• twitter
  • instagram
SEARCH

INTERVIEW- インタビュー -

2019.06.16

新世代バンド、Halo at 四畳半のファッション事情に迫る!

6月5日(水)に7曲入りの新作ミニアルバム『from NOVEL LAND』を発売した、Halo at 四畳半。今作は新たな挑戦が盛りだくさんという自信作。新境地を見出し、ますますパワーアップする彼らに、本作の聴きどころから普段のファッションまでインタビューしてきました!

左から片山僚(Dr)、渡井翔汰(Vo&Gu)、白井將人(Ba)、齋木孝平(Gu)

■FB読者と年齢が近い、4人のファッションスタイルとは?

──みなさんの普段のファッションを教えてください

渡井翔汰(以下「渡井」)「今の時季は、だいたいシャツを着ています。ガタイがいいのがコンプレックスなんですけど、それを隠してくれるようなゆるっとしたシャツが好きです。ボトムスは大抵スキニーかワイドなスラックス。基本シンプルな格好をしています」

白井將人(以下「白井」)「僕はいつもモノトーンコーデです。うちのクローゼットは白と黒がズラッと並んでいて圧巻ですよ(笑)。シルエットはAラインかVラインのメリハリがあるスタイルが好きですね。ガリガリの体型を隠すためでもあるんですけど……(笑)」

齋木孝平(以下「齋木」)「パーカやシャツなど、はおりものが好きです。夏の定番は短パン。暑いと楽な格好がしたくなるんですよね」

片山僚(以下「片山」)「ファッションはシンプルで楽、がテーマです。レイヤードはあまりせず、気に入ったものを1枚でサラッと着るのが定番。無印良品のアパレルの雰囲気も好きで、サイズ感はゆったり、デザインはシンプルなものに惹かれます」

──最近買ったものでお気に入りのものはありますか?

白井「今日も着ているスリーピングタブレットというブランドのロンTが最近のヒット服です。1枚でも重ねてもイケるオールマイティさがお気に入りのポイントですね」

渡井「最近あまり服を買っていなくて……。近々買う予定なのはスニーカー。かわいいデザインのものが欲しいなと思ってます。NIKEiDで自分好みの一足を作るのもいいなぁ」
 

NEXT

2/2PAGE

新作に盛り込まれた新しい挑戦とは

 
 

 
■バンドの枠が広がった意欲作!

──新作『from NOVEL LAND』はどんな仕上がりになっていますか?

渡井「メジャーとしては初のミニアルバムで、さまざまな音楽を取り入れた意欲作になっています! 具体的には、ストリングスや電子音など、4人のサウンド以外の音が入ったこと。怖い部分もありましたが、いざ出来上がってみたらハロらしい音源になりました」

白井「ツアーをまわりながらの制作で、時間がない中でたくさん曲を作ったこともあり、ジャストアイデアをたくさん入れることができました。音像は細かく作りつつも、初期衝動感もあるおもしろいバランスになっていると思います!」

齋木「今までよりも時間がなかったし、ビジョンも明確に決まらないまま制作に突入しましたが、仕上がりは想定外、いや想定以上でした。はじめの段階のアイデアからは別物と言ってもいいほど、進化した1枚になっています」

片山「普段はあまりやらないことを積極的に取り入れられたのがよかったですね。以前だったら思いついてもやらなかったことを採用したことで、ハロの新しい境地が開けて、今までの作品とは違った仕上がりになりました!」

──みなさんが思う聴きどころはどこでしょうか?

渡井「2曲目の『リビングデッド・スイマー』ですね。amazarashi(アマザラシ)などのプロデュースをしている出羽良彰さんにアレンジを依頼したことで、今までは生まれ得なかったサウンドになっています。もちろん僕ららしさも詰まっているので、そのあたりにも注目して聴いてもらいたいです」

片山「4曲目の『スケイプ・ゴート』の、後半リズムがコロコロ変わって最後のサビに向けて一気に畳み掛けるところ! 個人的に、よくまとまっていてバランスよく、圧倒されるようなアレンジになったと自負しています」

白井「僕はアルバムのラストを飾る『メイライト』を聴いてもらいたいですね。じつは弦楽器としてのベースはほとんど入っていない曲なんです。曲のためにあえて弾かないという決断をできたのも、7年間の活動の中で色々経験してきたからこそ。そんな僕らの成長という背景も踏まえて聴いてもらえたら!」

齋木「1曲目の『スイング・バイ』を聴いてほしいです。この曲は歌詞ができてからギターをつけたんですが、歌詞がギターを呼んでくれた感覚で。絵を描くようにフレーズをつけることができました。とくにCメロの宇宙を漂っているような感じが聴きどころです」

──最後にFINEBOYS読者へひとことお願いします!

渡井「今作は、“挫折しても進んでいこうぜ!”というような前向きな応援ソングが多いので、聴けばきっと気持ちに変化が生まれるはず。いろいろと思い悩むことも多い多感な青春を送るFINEBOYS読者のみなさんには、ぜひ聴いてもらいたい1枚です!」

★発売中のFINEBOYS7月号では愛用のカバンとその中身を公開中!

Halo at 四畳半『from NOVEL LAND』
日本コロムビアより発売中!



INFORMATION

プロフィール/2012年結成、千葉県佐倉市出身の4人組バンド。インディーズを経て、昨年日本コロムビア/TRIADよりメジャーデビュー。待望の新作を引っさげ、7月19日(金)には自身最大規模のワンマンライブをZeppダイバーシティ東京にて開催予定。公式HP→haloat4johan.com

 

文/山下皓平 撮影/田中利幸 ヘア&メイク/野口 悠

存在感のある手元は〈ディーゼル ウォッチ〉の新作で半ソデコーデに"映える" 個性派デジタル、登場!
PR

存在感のある手元は〈ディーゼル ウォッチ〉の新作で
半ソデコーデに"映える" 個性派デジタル、登場!

身に纏うアイテムが減る夏は、小物に気合いを入れたいところ。〈ディーゼル ウォッチ〉の’90s スポーツコレクションは、ベルトのビンテージロゴとメカニックなデジタル顔が特徴。半ソデから伸びる手元を、3 針時計にはないインパクトで大胆&軽快に彩ってくれる!

存在感のある手元は〈ディーゼル ウォッチ〉の新作で半ソデコーデに"映える" 個性派デジタル、登場!
PR

存在感のある手元は〈ディーゼル ウォッチ〉の新作で
半ソデコーデに"映える" 個性派デジタル、登場!

身に纏うアイテムが減る夏は、小物に気合いを入れたいところ。〈ディーゼル ウォッチ〉の’90s スポーツコレクションは、ベルトのビンテージロゴとメカニックなデジタル顔が特徴。半ソデから伸びる手元を、3 針時計にはないインパクトで大胆&軽快に彩ってくれる!

MAGAZINE- 別冊 -

FINEBOYS FINEBOYS時計 Vol.16
FINEBOYS FINEBOYS plus SUIT Vol.31 ’19春夏号
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ 2019春夏号
FINEBOYS
FINEBOYS
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ’18‐’19秋冬
FINEBOYS FINEBOYS時計 Vol.14
FINEBOYS FINEBOYS plus SUIT Vol.29
FINEBOYS FINEBOYS靴 vol.10
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ 2018春夏

ページトップへ