• twitter
  • instagram
SEARCH

LIFE STYLE- ライフスタイル -

2018.11.06

飯テロ注意! 通いたくなる“大学のそば”の老舗グルメ店。

学生街は安くておいしい絶品グルメの宝庫なのに、手軽だからって毎日学食ランチなんてもったいない! そんな思いを胸に、今回は飲食激戦区の都内エリアのお店を取材。大学のそばにあり、大人気な4つの老舗をピックアップした。授業の合間に通いたくなる、お気に入りの1軒を見つけよう!

関連記事はコチラ!
関西の学生がこぞって通う絶品グルメ店6選。
並んででも絶対食べたい! 名物‟ラーメン店"3選。
空腹時は閲覧注意! “大学のそば”の愛情たっぷりな食堂ランチ


■腹ペコ学生の胃袋を掴み続けて早〇〇年……。
愛され続ける、都内の老舗4選はここだ!

いつの時代も「お金がないけどガッツリ食べたい」のが学生という生き物。古くからある大学のそばで、大学とともに時を重ねてきた老舗の名店は、そんな学生の欲求を完璧に満たしてくれる。今からお店のイチオシメニューと共に、通い続けたくなる魅力を詳しく紹介する。さっそく、チェックしていこう!

01 早稲田大学のそば
キッチンオトボケ1973年創業! 〝ワセメシ〞の代表格といえばここ、「キッチンオトボケ」。安くてボリューム満点、その上メニューはガッツリ系の揚げ物や炒め物が中心と、ハングリーな学生が熱いラブコールを送るのもうなずける。大盛りメニューを選べば、まるでマンガのような山盛りご飯が! 学食にはない、ジャンクなボリュームメシを味わうならここしかない。エリアは高田馬場から早稲田だ。
 

豚肉を甘辛いタレでジャンジャン炒めた、ご飯が進む一品。タレが染みたキャベツをご飯の上に乗せていただくのもまた乙。ちなみに常連さんは、このメニューにカニクリームコロッケをトッピングするんだとか! ご飯茶わんがデカいのもグッド。ジャンジャン焼き定食600円。

注文が入ればすぐ、大将がフライパンを振るって調理。アットホームな味と雰囲気は、きっと卒業後、第二の故郷の味になるはず!

カレーにフライと、ガッツリ系メニューがラインナップ! ちなみにワンコインなのは半分くらい(笑)。そんなアバウトさもご愛嬌。

 
外観はこんな感じ!
●インフォメーション
住:東京都新宿区馬場下町62
03・3202・3551
営:11:00~21:30 
休:日曜
  
NEXT

2/4PAGE

続いて池袋エリア


02 立教大学のそば
セントポールの隣り
1978年創業! 立教OBの店主の「後輩に安くてウマいものを食べさせたい」という思いから生まれたこのお店は、現在も学生の笑い声で包まれている。まさに「セントポールの隣」に位置するだけあって客の8割は立教大生なんだとか。店内は昭和の面影が残る空間で、ついつい長居してしまいそう。コスパ抜群な料理の数々をぜひ楽しんでみて。
 

食の細かった女子学生の食べたいものを全部載せたらこうなったという名物の白いカツ丼はボリューミーながらあっさりとしたお味。特製の甘めの出汁醤油が食材に絡み、とろろとキムチがアクセントになった絶品だ。あのマツコもテレビで絶賛したウマすぎる名物丼! 白いカツ丼754円。

店内には立教大学関連の写真や新聞が所狭しと飾られている。アルバイトの店員も代々、立教大学の学生だそう。

コスパ抜群な料理の数々はどれも学生好みなメニュー。安くてボリューム満点なので一度足を運んでみてはいかが?

