きなんだって改めて思いました。シングルにしたいなとは思っていたんですけど、その時点では何も決まってなかったんですけど、曲に運命を感じたというか、シングルになってもならなくてもツアーのコンセプト曲にしたいって思ったんです。シングルとしてみなさんに聴いていただけるようになって本当にうれしいです。

──歌詞に「鬼さんこちら、手のなる方へ」と印象的な歌詞がありますが、恋愛は追いかける派?それとも追われる派どっちに憧れますか?
理想は追われる方がいいんですけど、でも結局追いかけちゃうタイプかもしれないです(笑)。少女漫画とか恋愛系のドラマとかよく見るんですけど、好きな男子を追いかける主人公を応援したくなっちゃうんです。でもいろんな本とか読んで気づいたんですけど、女性は追われる方が幸せになれるみたいなんです(笑)。追われる恋愛とか憧れますけど、まだ追いかけちゃうタイプの25歳なのかもしれないです。

──カップリング曲に「Escape」とだいぶ雰囲気が変わる「IDENTITY(アイデンティティ)」を選んだのは?
昨年のソロデビューアルバムの「Do me a faver(ドゥー ミー ア フェイバー)」のように、ダンスナンバーやロックを交えていろんな鈴木愛理を見てほしかったからです。「IDENTITY」はアイドル・鈴木愛理を知っている人は絶対好きだと思いますよ(笑)。じつはこの曲、Buono!(ボーノ)  の「初恋サイダー」と同じスタッフさんに頼んで作っていただいたんです。ソロデビューした最初のころ、「初恋サイダー」はどこで披露してもすごく盛り上がったんですよね。うれしいんですけど、やっぱり、ソロとなった鈴木愛理としては「初恋サイダー」にちょっと嫉妬! それを超えるソロ曲を作りたいなって思ったんです。だから「初恋サイダー」と同じスタッフに再集結してもらって作っていただきました。ファンのみなさんと一緒に歌えるポイントがあるので、ライブに来られる方は絶対に覚えてきてほしい! もちろん「Escape」もしっかり聴きこんでくださいね!

現在発売中のFINEBOYS9月号では撮り下ろし企画「僕の先輩は、鈴木愛理。」を掲載中!すずき・あいり/1994年4月12日生まれ。千葉県出身。2002年、8歳のときに約3万名の応募の中からハロー!プロジェクトキッズに選ばれキャリアがスタート。2003年にハロー!プロジェクト内のユニット「あぁ!」のメンバーとなりCDデビューを果たす。そして2005年にアイドルグループ「℃-ute (キュート)」を結成。2007年2月にメジャーデビューシングル「桜チラリ」をリリース。2007年には℃-uteの活動と並行して「Buono!」としても活動を始める。2015年には女性ファッション雑誌「 Ray(レイ)」の専属モデルに抜擢され現在も活躍中。2017年5月に「Buono!」、同年6月にはさいたまスーパーアリーナ公演をもって「℃-ute 」が解散し、自身もハロー!プロジェクトを卒業。それから約1年後に2018年6月にアルバム『 Do me a favor』でソロヴォーカリストデビュー。同年7月にはソロで初めての日本武道館公演を開催した。そして、1stアルバム以来のリリースとなる待望の1stシングル「 Escape(エスケープ)」を2019年9月4日(水)に発売。12月には2ndアルバムのリリースも発表。そして来年、2020年4月21日(火)に神奈川・横浜アリーナでのライブが決定している。

9月4日(水)リリース
「Escape」通常盤A
zetima
(Single) 


撮影/杉江拓哉(TRON) スタイリング/佐藤英恵(DRAGONFRUITS) ヘア&メイク/森川 誠(PEACE MONKEY)

”らしさ”満載〈ディーゼル ウォッチ〉の新作男らしい手元にはこんなギミックの効いた時計で。
PR

”らしさ”満載〈ディーゼル ウォッチ〉の新作
男らしい手元にはこんなギミックの効いた時計で。

そろそろ秋に向けて着こなしをアップデートしたい——。ならまずは、毎日身につける腕時計から新鮮さを足してみない? 〈ディーゼル ウォッチ〉の新作「グリフド コレクション」は武骨なディテールはもちろん服に負けない存在感も魅力。男心くすぐるこの”新顔”は絶対見逃せない! さらに、今回はこの「グリフド コレクション」の4モデルを各1名様にプレゼント。秋冬ファッションを彩る1本をぜひゲットして!

