• twitter
  • instagram
SEARCH

INTERVIEW- インタビュー -

2019.11.27

イケてるヘアを作る美容師ってどんな人? vol.17美容師名鑑<LOAVE AOYAMA(ローブ アオヤマ)・松原卓郎さん>

ヘアスタイル連載「人気美容師に聞く!モテ髪理論」と連動して、勢いのある美容師にインタビューする「イケてるヘアを作る人ってどんな人?美容師名鑑」。第17回目は、外国人風ヘアを得意とする青山のサロン・LOAVE AOYAMA(ローブ アオヤマ)から松原卓郎さんが登場。メンズのお客さんはほぼリピーターだという彼は、いったいどんな美容師なんだろう?

■LOAVE AOYAMA(ローブ アオヤマ)・松原卓郎さん
青山エリアに位置するLOAVE AOYAMA(ローブ アオヤマ)のスタイリスト。透明感のあるアッシュ系のカラーリングが得意。趣味はサーフィン。FINEBOYS読者世代のお客さんからは、就職や恋愛などについて相談を受けることも多いそう!
●Instagram@takuromatsu
HOT PEPPER BEAUTY

■このヘアを作った人!

人気美容師に聞く!モテ理論」では、毛先を遊ばせたさわやかショートヘアを提案。女子ウケ要素である”黒髪短髪”をしっかり押さえつつ、毛先にニュアンスを持たせることで洒落感もほどよく打ち出した。

■人気美容師・松原卓郎さんにインタビュー

―――自然光が差し込み、柔らかな空気が漂うLOAVE AOYAMA(ローブ アオヤマ)。そこでスタイリストとして働くのが松原さんだ。

「今、美容師になって12年目を迎えたところです。最初は大手サロンで有名なSHIMA(シマ)で勉強させてもらい、その後はアパレル関係の仕事に就いて美容師から遠ざかっていたのですが、このサロンの立ち上げ時に今のオーナーに誘われて入社し今に至ります。僕が高校生の頃は、美容師ブームで雑誌にたくさん美容師が載っていたんです。それを見て単純にカッコイイなと思ったのが、この業界を志したきっかけですね。出身は長野のかなり田舎のほうなのですが、当時からファッションには興味があって。上京して美容専門学校に通いました」

―――専門学校では、今でも仕事で意識している”あること”を学んだ。

「通っていた学校が、服装や礼儀に厳しい学校だったんですよ。普通の専門学生だったら個性を出してなんぼなファッションをしていたと思うんですけど、そういう環境だったこともあって授業も真面目に受けていましたね。お客さんの前ではつねにキチンとした身なりでいなきゃいけない、という意識はここで身についたものかもしれません。接客業だからこそ、ちゃんとした格好でお客さんの前に立つのが礼儀であるということは、日々仕事をしているうえで自然と意識しています」

―――そう話す松原さんは穏やかで、まさに品のある美容師さんという印象。ほかに日々のサロンワークで意識していることを聞くと、こう語ってくれた。

「僕ら美容師は毎日たくさんのお客さんに接していますけど、お客さん1人1人にとっては数カ月に一度の大切な時間。なのでその1回をできるだけ楽しい時間にできるようにとは常々思っています。僕も含めスタッフは話好きな人も多いですし、サロンはけっこうにぎやかです。就職とか恋愛の相談を受けることも多いですね」

 

今日はオールブラック。タウンクラフトのニットにギャルソンのパンツを合わせました。ブーツとメガネはビンテージです。古い服が好きで、古着屋さんで服を買うことが多いですね。中目黒のオルゴっていう古着屋さんが好きです。読者の方々にオススメなお店は、中目黒のジャンピンジャップフラッシュ。店員さんがフレンドリーに接客してくれるので、古着初心者でも買い物しやすいと思いますよ。

ここ2年ほど、サーフィンにハマっています。きっかけは友だちの付き添いでしたが、今では月に1回ほど海へ行くように。スノボとか、スケボーとか、1回やればだいたいできると思うんですけど、サーフィンは全然立てなくて。最近になってようやく立てるようになりました(笑)。行くときはだいたい朝の3時くらいからやっているので、体がバキバキになります(笑)

 

―――LOAVE AOYAMA(ローブ アオヤマ)は外国人風ヘアに定評があることでも知られる。そのなかで松原さんの得意分野を聞いた。

「たしかにLOAVE AOYAMA(ローブ アオヤマ)は外国人風をコンセプトにしているので、自然とそういう空気感が好きなお客さんが訪ねてきてくれますね。僕自身も、カラーは透明感のある色みが得意です。メンズでもブリーチを1回して色を入れたり、ハイライトをポイントで入れたり、透明感のある仕上がりにこだわっています」

―――普段は女性客が主な松原さんだが、女性のお客さんからの紹介で男性を担当することも多いそう。

「LOAVE AOYAMA(ローブ アオヤマ)は特別メンズカットをウリにしているわけではないし、女性のお客さんのほうが多いんです。だけど友達や彼氏や兄弟など、お客さんの紹介で男性の方が来てくれることが多くて、それがすごくうれしいですね。しかも、男性のお客さんはほとんどがリピーターになっていただけるんです。僕を紹介してくれたお客さんとの信頼関係があってこそのつながりだと思いますし、身が引き締まりますね」

