• twitter
  • instagram
SEARCH

INTERVIEW- インタビュー -

2019.03.06

イケてるヘアを作る美容師ってどんな人? vol.12美容師名鑑<NAVY(ネイビー)・恭平さん>

ヘアスタイル連載「人気美容師に聞く!モテ髪理論」と連動して、勢いのある美容師にインタビューする「イケてるヘアを作る人ってどんな人?美容師名鑑」。第12回目は、渋谷・NAVY(ネイビー)の店長・恭平さんが登場。大手有名サロンから、同じく美容師の兄とふたりで独立して2年。親しみやすい雰囲気と丁寧な接客で、できて間もないサロンを人気店へと導いた恭平さんとは一体どんな人?

■NAVY(ネイビー)・恭平さん
渋谷の新生サロン・NAVY(ネイビー)の店長。都内の大手有名サロンで10年勤務したのち、美容師の兄とふたりでサロンを開業。テクニックいらずで簡単にキマるパーマヘアに定評あり。私生活では飼い始めて1年になるネコを溺愛中。

■このヘアを作った人!

人気美容師に聞く!モテ理論」では、春らしいさわやかなスタイルを披露。耳まわりや襟足を短めに設定し、清潔感を出している。軽さの中にもふわっとした質感を感じる、新生活にもぴったりな好感度大ヘア!

■人気美容師・恭平さんにインタビュー
ひとりひとりに向き合うことで、
長い信頼関係を築く

―――昨年オープンしたばかりの新生サロン、ネイビーで店長を務める恭平さん。美容師を目指したきっかけとは?

「ビューティフルライフ(Beautiful Life 〜ふたりでいた日々)というドラマを観たのがきっかけです。木村拓哉さんが美容師役で、表参道の有名なサロンで働くのですが、その姿がすごくカッコよくて。観たときは17歳くらいで、ちょうど進路をどうしようか決めるタイミングだったんです。漠然とスーツを着て仕事をするよりも、なにかものを作りたいと思っていたところで。パティシエと迷ったんですが、ファッションが好きだったことと兄が美容師をしていたこともあってこの道に進みました」

―――激務のイメージがある美容師という職業で、目標であった独立を達成。駆け出しのころ、モチベーションはどのように維持していたのだろう?

「美容師ってプライベートの時間がないとか体力的にキツいっていうイメージがあるし、実際に僕もまわりからそういう風に言われていました。だけど、僕は睡眠時間を削ってやりたいことは全部やっていたので、美容師だからやりたいことができない……って不満に思うことはなかったです。美容師であっても普通の大学生みたいに、好きなことして遊んでやろうっていう気持ちでした。なので、不思議とモチベーションが下がることはなくて。充実した毎日がやる気に繋がっていたのかなと思います」

―――もともと在籍していたのは、女性の顧客がメインのサロン。メンズを手がけるようになったきっかけは?

「スタイリストとして活躍するには、自分の色を出さないといけないんですよね。なので、女性に特化したサロンの中で、あえてメンズをやってみようと思ったのが始まりです。手がけたスタイルに運よく注目してもらえて、メンズのお客さまも徐々に増えてきたんです」

―――今ではメンズのヘアカタログ誌でも度々スタイルが掲載されるように。トレンドと顧客のニーズ、両方をうまく汲み取ったヘア提案に定評がある。

「僕自身がくせ毛ということもあって、髪質を生かした無造作っぽいヘア作りが得意です。僕が担当するお客様も、だいたいがマッシュベースにゆるくパーマをかけたヘアを希望する方が多いですね。綾野 剛さんや菅田将暉さんのような、力が抜けた雰囲気が人気です。スタイリングが楽だし女性ウケもいいので、作りこまずにオシャレな雰囲気が出るヘアに注目しています」

 

靴はプーマ。昔からストリートっぽいファッションが好きです。最近はシンプルで上品めのブランドをチェックすることもありますが、結局はそこでもこういうゆるい服を買ってしまいます(笑)

