• twitter
  • instagram
SEARCH

INTERVIEW- インタビュー -

2020.02.12

かわいいを更新し続ける声優・小倉唯が理想のデートを妄想したら……?

アニメ「HUGっと!プリキュア」キュアエトワール役ほか、数々の人気作品に出演する大人気声優の小倉唯。透明感のある声はもちろん、美女揃いの声優界でも群を抜いてキュートなルックスと抜群のパフォーマンス力でアーティストとしても進化を続ける彼女。ファンが口をそろえて”プロフェッショナル”と語るゆいゆいの他では見られない表情が見たい! というFINEBOYSのワガママにこたえ、いつもと違う装いで登場してくれた。普段はなかなか聞けないファッションの話や、ニューシングル「I・LOVE・YOU‼」に込めた思いまでたっぷり

お洋服もコスメも大好き♥ 等身大の女子、小倉唯

――いつもはガーリーな洋服のイメージですが、カジュアルなものもすごくお似合いです!

「いつもと雰囲気が違ってドキドキしてます……! でも、ふだんはけっこうラフなお洋服を着ることも多いんですよ、楽ちんだから(笑)。とくにアフレコのときはマイクに音が入っちゃいけないので、アクセサリー類をつけないようにしたり、洋服も擦れて音が出ないものを選んだりしていますね。これは声優あるあるかもしれないです(笑)! あとは、私は背が低いのでヒールが必須なんです。アフレコのときマイクの高さに合うように……というのもありますし、ふだんもヒールのほうがバランスがよく見える気がするので」

――じゃあ、今日みたいなペタンコブーツはレアですね。

「レアだと思います! こういうブーツ、ゴツく見えちゃわないかなって不安だったんですけど……色がホワイトだと女のコっぽくてかわいい♥ この衣装はベレー帽がかわいいなと思ったのでおでこを出してみたり、ニットの色がキレイだったのでチークの色を合わせたり、自分の中でいろいろ挑戦してみました。お洋服に合わせてメイクやヘアをあれこれ考えるの、ふだんから大好きなんです!」

――プライベートでヘアアレンジはよくしますか?

「します! でも、自分の髪を触るより人にやってあげるほうが好き。夏にお友達と花火大会に行くってなったときも、友達の髪型を浴衣に合わせてアップにアレンジしたりしました。けっこう評判もよかったのでうれしかったー♥」

理想の春デートは……♥

――もし今日着た衣装でデートに出かけるとしたら、どんな場所に行きたいですか?

「え~!デートですか……! どこがいいかなぁ。2着とも大人っぽいけどカジュアルな雰囲気だから、映画と観た後ゆっくりランチとか憧れますね♥ あ、でもせっかくオシャレしてるので、一緒にお買い物するとかもいいですね!」

――暖かくなったらやっぱり外に出たいですよね。

「それが、私じつは花粉症なので春はつらいんです……悲しい。でも今、春物のコートが欲しいな~と思っているので、今日みたいにオシャレして買い物に出かけるモチベーションを上げられたらいいなぁ(笑)」

初心に戻った新シングル「I・LOVE・YOU‼」

――バレンタイン直前、2月12日(水)に11thシングル「I・LOVE・YOU‼」が発売されますね。

「はい! ”私らしさ”を詰め込んだキュートでポップなLOVEソングになっています。今回は初めて企画プロデュースを担当したんですが、リリースがバレンタイン時季ということもあって”私からファンのみなさんへのプレゼント”というテーマで企画しました」

――前作までいろいろな曲調にチャレンジされているなと感じたのですが、今回は久しぶりに“ゆいゆい節”全開といった感じですね。

「まさにそうなんです。今回が11枚目のシングルなんですけど、11っていう数字を考えたとき、”10”っていう節目の数字を超えた次への1歩目だなと思ったんです。なので、前作(「Destiny」)まで新しい曲調にいろいろ挑戦してきたうえで、11枚目は改めて初心に戻る……じゃないですけど、“私らしさ”を一番出せるような曲にしようと思って、あえてこういう世界観を選びました!」

――サビで繰り返される「I・LOVE・YOU‼」というフレーズが印象的です。作詞をする上で意識したことは何でしょう?

「曲をお願いする段階から、サビに繰り返し同じフレーズが出てくるように、というのは決めていて。そのうえで私からファンのみなさんへ感謝と愛情を伝えられるようなキャッチーなフレーズを考えたら、ストレートな“I・LOVE・YOU‼”という言葉が一番いいのかな、と思って決めました」

――MVもとてもかわいらしいです!

「恋する女のコと、それを応援するチアと2人の私が出てきます! じつは今までのシングルのMVをオマージュしたシーンがいくつか出てくるので、今までずっと私を知ってくださっている方は”あっ!”ってなるシーンがたくさんあると思います」

 

 

――5月にはライブツアーも控えていますね。改めて意気込みをお願いします!

