• twitter
  • instagram
SEARCH

INTERVIEW- インタビュー -

2019.06.16

新世代バンド、Halo at 四畳半のファッション事情に迫る!

6月5日(水)に7曲入りの新作ミニアルバム『from NOVEL LAND』を発売した、Halo at 四畳半。今作は新たな挑戦が盛りだくさんという自信作。新境地を見出し、ますますパワーアップする彼らに、本作の聴きどころから普段のファッションまでインタビューしてきました!

左から片山僚(Dr)、渡井翔汰(Vo&Gu)、白井將人(Ba)、齋木孝平(Gu)

■FB読者と年齢が近い、4人のファッションスタイルとは?

──みなさんの普段のファッションを教えてください

渡井翔汰(以下「渡井」)「今の時季は、だいたいシャツを着ています。ガタイがいいのがコンプレックスなんですけど、それを隠してくれるようなゆるっとしたシャツが好きです。ボトムスは大抵スキニーかワイドなスラックス。基本シンプルな格好をしています」

白井將人(以下「白井」)「僕はいつもモノトーンコーデです。うちのクローゼットは白と黒がズラッと並んでいて圧巻ですよ(笑)。シルエットはAラインかVラインのメリハリがあるスタイルが好きですね。ガリガリの体型を隠すためでもあるんですけど……(笑)」

齋木孝平(以下「齋木」)「パーカやシャツなど、はおりものが好きです。夏の定番は短パン。暑いと楽な格好がしたくなるんですよね」

片山僚(以下「片山」)「ファッションはシンプルで楽、がテーマです。レイヤードはあまりせず、気に入ったものを1枚でサラッと着るのが定番。無印良品のアパレルの雰囲気も好きで、サイズ感はゆったり、デザインはシンプルなものに惹かれます」

──最近買ったものでお気に入りのものはありますか?

白井「今日も着ているスリーピングタブレットというブランドのロンTが最近のヒット服です。1枚でも重ねてもイケるオールマイティさがお気に入りのポイントですね」

渡井「最近あまり服を買っていなくて……。近々買う予定なのはスニーカー。かわいいデザインのものが欲しいなと思ってます。NIKEiDで自分好みの一足を作るのもいいなぁ」
 

NEXT

2/2PAGE

新作に盛り込まれた新しい挑戦とは

 
 

 
■バンドの枠が広がった意欲作!

──新作『from NOVEL LAND』はどんな仕上がりになっていますか?

渡井「メジャーとしては初のミニアルバムで、さまざまな音楽を取り入れた意欲作になっています! 具体的には、ストリングスや電子音など、4人のサウンド以外の音が入ったこと。怖い部分もありましたが、いざ出来上がってみたらハロらしい音源になりました」

白井「ツアーをまわりながらの制作で、時間がない中でたくさん曲を作ったこともあり、ジャストアイデアをたくさん入れることができました。音像は細かく作りつつも、初期衝動感もあるおもしろいバランスになっていると思います!」

齋木「今までよりも時間がなかったし、ビジョンも明確に決まらないまま制作に突入しましたが、仕上がりは想定外、いや想定以上でした。はじめの段階のアイデアからは別物と言ってもいいほど、進化した1枚になっています」

片山「普段はあまりやらないことを積極的に取り入れられたのがよかったですね。以前だったら思いついてもやらなかったことを採用したことで、ハロの新しい境地が開けて、今までの作品とは違った仕上がりになりました!」

──みなさんが思う聴きどころはどこでしょうか?

渡井「2曲目の『リビングデッド・スイマー』ですね。amazarashi(アマザラシ)などのプロデュースをしている出羽良彰さんにアレンジを依頼したことで、今までは生まれ得なかったサウンドになっています。もちろん僕ららしさも詰まっているので、そのあたりにも注目して聴いてもらいたいです」

片山「4曲目の『スケイプ・ゴート』の、後半リズムがコロコロ変わって最後のサビに向けて一気に畳み掛けるところ! 個人的に、よくまとまっていてバランスよく、圧倒されるようなアレンジになったと自負しています」

白井「僕はアルバムのラストを飾る『メイライト』を聴いてもらいたいですね。じつは弦楽器としてのベースはほとんど入っていない曲なんです。曲のためにあえて弾かないという決断をできたのも、7年間の活動の中で色々経験してきたからこそ。そんな僕らの成長という背景も踏まえて聴いてもらえたら!」

齋木「1曲目の『スイング・バイ』を聴いてほしいです。この曲は歌詞ができてからギターをつけたんですが、歌詞がギターを呼んでくれた感覚で。絵を描くようにフレーズをつけることができました。とくにCメロの宇宙を漂っているような感じが聴きどころです」

──最後にFINEBOYS読者へひとことお願いします!

渡井「今作は、“挫折しても進んでいこうぜ!”というような前向きな応援ソングが多いので、聴けばきっと気持ちに変化が生まれるはず。いろいろと思い悩むことも多い多感な青春を送るFINEBOYS読者のみなさんには、ぜひ聴いてもらいたい1枚です!」

★発売中のFINEBOYS7月号では愛用のカバンとその中身を公開中!

Halo at 四畳半『from NOVEL LAND』
日本コロムビアより発売中!



