• twitter
  • instagram
SEARCH

INTERVIEW- インタビュー -

2019.11.20

人気俳優の黒羽麻璃央はセットアップとダウンジャケットにどハマり中!

ミュージカル『テニスの王子様』、ミュージカル『刀剣乱舞』などミュージカルやドラマ、映画で幅広く活躍する黒羽麻璃央にファッションインタビュー! 「気に入ったものは衝動買いしてしまう」と話す彼には今季の最強アイテムが2つあるらしい。冬に大活躍する、彼のお気に入りアイテムたちについて熱く語ってもらった。



「冬はやっぱりダウンジャケットが最強です!」

ーー普段はどんなテイストの服を着ますか?

「モードっぽいアイテムを着ることが多いですね。でもがっつりモード系というよりはちょっとシティっぽさもある感じが好き。とくに気に入っているブランドが「CLANE(クラネ)」や「N.HOOLYWOOD(N・ハリウッド)」。最近はもうこの2ブランドでしか買い物をしていないような気がします。いろんなお店に行って服を見るよりも、お気に入りのお店を決めて服を見るほうが楽だなって思いはじめたんです。だからちょっとした時間があればお店に立ち寄って服探しをしています。そこでいいなと思ったアイテムはその日に買っちゃいますね。いわゆる衝動買いをしてしまいます。そのせいもあって最近クローゼットに服が増えすぎているのが悩みです(笑)。いい悩みなんですけど、”そろそろ断捨離しないとなー”なんて思ってます」



ーー最近買ったアイテムでお気に入りのものはなんですか?

「セットアップを買いました! 最近、セットアップの楽さとカッコよさに気づいてしまったんですよね。この秋だけでブラック、ネイビー、カーキの3着も買ってしまったんです。スーツとかって着るだけでカッコよく見えるじゃないですか。セットアップもそれと同じで、それだけでカッコよくキマるので、個人的な今季のトレンドアイテムになってます。最近はカチッとした服装をすることが多く、フォーマルな場所でもオシャレができるのでヘビロテしています」



ーーこの冬に着たいものってありますか?

「今年の冬に限らず、冬はやっぱりダウンジャケットが好きです。去年ダウンジャケットを買ったんですけどそこからハマりました。とにかく軽いし、暖かいし、カッコいい。一度ダウンジャケットを着てしまったがゆえに、冬にほかのアウター着れなくなっちゃいました(笑)。薄手のロンTとかスウェットの上にはおるだけで暖かいから本当にクセになります。極論ですけどパジャマの上に着ても、フロントを閉じればサマになってしまうからもう手放せないですね。仕事で朝早い日とかはサッとはおってそのまま出かけることもできるから本当に助かります。なので今年もダウンジャケットを買おうかなって思っています。というのも、最近体を鍛えているせいで服のサイズをワンサイズアップさせないと、今のやつだとちょっとパツパツになってしまうんですよね。なので今年はワンサイズ上のダウンを新調しようかなって思っています!」

INFORMATION

◼︎プロフィール
黒羽麻璃央(くろば まりお)。ドラマ「寝ないの?小山内三兄弟」(日本テレビ系毎週火曜24:59~)で長男の唯一役を熱演。映画では11月15日(金)に公開された『恐怖人形」に出演。さらに「LIFE!presents 忍べ!右左エ門~THE SKY ATTACK~」(NHK総合12月26日22:00〜)にも出演決定。2020年には、ドラマ「LINEの答えあわせ」(日本テレビ系)や4月9日スタートのミュージカル「エリザベート」にも出演予定。

◼︎映画「恐怖人形」の公式ホームページはこちら

◼︎ミュージカル「エリザベート」の公式ホームページはこちら

◼︎Twitter/@m_kuroba 
◼︎Instagram/@mario_kuroba

●撮影/榎本洋輔 スタイリング/ホカリ キュウ ヘア&メイク/ハルカ(Lomalia)

アベイルでコスパよく! 浮いたお金はデート代に。モテたい男が実践するべきデート服!
PR

アベイルでコスパよく! 浮いたお金はデート代に。
モテたい男が実践するべきデート服!

クリスマス、カウントダウン、初詣。イベント盛りだくさんな年末年始はデートチャンスが多い。気になるあの子と急なデート!? なんてことも勝手に期待しちゃうってもの。そこで準備しておきたいのがデート服。(すでにデートが決まっているうらやましい男子も必見! ) 失敗しない好印象なコーディネートを紹介する。トレンド感が高く作りもいい、そんでもってリーズナブルなショップ、アベイルで買えば浮いた洋服予算をご飯代やプレゼント代に回せるし。彼女を喜ばせるために賢くいこう!

〈ザ・クロックハウス〉オリジナルウオッチのもうひとつの選択肢高見えの“リーズナブルシリーズ”
PR

〈ザ・クロックハウス〉オリジナルウオッチのもうひとつの選択肢
高見えの“リーズナブルシリーズ”

すべて1万円以下と驚くほどにリーズナブルなのに、“高見え”なグッドデザイン。〈ザ・クロックハウス〉オリジナルウオッチには、そんな優等生なシリーズも展開されている。

僕らのコーデは〈カルバン・クライン ウォッチ〉で変わる!ブルゾンにもコートにも、やっぱり時計は黒がいい。
PR

僕らのコーデは〈カルバン・クライン ウォッチ〉で変わる!
ブルゾンにもコートにも、やっぱり時計は黒がいい。

合わせるアウターを選ばない都会的でミニマルなデザイン。それでいて、スイスメイドという確かな信頼もある。僕らの「こんな時計が欲しい!」をいつも体現しているのが〈カルバン・クライン ウォッチ〉。今冬届いた新作は、控えめに、だけど強さが宿る黒だった―。

ちょっと大人な〈Gショック〉が今の気分!定番と新色、2つの時計で作る僕らの冬スタイル
PR

ちょっと大人な〈Gショック〉が今の気分!
定番と新色、2つの時計で作る僕らの冬スタイル

僕らの着こなしは、やっぱり気負わないカジュアルが基本。だけど子供っぽく見られるのは避けたい――。そんなときにぴったりなのが、〈Gショック〉が今季押し出す2 色の「Gスチール」。装いの格を上げてくれる時計は、この冬の重要なピースになるに違いない。

〈G-SHOCK〉の新作“GM-5600”は絶妙の甘辛バランスメタルフェイスの硬質感と柔らかな装着感を両取り!
PR

〈G-SHOCK〉の新作“GM-5600”は絶妙の甘辛バランス
メタルフェイスの硬質感と柔らかな装着感を両取り!

1983年発売の“5600シリーズ”から硬質なステンレスベゼルが男心をくすぐるメタルフェイスモデルが登場。スタンダードな機能とソフトな着用感を実現するウレタンバンドはそのままに、タフなルックスを取り入れ反転液晶でファッション性も追求。進化に磨きをかけた新5600シリーズに注目だ。

MAGAZINE- 別冊 -

FINEBOYS FINEBOYS+plus 時計 Vol.17
FINEBOYS FINEBOYS+plus SUIT vol.32
FINEBOYS FINEBOYS+plus 靴vol.13発売中!
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ'19-'20秋冬
FINEBOYS FINEBOYS時計 Vol.16
FINEBOYS FINEBOYS plus SUIT Vol.31 ’19春夏号
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ 2019春夏号
FINEBOYS
FINEBOYS
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ’18‐’19秋冬

ページトップへ