• twitter
  • instagram
SEARCH

LIFE STYLE- ライフスタイル -

2018.11.24

並んででも絶対食べたい! 名物‟ラーメン店"3選。

手早くお腹を満たしてくれるラーメンは、いつだって僕らの最愛グルメ。お店によって味も見た目も全然違うので、誰しも‟絶対ココ!"というお決まりの名店があるはず。今回は、そんな君のラーメンLISTに新しく追加したくなる絶品ラーメン店を紹介。すべて‟大学のそば"で見つけたので、その土地に通う学生も必見だ。並んででも食べたい味がそこにある!

関連記事はコチラ!
関西の学生がこぞって通う絶品グルメ店6選。
空腹時は閲覧注意! “大学のそば”の愛情たっぷりな食堂ランチ
飯テロ注意! 通いたくなる“大学のそば”の老舗グルメ店。

行列必至の名物ラーメン店はこの3つ!

01 東京大学のそば
山手らーめん 安庵
東大生御用達のラーメン店といえば「山手らーめん 安庵」。一風変わったラーメンを出す人気店だ。ラーメンのウマさもさることながら訪れたらぜひ見てほしいのが店内に貼ってあるお店の年表。〝駒場祭でラーメンを無人くんで販売し怒られる〞などユニークな話題が見応え抜群。ぜひ自分の目で直接チェックしてみてほしい。写真の唐がらしラーメン(650円)は、一見辛そうに見えるがラーメンのおいしさを引き立てるため、辛さはそこまでキツくない。辛いものが苦手な人でもおいしく食べることができるので安心。エリアは本郷三丁目。
 

お店の名物であるコチラは、近年話題の食材・ミドリムシ入り。なんと一杯に7億匹のミドリムシが入っているというから驚き。ハーブとオリーブオイルで香り豊かに仕上げたスープはイタリア~ンなお味で美味! みどりラーメン750円。

手際よくラーメンを作る姿が印象的。緑のTシャツを着たスタッフさんたちはかなりイカしているので、そこも要チェック!

カウンター席のみの店内はラーメン作りを間近に見ることができ、待ち時間も退屈しない。店内を見渡すと、いろんな発見ができるかも!

 
外観はこんな感じ!
●インフォメーション
住:東京都文京区本郷5 -23-11
03・3812・7295
営:11:00~25:00 
休:無休
 
NEXT

2/3PAGE

続いては高田馬場から早稲田エリア

 
02 早稲田大学のそば
らぁ麺やまぐち
数々のランキングで1位を獲得しているラーメンの名店「らぁ麺やまぐち」は、移転してリニューアルオープンしたばかり。お店の名物である「鶏そば」は黄金色に輝くスープが特徴で目でも楽しめる一品だ! ラーメン店の印象を覆すスタイリッシュな佇まいの店舗には学生のみならず、全国各地からファンが訪れる。
 

鶏100%で作られた極上の醤油ラーメンは大山鷄・会津地鶏・吉備黄金鶏を使ったもの。透き通るスープに麺が絡み、一度箸をつけたら食べ終わるまで止まらない。あっさりした味がクセになる絶品ラーメンだ! 鶏そば880円。

ミシュランガイドに2015・2016と2年連続掲載される店だけあって店内には受賞した盾やカップが並んでおり、ミシュランのほかにもラーメンアワードやラーメン・オブ・ザ・イヤーなどラーメンに関する賞はすべて獲ったのではと思うくらいだ。このお店の実力は実際にラーメンを食べて感じてほしい。きっと虜になること間違いなし!

 
この看板が目印!
●インフォメーション
住:東京都新宿区西早稲田3 -13- 4
03・3204・5120
営:11:30~15:00、17:30~21:00 ※土日祝は11:30~21:00 
休:月曜
 
NEXT

3/3PAGE

最後は市ヶ谷エリア

 
03 上智大学・法政大学のそば
旨辛ラーメン 表裏
ラーメン激戦区・市ヶ谷エリアの行列店「旨辛ラーメン 表裏」は、近隣学生から大人気。その理由はスパイシーかつジャンクな味つけと特大のボリューム感。とんこつ醤油ベースに特製の辛味を加えた、まさに〝旨辛〞なスープに、コシのある中太麺が絡む絶品ラーメンだ。学生証提示で大盛無料なのも腹ペコ男子にうれしい。写真のあんかけDX(980円)は、たっぷりの野菜と辛味あんかけ、特製メガ唐揚げが乗ったデラックスな一杯。スープの辛さは0から5で選べるから、辛いのが苦手な人も安心!
 

卓上に常備された辛味パウダーは、炒めた鷹の爪と秘伝のスパイスをMIXした自家製。辛さを足して自分好みにアレンジしよう!

店内の壁には芸能人のサインがズラリ。モニターには、過去のTV取材の映像が流れている。着丼を待つ間に眺めて食欲マックス!

