• twitter
  • instagram
SEARCH

BEAUTY- ビューティ -

2019.11.19

人気美容師に聞く!モテ髪理論 vol.17LOAVE AOYAMA(ローブ アオヤマ)・松原卓郎/作り込まないナチュラルスタイル

人気美容師が、独自の観点から考案した”モテ髪”を紹介する連載「人気美容師に聞く!モテ髪理論」。第17回目は、LOAVE AOYAMA(ローブ アオヤマ)から松原卓郎さんが登場。サロンのテーマでもある”外国人風”のスタイリングで、キメすぎないナチュラルヘアを提案してくれた。

LOAVE AOYAMA(ローブ アオヤマ)・松原卓郎さん考案
【作り込まないナチュラルスタイル】 

バングを長めに設定し、後ろ髪と耳まわりは短めにカット。刈り上げしないギリギリの長さを保っているので、誰でも挑戦しやすいヘアスタイルに。直毛な人は、ゆるめのパーマをプラスするとテクニックいらずで自然なニュアンスが出てオススメ。

<side1>

<back>

<side2>

 
サイドバックをすっきりさせることで、黒髪のさわやかさが引き立ち清潔感のあるモテ髪に。かっちりとスタイリングを固めず、ラフに動きを出すことでまるで海外のシティボーイのような洒落感とヌケ感を実現した。

【ヘアデータ】
髪質:硬い 髪量:多い
クセ:なし 顔型:逆三角形、面長

■ここがローブ アオヤマ流!
モテ髪POINT
その1:親しみやすい黒髪&刈り上げなし
その2:清潔感のある短めのサイドバック
その3:外国人のようなラフな質感

スタイリング方法

■使用するスタイリング剤
(右)アリミノメン ハードバーム
天然由来成分97%配合で、重くならずにナチュラルなツヤを表現できるワックス
(左)阪本高生堂 クールグリースG
グリースといえば!な、プロも御用達のアイテム。ウエット感、ツヤ感、セット力いずれも優秀。

その1:ヘアアイロンで髪を少しずつとり、クセをつけていく

その2:スタイリングを1:1で混ぜ、髪に揉み込む

ポイント:使うグリースの量はこれくらい!

その3:動きを出したいところを指でつまんでクセづけ

■動画でもっとわかりやすく!

このモテ髪を作ってくれた
ローブ アオヤマ・松原卓郎さんってこんな人

青山エリアに位置するLOAVE AOYAMA(ローブ アオヤマ)のスタイリスト。今回はモテ髪ということもあり、黒髪のヘアスタイルを披露してくれた松原さんだが、透明感のあるアッシュ系のカラーリングも得意。趣味はサーフィン。FINEBOYS読者世代のお客さんからは、就職や恋愛などについて相談を受けることも多いそう!
●Instagram@takuromatsu
HOT PEPPER BEAUTY

■読者プレゼント
「FINEBOYS Onlineを見た」で、新規の方に限り10パーセントOFF

INFORMATION

LOAVE AOYAMA(ローブ アオヤマ)
東京都渋谷区神宮前5-45-8 3F
営:11:00~20:30(月・水〜金)、10:00〜19:30(土日祝)
休:火曜
TEL:03-6427-7340
URL:loave-hair.com

「人気美容師に聞く!モテ髪理論」過去回はこちら!

撮影/菊池貴裕 モデル/大庭一流

アベイルでコスパよく! 浮いたお金はデート代に。モテたい男が実践するべきデート服!
PR

アベイルでコスパよく! 浮いたお金はデート代に。
モテたい男が実践するべきデート服!

クリスマス、カウントダウン、初詣。イベント盛りだくさんな年末年始はデートチャンスが多い。気になるあの子と急なデート!? なんてことも勝手に期待しちゃうってもの。そこで準備しておきたいのがデート服。(すでにデートが決まっているうらやましい男子も必見! ) 失敗しない好印象なコーディネートを紹介する。トレンド感が高く作りもいい、そんでもってリーズナブルなショップ、アベイルで買えば浮いた洋服予算をご飯代やプレゼント代に回せるし。彼女を喜ばせるために賢くいこう!

〈ザ・クロックハウス〉オリジナルウオッチのもうひとつの選択肢高見えの“リーズナブルシリーズ”
PR

〈ザ・クロックハウス〉オリジナルウオッチのもうひとつの選択肢
高見えの“リーズナブルシリーズ”

すべて1万円以下と驚くほどにリーズナブルなのに、“高見え”なグッドデザイン。〈ザ・クロックハウス〉オリジナルウオッチには、そんな優等生なシリーズも展開されている。

僕らのコーデは〈カルバン・クライン ウォッチ〉で変わる!ブルゾンにもコートにも、やっぱり時計は黒がいい。
PR

僕らのコーデは〈カルバン・クライン ウォッチ〉で変わる!
ブルゾンにもコートにも、やっぱり時計は黒がいい。

合わせるアウターを選ばない都会的でミニマルなデザイン。それでいて、スイスメイドという確かな信頼もある。僕らの「こんな時計が欲しい!」をいつも体現しているのが〈カルバン・クライン ウォッチ〉。今冬届いた新作は、控えめに、だけど強さが宿る黒だった―。

ちょっと大人な〈Gショック〉が今の気分!定番と新色、2つの時計で作る僕らの冬スタイル
PR

ちょっと大人な〈Gショック〉が今の気分!
定番と新色、2つの時計で作る僕らの冬スタイル

僕らの着こなしは、やっぱり気負わないカジュアルが基本。だけど子供っぽく見られるのは避けたい――。そんなときにぴったりなのが、〈Gショック〉が今季押し出す2 色の「Gスチール」。装いの格を上げてくれる時計は、この冬の重要なピースになるに違いない。

〈G-SHOCK〉の新作“GM-5600”は絶妙の甘辛バランスメタルフェイスの硬質感と柔らかな装着感を両取り!
PR

〈G-SHOCK〉の新作“GM-5600”は絶妙の甘辛バランス
メタルフェイスの硬質感と柔らかな装着感を両取り!

1983年発売の“5600シリーズ”から硬質なステンレスベゼルが男心をくすぐるメタルフェイスモデルが登場。スタンダードな機能とソフトな着用感を実現するウレタンバンドはそのままに、タフなルックスを取り入れ反転液晶でファッション性も追求。進化に磨きをかけた新5600シリーズに注目だ。

MAGAZINE- 別冊 -

FINEBOYS FINEBOYS+plus 時計 Vol.17
FINEBOYS FINEBOYS+plus SUIT vol.32
FINEBOYS FINEBOYS+plus 靴vol.13発売中!
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ'19-'20秋冬
FINEBOYS FINEBOYS時計 Vol.16
FINEBOYS FINEBOYS plus SUIT Vol.31 ’19春夏号
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ 2019春夏号
FINEBOYS
FINEBOYS
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ’18‐’19秋冬

ページトップへ