 
外観はこんな感じ!
●インフォメーション
住:東京都豊島区西池袋3 -33-17 東武サンライズマンション味の十番街
03・3988・9098
営:11:00~22:30(L.O)※日曜日は~17:00 
休:不定休
 
NEXT

3/4PAGE

お次は御茶ノ水から神保町エリア

 
03 日本大学のそば
レストランカロリー1950年創業! 都内屈指の学生街、御茶ノ水エリアにあるこちら。〝キッチンカロリー〞の呼称でも親しまれる老舗のこだわりは〝安心・安全〞。「安さだけならチェーン店には勝てないから、食材選びもこだわって、安心できるものを食べてもらいたい」と語るのは店長・石野さん。この思いやりが、長く愛され続ける何よりの秘訣なのかもしれない。
 

ニンニク醤油の香りがたまらないカロリー焼きは、牛肉とタマネギを炒めたもの。それに自家製デミグラスのかかったハンバーグと、隠れた人気メニューというカニクリームコロッケを合わせたボリューミーな一皿。ジャンボ鉄板焼930円。

インパクトのある店名の看板が目印。仲間同士でワイワイと囲める半円形のテーブルが特徴的な店内は、ランチタイムは大勢のお客さんとおいしそうな香りで満たされる。

カロリー焼きとさまざまな料理を組み合わせた鉄板焼きをはじめ、カレーやオムライスも。何度も通ってコンプリートしたくなる!


外観はこんな感じ!
●インフォメーション
住:東京都千代田区神田小川町3 -10 江本ビル1 階
03・3291・3266
営:11:00~21:00 ※日・祝は~20:00
休:無休 
 
NEXT

4/4PAGE

最後は明大前エリア

 
04 明治大学のそば
相州屋
1964年創業! 〝THE定食屋〞な佇まいの「相州屋」。店内はカウンターとテーブル席が数席のこじんまりした印象だが、現役明大生やOBが多く訪れ賑わう有名店。ボリューミーなメニューが多く、コスパも抜群。1000円あればお腹いっぱい食べることができる! 定食のほかに単品メニューも充実しているので、何を食べるかついつい迷ってしまう。
 

120gの生姜焼きをドカッと盛った「スタミナ定食」は相州屋の人気ナンバーワン。甘辛い味つけにご飯が進むこと間違いなし。創業から変わらない味で学生たちのお腹を満たしてきた定番メニューのひとつだ。スタミナ定食710円。

長年貼ってあるであろう手書きのメッセージが店内のあちらこちらに貼ってあり、お店の歴史を感じることができる。

壁一面に貼られたメニューのほとんどが創業当時から変わらないというから驚き。どれもおいしそうで眺め出すと決められなくなる。


外観はこんな感じ!
●インフォメーション
住:東京都世田谷区松原1-38- 9
03・3328・2456
営:11:30~15:00、16:30~22:00 
休:日曜日

安くて量も大満足のボリュームメシを食べに行くならこの4つの名店で間違いない! 明日のお昼、さっそく足を運んでみては?

●文/笹谷淳介、山下晧平 撮影/榎本洋輔、菊池貴裕、田中利幸
※食事メニューの金額はすべて税込表記になります。

専属モデル杉野遥亮がRECOMMEND!ディーゼルのNEWバッグ。 VOL.03デニムバッグ
PR

専属モデル杉野遥亮がRECOMMEND!ディーゼルのNEWバッグ。 VOL.03
デニムバッグ

オシャレと実用性の両方が求められるバッグって、選ぶのがなかなか難しい。ましてや、どんなコーディネートにも合う、まわりの人とかぶらないって話になると難易度がさらに上がってくるはず。そんなバッグ探しに終止符を打ってくれるのが〈ディーゼル〉のデニムバッグシリーズ。シンプルな見た目は着こなしに溶け込むし、ブランドを象徴するタフなデニム使いで、個性も、実用性もバッチリだ!