 
外観はこんな感じ!
●インフォメーション
住:東京都千代田区九段南4 - 7 -19
03・5215・6487
営:11:00~23:00 ※土日祝は~21:00
休:無休

この3つのラーメン店は、一度訪れたらリピートしたくなるほど絶品。ラーメン通の君の胃袋もつかまれること間違いなしだ。食べなきゃ絶対に損!

専属モデル杉野遥亮がRECOMMEND!ディーゼルのNEWバッグ。 VOL.04ナイロンバッグ
PR

専属モデル杉野遥亮がRECOMMEND!ディーゼルのNEWバッグ。 VOL.04
ナイロンバッグ

大学の通学用にしろ、友達と遊ぶ用にしろ、使い勝手や合わせやすさを考えると黒などのシンプルなバッグが正解。だけど、その中にもこだわりを持ってバッグを選びたい人も多い。そこでオススメなのが〈ディーゼル〉のナイロンバッグ。高級感のあるツヤッとした質感に、ミリタリーを思わせるディテールが何とも男らしい。シワになりにくく汚れもつきにくい、さらに軽くて丈夫とあって文句のつけどころがない!

<ディーゼル オン> meets 中川大志ファッション感覚で楽しむ新作スマートウォッチ
PR

<ディーゼル オン> meets 中川大志
ファッション感覚で楽しむ新作スマートウォッチ

ディーゼルの時計は、一目でそのブランドだとわかるユニークかつファッショナブルなデザインが特徴。今回の新作「AXIAL SMARTWATCH(アクシアル スマートウォッチ)」も、例に漏れずディーゼルらしさが随所に表現された注目モデルだ。タッチスクリーン式のアニメーションダイヤルやファッショナブルなデザインは、まさに”次世代”を感じさせる佇まい。数多くの話題作に出演し、同じく”次世代”を担う俳優として活躍を見せる中川大志がつけこなす。

〈ASICS〉の最新作は機能とデザインが両立僕らの日常になじむ2つの“GEL-QUANTUM”
PR

〈ASICS〉の最新作は機能とデザインが両立
僕らの日常になじむ2つの“GEL-QUANTUM”

走れるうえに、洒落ていること――昨今のスニーカーシーンの盛り上がりはこのマインドによる欲求なしには語れないだろう。それはアクティブな趣味を持つ大人たちが、ライフスタイルを謳歌するなかで1足に求める汎用性や機能性を追求し続けてきた結果なのかもしれない。〈ASICS〉の新作“GEL-QUANTUM”シリーズはまさにそんな欲求を具現化した1足だ。

今シーズンも〈ASICSTIGER〉から目が離せない東京のストリートに映えるスニーカー&ウエアを発見。
PR

今シーズンも〈ASICSTIGER〉から目が離せない
東京のストリートに映えるスニーカー&ウエアを発見。

暑さもすっかり落ち着いてきたこの時季は、街を流して駆け抜けるのに気持ちがよい季節。そんなとき、〈アシックスタイガー〉のスニーカーとウエアは見た目はもちろん、機能的にも心地がいい。今日もいつものスタイルに着替えて、東京ストリートを颯爽と走り抜けていく。

フランスの名門〈LACOSTE〉の新作シューズ大人のストリートスタイルは抜かりない足元から、はじまる。
PR

フランスの名門〈LACOSTE〉の新作シューズ
大人のストリートスタイルは抜かりない足元から、はじまる。

ラコステといえば“オーセンティック”なデザインを想像する人は多いだろう。そのイメージで間違いないのだけど、ここ最近のラコステはそれだけではない。トレンドでもある“ゆるさ”をシルエットや柄、マテリアルといったディテールワークで巧みに取り入れて、大人が合わせやすいアイテムで流行りのストリート感が表現できる。それは靴も然り。高感度と安定感のハイブリッドはラコステならでは。

〈SUPRA〉の人気モデル、スカイトップⅡが日本で復刻。日本別注の限定モデルはストリートで存在感を発揮する
PR

〈SUPRA〉の人気モデル、スカイトップⅡが日本で復刻。
日本別注の限定モデルはストリートで存在感を発揮する

LAやTOKYOなど世界主要都市に旗艦店を持ち、ビッグブランドとして不動の地位を築いたスープラ。にもかかわらずストリートという軸がブレることはない。海外セレブも然り、主張のある靴は世界中にファンがいる。だからこそ、このモデルは日本限定で復刻というローカル感にやられる。ピックアップされたのはスカイトップのセカンドモデル。世界を見渡す靴好きならば、このレア度に共感するはず。

MAGAZINE- 別冊 -

FINEBOYS FINEBOYS+plus SUIT vol.32
FINEBOYS FINEBOYS+plus 靴vol.13発売中!
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ'19-'20秋冬
FINEBOYS FINEBOYS時計 Vol.16
FINEBOYS FINEBOYS plus SUIT Vol.31 ’19春夏号
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ 2019春夏号
FINEBOYS
FINEBOYS
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ’18‐’19秋冬
FINEBOYS FINEBOYS時計 Vol.14

ページトップへ