「ツアーもみなさんに楽しんでもらえるように、今からたくさんいろいろ考えています! 今回リリースした「I・LOVE・YOU‼」はツアー直前のシングルになるので、たくさん聞いていただいて、ツアーに向けてどんどん盛り上がってもらえたらうれしいです♥」

ニューシングル「I・LOVE・YOU‼」発売中!


INFORMATION

おぐら・ゆい。1995年8月15日生まれ。群馬県出身。アニメ「HUGっと!プリキュア」他、多くの話題作で活躍する大人気声優。声優としてのほか、ソロアーティストとしても活動中で2月12日(水)に11thシングル「I・LOVE・YOU‼」をリリースする。5月からはライブツアー「小倉 唯LIVE TOUR 2020『#LOVE call』」の開催も決定。

公式Twitter/@OY_A_Official
公式Instagram/@yui_ogura_official

撮影/杉江拓哉(TRON) スタイリング/武久真理江 ヘア&メイク/哘 絵美子

〈ドルチェ&ガッバーナ ビューティ〉×ジェシー、旬なオトコと旬な香り。ユニセックスなフレグランスで 大人の余裕と清潔感を。
PR

〈ドルチェ&ガッバーナ ビューティ〉×ジェシー、旬なオトコと旬な香り。
ユニセックスなフレグランスで 大人の余裕と清潔感を。

魅力的な人からは魅力的な香りがするように、何気なくまとう香りにこそ、人の本質が表れる。逆に言えば、フレグランス次第で 自分を高めることも可能。ならば今手に取りたいのは〈ドルチェ&ガッバーナ ビューティ〉の〝ライトブルー オードトワレ〞。 今一番〝旬〞なオトコ、ジェシーがまとう自信は……そう、ユニセックスでみずみずしい、こんな香りで手に入る。

DIESEL presents!バランスのいい「スギノと服とカバン」のはなし。
PR

DIESEL presents!
バランスのいい「スギノと服とカバン」のはなし。

いくらオシャレなアイテムを取り入れていても、合わせ次第でコーデが台無しになることも。大切なのはバランス感。この連載でスギノがそれを実証していく。第3回目となる今回はディーゼルの柄シャツと黒のバッグでチャレンジ。早速ジャストバランスを覗いていこう!

今すぐ〈ロフト〉のコスフェスで指名買い!BODY CARE & DEODORANT
PR

今すぐ〈ロフト〉のコスフェスで指名買い!
BODY CARE & DEODORANT

体とニオイのケアは男のたしなみ。男を磨くためのボディケア&デオドラントアイテムを探しているなら、〈ロフト〉の「コスメフェスティバル for MEN」でチェックしてみよう!

〈ASICS〉の〝NOVABLAST〞なら自由自在。休日をもっと楽しくする「走れて遊べる」1足が登場!
PR

〈ASICS〉の〝NOVABLAST〞なら自由自在。
休日をもっと楽しくする「走れて遊べる」1足が登場!

待ちに待った休日。そんな日は買い物で街へ出掛けたり、ランニングで汗を流すアクティブ派も多いはず。そこで〈ASICS〉の新作ランニングシューズ〝NOVABLAST〞に注目。「走る」と「遊ぶ」のどちらのシーンでも使えて、コーデの鮮度も自然と上昇。それも高水準のテクノロジーが搭載され、スタイリッシュなデザイン性が備わっているから。この1 足で気ままな休日がより楽しくなる!

男を磨くための “メンズコスメ”指名買い!男のためのコスメフェスティバルがロフトで開催!
PR

男を磨くための “メンズコスメ”指名買い!
男のためのコスメフェスティバルがロフトで開催!

昨年、初めて〈ロフト〉で行われた男のためのコスメイベント「コスメフェスティバル for MEN」が大好評につき今年も開催! 参加ブランド数も昨年より大幅に増加。メンズコスメが一堂に会するこの機会を見逃す手はない!

MAGAZINE- 別冊 -

FINEBOYS FINEBOYS Start up 0 CAMP
FINEBOYS FINEBOYS+plus BEAUTY
FINEBOYS 大人の足元は主張のあるスニーカーで!
FINEBOYS FINEBOYS +plus SUIT Vol.33
FINEBOYS FINEBOYS+plus 時計 Vol.18
FINEBOYS FINEBOYS Start up 0 ビジネスマナーがわかる本
FINEBOYS FINEBOYS Start up 0 お金のことがわかる本
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ 2020春夏
FINEBOYS FINEBOYS+plus 時計 Vol.17
FINEBOYS FINEBOYS+plus SUIT vol.32

ページトップへ