• twitter
  • instagram
SEARCH

INTERVIEW- インタビュー -

2022.05.23

莉子、女優として躍進する女のコのアレコレ。

発売中のFINEBOYS 6月号に莉子が登場。Z世代から圧倒的な人気を集め、人気モデルから女優へと活躍の幅も広げている。さぞ多忙な毎日を送っていることだろうと思いつつ、FINEBOYSが直撃。春の陽気を感じる気持ちいい日に、ぶらぶらとお散歩しながら彼女の今を切り取りました。

莉子の最近のファッションは?

──春らしいファッションがお似合いでした! 最近はどんな格好が気分ですか?
最近はパンツで色を取り入れるのが好きです。意識しなくなると全身真っ黒とかモノトーンが多くなっちゃうので、もう春だし気分を上げるために色をどこかで取り入れようと思っていて。思い切ってピンクやイエローのパンツを取り入れてみています。普段からモノトーンがベースなので、そこに1色パンツで色を足す感覚です。そのときは小物もあまり盛りすぎずに、シンプルなリングだけとかにして控えめにしています」

──お休みの日はどう過ごしていますか? 
「相変わらず友だちと遊んだり、車で遠出したり。一人のときは、日中は太陽に当たるために外に出るようにしています」 

──お散歩ですか? 
「はい、近所を(笑)。ぶらぶらして家に戻って、好きな動画や映画を観るのが定番です。太陽に当たると、スッキリするし夜はよく眠れるんですよ。有酸素運動って大事だねって、この間も母と話しました(笑)」 

──健康的! 莉子さんといえばファッションですが、読者にアドバイスをするなら? 
「え〜! なんでしょう。私も最初はおしゃれが全然わからなかったんですが、そのときは雑誌やSNSを見てとにかく真似をしていました。段々と自分の好きな服装がわかってきて、買い物が楽しくなったんですよね。自分で考え込んだり似合うものを決めつけないのが大事かな。いろいろな人をお手本にして、視野を広げてみてください!」 

莉子、女優として躍進中!

──最近は女優としてもさまざまな作品に出演していますね。
「じつは、最近になってようやく演技が楽しいと思えてきました。最初の頃はまったく余裕がなかったのですが、今ではいろいろと学ぶことが見えてきて、お芝居のキャッチボールがわかってきたかなと思います。やっぱり、一度主演を経験させていただいたのが大きかったです。初めてのことだらけでしたが、乗り越えたからこそ成長できた気がします」

 ──放送中のドラマ「村井の恋」、これから公開の映画『きさらぎ駅』についても教えてください。
「ドラマ『村井の恋』では、姉妹で双子の役を演じています。ガッツリとしたコメディは未経験だったので、お芝居のテンポや監督のテンションも独特で、とても勉強になりました。オタク用語や『村井の恋』ならではの言葉選びがあるので、セリフを噛まないように必死でした(笑)。自分なりにオタクらしい動作を意識したり、双子ならではのリズム感を大切にしたので、そこもぜひ楽しんで頂けたらうれしいです。映画『きさらぎ駅』の撮影で印象的だったのは、実際の線路を使ったシーンです。長野県にある線路をお借りしたのですが、なかなかない経験だったのでとてもおもしろかったです。あとは、相手に向かってセリフを言うのではなくカメラに向かって演技するシーンが多かったので、そこは試行錯誤しました」

──今後やってみたいことや目標は?
「女優としては、悪役をやってみたいです。これはずっといろいろなところで言わせていただいています(笑)。明るい子やギャルっぽい子の役を演じることが多いので、憧れているんです。でも、これを言うたびにみなさんからは『想像できない』って。だからこそやってみたいですね。お仕事全体では、オールジャンルで活躍できる人になりたいです。今はありがたいことに女優のお仕事を多くいただいているのですが、モデルも変わらずやっていきたいですし、とにかくやりたいことが尽きない人間で。いろいろなことにこれからも挑戦していけたらと思います!」

Profile
2002年12月4日生まれ、神奈川県出身。『Popteen』の専属モデルを経て、現在は女優としてドラマ「ファイトソング」や映画『女子高生に殺されたい』など数々の話題作に出演。現在はドラマ「村井の恋」(TBS系毎週火曜24:58〜)が放送中のほか、映画『きさらぎ駅』が6月3日(金)公開予定。

Instagram
@riko_riko1204
Twitter
@riko_riko1204

INFORMATION

<衣装>
ワンピース/ワンピース5万5000円(シーロン)、その他すべてスタイリスト私物
パープル/トップス[参考価格]、パンツ3万9600円(ともにミキオサカベ)、カットソー2万900円(ハトラ)、ベジのサンダル1万7600円(ベジ)、その他すべてスタイリスト私物

 

撮影/杉江拓哉(TRON) スタイリング/岡村春輝 ヘア&メイク/いたつ

リアル目線のベスト時計BEST WATCH 2022 supported by THE CLOCK HOUSE
PR

リアル目線のベスト時計
BEST WATCH 2022 supported by THE CLOCK HOUSE

いよいよ2022年も総仕上げ! 今年はどんな腕時計が人気を博したのか? 日本全国に約240店舗を展開する国内最大の時計専門店チェーンであるザ・クロックハウスから、テーマごとのベストウオッチをリサーチ。選出された合計11本の時計を見れば、今のトレンドが見えてくる!

〈G-SHOCK〉はいつでも近くに。僕らの毎日に「2100」シリーズ。
PR

〈G-SHOCK〉はいつでも近くに。
僕らの毎日に「2100」シリーズ。

雲の上の憧れ高級時計から便利なスマートウォッチまで、現代はさまざまな時計であふれている。そんな中、唯一無二の存在感を放っているのが、そうG-SHOCK。圧倒的なタフネスとギア感・機能美にあふれたデザインで、オンでもオフでも活躍してくれるオンリーワンなブランドだ。膨大なラインナップを持つG-SHOCKの中で、今僕らが注目したいのは2019年に初登場した「2100」シリーズ。普段の生活に取り入れるなら、どんなモデルをどう使いこなすべきか。着こなしのサンプルとともにお届けしよう。

今冬は〈ディーゼル ウォッチ〉の新顔で。「黒」に映えるデジタルウオッチ
PR

今冬は〈ディーゼル ウォッチ〉の新顔で。
「黒」に映えるデジタルウオッチ

これから冬に向けてはとくに、ファッションにおいて「黒」が主役になる。存在感のある黒アウターを着る日もあれば、スタイリッシュなオールブラックの日もあるだろう。そんな「黒コーデ」になじむ、いや“映える”腕時計が、〈ディーゼル ウォッチ〉から登場! ブランドらしい大胆でスポーティなルックスが魅力の「MASTER CHIEF DIGITAL(マスター チーフ デジタル)」だ。インパクト抜群で着こなしの完成度を上げてくれる。

MAGAZINE- 別冊 -

FINEBOYS FINEBOYS+plus 時計 Vol.23
FINEBOYS FINEBOYS+plus BEAUTY VOL.6
FINEBOYS FINEBOYS+plus SUIT vol.38
FINEBOYS FINEBOYS+plus 靴 vol.19
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ2022秋冬
FINEBOYS FINEBOYS+plus 時計 Vol.22
FINEBOYS FINEBOYS+plus BEAUTY VOL.5
FINEBOYS FINEBOYS+plus 靴 vol.18
FINEBOYS FINEBOYS+plus SUIT vol.37
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ2022春夏

ページトップへ