専属モデル杉野遥亮がRECOMMEND!ディーゼルのNEWバッグ。 VOL.02ロゴバッグ
PR

専属モデル杉野遥亮がRECOMMEND!ディーゼルのNEWバッグ。 VOL.02
ロゴバッグ

シンプルなアイテムを着ていると、その反動なのかちょっと主張できるものが欲しくなるもの。それはバッグも同じ。とはいえ、主張しすぎるデザインは毎日のコーディネートに合わせるのはちょっと難しい。そんなバッグ選びの悩みに終止符を打てるのが、この〈ディーゼル〉のロゴバッグ。過度に見えないシンプルな書体、だけど地味にならない絶妙なバランス感が最高! 見逃すのはもったいない!

〈ASICS〉の最新作は機能とデザインが両立僕らの日常になじむ2つの“GEL-QUANTUM”
PR

〈ASICS〉の最新作は機能とデザインが両立
僕らの日常になじむ2つの“GEL-QUANTUM”

走れるうえに、洒落ていること――昨今のスニーカーシーンの盛り上がりはこのマインドによる欲求なしには語れないだろう。それはアクティブな趣味を持つ大人たちが、ライフスタイルを謳歌するなかで1足に求める汎用性や機能性を追求し続けてきた結果なのかもしれない。〈ASICS〉の新作“GEL-QUANTUM”シリーズはまさにそんな欲求を具現化した1足だ。

今シーズンも〈ASICSTIGER〉から目が離せない東京のストリートに映えるスニーカー&ウエアを発見。
PR

今シーズンも〈ASICSTIGER〉から目が離せない
東京のストリートに映えるスニーカー&ウエアを発見。

暑さもすっかり落ち着いてきたこの時季は、街を流して駆け抜けるのに気持ちがよい季節。そんなとき、〈アシックスタイガー〉のスニーカーとウエアは見た目はもちろん、機能的にも心地がいい。今日もいつものスタイルに着替えて、東京ストリートを颯爽と走り抜けていく。

フランスの名門〈LACOSTE〉の新作シューズ大人のストリートスタイルは抜かりない足元から、はじまる。
PR

フランスの名門〈LACOSTE〉の新作シューズ
大人のストリートスタイルは抜かりない足元から、はじまる。

ラコステといえば“オーセンティック”なデザインを想像する人は多いだろう。そのイメージで間違いないのだけど、ここ最近のラコステはそれだけではない。トレンドでもある“ゆるさ”をシルエットや柄、マテリアルといったディテールワークで巧みに取り入れて、大人が合わせやすいアイテムで流行りのストリート感が表現できる。それは靴も然り。高感度と安定感のハイブリッドはラコステならでは。

〈SUPRA〉の人気モデル、スカイトップⅡが日本で復刻。日本別注の限定モデルはストリートで存在感を発揮する
PR

〈SUPRA〉の人気モデル、スカイトップⅡが日本で復刻。
日本別注の限定モデルはストリートで存在感を発揮する

LAやTOKYOなど世界主要都市に旗艦店を持ち、ビッグブランドとして不動の地位を築いたスープラ。にもかかわらずストリートという軸がブレることはない。海外セレブも然り、主張のある靴は世界中にファンがいる。だからこそ、このモデルは日本限定で復刻というローカル感にやられる。ピックアップされたのはスカイトップのセカンドモデル。世界を見渡す靴好きならば、このレア度に共感するはず。

MAGAZINE- 別冊 -

FINEBOYS FINEBOYS+plus 靴vol.13発売中!
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ'19-'20秋冬
FINEBOYS FINEBOYS時計 Vol.16
FINEBOYS FINEBOYS plus SUIT Vol.31 ’19春夏号
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ 2019春夏号
FINEBOYS
FINEBOYS
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ’18‐’19秋冬
FINEBOYS FINEBOYS時計 Vol.14
FINEBOYS FINEBOYS plus SUIT Vol.29

ページトップへ