INFORMATION

プロフィール/2012年結成、千葉県佐倉市出身の4人組バンド。インディーズを経て、昨年日本コロムビア/TRIADよりメジャーデビュー。待望の新作を引っさげ、7月19日(金)には自身最大規模のワンマンライブをZeppダイバーシティ東京にて開催予定。公式HP→haloat4johan.com

 

文/山下皓平 撮影/田中利幸 ヘア&メイク/野口 悠

専属モデル杉野遥亮がRECOMMEND!ディーゼルのNEWバッグ。 VOL.03デニムバッグ
PR

専属モデル杉野遥亮がRECOMMEND!ディーゼルのNEWバッグ。 VOL.03
デニムバッグ

オシャレと実用性の両方が求められるバッグって、選ぶのがなかなか難しい。ましてや、どんなコーディネートにも合う、まわりの人とかぶらないって話になると難易度がさらに上がってくるはず。そんなバッグ探しに終止符を打ってくれるのが〈ディーゼル〉のデニムバッグシリーズ。シンプルな見た目は着こなしに溶け込むし、ブランドを象徴するタフなデニム使いで、個性も、実用性もバッチリだ!

カンゴールで見つけた最新秋服オススメ10選
PR

カンゴールで見つけた最新秋服オススメ10選

あのカンゴールの最新秋服を、ZOZOTOWNなどで人気を博すECブランドMONO-MART(モノマート)が別注! キミのワードローブに取り入れるだけでオシャレに格上げされる10のトレンド服をピックアップした。挑戦しやすいシンプルなデザインとリーズナブルな価格帯にも注目してほしい。

トレンドをコスパよく押さえたアベイルの新作!秋の着こなしは”カフェオレカラー”でハズレなし!
PR

トレンドをコスパよく押さえたアベイルの新作!
秋の着こなしは”カフェオレカラー”でハズレなし!

厳しい残暑の中でも、ファッション高感度な人ほど秋支度は急ピッチに進んでいる。トレンドにいち早く反応するショップ、アベイルならコスパよく揃えられる。ってことで、今回はイチオシの秋コーデをピックアップ! 移り行く季節に、何を買っていいか分からない人は特に必見だよ!

〈ASICS〉の最新作は機能とデザインが両立僕らの日常になじむ2つの“GEL-QUANTUM”
PR

〈ASICS〉の最新作は機能とデザインが両立
僕らの日常になじむ2つの“GEL-QUANTUM”

走れるうえに、洒落ていること――昨今のスニーカーシーンの盛り上がりはこのマインドによる欲求なしには語れないだろう。それはアクティブな趣味を持つ大人たちが、ライフスタイルを謳歌するなかで1足に求める汎用性や機能性を追求し続けてきた結果なのかもしれない。〈ASICS〉の新作“GEL-QUANTUM”シリーズはまさにそんな欲求を具現化した1足だ。

今シーズンも〈ASICSTIGER〉から目が離せない東京のストリートに映えるスニーカー&ウエアを発見。
PR

今シーズンも〈ASICSTIGER〉から目が離せない
東京のストリートに映えるスニーカー&ウエアを発見。

暑さもすっかり落ち着いてきたこの時季は、街を流して駆け抜けるのに気持ちがよい季節。そんなとき、〈アシックスタイガー〉のスニーカーとウエアは見た目はもちろん、機能的にも心地がいい。今日もいつものスタイルに着替えて、東京ストリートを颯爽と走り抜けていく。

フランスの名門〈LACOSTE〉の新作シューズ大人のストリートスタイルは抜かりない足元から、はじまる。
PR

フランスの名門〈LACOSTE〉の新作シューズ
大人のストリートスタイルは抜かりない足元から、はじまる。

ラコステといえば“オーセンティック”なデザインを想像する人は多いだろう。そのイメージで間違いないのだけど、ここ最近のラコステはそれだけではない。トレンドでもある“ゆるさ”をシルエットや柄、マテリアルといったディテールワークで巧みに取り入れて、大人が合わせやすいアイテムで流行りのストリート感が表現できる。それは靴も然り。高感度と安定感のハイブリッドはラコステならでは。

〈SUPRA〉の人気モデル、スカイトップⅡが日本で復刻。日本別注の限定モデルはストリートで存在感を発揮する
PR

〈SUPRA〉の人気モデル、スカイトップⅡが日本で復刻。
日本別注の限定モデルはストリートで存在感を発揮する

LAやTOKYOなど世界主要都市に旗艦店を持ち、ビッグブランドとして不動の地位を築いたスープラ。にもかかわらずストリートという軸がブレることはない。海外セレブも然り、主張のある靴は世界中にファンがいる。だからこそ、このモデルは日本限定で復刻というローカル感にやられる。ピックアップされたのはスカイトップのセカンドモデル。世界を見渡す靴好きならば、このレア度に共感するはず。

MAGAZINE- 別冊 -

FINEBOYS FINEBOYS+plus SUIT vol.32
FINEBOYS FINEBOYS+plus 靴vol.13発売中!
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ'19-'20秋冬
FINEBOYS FINEBOYS時計 Vol.16
FINEBOYS FINEBOYS plus SUIT Vol.31 ’19春夏号
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ 2019春夏号
FINEBOYS
FINEBOYS
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ’18‐’19秋冬
FINEBOYS FINEBOYS時計 Vol.14

ページトップへ