学生のころはダンスに熱中していましたが、最近の趣味といえばこの子。マンチカンの男の子で、名前はチャムです。3月で1歳になったばかりで、今はバク転を仕込んでいるところ(笑)。日々の癒しです。

 

―――柔らかな物腰からなる接客と確かな腕。それだけでなく、恭平さんの人気の理由はその細やかさにもあるようだ。

「普段のサロンワークで心がけていることは、来ていただいたお客様の情報を、なるべく忘れないようにすること。積極的にお客さまとコミュニケーションを取るタイプなのですが、前髪の長さの好みから通っている大学、彼女がいるかいないかまで、次に来ていただいたときにその会話の続きができるようパソコンでメモしています。時間のかかる作業なのですが、これのおかげでお客さまとグッと距離が縮められるんです」

―――店内を見渡すと、スタッフもお客さんも若い男性が多い。しかし顧客の年齢層を聞くと、予想外の返答が。

「確かに若い方も足を運んでくれますが、じつは僕のメインの客層は20代後半〜30代前半なんです。僕は今31歳なので、長く付き合っているお客さまが多い分、自然とこのようなカタチに。前のサロンで担当していたお客さまが、今このサロンに来てくれているのは本当にうれしいですね。初めて会ったときに高校生だった子が、この間もう社会人になっていたりして驚くこともあります(笑)」

―――街はいよいよ春本番。この時季にオススメのヘアスタイルは?

「冬は重めな髪型が多い傾向だったのですが、春は逆に軽めの髪型がいいと思います。今回僕が『モテ髪理論』で提案したように、前髪を軽くしておでこを見せたり毛先に軽さを出したり。この時季は写真を撮る機会が増えるので、写真で見ても明るく見えるようなフレッシュな髪型がオススメです」

―――最後に、「モテ髪理論」にちなんで"モテ"に必要なことを聞いてみた。

「トーク力と笑顔でしょうか。接客していても思うことなのですが、モテる人は話していておもしろい人が多いような気がします。話術は生まれ持ったものが大きいけれど、明るい雰囲気や笑顔は意識すれば出せると思うんですよ。こんなこと言って、僕もサロンから離れれば口下手になりますけどね(笑)」「ネイビーは5月で2年を迎えます。僕たちは、”カッコよくなりたいという気持ちがあったらぜひ来てほしい!”という思いでやっています。今まで髪に興味がなかった子も大歓迎です。少しカットしたりアレンジするだけで、人の見た目は変わります。僕たちに、新しい自分へと踏み出す一歩を後押しさせてください!」

ーーーーーーーー
■恭平さんが考案したモテ髪はコチラ

INFORMATION

NAVY(ネイビー)東京都渋谷区神宮前6-19-12 アオヤマビル2F
営:11:00~21:00(カット最終受付20:00)
休:月曜

TEL:03-6419-7454 
URL:www.navy-hair.com

「人気美容師に聞く!モテ髪理論」過去回はこちら!

撮影/榎本洋輔 モデル/熊澤洸平

”らしさ”満載〈ディーゼル ウォッチ〉の新作男らしい手元にはこんなギミックの効いた時計で。
PR

”らしさ”満載〈ディーゼル ウォッチ〉の新作
男らしい手元にはこんなギミックの効いた時計で。

そろそろ秋に向けて着こなしをアップデートしたい——。ならまずは、毎日身につける腕時計から新鮮さを足してみない? 〈ディーゼル ウォッチ〉の新作「グリフド コレクション」は武骨なディテールはもちろん服に負けない存在感も魅力。男心くすぐるこの”新顔”は絶対見逃せない! さらに、今回はこの「グリフド コレクション」の4モデルを各1名様にプレゼント。秋冬ファッションを彩る1本をぜひゲットして!