カンゴールで見つけた最新秋服オススメ10選
PR

カンゴールで見つけた最新秋服オススメ10選

あのカンゴールの最新秋服を、ZOZOTOWNなどで人気を博すECブランドMONO-MART(モノマート)が別注! キミのワードローブに取り入れるだけでオシャレに格上げされる10のトレンド服をピックアップした。挑戦しやすいシンプルなデザインとリーズナブルな価格帯にも注目してほしい。

トレンドをコスパよく押さえたアベイルの新作!秋の着こなしは”カフェオレカラー”でハズレなし!
PR

トレンドをコスパよく押さえたアベイルの新作!
秋の着こなしは”カフェオレカラー”でハズレなし!

厳しい残暑の中でも、ファッション高感度な人ほど秋支度は急ピッチに進んでいる。トレンドにいち早く反応するショップ、アベイルならコスパよく揃えられる。ってことで、今回はイチオシの秋コーデをピックアップ! 移り行く季節に、何を買っていいか分からない人は特に必見だよ!

〈ASICS〉の最新作は機能とデザインが両立僕らの日常になじむ2つの“GEL-QUANTUM”
PR

〈ASICS〉の最新作は機能とデザインが両立
僕らの日常になじむ2つの“GEL-QUANTUM”

走れるうえに、洒落ていること――昨今のスニーカーシーンの盛り上がりはこのマインドによる欲求なしには語れないだろう。それはアクティブな趣味を持つ大人たちが、ライフスタイルを謳歌するなかで1足に求める汎用性や機能性を追求し続けてきた結果なのかもしれない。〈ASICS〉の新作“GEL-QUANTUM”シリーズはまさにそんな欲求を具現化した1足だ。

今シーズンも〈ASICSTIGER〉から目が離せない東京のストリートに映えるスニーカー&ウエアを発見。
PR

今シーズンも〈ASICSTIGER〉から目が離せない
東京のストリートに映えるスニーカー&ウエアを発見。

暑さもすっかり落ち着いてきたこの時季は、街を流して駆け抜けるのに気持ちがよい季節。そんなとき、〈アシックスタイガー〉のスニーカーとウエアは見た目はもちろん、機能的にも心地がいい。今日もいつものスタイルに着替えて、東京ストリートを颯爽と走り抜けていく。

フランスの名門〈LACOSTE〉の新作シューズ大人のストリートスタイルは抜かりない足元から、はじまる。
PR

フランスの名門〈LACOSTE〉の新作シューズ
大人のストリートスタイルは抜かりない足元から、はじまる。

ラコステといえば“オーセンティック”なデザインを想像する人は多いだろう。そのイメージで間違いないのだけど、ここ最近のラコステはそれだけではない。トレンドでもある“ゆるさ”をシルエットや柄、マテリアルといったディテールワークで巧みに取り入れて、大人が合わせやすいアイテムで流行りのストリート感が表現できる。それは靴も然り。高感度と安定感のハイブリッドはラコステならでは。

〈SUPRA〉の人気モデル、スカイトップⅡが日本で復刻。日本別注の限定モデルはストリートで存在感を発揮する
PR

〈SUPRA〉の人気モデル、スカイトップⅡが日本で復刻。
日本別注の限定モデルはストリートで存在感を発揮する

LAやTOKYOなど世界主要都市に旗艦店を持ち、ビッグブランドとして不動の地位を築いたスープラ。にもかかわらずストリートという軸がブレることはない。海外セレブも然り、主張のある靴は世界中にファンがいる。だからこそ、このモデルは日本限定で復刻というローカル感にやられる。ピックアップされたのはスカイトップのセカンドモデル。世界を見渡す靴好きならば、このレア度に共感するはず。

MAGAZINE- 別冊 -

FINEBOYS FINEBOYS+plus SUIT vol.32
FINEBOYS FINEBOYS+plus 靴vol.13発売中!
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ'19-'20秋冬
FINEBOYS FINEBOYS時計 Vol.16
FINEBOYS FINEBOYS plus SUIT Vol.31 ’19春夏号
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ 2019春夏号
FINEBOYS
FINEBOYS
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ’18‐’19秋冬
FINEBOYS FINEBOYS時計 Vol.14

ページトップへ