―――最後に、前回のモテ髪企画にちなみFINEBOYS世代が”モテるために必要なこと”を聞いてみた。

「若いときってどうしても個性を出したり尖ったりしたいと思うかもしれないんですけど、キメすぎない自然体が結局は一番いいんじゃないかなと。モテ髪連載でのヘアも、まさにそんな思いで作ったスタイルです。それは外見だけでなく、内面でも言えることだと思います」


「お店の雰囲気は明るくアットホーム。20〜21歳くらいの気さくなアシスタントも多く在籍しているので、読者世代の方々もリラックスできると思います。表参道や青山エリアに馴染みがない人も、緊張せずにぜひ来ていただきたいです」

ーーーーーーーー
■松原さんが考案したモテ髪はコチラ

INFORMATION

LOAVE AOYAMA(ローブ アオヤマ)
東京都渋谷区神宮前5-45-8 3F
営:11:00~20:30(月・水〜金)、10:00〜19:30(土日祝)
休:火曜
TEL:03-6427-7340
URL:loave-hair.com

「人気美容師に聞く!モテ髪理論」過去回はこちら!

撮影/菊池貴裕 モデル/大庭一流

アベイルでコスパよく! 浮いたお金はデート代に。モテたい男が実践するべきデート服!
PR

アベイルでコスパよく! 浮いたお金はデート代に。
モテたい男が実践するべきデート服!

クリスマス、カウントダウン、初詣。イベント盛りだくさんな年末年始はデートチャンスが多い。気になるあの子と急なデート!? なんてことも勝手に期待しちゃうってもの。そこで準備しておきたいのがデート服。(すでにデートが決まっているうらやましい男子も必見! ) 失敗しない好印象なコーディネートを紹介する。トレンド感が高く作りもいい、そんでもってリーズナブルなショップ、アベイルで買えば浮いた洋服予算をご飯代やプレゼント代に回せるし。彼女を喜ばせるために賢くいこう!

〈ザ・クロックハウス〉オリジナルウオッチのもうひとつの選択肢高見えの“リーズナブルシリーズ”
PR

〈ザ・クロックハウス〉オリジナルウオッチのもうひとつの選択肢
高見えの“リーズナブルシリーズ”

すべて1万円以下と驚くほどにリーズナブルなのに、“高見え”なグッドデザイン。〈ザ・クロックハウス〉オリジナルウオッチには、そんな優等生なシリーズも展開されている。

僕らのコーデは〈カルバン・クライン ウォッチ〉で変わる!ブルゾンにもコートにも、やっぱり時計は黒がいい。
PR

僕らのコーデは〈カルバン・クライン ウォッチ〉で変わる!
ブルゾンにもコートにも、やっぱり時計は黒がいい。

合わせるアウターを選ばない都会的でミニマルなデザイン。それでいて、スイスメイドという確かな信頼もある。僕らの「こんな時計が欲しい!」をいつも体現しているのが〈カルバン・クライン ウォッチ〉。今冬届いた新作は、控えめに、だけど強さが宿る黒だった―。

ちょっと大人な〈Gショック〉が今の気分!定番と新色、2つの時計で作る僕らの冬スタイル
PR

ちょっと大人な〈Gショック〉が今の気分!
定番と新色、2つの時計で作る僕らの冬スタイル

僕らの着こなしは、やっぱり気負わないカジュアルが基本。だけど子供っぽく見られるのは避けたい――。そんなときにぴったりなのが、〈Gショック〉が今季押し出す2 色の「Gスチール」。装いの格を上げてくれる時計は、この冬の重要なピースになるに違いない。

〈G-SHOCK〉の新作“GM-5600”は絶妙の甘辛バランスメタルフェイスの硬質感と柔らかな装着感を両取り!
PR

〈G-SHOCK〉の新作“GM-5600”は絶妙の甘辛バランス
メタルフェイスの硬質感と柔らかな装着感を両取り!

1983年発売の“5600シリーズ”から硬質なステンレスベゼルが男心をくすぐるメタルフェイスモデルが登場。スタンダードな機能とソフトな着用感を実現するウレタンバンドはそのままに、タフなルックスを取り入れ反転液晶でファッション性も追求。進化に磨きをかけた新5600シリーズに注目だ。

MAGAZINE- 別冊 -

FINEBOYS FINEBOYS+plus 時計 Vol.17
FINEBOYS FINEBOYS+plus SUIT vol.32
FINEBOYS FINEBOYS+plus 靴vol.13発売中!
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ'19-'20秋冬
FINEBOYS FINEBOYS時計 Vol.16
FINEBOYS FINEBOYS plus SUIT Vol.31 ’19春夏号
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ 2019春夏号
FINEBOYS
FINEBOYS
FINEBOYS おしゃれヘアカタログ’18‐’19秋冬

ページトップへ