専属モデル杉野遥亮がRECOMMEND!ディーゼルのNEWバッグ。 VOL.02ロゴバッグ
PR

専属モデル杉野遥亮がRECOMMEND!ディーゼルのNEWバッグ。 VOL.02
ロゴバッグ

シンプルなアイテムを着ていると、その反動なのかちょっと主張できるものが欲しくなるもの。それはバッグも同じ。とはいえ、主張しすぎるデザインは毎日のコーディネートに合わせるのはちょっと難しい。そんなバッグ選びの悩みに終止符を打てるのが、この〈ディーゼル〉のロゴバッグ。過度に見えないシンプルな書体、だけど地味にならない絶妙なバランス感が最高! 見逃すのはもったいない!

〈ASICS〉の最新作は機能とデザインが両立僕らの日常になじむ2つの“GEL-QUANTUM”
PR

〈ASICS〉の最新作は機能とデザインが両立
僕らの日常になじむ2つの“GEL-QUANTUM”

走れるうえに、洒落ていること――昨今のスニーカーシーンの盛り上がりはこのマインドによる欲求なしには語れないだろう。それはアクティブな趣味を持つ大人たちが、ライフスタイルを謳歌するなかで1足に求める汎用性や機能性を追求し続けてきた結果なのかもしれない。〈ASICS〉の新作“GEL-QUANTUM”シリーズはまさにそんな欲求を具現化した1足だ。

今シーズンも〈ASICSTIGER〉から目が離せない東京のストリートに映えるスニーカー&ウエアを発見。
PR

今シーズンも〈ASICSTIGER〉から目が離せない
東京のストリートに映えるスニーカー&ウエアを発見。

暑さもすっかり落ち着いてきたこの時季は、街を流して駆け抜けるのに気持ちがよい季節。そんなとき、〈アシックスタイガー〉のスニーカーとウエアは見た目はもちろん、機能的にも心地がいい。今日もいつものスタイルに着替えて、東京ストリートを颯爽と走り抜けていく。

フランスの名門〈LACOSTE〉の新作シューズ大人のストリートスタイルは抜かりない足元から、はじまる。
PR

フランスの名門〈LACOSTE〉の新作シューズ
大人のストリートスタイルは抜かりない足元から、はじまる。

ラコステといえば“オーセンティック”なデザインを想像する人は多いだろう。そのイメージで間違いないのだけど、ここ最近のラコステはそれだけではない。トレンドでもある“ゆるさ”をシルエットや柄、マテリアルといったディテールワークで巧みに取り入れて、大人が合わせやすいアイテムで流行りのストリート感が表現できる。それは靴も然り。高感度と安定感のハイブリッドはラコステならでは。

〈SUPRA〉の人気モデル、スカイトップⅡが日本で復刻。日本別注の限定モデルはストリートで存在感を発揮する
PR

〈SUPRA〉の人気モデル、スカイトップⅡが日本で復刻。
日本別注の限定モデルはストリートで存在感を発揮する

LAやTOKYOなど世界主要都市に旗艦店を持ち、ビッグブランドとして不動の地位を築いたスープラ。にもかかわらずストリートという軸がブレることはない。海外セレブも然り、主張のある靴は世界中にファンがいる。だからこそ、このモデルは日本限定で復刻というローカル感にやられる。ピックアップされたのはスカイトップのセカンドモデル。世界を見渡す靴好きならば、このレア度に共感するはず。

MAGAZINE- 別冊 -

FINEBOYS FINEBOYS+plus 靴vol.13発売中!
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ'19-'20秋冬
FINEBOYS FINEBOYS時計 Vol.16
FINEBOYS FINEBOYS plus SUIT Vol.31 ’19春夏号
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ 2019春夏号
FINEBOYS
FINEBOYS
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ’18‐’19秋冬
FINEBOYS FINEBOYS時計 Vol.14
FINEBOYS FINEBOYS plus SUIT Vol.29

ページトップへ